オナこもりの小説
熟女・巨乳多めな自作エロ小説を中心にシコシコ更新
最新記事

RSSリンクの表示

アダルト検索サイト

どスケベな方向けのお役立ち検索サイト。

このブログをリンクに追加する

テキスト系リンク

巡回サイト

ランキング

話題のグッズ

女も男も性の未来を明るく

二次元PR

如月群真 常春荘へようこそ 由浦カズヤ ふたりよがり 草津てるにょ パコパコしちゃう タカスギコウ ユメウツツ すぎぢー 甘熟痴妻 ミル・フィーユ 覚えたて 木静謙二 こんなに優しくされたの 江戸しげズ 寝取られマーキング みやびつづる 母の哭く家 十六夜清心 母姉W相姦 かるま龍狼 ひとづま 月野定規 痴情の女 黒木秀彦 37歳欲しがり妻 景山ロウ  若妻ほんとに好きなの 堀江耽閨 熟女ゲーム 巨乳人妻教師~恥辱の校内調教~ML 親戚の小母さん~離れの熟女、本家の後妻~ 息子の友達に犯されて 同人通販

エロ動画

ダイヤモンド映像 アトラス21 h.m.p クリスタル映像 ビッグモーカル TMA 宇宙企画 グレイズ MAX-A ワンズファクトリー 桃太郎映像出版 SODクリエイト Waap アイエナジー MAXING ドリームチケット シネマユニット・ガス BoinBB.com タカラ映像 プレステージ オフィスケイズ ドキドキVacation 冬月かえで、満足度満点新人ソープ DX
清楚な受付嬢のいやらしい営み 涼子 艶乳 北原多香子 アリスJAPAN30周年記念 「フラッシュパラダイス」から「逆ソープ天国」 まで歴代人気シリーズに全部出ちゃいまスペシャル!! 辰巳ゆい
ひなと子作り新婚生活 秋吉ひな 92cm&Hcupの爆乳女教師が優しく中出し授業 花美ひな 巨乳のサンプル動画が見放題! 彩名杏子の巨乳を味わえ!! アリスJAPAN専属女優 麻美ゆまの超高級ソープ! チ○ポがグングン伸びる 褒め淫語パイズリ 佐山愛 99cmIcup 青山菜々 制服の似合う美乳コレクション2 吉田絵理香ほか ノーカット 星ありす 乳フェチ感謝祭パイズリ凄抜きテクニック JULIA 本能剥き出し生中出しセックス 橘なお kira☆kira BEST 立花樹里亜スペシャル8時間-特別編- 彼女のお母さんは巨乳と中出しOKで僕を誘惑 吹石れな
熟女のサンプル動画が見放題! 屋根裏に棲む情欲 ~美人妻の淫猥な二重生活~ 樋口冴子 初撮りおばさんドキュメント 生稲さゆり 冴島かおりママの淫乱!卑猥な性活 デジタルモザイク匠 ごめんね、お母さんも女だったの… 中園貴代美 全裸系近親○姦 僕のママは裸族で癒し系。 荒木瞳

長い垂れ乳に包まれて… 黒沢那智 デジタルモザイク匠

カテゴリ

ユーザータグ

輪姦 人妻 中出し 寝取り寝取られ 巨乳 熟女 羞恥 アナル 童貞 女子アナ パイズリ 三穴同時 CMNF 二穴同時 お掃除フェラ 口内射精 手コキ フェラチオ 露出 顔射 覗き オナニー 強姦 爆乳 青姦 飲尿 カーセックス 痴女 浴尿 乱交 黒ギャル 3P イラマチオ SM 顔ズリ レズ 潮吹き 淫語 母乳 駅弁ファック Wフェラ 和姦 ぽっちゃり アイドル スパンキング 放尿 顔コキ チンポビンタ ソープ お漏らし ボディー洗い Wフェラ 玉舐め 連続フェラ アナル舐め 言葉責め 痴漢 女教師 CFNM 若妻  寝取られ 中出し 巨乳 熟女 人妻

検索フォーム

全記事タイトル表示

◎表示する◎

過去に掲載された全ての記事のうち、そのタイトル部分だけが新着順に一覧表示されます。
ブログ全体の目次のようなものです。

プロフィール

ジーズリー

Author:ジーズリー
よろこばしっとよ~!

オナニー、それは生涯を賭けた孤独なあがき。



作者が思いついたエロ話を羅列して自分を慰めるブログです。下品な妄想と低俗な文章に股間で共感して頂けたら幸いです。

おまけ投票コーナー

もっとエロい動画

もっと赤裸々に見たいっ、という方向けのサービス。

その他PR


おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



<おすすめサイト更新情報>

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。

■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」

◆中編作品
「大輪動会~友母姦戦記~」(連載中)
「青き山、揺れる」 ▼「師匠のお筆」

短編作品
「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「お昼寝おばさん」 ▼「上手くやりたい」  ▼「珍休さんと水あめ女」
「栗の花匂う人」  ▼「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」
「いたずらの入り口」 ▼「学食のおばさん便器」  ▼「山姥今様」
「おしっこ、ついてきて。」

大輪動会-プログラム#38-


 この企画は高橋と鎌先が立ち上げたものである。金光への憤懣いまだやるかたなき高橋は、なんとかしてこの憎き仇にもう一泡吹かせようと企んでいた。夫と同じ館内にて妻を寝取る、それだけでは飽き足らなかったのである。そこでまず考え付いたのが、金光のごく近くまで、例えば部屋の扉の前まで行って妻を犯すというものだった。

 この考えを聞いて、

「それだったら、こういうのはどうです?」

と更なる提案をしたのが鎌先である。彼が以前にローションを取り出したポシェットには、そのほかの遊び道具乃至は仕事道具が入っていたが、その中から、今度はレスラー向けのマスクを取り出したのだ。

 また、彼はオレンジ色のロープも取り出した。それが今、舞台上の女の腕を後ろ手に縛っているものである。

「おいおい、そんなことをして……」

トントン拍子に計画が進んでいくことに焦る島田。普通自分の妻が目の前に出てきて気づかないなんてことがあるだろうか、と。

「いやあ、意外と分からないもんですよ」

とは鎌先。酔っていればなおさらのこと、顔が見えないだけで同定出来ないものだと、何やら経験則から導き出した答えらしく言い切った。確かに、妻がそんなことになっているなんて、社会通念上予見し得る可能性はなさそうだが。

 他方、露見しても構わないじゃないか、というのが高橋の意見で、彼としては、その場合に金光がどう出るか見ものだという。むしろ、事実を知らしめてこそ復讐の完了だとの見解だ。

「そんな無茶苦茶な……」

島田はなおも戸惑ったが、彼に同調する者は生憎いなかった。腹心と思われた鈴木ですら高橋の意見に傾いている様子だ。長丁場に及び、さらには有紀に対する感情も変化していく中で、皆の思考が飽和状態になっていた為もあったろう。島田自体、何に拘って悩んでいるのか、段々分からなくなってきた。

「ヤベえ、それスゲーじゃん」

楽観論者の不良少年らには元より否やはない。計画が固まっていくに従って、どんどんと興奮の度を増していった。

 結局、松倉、七里川、浪岡がそれぞれの番を終えた段階で輪姦は一時休止となり、慰み女は件の覆面をかぶせられ、ボール状の口枷をはめられることとなった。口枷は万が一彼女が余計なことを口走った場合の保険であり、且つ鎌先のSM嗜好を満たす装置である。

 有紀はそのまま囚人よろしく護送されていく。この間、彼女の意見が聴取された機会は一度もない。今まで通り当然に、可否の権限はなかった。人格を顧みられないというその意味で、囚人というよりはむしろ家畜といった方が適切かもしれない。縄で引っ張られ、歩かされる様子は、実際競りに引き出される雌牛のようだった。その豊満な乳が余計にその見立てを助長する。

 一行は、先行した鎌先、それに呼び出された袋田の手引きで、ゾロゾロと揃って宴会場の外まで移動した。大広間はせいぜい五十名程が入れる規模のものだが、一丁前に舞台を備えており、下手のみとはいえ袖もある。さらには、その袖の奥に控室を想定した小部屋も付属していた。まずはそこへ入る。

「狭いなあ」

思わず高橋がそう呟いた程、小部屋は狭かった。本来の部屋の規模もさることながら、段ボール箱やら何やらが積み上げられている為、余計である。折角壁面に取り付けてある鏡も、その荷物の影となって覗き見ることが出来ない。

「全然使わないんでねえ」

袋田が小声で言い訳した。元々は先代オーナーの趣味でしつらえられた舞台だが、その存命中こそ素人芝居やカラオケ大会に利用されたものの、いつしか利用者もなくなり、控室に至っては今やすっかり物置と化していた。

 ここまで付いてきた者達も、到底全員入れないので、主役の有紀、司会進行の鎌先、そして高橋だけが入った。それでもギュウギュウ詰めである。他の者らは手持無沙汰に廊下に屯する。

 と、そこを割って、矢板が入って行った。入れ替わる形で高橋が押し出される。矢板はどこからか持ってきた濡れタオルで有紀の体を拭いていった。一応客前に出るのだから、と気を回したものだ。もっとも、あくまで簡略にであり、使い込まれた排泄穴なぞは奥まで綺麗に出来なかった。だから、直前に注がれた七里川や松倉の吐き散らかしは股間の奥に満たしたままで出演しなければならなかった。

 間もなくして、鎌先の呼び込みに続き、有紀は千鳥足で舞台へ上がった。ただ連れられるがまま、訳も分からずである。実のところ、舞台の上に乗せられてもまだ何が起こっているのか理解出来ないでいた。

「――さあ、まずは身体測定と参りましょう」

鎌先の進行に応じ、渡されたメジャーを高橋が助手らしく有紀の体にあてがっていく。

「ええ……バストが……101センチ!」

“おお~!”と感嘆とも呆れともとれるどよめきが客席で起こる。続けざまに、“ウエスト57センチ”“ヒップ99センチ”と発表されたが、やはり最初の反応が一番大きかった。

「AV女優かよ」

花村が例えると、周囲から笑いが漏れた。先程鎌先はグラビアアイドルを引き合いに出したが、裸で人前に立つ様を表現するには、花村の方がより現実に即していた。

 鎌先はアンダーバストも計測。その値は66センチであった為、形式的計算で“Kカップ”であると発表した。その時は再び客席がどよめいた。

「“K”っていうとなんだい、そんなサイズがあるのかい」

と猪瀬が口走れば、

「いやあ、でも実際あの大きさはただ事じゃありませんよ」

と舛添が応じる。二人に共通しているのは、その鼻の下がすっかり伸びている点だった。

「ほんとにAVみたいな体型ですよ、ねえ?」

手を打って、花村が金光に笑いかける。

「ああ」

金光はそれへ曖昧に応じながら、隣で藪塚が、“A、B、C……”と歌いながら指を折って数えているのを苦笑しながら見ていた。金光がさほど驚嘆しないのは、いつも身近に見ているものがあるからだった……

「なんとご立派なボディをお持ちの奥様でしょうか」

鎌先がそう語る中、高橋は“奥様”の背後に回って、その出っ張った塊をむんずと鷲掴んで持ち上げる。

「ああ、しかもなんということでしょう。Kカップの先から白いお汁が漏れております!」

「んん~?」

実況の声を聞き、金光が眉間に皺寄せて首を前に出す。

母乳です! ミルクです! これは驚きました。ミルクの出そうなお乳と言おうとしていたら、本当に出てしまいました」

確かに乳首からは母乳が出ていた。ただ、勢いよく前に飛んだというよりは、乳房の輪郭に沿って真下へ滴り落ちたと言った方が良く、その線もか細かったので客席からは見えづらかった。

 それを鋭敏に察知した司会者が、客へ呼びかける。

「さあさあ、どうぞ、皆様もっと前へいらして下さい。どうぞ、もっと近くで見て頂いて構いませんよ」

 誘いを受けて、皆膳を離れて舞台に近づく。中でも村本がいち早く動いた。彼はこのショーが始まってからというもの、それ以前とは一転して口数が少なくなっている。いつもなら、権力者を最優先で盛り立てる彼なのに。

 客が近づいてきたので、見えてはまずいと焦った島田が袖から控室まで下がった。それが急だったので、後ろにいた連中がもう少しで声を上げそうになる。出演者が舞台に出た後、後続の者らが順次控室から舞台袖へと進んでいたのである。

 高橋はそれに気づかず、マスクの中では別の意味でニヤニヤ笑いながら、夫へ妻の乳搾りを見せつけた。かなり力を込めて揉んだので、呆けた女も痛がる程だった。

「ウッ、ウウッ……」

辛そうにする覆面女。だがその声は空間に広がらず、ボールギャグの隙間からよだれを垂らすだけだった。

「おおっと、奥さん見られて興奮しているんでしょうか。乳首がビンビンに起っております」

鎌先は当人の本心を知ってか知らずか、勝手な実況を続ける。それは高橋が金光を横目で見ながら、乳頭を口いっぱい吸い込んだ際にも同様だった。

「“ボインは赤ちゃんの為にある”と先人は申しました。それがどうでしょう。今や、赤ちゃんの為のミルクが、よその男に吸われております。なんと破廉恥なママさんでしょうか」

客達はくさいセリフに苦笑いしながらも、男に乳房をなぶられる覆面母を身を乗り出して凝視した。

 と、ここで下手からもう一人の覆面男が登場した。覆面は三枚セットで用意されていたのである。今度の男も、やはりパンツ一丁。その正体は慶介だった。

「さあ、ここでタッグマッチです。いや競争でしょうか。Kカップの爆乳大玉転がしです」

今日の運動会が頭に残っていたのであろう、鎌先の口からとっさにそんな例えが出た。これは他の者にもイメージしやすいものだった。

「上手い事言うねえ」

「こんな大玉転がしだったらやりたいねえ」

と、概ね好評である。

 二人の頭を胸にぶら下げる有紀。まさに自分が“金光有紀”であるという自覚を取り戻したのはその時だった。彼女は心まで覆面をかぶったが如く、正体不明の境地だったのである。

「(これは……何?)」

ゆっくりと意識が頭をもたげてくる。ちょうど昂りの波が下降していくのと反比例していた。

「(何を……?)」

両の瞳が見知った顔を捉えて離さない。さっきから視界に収めてはいたし、それが誰かも認識はしていた。

「(これは……おかしい……)」

彼女はようやっと現実の異常さに気が付いた。さながらメモリを使い過ぎたコンピュータの如く、計算処理が遅くなっているのが今の彼女なのだ。

「(これは、おかしい!)」

遂に処理が追いついた。彼女は確信した。


〈つづく〉




〈現在の位置関係〉
▼大広間
有紀、金光、花村、猪瀬、舛添、村本、藪塚、前原、鎌先、高橋、慶介
▼舞台袖
島田、浩樹
▼控室
竜二、鈴木、小林
▼廊下
佳彦、比嘉、服部、祥吾、雅也、矢板、羽根沢、森岳、沼尻、浪岡、松倉、七里川、袋田
▼帰宅
俊之、克弘、恵太、優斗、豊、聡、翼、清美、瑞穂


〈輪姦記録〉
挿入男根:30本
射精回数:89発
(膣53・口16・尻12・乳5・顔1・髪1・外1)


ましゅまろくらぶ







テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 寝取り寝取られ 羞恥 SM 母乳



大輪動会-プログラム#37-


 *

「おう、前原君も、もっとやりたまえ、やりたまえ」

と、金光にビールを注がれ、前原は無言でグラスをあおった。

 大浴場から出た所でバッタリと依頼主に再会し、そのまま宴会に参加させられている。断る選択肢はなかった。予想だにしない展開に接し続け、彼はもう疲れ過ぎていた。

「(まあ、この人と一緒の方が、まだマシか)」

僅かでも前向きな観測を導き、力なく口を歪める。作り笑いも楽ではない。

 本当なら、あのまま荷物を取りに行って逃走するつもりだった。たとえ電車が動いていなくとも、這ってでもこの町から出ようと決意したばかりだったのに。しかし、またこんなことになる。前原は己の運の悪さを呪った。

「温泉、良かったですか」

「貸し切りだったでしょう」

猪瀬や舛添といった取り巻きが口々に聞いてくる。前原は辛うじて愛想笑いを返しながら、適当に相槌を打った。この中にも例の一味が混じっているかもしれない、そう思うと戦々恐々となる。大体金光がここにいること自体が不可解なのだ。

 話題はしばし温泉のことに及んだ。そもそも“温泉に浸かりましょうか”という花村の誘い文句がここへ来る決定打になったのだが、主目的を後回しにして宴を続けている一同だ。

「しかし、なんだね――」

新加入者を巡る盛り上がりも一通り落ち着いた頃、焼酎の水割りグラスを傾けながら、ふいに金光が言い出した。

「こんなだだっ広いとこで車座になるなんざ、貧乏学生みたいだなあ」

そんな経験は実際無い癖に、思いつきを口に出す。嫌味を言わないと気が済まない性質である。

 もっとも、確かに六人で使用するには寒々しかった。世話係の袋田と藪塚を入れても八人ぽっちだ。

「女も居ないんじゃあなあ」

とうとう退屈そうにし始める。袋田はカラオケを勧めてみたが、金光は興味を示さなかった。代わりに、

「近くにスナックみたいのあっただろ。あそこ空いてないの? あれぐらいのとこでいいんだよ」

と、矢板が営んでいる店の名を出すが、当然それは否定される。すると今度は、“さっき居た店のままでも良かった”などと本末転倒なことを言いだした。

 気を回して、村本が話題を変える。

「そう言えば、この部屋のほかにも誰か居るんですか? さっきトイレに行った時、なんか声がしたような気がするんですけど」

「おいおい、変なこと言うなよ」

舛添が横で怖がって見せる。

 と、ちょうどそのタイミングで、入り口から袋田を呼ぶ声が聞こえた。一同、一斉に振り返る。そこに居たのは鎌先だった。

 袋田が手招きに応じて中座する。呼ばれていないのに、藪塚も後から付いてきた。三人は廊下に出てコソコソと何か打ち合わせていたが、間もなくして袋田と藪塚は席に戻ってきた。

“誰だ”“どうした”と問われる機先を制して、袋田が辞を低うして切り出す。

「実はですね――」

すると、それへ食い気味に藪塚が言い出した。

「コンパニオンをご用意してあるんですよ」

先走られて気を悪くした袋田、やんわりと言い直す。

「いや、コンパニオンと言いますかですね、ちょっと面白い趣向の――」

「ショーですよ、ショー! まな板ショーみたいな」

また藪塚がお株を奪う。この企画に大いに乗り気なのが見て取れる。

 すると、その前のめりさが功を奏したのか、金光が乗って来た。

「ストリップの?」

「そうそう」

満面の笑みでブンブン頷く藪塚。

 袋田は仕方なしに補足説明に回った。すなわち、町にある風俗店の選りすぐりの女をスタンバイさせており、許可が下り次第すぐにここへ呼ぶことが出来ること、さっきの男はその店の店長であること。

「そんな店あったか?」

金光が振り返って仲間に問う。

「ありますよ、一件だけ。リングっていう名前だったかな」

村本が答えると、“そうです、そうです”と藪塚が応じた。猪瀬と舛添は澄ましていたが、実は行ったことがある。この場で知らないのは金光だけだった。

「やっていけるのかね、こんな町で」

彼は別な方向に興味を向けた。

 確かにこのさびれた町に性的サービスの需要がそれ程あるとは思われなかった。かつて温泉街を成していた当時は色町も多少はあったらしいが、現状で温泉客を当て込むにはリスクが大き過ぎる。鎌先の店の存在は町の七不思議の一つであった。

「いやあ、意外と流行ってるんですよ。まあ、お嬢は大体おばちゃんばっかですけど」

藪塚がそうフォローすると、それを知っている者らは同意して笑った。実際、金光以外の面々が通っている位だから、なんとか経営は成り立っているのであろう。あるいは、この町には好色者が多いのかもしれない。

「それで……、どうされますか?」

逸れてしまった話を、袋田が元へ戻す。

「おっ、そうだな。じゃあ、お願いしようか」

金光はそう言って、仲間を見渡す。誰にも異存はなく、頷き返している。

「承知しました」

袋田は言って、立ち上がった。藪塚がまた付いてこようとしたが、今度は居残るように命じた。

 彼が出て行って間もなく、宴会場の舞台に鎌先が登場した。白のカッターシャツに黒の蝶ネクタイを締め、黒のスラックスを履いている。実は自前ではなく、矢板の店から持ってきてもらったものだ。こういう演出に手間を惜しまない男である。

「レディース・エーン・ジェントルメン! お待たせ致しました。これより、本日のメイン・イベント、スペシャル・マッチを開始致します」

マイク片手に高らかと宣言する。

「本日の挑戦者は、なんと正真正銘の素人奥様! 夫の粗チンでは満足出来ず、夜の街に飛び出した不良ママさんは、それもそのはずグラドル顔負けのどスケベボディの持ち主。男を狂わす罪な体は、もはや歩く猥 褻物そのものと言っていいでしょう。その淫乱ミルクタンクに是非ともご注目下さい。それではご紹介致しましょう。皆様拍手でお迎え下さい。町のオナペットママドル、爆乳モンスターペアレンツ、当店が自信を持ってお送りする超大型新人、ヒカルさん!」

 仰々しい煽り文句に応えて、素直に拍手をする客達。その中から一様に、“おお~!”とどよめきが起こった。舞台上に肌も露わな婦人が一人、その実り過ぎた膨らみを揺らして引っ張り出されたからだ。

 しかし、次の瞬間、金光が素朴に疑問を述べた。

「なんだありゃ、マスクかぶっとるじゃないか」

 彼の指摘通り、女性は服を一切まとっていない代わりに、頭からプロレスラーのような覆面をすっぽりとかぶっていた。目と鼻の孔の所、それと口はあいているが、その口には丸い球体がくわえさせられている。その球の両端にはバンドが付いていて、それが頭の後ろに巻かれているらしい。

「あの店の企画じゃないですか。ああいう覆面レスラーみたいな格好させて、正体隠すっていう」

村本が早口に説明する。

「そうなのか」

金光がまだ納得しきれないでいると、藪塚も口を挟んだ。

「時々あるんですよ、イベントが」

「まあ、素人っていう設定ですから、バレちゃいけないっていう演出じゃないですか」

村本はさらに見解を足して、それで話を打ち切った。彼の興味は本格的に舞台上へ移りつつあったのだ。

 金光は“乳まで見せとるのに顔を隠すのはよう分からん”とか“もうストリップは終わっとるじゃないか”などとブツブツ言って周囲に面倒な相槌を強要していたが、クレームを入れるという程のことではないので、とりあえずは続きを楽しむことにした。

 舞台には、女を引っ張ってきた男も立っている。彼はボクサーパンツ一丁で、やはり覆面をかぶっていた。

 花村は身を乗り出して見入っている。そうして藪塚に目線を送り、さらにはパンツ一丁男にも曰くありげに笑いかけた。相手もその意図を承知していて、ニヤリと笑い返してくる。この趣向の開催を花村は聞かされていなかったが、覆面男の正体はすぐに分かった。高橋だと。女の方は言うまでもない。

「(ああ、ほんとにやりやがった)」

舞台袖では、島田が頭を抱えていた。


〈つづく〉




〈現在の位置関係〉
▼大広間
有紀、金光、花村、猪瀬、舛添、村本、藪塚、前原、鎌先、高橋
▼???
佳彦、慶介、浩樹、竜二、小林、比嘉、祥吾、雅也、服部、矢板、羽根沢、森岳、沼尻、島田、鈴木、浪岡、松倉、七里川、袋田
▼帰宅
俊之、克弘、恵太、優斗、豊、聡、翼、清美、瑞穂


〈輪姦記録〉
挿入男根:30本
射精回数:86発
(膣52・口15・尻11・乳5・顔1・髪1・外1)


ひとみの内緒話







テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 寝取り寝取られ 羞恥



大輪動会-プログラム#36-


 *

「ふう……」

前原は湯船に浸かって溜め息をついた。大浴場が貸切だ。しかしちっとも嬉しくない。

 宿に到着した当初、これからどうなるものかと身構えたが、部屋を与えられ、入浴を勧められ、なんだかんだで人並みの扱い。捕虜には礼を以て遇するということだろうか。

 荷物は部屋に入れてきた。旅館的でも、ビジネスホテル的でもない、前時代の文化住宅みたいな垢抜けない部屋。とにかく造りが古い。土壁とか柱にはひっかき傷があちこち見られた。それでも鍵が掛かるだけ有り難く――とはいえ、奴らならば簡単に開けられるのだろう、などと考えると不安は尽きないが――今は文句をこらえてやり過ごすことにした。

 実際、ここの宿泊料金は格安であり、日頃は学生らの合宿に利用されもする。あるいは温泉マニアがわざわざ探して当てて来るか、安さのみに惹かれて変わり者が来るか、外からの客はそんなもの。大体が期待もしていず、安いので文句も言わない。

「(それにしても――)」

前原は湯をすくって、バシャバシャと顔を洗った。先程嫌と言う程洗ったが、まだにおいが付いているような気がする。

「(あいつら……)」

彼が別行動をしている間も、鬼畜の所業は飽きずに続いているらしい。頭を振って、その事実を遠ざける。忘れてしまおうと思った。もうそれしか出来ることはないと。

 だが思考は続く。結局、比嘉という熱血漢も、服部という刑事も、みんなグルだった。

「(そりゃまあ、そうだろうな)」

分かってみれば、なんら驚くに値しない。あるいは、後から仲間になったのかもしれないが、そんなことはどちらでもよかった。この分ではほかの二人、島田や鈴木も同類なのだろう。

「はあ……」

溜め息をついて湯に沈む。監視はされていないようだ。今の内に逃げ出せないか、ふと思った。来る時に車窓を見ていると、随分急な山道を走ってきたようだったが、あの暗い道を走って下り、行ける所まで行くか。それとも、鍵を閉めて部屋にこもり、朝一番で車を呼ぶか。

 やがて、いずれかに決心した彼は、すっくと浴槽から立ち上がった。

 *

「おお~っ!」

出会い頭に合体して、七里川は卑猥に歓喜した。組み合う相手とは縁もゆかりもない。顔も知らない。なんとなれば、彼女の夫、金光議員のことさえ知らなかった。そんな輩が、今しがた会ったばかりの女と子作りしている。

「初回からアナルとは、こりゃ参ったね」

松倉もその点同様。しかも彼は、肛門性交というイレギュラーなプレイを見ず知らずの人妻といきなり行っていた。二人は、比嘉と服部が折よく終わったのを見て、挨拶もそこそこに早速輪姦に連なったものだ。

「やれやれ……」

新人二人の悦びようを横目で追いながら、島田は呆れ顔を浮かべた。

「それで、首尾は」

向き直って小林に尋ねる。

「ああ、僕もさっきまた一発ヤッてね。なんとアナルですよ。それからまあ、ずうっとあんな風に、三つの穴を塞ぎっぱなしで……」

「いや、そんなことを訊いているんじゃない」

とぼけた答えに焦れる島田。

「分かってますよ」

小林は笑いながら現状を報告した。前原を別室に泊めていること、金光らは大広間に入ったこと、そして袋田と藪塚もそちらへ奉仕に回ったこと。

「それでまあ、こっちはこの通り、みんなで仲良くやってますよ」

それは聞かなくても分かる、と島田は応じ、とりあえず状況を把握して一息ついた。だが、落ち着くには至らない。そして、“こいつらには不安はないのだろうか”と訝しんだ。

 その気を知ってか知らずか、慶介が寄ってきて、人懐っこく言う。

「おっちゃんもヤるんでしょ」

いかにも気楽そうな声音である。それを聞いて、彼らには後先の計算も何もない、というのがはっきりした。こんな所まで無理矢理引っ張ってきて、わざわざ延長戦をやろうというのも、結局は目先の欲望に駆られているだけだ。

 金光を連れてきたのも場当たり的な対応だった。当初は、運動会の開催中にケリをつけ、旦那が帰宅する前に自宅へ送り届ける手はずだったのが、打ち上げに乗じて延長、挙句場所を移してまた延長。その上、金光までがこの同じ屋根の下に。

「(確かに、あいつがここにいる限り、妻の所在が問題になることはなかろうが、しかし――)」

ワイワイ騒ぐ一同を見回しては眉をひそめる。

「あんまり大きな声出すと、聞こえちゃうよ」

鈴木が大広間を意識してたしなめると、服部も、

「そうだそうだ」

と同調し、唇の前に人差し指を立てた。

 七里川はわざとらしく照れを作りながら肩をすくめる。しかし、行為は止めず、むしろ激しさを増して、濡れそぼった勃起を肉穴でこすりまくった。尻の松倉、口の矢板も各々の悦楽壺を離そうとはしない。その奥に溜まった蜜を余さずこそげ取るようなつもりで、肉棒をねちっこく操った。

「ンア……カ、ハ……ッ!」

トロンとした目で明後日の方を見ている有紀。彼女の魂はここに無いようだ。首も座らず、一人ではもう用足しも出来ない状態。この部屋に来てからでも、小林、服部、浩樹、袋田、比嘉、藪塚、矢板と、常に三人同時の連続で凌辱され、またぞろ自然な流れで松倉、七里川を受け入れた。それが今朝から数えてちょうど三十本目のペニスだったことを彼女は自覚していない。

「いいペースだ」

鎌先は満足そうに言った。自分が開発した第三の穴によって、一度に参加出来るプレイヤーが増えたことを誇っているのである。曰く、“輪姦は回転率だ”とのこと。

 もはや子 供をつくるというセックス本来の意義は無視され、さりとてなんの為かと再定義されもしない。どれだけ複数のオスと交わったところで、孕めるのは一人の種だけ。それなのに一日で三十人と交尾するなんて、交配としてなんの意味もなかった。そのなんの意味もない行為をしつこくやっているのが有紀という女である。

「ふうむ……」

どことなく以前と違う感想を抱いて、島田は腕を組んだ。今の有紀はいつもの毒々しい虚飾とは似ても似つかない、まるで憑き物が落ちたような、ある種の清々しささえ感じる風貌である。にっくき隣人、金光の妻であったのは本当に彼女だろうか。どことなくしおらくもあり、悩ましそうでもあり……

 そんなことを考えていると、それを別な懸念のせいと捉え違えた慶介が、また明るく声を掛けてきた。

「大丈夫っすよ、こっちには警察も付いてるし。向こうより人数も多いし。いざとなったらなんとかなりますって」

あくまでも楽観論の彼である。

 するとその時、その楽観路線をさらに助長しうる人物が入り口に現れた。

「よお、ヤッてるヤッてる、ハハ」

高橋である。既に帰宅したはずの彼が、なぜかそこに居た。高橋は、その疑問をぶつけられる前に自ら説明した。すなわち、鈴木から状況は聞かされており、居ても立っても居られなくなって、家族には飲みに行くと偽り出てきたとのことである。彼の後ろには鈴木が居た。いつの間に中座していたものか、玄関まで迎えに出ていたらしい。

「うわあ、しかし、狭い所にまあ大勢お揃いで」

高橋はニヤニヤしながら部屋の中央まで進んだ。大広間を金光用に確保した関係上、次に広い部屋が今の場所しかなかったのだが、それでも人数に比すると確かに圧迫感は否めなかった。

 かつての仲間達が集まってきて旧交を温める。ちょうど矢板も終わって合流した。彼の跡は浪岡が継ぐ。

「チンポまみれで嬉しそうだな、この淫乱女」

大きく笑っている内に、高橋の股間は隆起しだしていた。次に空きが出れば、間違いなく入るだろう。

“また厄介な奴が戻ってきたな”という目で島田が見ていると、高橋がふいに振り向いて訊いた。

「あいつ、居るんでしょ?」

途中離れていた為もあってか、彼の怨恨はいまだ衰えていないらしい。それが今再び発露しようとしていた。


〈つづく〉




〈現在の位置関係〉
▼中広間
有紀、佳彦、慶介、浩樹、竜二、小林、比嘉、祥吾、雅也、服部、矢板、鎌先、羽根沢、森岳、沼尻、島田、鈴木、浪岡、松倉、七里川、高橋
▼大浴場
前原
▼大広間
金光、花村、猪瀬、舛添、村本、袋田、藪塚
▼帰宅
俊之、克弘、恵太、優斗、豊、聡、翼、清美、瑞穂


輪姦記録〉
挿入男根:30本
射精回数:86発
(膣52・口15・尻11・乳5・顔1・髪1・外1)


world200*40







テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 輪姦 三穴同時