おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

    
お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



<おすすめサイト更新情報>

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。

■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」

◆中編作品
「大輪動会~友母姦戦記~」(連載中)
「青き山、揺れる」 ▼「師匠のお筆」

短編作品
「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「サルオナ」  ▼「母の独白」  ▼「童貞卒業式」  ▼「お昼寝おばさん」
「上手くやりたい」 ▼「珍休さんと水あめ女」 ▼「栗の花匂う人」
「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」 ▼「いたずらの入り口」
「学食のおばさん便器」 ▼「山姥今様」 ▼「おしっこ、ついてきて。」

大輪動会-プログラム#42-


「そういえばさ、なんで“ヒカル”ちゃん?」

「名前? 本名じゃないの?」

鈴木と小林がボソボソと噂し合っている。有紀の源氏名についてだ。

 実際のところ、ほとんどの者は金光の妻という認識しかなく、その本名など知らなかった。鈴木なぞは地域の仕事に関わっている都合上たまたま把握していたが、小林は同じ町内にもかかわらず知らないのである。

 源氏名は鎌先が適当に付けたもの。金光の“光”から思いついた安直な発想だ。

 だから、このことが何かの影響を与えた、という程のことはない。ただ、村本にだけは、たまたま通じるような感性があった。 

「ヒカルちゃん、二人ヌき達成!」

慶介の終了が祝砲の如くコールされる。それに続いて、司会者がぶち上げた。

「さあ、ここで、なんとなんと、飛び入り挑戦者の登場だ!」

カチャカチャとベルトを鳴らし、あっという間にズボンを脱いだ村本が、意気揚々と拳を突き上げて登壇する。

「ええ!?」

猪瀬らから、驚きと羨望の声が上がった。その発想がなかった彼らだ。

「お調子者め」

グラスをあおる金光の視線の先で、村本が下着を下ろすと、中から臨戦態勢真っ盛りの欲棒が飛び出した。そうして、慶介と交代する。もちろん、彼は一々マスクをかぶらない。

 いよいよ挿入という段になって、村本は客席へ呼びかけた。

「金光さん!」

壇上からしっかりと目を見て手を振る村本。金光は苦笑し、シッシという手ぶりを返した。

「緊張しますね」

村本は誰に言うともなしに言った。相方の島田は言葉を返さない。

「じゃあ、入れますよ――」

彼は、挿入しやすいようにひっくり返された有紀の両腿を力づくで押し広げると、そのまま倒れ込み、相手の耳へ唇を近づけてささやいた。

「金光さんの奥さん」

ゾクゾクッと背筋に悪寒が走り、有紀は肝を冷やした。だがそれもつかの間、劣情棒が先客と摩擦を起こしてはらわたを焼き尽くしていく。慣れ親しんだ慣れない感覚。

「フォグワァッ!」

赤く縁を腫らした目を瞬間的に見開いて、彼女は窮状を訴えた。そろそろ終わりに向かう“後ろ”に比して、新しい“前”はドスドスと杭のように打ち込んでくる。まるで、このまま内臓を突き破ってきそうだ。

「ウッ、ウッ、ウオホオォー……!」

だらしなくよだれだけ垂らして、人語は一つも出てこない。背中は総毛立ち、先程のささやきを反芻しているが、目下対策のしようもない。

「アガハァー……!」

意識に靄の掛かるのが、むしろ有難い位で。

「どうよ、感想は」

舛添から声が掛かると、村本はぎらついた笑顔で応じた。

「最高っすわ」

その上彼は、わざわざ金光に向かっても感想を述べた。

「金光さん、奥さんのマンコ、めちゃくちゃ気持ちいいっすよ!」

余計な報告をされた方は、呆れた調子である。

「若いねえ」

そう笑ってもみた。性の強さで、決して負けているつもりはないのだが。

 彼はよく女を抱く方である。五十半ばにしていまだ性欲は衰えず、若い愛人を複数囲っていることからもそれは明らかだ。愛人を抱き、妻も欲する。よほどの色好みである。

 それだものだから、目の前の痴戯に対してもボツボツと興が乗り出した。最初は全く馬鹿々々しいと思っていたし、やがては距離を置いて構えもしたが、にわかにメラメラと対抗心が勃興したものである。“英雄色を好む”とは、彼の好きな言葉だ。

「どれ、もうちょっと近くで見ようかな」

誰言うともなしに言って、再び舞台に近づいていく。顔をけがされた件もいつしか酒がぼやかしてくれたようだ。

 目当ての観客を得て、演者の頬は一層紅潮した。

「ちょっと、こっちの方行きましょう」

共演者に指示を出し、舞台上でクルリと位置を回転させる。すなわち、床に寝転ぶ島田がさらに前方へとせり出さされて、膝から下を舞台の外へ曲げて出し、その上に客席を向いた有紀が肛門で接続。彼女の足を高く持ち上げつつ、村本が直上から膣穴に挿す形だ。

「どうです、金光さん。奥さんの二穴挿し、よく見えますか」

「君のケツなんか、見たくないよ」

村本の焼くお節介に、金光が顔をしかめる。それでも村本は嬉しそうだ。

「しょうがないじゃないですか。でも、奥さんのどスケベなとこ、よく分かるでしょ?」

「奥さん、奥さんて……」

金光はまた苦笑いして、この若者の興奮ぶりに呆れた。しかし、この手の下衆な感じは嫌いでない。

 村本はこっそりと、また倒れ込んで有紀の耳元に唇を付けた。

「旦那さんから、丸見えですよ、チンポ二本でズボズボやってるとこ」

 有紀は、しかし、無反応だ。彼はなおも続けた。

「オレ、お宅に出入りするたんびに、“一発ヤりてえな”ってずっと思ってたんすよ。奥さんも、あんなオヤジじゃ満足できないんでしょ」

ここで起き直り、再び金光に報告する。

「奥さん、旦那のショボいチンポじゃ満足できないんですって、金光さん」

言われた方はまだ自分のことだとは思っていないから、“人妻という店側の設定を忠実に守って、プレイを満喫する奴だなあ”位に思っていた。

 他方、両者のやり取りに何やら言い知れぬ違和感を感じ出したのが舛添である。心の中がざわつくのだ。ふと彼は、人目をはばかりながら、隣の猪瀬にそっと聞いた。

「おい、おの女、この町の女って言ってたなあ」

「ああ……」

猪瀬は短く応じた。その表情から、彼もまた同様の胸騒ぎを感じているらしいことが明らかであった。

 確かに、これもまた店が勝手に言っていることで、設定かもしれぬ。だが、あれだけ立派な肉体美を持っている女を、彼らは偶然、知っていたのである。

「あ、ああ、ヤバい……」

興奮の極致に達した村本は、先行の島田よりスタミナが続かなかった。

「あっ、か、金光さん、中出ししてもいいですか?」

金光はもはや返事をしなかった。有紀に訊いたものではないが、仮にそうだとしても答えは得られていない。

「ああ、イくイくイく!」

村本は島田にもお構いなしにどんどん腰を打ち付け、残らず子種汁を注ぎ込んだ。旦那の目と鼻の先で、ドクリドクリと彼の一番搾りが女房の腹に溜まっていく。  

 その一連を金光はただじっと見ていた。一見酒に酔って呆けているようにも見えるが、果たしてそうではない。彼の中で、極めて可能性の低い仮説が頭をもたげだしたのだ。

「(もしか……いやいや……)」

恍惚とする村本が、小便を終えた後みたいにブルブルッと震えて、接続具を外していく。すると、まだ太さの残る下向き矢印から、水あめのような汁がツーッと垂れた。

「(もし、あれが……)」

渋い顔になる金光。馬鹿げた妄想だとは思うが、あれ程の容姿がそうそういるまいとも思う。

 彼にとって儲けものだったのは、有紀が結婚、そして出産後も体形の維持に勤しむ性質だった所だ。それは社交の場で彼の自尊心を満足させるものだったし、何より性欲を掻き立てるものだった。

 妻がオナペットにされていることにも優越感を覚える程だったから、逆にそういう彼女の方が男遊びに興じだしたのかもしれない、などと極端な考えも浮かんだ。

「(確かめる……か?)」

自嘲気味に笑う。そんなことをするのはいかにも間抜けで、器の小さい奴だと思った。

 だが、確かめようとすれば容易だ。彼女の体には、一か所特徴がある。

 金光が自分も参加者するような顔で一歩を踏み出した時、しかし、それに先んじて鎌先が言った。

「さあ、続きましては、当店名物、ミゼットレスラーの登場です!」

客は皆驚いた。見るからに華奢で小柄な挑戦者が、おずおずと舞台袖から出てきたからである。


〈つづく〉




〈現在の位置関係〉
▼大広間
有紀、金光、花村、猪瀬、舛添、村本、藪塚、前原、鎌先、島田、佳彦
▼舞台袖
浩樹、竜二
▼控室
鈴木、小林、服部
▼廊下
比嘉、祥吾、雅也、矢板、羽根沢、森岳、沼尻、浪岡、松倉、七里川、袋田、高橋、慶介
▼帰宅
俊之、克弘、恵太、優斗、豊、聡、翼、清美、瑞穂


輪姦記録〉
挿入男根:31本
射精回数:92発
(膣55・口16・尻13・乳5・顔1・髪1・外1)


Adult Novels Search

関連記事



テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2019/02/07 22:00] | 「大輪動会」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<大輪動会-プログラム#43- | ホーム | 随筆 「サルオナ」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jeezlee.blog91.fc2.com/tb.php/384-5c4b7654
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |