おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

    
お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



<おすすめサイト更新情報>

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。

■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」

◆中編作品
「大輪動会~友母姦戦記~」(連載中)
「青き山、揺れる」 ▼「師匠のお筆」

短編作品
「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「サルオナ」  ▼「母の独白」  ▼「童貞卒業式」  ▼「お昼寝おばさん」
「上手くやりたい」 ▼「珍休さんと水あめ女」 ▼「栗の花匂う人」
「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」 ▼「いたずらの入り口」
「学食のおばさん便器」 ▼「山姥今様」 ▼「おしっこ、ついてきて。」

大輪動会-プログラム#34-


「着いたぞ」

小林が言った。すぐ後から来ていたバスも停まり、その中からわらわらと乗客が降りてくる、皆々待ち切れぬといった風情。強奪者達はまだまだ果実の芯までもむしゃぶりつくすつもりだ。

「ほら奥さん、着いたよ。運んであげよう」

車を降りるなり、小林は飛び掛からんばかりに後部座席のドアを開けた。

「フェ……」

よだれと精液を垂らした有紀が引っ張り出される。まだ呆けたままだ。

 小林が彼女を抱き上げようとした時、慌てて服部が駆け寄ってきた。

「ひとりじゃ危ないですよ。一緒に運びましょう」

「ああ、では、わたしは後ろを」

「わたしは前を」

二人は有紀の腿を開いて抱え上げ、小林はアナルに、服部はヴァギナに当たり前のようにスッと串刺しし、二人して女体の運搬を開始した。

「あっ、ズルい。もうヤッてんすか」

走ってきた竜二が妬むと、服部が、

「うるせえ、オレはまだ一発しかヤッてねえんだ。お前散々ヤッたんだろ」

と一喝。強引にこれを退けた。

「悪いね、おじさん達にも花持たせてよ。すぐ順番回ってくるからさ」

小林も同じく譲らず、二人とその荷物は後から追いついてきた男共に囲まれて玄関へ進む。急いで先回りした袋田が、鍵を開け屋内の照明を点けた。

「おっさんら、体力もつの?」

慶介が憎まれ口を叩く。

「うるせえ」

服部がやり返す。

「そのプレイ、今までやったことあんの?」

「初めてだよ!」

一行は談笑しながら輪姦移動していった。小林と服部は横歩きして有紀を運ぶ。率直な所、前進しながら腰を振るのには無理があった。一人ならまだしも二人挟み撃ちである。だから、結局彼らが本腰を入れたのは目的の部屋に着いてからであった。そして、その時には浩樹が素早くもう一つの穴、すなわち口腔へ挿入していた。

 もはや有紀の定位置となった三穴挿入体位。輪姦経験者でも、誰もがこれ程迅速にこの体勢となれるものではないだろう。これもシェイプアップの賜物か。いずれにせよ、並み居る男根達を全て愉しませなければならない役回りから、精液便所らしく使える穴は常に開放しなければならないのだ。

「オッ、ゴッ、グゥ~……ッ」

有紀はキョロキョロジタバタしだした。不思議なもので、三穴挿入という過激な合体にも関わらず、快感度合の波は高いから低いに移ろう場合がある。要するに、波は波であって、一定高止まりすることはないのだ。水位そのものは高い所にあり続けるとしてもだ。そうして、波の落ちていく時にまた意識が戻ってくる。その時彼女は狼狽える。

 欲しい欲しい、と彼女の肉を求める怨嗟の声。その心はある種純粋、すなわち劣情一辺倒だ。すると、その欲しがられていることが、“必要だ、必要だ”に変換されてくる。どこへ行ってもしっくりこなかった自分が必要とされていると錯覚しだす。

「アァ……」

目の周りにほんのりと赤みが差す。

「おぉ、おばさん、積極的じゃん」

今までになく吸引されているのを感じて、浩樹が誰に言うともなしにぼそりと呟いた。その思いがけぬ口撃に隙を突かれ、彼は我がペースを取り戻そうと腰を振る。されているのではない、しているのだと、女の口にペニスを出し入れする。その陰嚢が、彼女の顎で押されてムニャリと形を歪めた。

 彼が頭を掴む逆側で、別の者が股間を彼女の後頭部にこすり付けだす。髪の毛にまみれた勃起から我慢汁が出て、地肌に染み通っては塗りつけられていく。

「ああ、気持ちいい……」

恍惚とする少年は祥吾だった。このまま射精しそうな勢いである。待ち切れなくて、女体を感じていたくて寄って来たものだ。

 見渡せば所狭しと男が群がり寄っていた。ある者は亀頭で乳頭をめり込ませ、またある者は脇の下に挟み、背中、腿、ふくらはぎ、二の腕、手、いずれにも肉棒がこすりつけられていた。まさに全身性交の観。

 気が付くと、有紀は一か所も地面に接着していなかった。完全に他人に支えられている状態。いわば、擬似的に宙に浮いている格好だ。その不安定かつ他者に依存しなければいられない境遇と、覚醒しきらない意識が、激しく迷妄を助長していく。日頃の彼女なら一笑のもとに否定する愚行。すなわち、男への奉仕に自己の価値を見出すということ。

 もっとも、それの延長は幸か不幸かまた断絶させられることとなった。

「ンブホァッ!」

亀頭の隙間から悶絶する。一見むせたようであるが、その実アクメだ。それも複数同時姦にならではの、強烈なやつがバシンと叩き付けてくる感じの。

「(あが……また……またぁ!)」

揺り戻しの波に押し切られ、スーッとこだわりが抜けていく。洗い流されて、矮小な己という檻が去っていく。

「いい顔になったもんだ」

さも満足そうに鎌先がそれを見下ろして言った。

「悔しそうな顔も悪くなかったが、ようやく自分の立場を受け入れたね。ここまできたら折角なんだし、やっぱり輪姦の愉しさを満喫してもらわないと」

「チンポのハーレムだからね」

矢板が同調して続く。

「今この人が世界で一番気持ちいいんじゃない」

「ハハハ、いや全く。こういう輪姦体質の人は幸せだね」

「ちょ、“輪姦体質”ってなんすか」

と、ここで思わず疑問をぶつけてきたのが慶介だ。中々順番が回ってきそうにないからと、こちらの輪に入ってきた。

「ああ、それは――」

好奇心旺盛な生 徒を得て、鎌先は得意げに語り出す。

「向き不向きかな。あんだけ連チャンでパコパコやられりゃ、とうに体が参っちゃってもおかしくないだろ? 怪我したりとかさ。集団レイ プなんて、悲惨な結末がほとんどじゃん」

「でも、それがイイってヤツもいる」

「もちろんもちろん。ただ、それは男側の趣味の話でね。今問題にしてるのは女の方の資質のこと。輪姦を受けるに相応しいマンコ、輪姦受けが上手なね。あるいは、そこに悦びを感じられる体質ってこと」

「う~ん、能力者、みたいな話?」

慶介は振り返って、竜二と笑い合った。依然彼らの性欲は絶倫なるも、段々とその昂りは和やかになっていた。確実に性処理出来る安心から、焦りがいつしか失せている。

 そこへ、もう一人の仲間、浩樹が合流した。アクメ息を吐く有紀の口へ、結局彼も早々に果てたものだ。

 すると彼と入れ替わりで要領よくその後釜に座った者がいる。いつの間にか会話の輪をすり抜けて行った矢板である。彼はまず分身を有紀の口に収めてから、懇意の袋田を手招いた。次に空くいずれかの穴の跡を継げという意図である。

 袋田は些か控えめな性分で、つい人に先を譲ってしまうことが多い。まして、己の職場であるここに来た場合なおさらで、奉仕精神が自然と出てしまうのだ。とはいえ、いずれ何かと用事に立ってもらうことも必然で、その辺の配慮から矢板は彼を気にしたものである。

 一方、そんな気遣い無用なのが藪塚だ。袋田と同じ立場ながら、彼は厚かましさを隠そうともしない。

「早く代わってくれよぉ」

やる気満々で、服部にプレッシャーを掛けている。但し、掛けられている方は素知らぬ体で、己の快楽追求に没頭しているが。

 矢板は横目でそういったやり取りを追いながら、他の二穴が空かないことに焦れだした。それで、とうとう袋田に言った。

「ここ、先に使っちゃってよ」

そうして、腰を引く。唇から糸を引いて、勃起が外気に触れた。

「いやいや、いいよいいよ」

慎み深く固辞する袋田。だが矢板も引かない。

「どうせさ、旦那達が来たらまた色々動いてもらわないといけないんだから。ね、それまでに。ほら、時間無いから先に」

また、こうも付け足した。

「なんかね、いい具合にこなれてきてるよ。おしゃぶりのコツをつかんできたみたい」

こうして肩を押さんばかりに勧められ、袋田も遂に折れた。無論、元来好き者ではある。いそいそと股間を露出して、肉茎を彼女の口元へ持っていった。

「お、おお、おお!」

途端に矢板を振り向き、納得した様子で肯いて見せる。蕩けた唇からのどの始まりまで、柔らかな温もりがトロトロと肉棒を包み込む、それも微かな蠢動を伴って。なるほど、これは美味だと、彼は得心した。そして、これなら果てるまでここで愉しめそうだとも。

「――運もあるけどなあ」

一方こちらでは鎌先の講義がまだ続いていた。不良少年らも面白そうに聞いている。猥談は世代間の溝を埋めるらしい。

「段々とアイドリングしていく、段階を踏んで育てていくっていうのが女体で、それもちょうどいい加減で出来上ったんじゃない、彼女の場合。それはまあ、運だよね」

「アナル作ってたもんね、おっちゃん」

「そうそう、あれもちょうどいい時だった」

竜二の言葉に目を細める鎌先。

「マジ気持ちいいよなアレ。オレ今まで全然興味なかったけど」

そう慶介も続けると、鎌先は益々気を良くした。

「ありゃ傑作の輪姦マンコだから、それに、まだまだ若いチンポも沢山あることだし、バンバンマワして愉しんであげようじゃない」

そうやって話している時、ちょうど小林が退いて、すぐさま別の者が取って代わった。それは、藪塚でも矢板でもなく、ここへきて初めて積極的に立候補して出た比嘉だった。


〈つづく〉




〈現在の位置関係〉
▼中広間
有紀、佳彦、慶介、浩樹、竜二、小林、比嘉、祥吾、雅也、服部、藪塚、袋田、矢板、鎌先、羽根沢、森岳、沼尻
▼別室
前原
▼移動中
金光、花村、猪瀬、舛添、村本、島田、鈴木、浪岡、松倉、七里川
▼帰宅
高橋、俊之、克弘、恵太、優斗、豊、聡、翼、清美、瑞穂


〈輪姦記録〉
挿入男根:28本
射精回数:79発
(膣50・口13・尻10・乳4・顔1・外1)


妄想の座敷牢

関連記事



テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2018/05/21 22:00] | 「大輪動会」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<大輪動会-プログラム#35- | ホーム | 大輪動会-プログラム#33->>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jeezlee.blog91.fc2.com/tb.php/372-f77f4793
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |