おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

    
お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



<おすすめサイト更新情報>

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。

■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」

◆中編作品
「大輪動会~友母姦戦記~」(連載中)
「青き山、揺れる」 ▼「師匠のお筆」

短編作品
「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「サルオナ」  ▼「母の独白」  ▼「童貞卒業式」  ▼「お昼寝おばさん」
「上手くやりたい」 ▼「珍休さんと水あめ女」 ▼「栗の花匂う人」
「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」 ▼「いたずらの入り口」
「学食のおばさん便器」 ▼「山姥今様」 ▼「おしっこ、ついてきて。」

奇跡にして至高 えり18才

 以前にもちらりとそれらしいことを書きましたが、その人を好きになったきっかけの作品って大事だという話で。

 以下の2本。90年代の終わりにリリースのセルビデオ。当時VHSでした。

美乳女子高生“ハメ撮り”えり18才Gカップ
〔3000人に1人の美乳! 顔射・中出しなんでもします〕

「T・153:B・88(G):W・57:H・85」、奇跡のようなスーパープロポーション&色白美人。そしてHとくれば、3,000人に1人もいないかも知れない!! こんなカワイイ娘を、ネットリとしたハメ撮りで、ヨガらせてゆく。まず制服を着せたままイタズラ、フェラ、そのままバックでナマ本番&中出し。秘所から滴り落ちる○液がエグイ。次にベットで、2回戦へ。正常位、騎乗位、バックと続き、ラストは清楚な顔に、タップリと顔射だ! 万人に好まれる、超美人&すばらしいGカップ美巨乳のナマ&本気反応をお楽しみ下さい。
AP-007


美乳女子高生“ハメ撮り”えり18才Gカップ
PART.2「中●生のように」

想い出の制服と髪型。初体験を思い、背面&対面座位で激しいナマ本番!

 更にエスカレートするPART.2。まずはシャワーで気分を一新。その場でチン洗い&フェラ奉仕。バスルームから出て、セクシー下着姿でフェラ&Gカップの究極のパイズリ。その後、Pローターでオナニーさせとりあえず1回イカセます。いよいよ次に、持参してもらった、中●生時代の制服を着てもらい、髪型も当時のスタイルに。すぐに胸と秘所をハードタッチ、そして着衣フェラから口内発射! スカートに、こぼれ落ちた○液が痛ましい。その後、ベットで制服を脱がせ本番開始。正常位、全てをさらけ出す背面開脚騎乗位、バックと、すごいアングルの連続。ラストは正常位に戻っての真性中出しで決める。Gカップロリ娘との至高のコスプレ本番を御楽しみ下さい。
AP-008
※●は自主規制。ほか原文まま。




 制作はいずれもオーロラプロジェクト(当時)。黒Tシャツのオッサンによるかわいい女の子とのハメ撮りが延々続くシンプル構成です。時々聞こえる、“ジー”という、固定カメラがリモコン操作で向きを変える時の音が印象的な、いかにもインディーズっぽい手作り感満載な作品です。

 オッサンの顔は映らず(よって、どんな顔か分からないが、まあオッサンと呼んで差し支えなかろ)、彼のセリフもない。但し、よく聞くと何やら囁いて指示は出しており、それに応えて主演のえりちゃんが「これ見ていっぱいヌいてね」と大股開きで言ったりします。また、彼はバックから犯される女の子の顔を正面から撮ることにこだわりがあるらしく、相手が顔を伏せると頭をつかんで上げさせるという、この時ばかりは少し強引な一面をうかがわせます。

 制作者による、ある意味ストイックとも言える徹底した予断の排除は、被写体との割り切った関係性を匂わせるなど、絡みの際のCMNFとも相まって、背徳的で淫靡な雰囲気作りに一定の効果を上げています。もちろん、男優が前面に出ないことには、視聴者の自由な解釈を誘引する狙いもありましょう。

 エフェクトもストーリーも何もない演出は好みの分かれるところでしょうが、私はアリだと思っています。むしろ本作においては、それで大正解・大成功。まったくもって、この作品は名作、いや傑作であります。ひょっとしたら、生涯で一番ヌいたビデオかもしれない。今でもお世話になる位です。この二巻は、いまだにVHSのまま処分できません。

 さて、主演の女優さん、後に吉田絵理香という名義で数本に出演されています。

吉田絵理香ファイナルスペシャル
吉田絵理香ファイナルスペシャル


伝説の巨乳 「絵理香」18歳Gカップ 再び…
伝説の巨乳 「絵理香」18歳Gカップ 再び…<br />


 詳しい来歴は知りませんが、「えり18才」がデビュー作ではないでしょうか。少なくとも、これでブレイクしたことには間違いなさそうです。なぜなら後続の出演作の多くが、本作を評価するファンを意識したアプローチとなっているからです。このことが、「えり18才」を傑作だと、改めて認識させます。

 ただ、あくまで私の主観的基準としては、「えり18才」がこの方のピークでした。スタイルはその後も素晴らしいです。ですが、何やら憑き物が落ちたような、あの圧倒的美しさに欠けるのです。至高のエロスに程遠いのです。毎回期待して見ましたが、見れば見る程、結局オーロラプロジェクトが奇跡の一本を作ったのだと確信するばかりでした。

 同社が発掘した逸材に業界がこぞって群がったが、あの瞬間、あそこに収まった若さと輝きは二度と現れなかった、少しきつい言い方ですが、過去の栄光で食いつないでいる、そういう結果となってしまいました。もちろん、ご本人の問題ではありません。

 同じシリーズでほかにも「素人完全撮り下ろし Fカップ・ロリータ1●歳」(注:年齢表記は自粛。初動時のタイトル)などの良作がリリースされています。ちなみに、これに出演した彼女も(後付けで“ひとみ”ちゃんと命名される)、えり同様、当作が奇跡の一本でした。

 もう二度と撮れない刹那の美しさ、永遠に色褪せることのないあの時を残した功績は偉大です。こんな作品を連発していたなんて、この時のオーロラプロジェクトは神がかっていました。



関連記事



テーマ:アダルト動画 - ジャンル:アダルト

[2016/05/03 23:00] | AV女優 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<パイズリモンスターズSEVEN | ホーム | 乳仏様・松坂季実子様>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jeezlee.blog91.fc2.com/tb.php/345-3ee1c8aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |