おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

    
お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



<おすすめサイト更新情報>

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。

■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」

◆中編作品
「大輪動会~友母姦戦記~」(連載中)
「青き山、揺れる」 ▼「師匠のお筆」

短編作品
「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「サルオナ」  ▼「母の独白」  ▼「童貞卒業式」  ▼「お昼寝おばさん」
「上手くやりたい」 ▼「珍休さんと水あめ女」 ▼「栗の花匂う人」
「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」 ▼「いたずらの入り口」
「学食のおばさん便器」 ▼「山姥今様」 ▼「おしっこ、ついてきて。」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
大輪動会-プログラム#41-


「ずりいよ、島田のおっちゃん」

「アハハ、まあそう言うなって。あの人こそ長年の恨みがあるんだから」

唇を尖らせて袖から舞台を覗く竜二を、高橋が笑ってなだめた。マスクはもうかぶっていない。島田に渡したのだ。

「復讐する権利があるってことさ」

彼はそうつぶやくと、服を着に控え室へ下がった。自分はもうそれが達成出来て満足だった。

 一方、舞台に出た島田は、はじめの内そこの明るさや熱に面食らったが、ぎこちない歩みながらもなんとか中央まで進み出た。客席の方などとても見られたものではない。余興でも裸踊りなぞしたことがない堅物である。人前でよくこんな格好が出来るものだと思い、また、出てきてしまったことをこの期に及んで後悔した程だ。

 だが、先に出番を迎えている二人は、当たり前のようにその役を務めている。慶介の振る舞いたるや堂々としたもので、無人の境を行くが如くに平然と公開セックスしていた。若々しい腕が柔らかな女尻を抱え、そこへ向けて性欲の赴くままに腰をぶつけている。そこにはなんの迷いも感じられない。

 大人ぶってはいるが、まだ十七になりなんとする若者だ。ついこの間まで、“おじちゃん、おじちゃん”と自分の後を付いてきていたような子なのに、今はすっかり男の顔で、いつの間に会得したものか、男女の営みを当たり前にやってのけている。

 その熟練ぶりが証拠に、

「オッ、オゴッフ……!」

と、一回りも年上の人妻がメス啼きだ。その身に突き立てられる赤黒い怒張が生々しかった。あんなものでゴリゴリ削られたら、それはたまらんだろうとは、たとえ顔を隠していても傍目に想像するもの。有紀の本心は窺い知れないが、事実として間男の陰茎を受け入れ、それをまた他人に見せている。なんのことはない、これはそういうショーであった。

「何をバカな」

最初に企画を聞いた時、島田は言下に否定した。これ以上自ら危ない橋を渡りに行く必要はないと思った。だが、予期に反して他の者はやる気になっている。

 そんな中で、高橋に囁かれた。

「島田さんもやりましょうよ。憎たらしいアイツに一泡吹かせてやりましょうよ」

「な、何をバカな」

するわけがない、と即座に思った。

 やがて、企画は実行段階に入り、いよいよ宴会場前まで来た。そこでまたも高橋に言われた。

「やりましょうよ」

島田は首を振った。が、切羽詰まった状況もあり、言葉は口にしなかった。そう、この時までは迷いもなかった、はずだった。

 高橋が肛門へ、慶介が膣へ、二人掛かりで有紀を犯す。それを間近に見、あまつさえ交尾汁を金光が顔面に浴びた顛末は既述の通りだ。島田はそれを袖から見ていた。心配で身をこわばらせながら、まんじりともせずに見守っていた。その時だ、何かが心で弾けたのは。

 慶介が目配せし、女の尻たぶを左右に開いている。そこへ挿せ、というのである。

 ただ立ち尽くしている場合ではない。島田は軽く頷き進み出る。これをする為に出てきたのだから。その下半身には、ガチガチに凝固した海綿体。もう袖に居る時からずっとだ。今だけは若い慶介と五分で渡り合える程のその硬さ。

「交代ですよ」

戻ってきた時、高橋はそれだけ言って、マスクを島田へ託した。

 島田はもう何も言わず、服を脱ぎ、それをかぶった。スタンバイしていた竜二が不平を述べたが、気にも留めなかった。

「(俺は……)」

見下ろす先に黒い穴ぼこがある。そこが排出口ではなく挿入口であることは、誰の目にも明らかだった。

 しかし、生憎彼の身長では、立ったままでそこにはめるのは困難だった。そこで慶介が一計を案じ、合体したままで舞台上に寝転んだ。

「おお~」

観客がこの体位変更を好意的に受け入れる。結果的に結合部が見やすくなったからだ。その目の前で、再び二本挿しが始まる。

 島田は後ろからまたがるような形で、有紀の尻の穴へ男根を埋めていった。ズル、ズルズルズル……と、予想以上に一気に飲まれていく。まさにそう、飲まれていく。

「(おお、これは……!)」

歯を食いしばって、彼は耐えた。油断していると、根本はおろか、全身まで吸い込まれていきそうだった。注意深く観察すると、彼の足の指がギュッと閉じているのが確認出来ただろうが、そこに着目する者は一人もいなかった。

「ングァ……ッ!」

愁眉を寄せて、隣人を腹に迎える有紀。ダラダラと垂れる唾液が、慶介の首元に落ちた。

 隣家へ島田は上がったことがないが、家より先にその家の夫人の肛門へ邪魔することになったわけだ、などと下らない思い付きをしつつ、ただ彼女のもてなしぶりには大いに満足であった。腸内の熱が、寸分の隙間なく分身を握りしめる。壁がネバネバと密着する。

 彼は日頃の高飛車な彼女を一瞬思い出そうとしたが、それは既に叶わなかった。目の前にいるのは、夫の前で寝取られ輪姦される、ただの憐れな夫人だった。その可哀想な女を……

「オッ、オッ、オッ……!」

太いものが交互に出し入れされ、女は目を白黒させた。殊に尻に入ったものは、なおも膨らみを増したようだった。

 島田には確かに金光への恨みがある。それは彼の祖父まで遡る深いものだ。彼の家は元々村の名主で、代々当地に暮らしてきたが、そこへ当代金光の祖父――当時はまだ本名のキムと名乗っていた――が流れてきて、その困窮ぶりを憐れに思った島田の祖父が、離れを貸してやったのがそもそもの因縁。結論から言えば、島田家は土地を奪われ、まさに軒先を貸したら母屋まで乗っ取られたような形となった。

 だから、この宿敵を憎むのは理の当然だ、が、今彼の欲棒を逞しくしている根拠が、果たして復讐心なのであろうか。

 一旦気持ちを落ち着かせて、金光の方を見やる。彼は顧問弁護士を相手に酒盛りをしていた。呑気なものだ、自分の妻が輪姦されるショーを肴に笑っている。

「(すごいことをしている)」

島田は改めて思った。隣の家の奥さんとアナルファックしている、それも旦那の前で。しかも、金光からしたって憎たらしいはずの自分がだ。逆の立場だったらどうだろうと、ちょっと考えてみる。発狂するかもしれない。ただ、あまりに突飛な想像過ぎて、具体的には考えられなかった。あるいは金光もそれで安心していられるのだろうか。あるはずのない出来事だから。

 劣情棒がまた一層いきり立つ。こんなになったのは何年ぶりだろうか。妻とはほとんど交渉のない彼。ひょっとしたら、彼女に見せたことのない程の勃起かもしれない。まるで思春期の頃のような勢いだ。

「いいねえ、おっさんの方もビンビンじゃない」

客席の舛添が手を叩いて讃える。彼らから見て、慶介と島田の年齢差は肉体から明らかだったが、その年長の方が勢いを増している様は意外であり、面白味があった。

 その様子を横目で追いながら、村本が司会者へと近づいた。先程までかぶりつきでショーに見入っていた彼だが、にわかに別方面へ動いたものだ。

「あの奥さんってさ、この町の人なの?」

鎌先はごく単純に“ええ、そうですよ”と答えた。そこにはなんの警戒心もなかった。

「いや、あんなすごい体の人妻が、この町にいたかな、と思って」

村本は親しげにそんな会話を交わしつつ、ふとその目を怪しく光らせた。 


〈つづく〉




〈現在の位置関係〉
▼大広間
有紀、金光、花村、猪瀬、舛添、村本、藪塚、前原、鎌先、高橋、慶介
▼舞台袖
島田、浩樹
▼控室
竜二、鈴木、小林
▼廊下
佳彦、比嘉、服部、祥吾、雅也、矢板、羽根沢、森岳、沼尻、浪岡、松倉、七里川、袋田
▼帰宅
俊之、克弘、恵太、優斗、豊、聡、翼、清美、瑞穂


輪姦記録〉
挿入男根:30本
射精回数:90発
(膣53・口16・尻13・乳5・顔1・髪1・外1)


world200*40



テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2018/06/24 22:00] | 「大輪動会」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
大輪動会-プログラム#40-


「さあ、ヒカルちゃん、完全に技が決まって逃げられない。オチンチン、入るか、入るか! どっちに入る」

司会者鎌先が気分を出して実況すれば、否応なしに緊張感が場にみなぎる。

 そうして衆目が一か所に集中する中、とうとう、そしていともすんなりと挿入は実行された。

「おおっ!」

人々が妙な感動に包まれる前で、男根は深々と、一気に深々と肛門にめり込んでいった。

「ン、オゴ、オッフ……ッ!」

「入ったぁ! 入りました、アナルです。アナルに決まりました」

有紀が呻くのと、鎌先が叫ぶのとはほとんど同時だった。

 男根は完全に勃起していた。それなのに、その太い肉の棒はいかにもスムーズに、一度もつかえることなく、本来狭いはずの入り口を通って侵入に成功していた。広げて入ったというより、広がっていたところに入った感じだろうとは、先程確認した穴の具合から、客達が連想した次第である。

「(どうだ、ブタ野郎)」

高橋は金光を冷酷に見下ろしつつ心で罵った。

「(オメーの自慢のカミさんは、ケツマンコもガバガバだぜ)」

 彼の肉棒は垂直に昇り、玉袋の継ぎ目が挿入口の輪っかに隣接するまで埋まっていた。決して短小なサイズではない彼のもの、それが全部有紀の腹の中に収まる。

「ほお……エラい所に入れおったなあ」

金光は目を丸くして凝視している。自分にはそんな趣味はないし、一度も経験はない。見るのも初めてだったが、興味がなかった割には意外と見ていられた。同じ立場の見物仲間が居たせいもあっただろう。

 他方の妻は、夫がこれなものだから、当然今日が初めてだった肛門性交。にもかかわらず、猛スピードで使い込んで、今やベテランの域にまで達していた。尻穴での浮気だけで十数人を数える。その安定感からか、見る者の目にはもはや、彼女の尻が自ら肉茎をしゃぶり込んでいったかのように映る程だった。

 しかし、慣れるものではない。特に意識が一度はっきりしてしまった今は尚更。

「グ、フ、クウゥ……ッ!」

小刻みに震えながら有紀は啼いた。この場合、どこに力を込めていいかがいまだに分からない。口にボールをくわえさせられている分、奥歯も噛み締められない。おまけに見世物にされて、心理的圧迫は極度のものだ。妙な悪寒すら覚える。

「(マヌケ……ミジメ……)」

現状を表すそんな言葉が頭を巡る。分娩みたいな恰好で抱えられて、肛門に陰茎を入れられる姿を見せびらかしている。果たして、これはなんなのだろうか。男らは、しかし、夫も含め楽しんでいるらしい。

 考察はここで中断される。なぜなら、現段階が最高位ではないからだ。男はもう一人控えている。この意味を輪姦慣れした女には理解出来るはずだった。

「おおっと、タッグパートナーも動いた。これは、ルール無用の挟み撃ちだ!」

第二の男、慶介が有紀と向かい合う。彼がその位置についてから、彼女の中に入るのに時間は要さなかった。

「ングギイヒイィーイー……ッ!」

大量のよだれが流れ落ちた。肛門と膣と両方で性交、彼女のもはや正位置。ただ、今でもやはり衝撃は大きく。

 別穴に突き刺さる二本目の男根。よりスムーズな挿入。互いに慣れたものだ。後ろの男も前の男も、また受け入れる女さえも。慶介は高橋を手伝って、有紀の膝の裏辺りに腕を通した。

「おおっ、なんだ? 二本挿しか!」

「なんと! そんなこと、出来るのか」

口々に客達から驚き怪しむ声が上がる。

 鎌先がそっと指示して、三人を横向きに立たせる。正面から合体した為、慶介の背で有紀が完全に隠れてしまっていたからだ。この配慮で客席から多少見易くはなった。女が持ち上げられ、その体内に二人の男根が入っている様子が。

 それでも結合部はどうしても見づらい。それまで食い入るように見つめていた村本は、自然と前へ這い出ていた。

 それを見て、鎌先が勧める。

「いいですよ、どうぞ、もっと近くで見て下さい」

 許可を得て、村本は舞台に頭を乗せ、演者の股の下から覗き込んだ。

「スゲー……」

思わず本音がこぼれる。僅かに離れた穴二つに、大の男二人がそれぞれペニスをはめ込んでいる様は、空前絶後の迫力で彼の視界を圧倒した。殊に尻穴に入れた方は、子作り的に何の意味もない行為。人間が快楽の為にここまで非常識になれることの証左を示されたようだった。

 村本の行動に続き、猪瀬、舛添も同じように覗き込みを始める。感想は同じだ。こんな状態を生で見たことは今までにないことだった。

「こんなこと、ほんとに出来るもんなんだねえ」

さも感心したらしく、まだ信じられないという風に猪瀬が首をひねっている。

「さあさあ、お兄さんも、どうか遠慮なく近くで見てやって下さいよ」

やや出遅れた金光に、鎌先が促す。

 別に勿体つけていたわけではないが、金光は鷹揚に頷き、舛添が譲ってくれた場所から結合部を見上げてみる。当人は知ろうまいが、妻の足の間に入って、その寝取られ現場を確認しているわけだ。

 高橋にはそれが愉快で仕方なかった。ここぞとばかりに腰を振り、彼の妻を辱めていく。夫が未経験のアナルファックを、まざまざと彼に見せつけてやる。妻は知らない男にその処女を奪われて、挙句何回も犯されまくってきた。そのせいで変わり果てた尻穴、無様に拡がった穴、ペニスの形に広がり、交尾専用に作り変えられた、いわば精液搾取器、男のおもちゃ、そんな肛門で今もまさに憎い男を喜ばせているのだ。

「(バカが、見てるよ。こいつ、カミさんがサンドイッチでマワされてるとこ、ほかの男にチンポ入れられてるマンコとアナル、見ながら笑ってやがるよ)」

興奮した彼の勃起はますますアナルを激しく摩擦する。すると、その反動でどこかから飛び散ったものであろう、それが何かは分らぬが、いわゆる飛沫が金光の顔面に降り注いだ。

「ブワッフ!」

素早く顔を手で拭って立ち上がる金光。

「きったねえなあ」

 それは、妻の愛液であったかもしれないし、間男らの精液だったかもしれない。精液だったとして今までの誰のものかは判然としないし、あるいはいくつもの汁が混じりあったものかもしれない。いずれにせよ、我が妻と他人のセックスの産物が彼の顔を汚したのは確かである。

 金光は辟易となりながら、その場を離れた。

「いやしかし、とんでもない女だ、ケツとマンコ、両方一遍にチンポぶっ込まれて」

呆れ顔で話しかけてくる金光に、前原は力ない笑みで返した。もっと前で見ることを勧められたが、彼はやんわりと断った。

 一方、散々見慣れているはずなのに、花村と薮塚はかぶりつきで見に行っていた。

 その眼前で、高橋が終焉を迎えた。極度の興奮状態のまま、彼の目は真っ直ぐに金光を射抜いている。

「(オラッ、ケツマンコにっ、中出しだっ、オラァッ! バカ亭主のバカ妻! ケツでチンポしゃぶるメスブタが!)」

いきり立ったペニスから子種汁がほとばしり、直腸を逆流する。憎悪のこもったそれは、心なしか粘り気が強く、しつこく内壁へまとわりつくいてはそこを焼くようで、

「ウッ、ンッ、ムエァ……ッ!」

有紀は下腹に力を込めて、それに耐えねばならず、するとその為に尻性器周りの筋肉が引き締まって、慶介の方の喜ばせてしまう結果となった。

「おおっと、アナルに中出しが決まりました。ヒカルちゃん、一人ヌき成功!」

司会者がアナウンスし、高橋の射精を知らしめる。リングアナ風に実況しているが、この場合、どちらが勝ちなのかは誰にも分からない。

 彼のマイクパフォーマンスの後ろで、復讐を完了した高橋が、ズルリと分身を引き抜いた。

「ヒッ、ウッ」

栓を抜かれて、ビクビクッと痙攣する有紀。

 金光はその様子と、高橋の濡れそぼった抜き身を見やりながら、膳の前へ戻ってグラスに酒を注いだ。傍に座る前原が自然と相手になる。前原は元の場所から動いていなかったのだ。すっかり無気力になったこの男は、思考を停止してこの宴の末席に連なっていた。

「とんだ変態女だな、ありゃ。あんな女がいるもんなんだなあ」

「そうですね……」

「ああいう商売をするしかないのかねえ。可哀そうな女かもしれん」

「……そうですね」

「いい体してんのになあ」

金光のあくまでも他人事な物言いにも心揺さぶられることなく、前原は相変わらず最低限度の作り笑いで応じた。省エネルギーな彼の返答に、しかし金光も特別不審がらない。それだけ信用している証だった。

「おっ、なんかまた出てきたなあ。あれ、さっきと違う奴だよな」

枝豆を口に運びながら金光が舞台を指し示す。そこには、明らかに先程よりも年を食っていそうな男が、やはり覆面姿で袖から出てきていた。


〈つづく〉




〈現在の位置関係〉
▼大広間
有紀、金光、花村、猪瀬、舛添、村本、藪塚、前原、鎌先、高橋、慶介
▼舞台袖
島田、浩樹
▼控室
竜二、鈴木、小林
▼廊下
佳彦、比嘉、服部、祥吾、雅也、矢板、羽根沢、森岳、沼尻、浪岡、松倉、七里川、袋田
▼帰宅
俊之、克弘、恵太、優斗、豊、聡、翼、清美、瑞穂


〈輪姦記録〉
挿入男根:30本
射精回数:90発
(膣53・口16・尻13・乳5・顔1・髪1・外1)


羞恥の風




テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2018/06/18 22:00] | 「大輪動会」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
大輪動会-プログラム#39-


「ンヴォオアー……ッ!」

有紀は呻く、口かせである球体の隙間からダラダラ、ダラダラと唾を垂らして。身をよじってみるが、思い通りに体を制御できない。今更ながらに、彼女は両手を拘束されていることを意識した。

 縄目が手首に食い込んで肌を赤く染める。突き出さざるをえない乳房が肩を揺する度にプルンプルンと弾み、その稜線へ落ちたよだれを、突端からツーッと滴らせた。それが何滴にも及び、足元の床を濡らす。フラフラと不安定な足は、そのぬめりを何度も踏みしめた。

 金光がこちらを見ている。己の妻が全裸で縛られ、衆人の好奇の目にさらされているのを見ている。マスクのおかげでこちらの表情までは悟られないが、黒目をギョロリと覗かせれば、確かに彼の姿を捉えられた。彼女の目はまるでいきり立った暴れ馬のように粗野な印象を鑑賞者に与えるものだった。

 そういった印象は、彼と初めて会った時、それは見合いの席だったが、むしろ有紀の方が感じたものだ。当時四十を超えたばかりだったはずの彼だが、酒太りの出っ腹、黒ずんだ顔色、脂ぎった頭髪のせいで、実年齢以上に老けて見えた。おまけに無遠慮に大声で話す。威圧感。

 結婚前はОL勤めをしていた有紀。勤め先である会社の部長は、その頃五十代だったが、ちょうどそれ位な貫禄はあった。ただその上司と異なったのは、金光の方が自信に満ち満ちていた点である。

 それが何に裏打ちされたものかは、程なくして分かった。ひとえに財産だ。権力者としてこの町を支配し、幼少期からわがまま放題に育ってきた。彼の言い分が通らなかったことはなく、有紀の身も何らの支障なく手に入れた。見合いとは形式上のこと、実際には“指名”だったのである。

「さあ、御開帳です」

がっしりと両脇から抑えつけられ、床に尻もちをつかされてМ字型に開脚させられる。傍目には抵抗らしい抵抗もせずに従ったかに見えた。それ程彼女の腕力が弱まり、彼我の差が圧倒的だったからである。

「ほお」

じっとりと粘っこい目線を局部へ注ぐ客の中に、もちろん金光もいた。こんな対面の仕方を、あの見合いの席で一体誰が想像しえただろうか。花嫁がいずれ舞台上で股間の割れ目を見せびらかすようになるなんて。もし知っていたら、婚約は取りやめになったろうか。

 グッ、グッと一層の力が込められ、両腿がほとんど百八十度に近く広げられていく。いまや縮れ毛の茂みはおろか、それに守られるべき秘所も白日の下にさらされていく。

「フゥー……フゴォー……!」

このまま出産でもしそうな程に鼻息を荒げ、必死に視線だけは逃す有紀。正体がバレるのも時間の問題だ、そう思った。

 しかし、予期に反し、夫から異議の申し立ては出ない。まるでオークションに出品された商品の品定めでもするかのように、ただじっくりと肉体を凝視するのみだ。

「(ああ、そういえば、そういう人だった)」

心の片隅で有紀は思い出していた。初対面の時からそうだったと。相手に与える自分の印象には頓着せず、ただ一方的に相手だけを批評するような態度。それは、ただ相手の外観を値踏みするものであり、ちょうど今みたようなことで、彼の目線は、例えば檻の外から動物を眺めるようなデリカシーの無さであり、第一印象で直ちに嫌悪感を抱いたものだ。

 後に分かったことであるが、金光は有紀にというよりも、その肉体に興味があったのである。その意味で、実は有紀が結婚相手でなくてもよかった。彼女が眼鏡に適う容姿をしていたからたまたま合格だったのだ。

 無論、金光の当主に相応しい、最低限度の氏素性は必要とされる。有紀は、その点問題なかった。彼女の実家、高輪家は、かつてこの町を含む周辺一帯に影響を及ぼす程の名家であった。しかし、時代の流れには逆らえず、また事業の失敗も重なって没落の一途をたどっていた。そこへ救いの手を差し伸べたのが金光家で、その対価として彼女はいわば買われたのである。

 一方で、金光家は歴史が浅い。金光の初代、すなわち現当主の祖父は元々この国の生まれではなく、それが戦後のどさくさに紛れて居座り、ならず者を集めては徒党を組んで、闇市、賭博、違法薬物の売買などの裏稼業で荒稼ぎして闇のシンジケートを形成、いつの間にか地域で隠然たる勢力を築くに至った。その後は帰化し、一子は政界に進出。さらにその子が当代、すなわち三代目というわけである。要するに成り上がりだ。

 だからこそ地場の旧家と結びつきを強めて、という見立てが成り立たないではないが、潤沢に資金があり、地位も固めた今となってはその必要性は低い。よって、有紀を選んだのは、若さと美貌、なかんずくその豊満な乳房という、純粋に金光の趣味によるものである。

「おや、なんだい、もうビショビショじゃないか」

客席から目ざとい指摘が飛ぶ。開かれた股間はパックリと殻を開いた浜焼きのハマグリの如くにみずみずしかった。塩気と汁気をふんだんに湛え、ふっくらと盛り上がった身もジューシーで。そこへ舞台照明がテラテラと反射するものだから、なおさら湿り気が目立つ。湯気すら上がっていそうだ。

「おやおや、ほんとですねえ。マゾッ気があり過ぎて、感じちゃったのかな?」

司会者は一旦そう受けたが、男優の指によって貝の身の中まで押し広げられれば、さすがに不自然な程の汁が溢れ出たので誤魔化し切れず、

「いやあ、実はですね、ヒカルちゃん、今日も朝からお店に出ておりまして、つい先程までもサービスをしておりましたので――」

と、とうとう言い訳に出た。

 それを聞いた金光は皮肉ったらしく笑う。

「ガハハ、とんだ人妻だな、朝から風俗とは。旦那は何やってる」

 取り巻きの舛添と猪瀬も、“ほんとだ”と、手を打って同調した。

 事情を知っている者らは、別の意味でほくそ笑む。舞台上では高橋が、

「(旦那はオメーだよ、バーカ)」

と、勝ち誇って唇を歪めた。そうして、彼の妻の恥部を、その緩んだ恥肉のひだをさらに拡張するが如く引っ張って、グチョグチョと派手な音を鳴らして聞かせた。ほんの十分も経たぬ前に中出しされた精液が、その音の主たる成分なのは言うまでもない。

 ライトに照らされて、内部まであからさまにさらされた恥穴は、ジリジリと焼けるような熱を持つ。縮れ毛も焦げるかという程に。それは舞台照明のせいばかりではない。産婦人科でもあるまいに、ここまでまじまじと性器が他人に見つめられることはないわけだ。本来なら夫や恋人しか知らない部分なのである。

 ちなみに、金光はクンニリングスをしたことがないし、出産にも立ち会っていないから、妻のそこをここまで確認したのは初めてであった。

「当店きっての大人気嬢ヒカルちゃん。今夜はお客様達だけに特別サービスで急遽駆け付けたのでございます」

開き直った司会者が、逆に恩着せがましくアピールしだす。かかる“大人気”の実態は、真相を知らぬ者には到底想像し得ない内容だ。

 すると、その一端を垣間見せるが如く、高橋はさらに有紀をそっくり返した。股を開いたままで後ろへ倒れる姿勢となり、陰唇の下、すなわち尻の方まで見えるようになる。

「んん?」

客らはすぐにその部分の異変に気付いた。暗に想定していた形と違っていたからである、肛門が。それもそのはず、そこはもはや排泄口ではなく、精液の注入口に変貌しているのだ。かれこれ十本以上もの太い肉棒を突っ込まれれば、もう元の形には戻らない。

「フホオォ……」

尻性器の人妻は、観念してため息をついた。のけ反ったことで視線が天井を向く。顔を客席へ向けないだけ、心理的に楽だった。だが、その安堵を見透かしたように、高橋の手が後ろから頭を持ち上げる。結局、尻穴を見せながら顔も見せないといけなくなった。“これがわたしの犯され肛門です”とばかりに。

「なんとなんと、どスケベな奥様はお尻の方もイケる口でございまして――」

鎌先の解説を聞いて、驚きとも呆れともつかぬ感嘆の声が巻き起こる。

 そんな中、高橋が己の下着をずらしにかかった。たちまち隆々とした勃起が露わになる。彼には羞恥も遠慮もない。覆面の下でニヤニヤと笑っている。

 客からすれば男のヌードなどに興味はないが、この場合特別な展開があろうことは明らかなだけに、皆固唾を飲んで見守っていた。一瞬はシンと静まり返った程だ。

 覆面男高橋は女の背後からその両腿に手をかけて抱え上げた。ちょうど、いきり立った男根が彼女の股間下に位置する高さまで。後は彼の先端がどちらの穴に収まるか、それだけが問題だった。


〈つづく〉




〈現在の位置関係〉
▼大広間
有紀、金光、花村、猪瀬、舛添、村本、藪塚、前原、鎌先、高橋、慶介
▼舞台袖
島田、浩樹
▼控室
竜二、鈴木、小林
▼廊下
佳彦、比嘉、服部、祥吾、雅也、矢板、羽根沢、森岳、沼尻、浪岡、松倉、七里川、袋田
▼帰宅
俊之、克弘、恵太、優斗、豊、聡、翼、清美、瑞穂


〈輪姦記録〉
挿入男根:30本
射精回数:89発
(膣53・口16・尻12・乳5・顔1・髪1・外1)


Adult Novels Search




テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2018/06/15 22:00] | 「大輪動会」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。