オナこもりの小説
熟女・巨乳多めな自作エロ小説を中心にシコシコ更新
最新記事

RSSリンクの表示

アダルト検索サイト

どスケベな方向けのお役立ち検索サイト。

このブログをリンクに追加する

テキスト系リンク

巡回サイト

ランキング

話題のグッズ

オナこもりの為に。

二次元PR

如月群真 常春荘へようこそ 由浦カズヤ ふたりよがり 草津てるにょ パコパコしちゃう ミル・フィーユ 覚えたて 木静謙二 こんなに優しくされたの みやびつづる 母の哭く家 十六夜清心 母姉W相姦 タカスギコウ ユメウツツ 黒木秀彦 37歳欲しがり妻 景山ロウ  若妻ほんとに好きなの 堀江耽閨 熟女ゲーム 巨乳人妻教師~恥辱の校内調教~ML 親戚の小母さん~離れの熟女、本家の後妻~ 息子の友達に犯されて 同人通販

エロ動画

ダイヤモンド映像 アトラス21 h.m.p クリスタル映像 ビッグモーカル TMA 宇宙企画 グレイズ MAX-A ワンズファクトリー 桃太郎映像出版 SODクリエイト Waap アイエナジー MAXING ドリームチケット シネマユニット・ガス BoinBB.com タカラ映像 プレステージ オフィスケイズ ドキドキVacation 冬月かえで、満足度満点新人ソープ DX
清楚な受付嬢のいやらしい営み 涼子 艶乳 北原多香子 アリスJAPAN30周年記念 「フラッシュパラダイス」から「逆ソープ天国」 まで歴代人気シリーズに全部出ちゃいまスペシャル!! 辰巳ゆい
ひなと子作り新婚生活 秋吉ひな 92cm&Hcupの爆乳女教師が優しく中出し授業 花美ひな 巨乳のサンプル動画が見放題! 彩名杏子の巨乳を味わえ!! アリスJAPAN専属女優 麻美ゆまの超高級ソープ! チ○ポがグングン伸びる 褒め淫語パイズリ 佐山愛 99cmIcup 青山菜々 制服の似合う美乳コレクション2 吉田絵理香ほか ノーカット 星ありす 乳フェチ感謝祭パイズリ凄抜きテクニック JULIA 本能剥き出し生中出しセックス 橘なお kira☆kira BEST 立花樹里亜スペシャル8時間-特別編- 彼女のお母さんは巨乳と中出しOKで僕を誘惑 吹石れな
熟女のサンプル動画が見放題! 屋根裏に棲む情欲 ~美人妻の淫猥な二重生活~ 樋口冴子 初撮りおばさんドキュメント 生稲さゆり 冴島かおりママの淫乱!卑猥な性活 デジタルモザイク匠 ごめんね、お母さんも女だったの… 中園貴代美 全裸系近親○姦 僕のママは裸族で癒し系。 荒木瞳

長い垂れ乳に包まれて… 黒沢那智 デジタルモザイク匠

カテゴリ

ユーザータグ

人妻 輪姦 中出し 巨乳 熟女 寝取り寝取られ 羞恥 アナル 童貞 女子アナ パイズリ CMNF 手コキ お掃除フェラ フェラチオ 口内射精 三穴同時 二穴同時 露出 顔射 覗き 爆乳 強姦 オナニー 青姦 飲尿 乱交 痴女 浴尿 黒ギャル 3P イラマチオ 顔ズリ レズ 潮吹き カーセックス 淫語 お漏らし 放尿 SM アイドル Wフェラ スパンキング 母乳 和姦 ぽっちゃり ボディー洗い 顔コキ 駅弁ファック チンポビンタ ソープ Wフェラ 玉舐め 連続フェラ アナル舐め 言葉責め 痴漢 女教師 CFNM 若妻  寝取られ 中出し 巨乳 熟女 人妻

検索フォーム

全記事タイトル表示

◎表示する◎

過去に掲載された全ての記事のうち、そのタイトル部分だけが新着順に一覧表示されます。
ブログ全体の目次のようなものです。

プロフィール

ジーズリー

Author:ジーズリー
よろこばしっとよ~!

オナニー、それは生涯を賭けた孤独なあがき。



作者が思いついたエロ話を羅列して自分を慰めるブログです。下品な妄想と低俗な文章に股間で共感して頂けたら幸いです。

おまけ投票コーナー

もっとエロい動画

もっと赤裸々に見たいっ、という方向けのサービス。

その他PR


おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



<おすすめサイト更新情報>

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。

■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」

◆中編作品
「青き山、揺れる」 ▼「師匠のお筆」
「大輪動会」(連載中)

短編作品
「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「お昼寝おばさん」 ▼「上手くやりたい」  ▼「珍休さんと水あめ女」
「栗の花匂う人」  ▼「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」
「いたずらの入り口」 ▼「学食のおばさん便器」  ▼「山姥今様」
「おしっこ、ついてきて。」

ママの枕 ~ステージ11~


〈登場人物紹介〉




「お前まだ童貞だろ」

それがタイガに話しかけられた最初の言葉だった。彼と共演するドラマの撮影現場にて、二人っきりになった折のことだ。

「ドーテイ?」

コウは意味が分からずに目をパチクリさせた。これまでの仕事現場とは格段にスケールの違うスタッフの数、緊張感。そういったものに囲まれて、硬くなっていた時だった。

 そんな新参者を値踏みするかのように、タイガは冷めた目を向ける。

「悪りぃ、当然だよな」

コウの返答を聞いて形式的に笑いはしたが、彼の態度はあくまで高圧的だった。己の居る高みへ這い上がろうとする者へ、決して心を許しはしないとばかりに。その態度は、高学年生が未就学児へ対するものではなく、むしろ同業ライバルに対するそれだった。

 続いて彼の矛先は、ミナミへと移る。

「あれさ、あのおっぱいのデカい人、あれ、お前のママ?」

「う、うん」

コウは、“おっぱい”と言われて妙な気恥ずかしさを覚えながら肯いた。

 その母親がプロデューサーらと談笑するのを見ながら、タイガは、

「フーン、なるほどね……そういうことか……」

と、曰くありげに呟く。

 コウは、なんとなくこの年長者に恐れを抱いた。ただ、今回の仕事について母親から、その大きさ、大切さを散々聞かされてきた中で、とりわけ念入りに指図されたことがあった。それは、“タイガと友達になるように”ということだ。息子にとり、母の指令は絶対である。

 彼はタイガの横顔へおずおずと尋ねた。

「ねえ……ドーテイって何?」

「あ? セックスしたことない奴のことだよ」

タイガは、いかにも面倒くさそうに答えた。その剣呑な態度に恐れをなし、コウはセックスの意味まで質すことが出来なかった。

「あ、そうだ」

立ち去り際にタイガが言った。

「一応聞いとくけどさ、お前のママとセックスしていい?」

コウは意味が分からないながらも、とにかくブンブンと夢中で肯いてみせた。すると、この時ばかりはタイガも心からの大笑いを見せて、

「マジで? ……ま、ダメって言われても落とすけどさ」

と、嬉しそうに去って行った。

――次の収録の時、またタイガがコウへ話しかけてきた。

「よお、童貞

 この日の彼は機嫌が良さそうだった。そこでコウの方から先日の続きを切り出してみた。

「タイガ君、セックスしたの? ぼくのママと」

「お?」

タイガは先方から思いがけず言いだされ、一瞬面食らった様子だったが、相手が相変わらず無邪気なのを知って、今度はニヤニヤと満面の笑みを浮かべながら身を乗り出してきた。

「ああ、したよ。お前のママとセックスした。お前のママ、チョーよかったぜ。マジエロかったわ」

“エロ”という聞き慣れない言葉がまた出てきたが、なんとなく褒められているらしいことは分かり、コウはひとまず安心した。

 タイガは続ける。

「フェラも慣れてるしさ、さすが人妻って感じ? ていうか、枕でやりまくってるおかげかな」

続々と知らない単語が出てくる。コウは、それらを流暢に使いこなす先輩を見て、その大人っぽさに憧れを抱いた。

 それにしても、“セックス”の実体は相変わらずつかめない。それからというもの会う度ごとにそれについての話を聞かされて、おかげで二人の距離は縮まったが、タイガの話からは、結局どういうことをするものなのか、具体的にイメージすることができなかった。

 タイガもタイガで、コウが頭を悩ませている様子を面白がり、あえて順序立てて説明しようとはしてくれない。むしろ彼にとっては、一種のゲームのような感覚なのである。

「オマンコだよ、オ・マ・ン・コ。言ってみな」

「オマンコ?」

「そうそう、お前のママとオマンコしてるの」

「ママとオマンコ?」

首をかしげるコウを見て、タイガはゲラゲラ笑う。事情を知らない大人達には、子供同士ただただ仲良く遊んでいるようにしか見えなかった。

「まあ、マンコはゆるゆるだけどな。枕のやり過ぎなんだよ」

「ゆるゆる? マクラ?」

「ああ、お前のママ、ヤリマンだからガバマンなんだよ」

「ぼくのママ、ヤリマンで……ガバマン?」

コウの無知さ加減に、タイガはもはや笑いが止まらない。

「そうそう、多分その辺の男みんなにオマンコさせてるから」

 タイガの言い分によれば、知らないのはほとんど自分だけなのではないかという気になる。コウは少なからず焦りを覚えた。それでなくても、母とタイガが自分の知らない所で度々逢っているということに嫉妬を感じだした矢先だ。初めの頃こそ二人が仲良くなったことを喜びもしたが、除け者にされているようで段々と面白くなくなってきた。

 その上、

「ああ気持ちよかった。今ママに中出ししてきたぜ。お前のママエロいからさ、アヘ顔で“イく~イく~”ってオレにしがみついてさ、中出しされてイきまくってたぜ」

などと事後報告を聞かされ、一方で母からは何も聞かされず、素っ気ないとさえ取れる態度を見せられては、なおさらである。

「ねえねえ、なんなの? オマンコって何? マクラってなんなの?」

大分打ち解けて、近頃では兄に対するように甘えながらコウが迫っても、今一つ納得のいく説明はなく、返って問題は混迷を深めるばかり。

「ガバマンだけどさ、乳はいいんだよな。オレも色んな母親とヤッたけど、あのパイズリは中々……」

益々調子に乗って、年長者の揶揄は続く。

 だが、さすがにそれが繰り返されていくと、幼い者の心にもおぼろげながら感じるものが出来始めた。というのも、“おっぱい”とか、時には“ちんちん”などという単語が紛れ込みだしたからだ。コウは、まだ何かはっきりとはしないながらも、ただなんとなく胸騒ぎを覚えるようになった。

 それで次第に遊びではなく真面目に食い下がるようになった。そのしつこさが面倒になったタイガは、逆に尋ねた。

「ていうかさ、お前ネットとか見ないの?」

「うん、ママが見ちゃダメって」

それを聞いて、タイガは呆れた。自分ならインターネット検索でとっくに答えを出している所だからだ。仕方なしに質問を変える。

「ほかのヤツに聞かねえのかよ」

「え? なんで?」

コウは目を丸くした。今まで思いつかないことだった。タイガと二人だけのやり取りの中で、自然と彼から答えを貰うのが当然だと思い込んでいたのである。

 ヒントを貰ったコウは、早速ヒサキの所へ向かった。

「ねえ、オマンコって何?」

 突然のことに、ヒサキはギョッとした。コウはそれと気づかずに詳しく語り出す。

「あのね、タイガ君がね、ママと……」

 すると、後ろから駆けてきたタイガが、それを途中で遮った。

「ちょ、待てって。やっぱ教えてやる」

 彼は元の場所へコウを連れて戻ると、こんな提案をした。

「見てみるか? オレらのセックス」

「ほんと?」

コウは目をキラキラさせて身を乗り出す。

「ああ……」

タイガはニヤリと口の端を上げて、

「今度さ、オレの友達と二人でお前のママ、マワすから、それ見に来いよ」

と、約束の日を伝えた。だが、その日は平日で、コウは生憎幼稚園に行っている。

「なんだよ、お前、幼稚園なんか行ってんのかよ」

タイガは舌打ちした。バカにされたようで、しゅんとなるコウ。だが、次の案が出て、また一気に元気を取り戻した。

「分かったよ、どうせ次の撮影の時にまたヤるから、その時に見せてやるよ」

「ほんと? やった!」

コウは小躍りして喜んだ、自分の母親による“セックス”なるものが見られることを。その様子を見て、タイガは念を押した。

「マジで見たいんだよな? いいんだな?」

 コウにもちろん否やはない。大きく肯いて満面の笑みだ。その反応を見ると、こちらは逆にあえて笑うことなく、タイガはこう付け加えた。

「あと、このことはオレら二人だけの秘密な。誰にも言うなよ。ママにも」

 コウは、嬉しそうに二回肯き返した。


〈つづく〉


world200*40

関連記事






テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 童貞 寝取り寝取られ



コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/02/13 12:31] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://jeezlee.blog91.fc2.com/tb.php/330-a7eabff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)