おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

    
お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



<おすすめサイト更新情報>

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。

■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」

◆中編作品
「大輪動会~友母姦戦記~」(連載中)
「青き山、揺れる」 ▼「師匠のお筆」

短編作品
「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「サルオナ」  ▼「母の独白」  ▼「童貞卒業式」  ▼「お昼寝おばさん」
「上手くやりたい」 ▼「珍休さんと水あめ女」 ▼「栗の花匂う人」
「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」 ▼「いたずらの入り口」
「学食のおばさん便器」 ▼「山姥今様」 ▼「おしっこ、ついてきて。」

大輪動会-プログラム#2-

  *

 学校中に運動会お馴染みの、あの焦燥感を煽る音楽が大音量で響き渡る。それを背景に、運動場では年代ごとの徒競走が続いていた。

 元より不真面目な金光、自分の身内が出る内はまだしも、それ以外を真面目に見る気はないし、まして応援する気もない。誰かに電話を掛けたり、近くの人間を無理やり無駄話に巻き込んだり、あからさまに退屈そうにしている。

 もっとも、すべての父兄が前のめりに参加しているわけでもなく、休日の朝から引っ張り出されて欠伸をしている者もあった。

 そんな父兄の一人、小林は自分の子供が走り終わった後から眠い目をこすっていたが、ふと校舎の方を見上げた後、何を思ったのかとうとう自分の席を立ってしまった。 

  *

「ちょいじっとしててよ、入れにくいじゃん」

「嫌だってば! いい加減にしてよ」

有紀は相変わらず手向かったが、もはや建前の域に近いことを慶介は悟っていた。この女はそろそろ諦めているのだと。彼は相手を窓にへばりつかせると、豊満な尻肉をかき分け、スウェットズボンから取り出したペニスを割れ目にあてがった。

「じゃあ、入れま~す」

軽やかな宣言と共に、いきり立った肉棒がすんなりと濡れ穴に沈んでいく。

 途端に前原が声を限りに叫ぶ。

「おい! 待て! 待ちなさい!」

「うるせえっての!」

すかさず竜二が前原のみぞおちにパンチを喰らわした。

「人が来たらアンタがマズいだろって、さっきペー助も言ってたろ?」

 前原は無言だった。目を閉じてぐったりしている。

「あれ、ガチで死んだんじゃね?」

傍にいた浩樹が不審そうに覗き込む。

「すっちゃん、ちょいやり過ぎ」

「え、軽くやっただけなんだけど」

竜二はさして焦る風もなく、前原の頬をペチペチと叩いた。が、なんの反応もない。完全に伸びていた。

 浩樹は彼の息と脈をちょっと見て、

「うん、大丈夫大丈夫。生きてるわ」

と軽く太鼓判を押した。竜二はそれに軽い反省を込めて、

「わりぃ。入っちゃったみたい」

と笑いながら応じた。

 一方、慶介はそちらのやり取りなど一切気に掛けることもなく、入った肉棒を女穴の中でゴシゴシとこするのに夢中だ。有紀は彼によって押さえつけられ、露出した乳肉をべったりと窓ガラスに吸着させていた。柔らかい塊が胸板とガラスの間でつぶされる。

 この教室は、校舎の端寄りの最上階にある為、運動場の真正面ではなかったが、競技中の様子は一部とはいえ見える位置にあり、こちらから見えるということは、逆もまた然りである。

「ヤバいんじゃね? これ。見えてんじゃね? ヤッてるとこ」

そんなことを言いながら、慶介は止めずに腰を振る。有紀は無言だ。前原の時みたいに、演技して気分を出すこともしない。

 慶介はなおしつこく、

「オバサンの子供も見てんじゃねえの? その辺で」

と煽ったが、やはり彼女は沈黙を守っていた。

 だが、続けて彼が、

「なんなら窓開けてやろっか」

と提案した時は、さすがに拒絶の声を上げた。

「ふざけないでよ!」

気の強い女らしく、鋭い目で中空を睨み付ける。

 慶介は彼女のリアクションにニヤニヤしつつ、今度は押し付けていた乳房を窓から浮かして鷲掴みにした。

「うお、すっげ! 柔らけ~っ!」

目一杯広げた手で、握力込めてグニャグニャと脂肪球を揉みしだく。

「ちょ、痛い」

有紀は抗議したが、慶介は頓着せずに、その姿勢のままクルリと向きを変え、仲間にその手の中のものを見せつけた。

「見ろよ! 手の中に入んねえ」

そのレポート通り、確かに広げ切った指の端から端をもってしても、彼女の乳房はそこに収まりきらなかった。余った柔肉が垂れこぼれている。

「マジか」

「デケーな」

仲間達も口々に感嘆した。次いで彼らは、自分達もそれに触り始めた。

「は? ちょ、やっ、痛い」

有紀は眉間に皺寄せて肩を左右に振るが、それにつれて豊かな塊が地盤からタプリタプリ揺れると、返って面々を面白がらせ、益々いたずらをエスカレートさせた。浩樹は人差し指を柔肌に際限なくめり込ませ、竜二は乳首を延々と引っ張る。豊乳はそのいずれをも、圧倒的な対応力で許容した。

「なあ、これ、吸っていい?」

誰に許可を求めるでもなく、だが少なくとも有紀本人にではなく竜二が言い、彼は乳輪をきつくつまむと口をあんぐり開けて近づけていった。

 すると、次の一瞬、一同を驚きが襲った。

  *

「ねえ、お母さんは? お母さんは?」

有紀の下の娘、幼い瑞穂が舌足らずに言って姉のシャツを引っ張る。姉の清美はそれをうるさそうに払った。

「知らないわよ。お母さん忙しいんだから、大人しくしてなさい」

マせた口調で言って、母親代わりのつもりである。だがその実、自分は同級生との砂遊びに夢中だ。その同級生、本当はその幼稚な遊びに飽きているのだが、清美のしつこさに渋々付き合わされていた。

 妹はすごすごと引き下がり、チュパチュパ指を吸って不足をやり過ごす。

  *

「わっ、なんだこれ!?」

顔面に温かい汁が掛かって、竜二は面食らった。それは母乳だった。

「マジか!?」

母乳出んの、オバサン!?」

少年らには初めて接する光景だった。悪ぶっているとはいえ、比較的モテる慶介を含めても、つい最近になってやっと性交の味を知ったような連中だ。この時初めて、母体としての女体の役割を肌で実感したようなものである。

 よく見れば、その乳輪は赤黒く、周囲とのコントラストが鮮明であり、また乳首のくっきりとした陰影もまた、授乳に適した状態であったのだが、乳幼児の本能を忘却したオス達には、ただの卑猥な造形でしかなかった。

「なに、オバサンって赤ちゃんいんの?」

浩樹は問うたが、有紀は答えなかった。実際には、もう赤ん坊という年でもなく、口もきけば歩きもする幼児がいるばかりだが、有紀の乳の出は三年越しでもまだ止まらないのである。

「うお、母乳ウッマ!」

「なんだこれ、こんなんあり?」

竜二と浩樹は左右の乳首にそれぞれ吸い付いて、思い思いにミルクを飲んだ。

「イヤッ! キモい、この変態!」

母親としての強烈な不快感に苛まれ、しきりに罵る有紀。二十以上も年下で、確かに法律上もまだ子供とはいう相手なれど、この状況下において母性愛など微塵も感じるはずがない。

「おお、オレも吸いてえ! おおっ、もうイくわ!」

慶介は羨ましそうに叫ぶと、腰の回転を一際激しくした。それは、まさしく種付けの合図であった。

「おっ、ペー助、中出しかよ」

浩樹の煽りに、その以前からそれと察していた有紀、大いに異議を唱える。

「はっ? ちょっ、ふざけんな」

「ああ、そういえばオッサンは外に出してたっけ」

竜二が床を見れば、今でも前原の出した粘液が机の下に広がっていた。慶介は言った。

「オレさあ、潔癖だから床汚すとかできないんだよね。やっぱさ、教室はキレイに使わなきゃ」

 彼の芝居じみた言い方に同調して、仲間も好き勝手を言う。

「どうせ中も外も一緒だって」

浩樹は言ったが、たとえそうだとしても、女としては無理矢理犯された男の汁が体の中に入ることこそがそもそも嫌だった。

「やめて! 離して!」

事の前にも増して激しく抵抗する有紀。だがこれはもはや逃れられない定めであった。

「あ、あ、イく! ……ああ、出る……出てる……ヤベ……チョー気持ちいい……」

若いエキスが言葉通りにたっぷりと迸る。注がれる身は知ろうまいが、それは彼女の母乳が如き白さで、且つそれよりずっと粘っこいものだった。

  *
 
「いました?」

「いいえ、やっぱりもう帰っちゃったんじゃないかしら」

校舎の入り口で中年の男女が出会い頭に挨拶を交わす。相変わらず有紀を探していた。次の競技にも彼女はエントリーしていたのである。

「まさか、校舎の中にいるなんてことは……」

男が暗がりに目を凝らす。すると、タイミング良く、そこから父兄の花村が出てきた。また、校舎前の植え込みの方からは、同じく父兄の小林が現れた。

「いや、こっちには誰もいないみたいですよ」

花村は有紀を見ていないと言う。小林も同調した。二人は余人にはそうと分からぬ程度にちょっと目を見交わした、何か通じ合うものを感じて。

捜索隊の二人はそれを聞き、またそれぞれに散っていく。うち女の方は別の女と合流してブツブツ言った。

「ていうか、金光さんエントリーし過ぎじゃない? 出る気もない癖にさ――」


〈つづく〉


人妻官能小説【蕩蕩】
関連記事



テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2014/10/16 22:00] | 「大輪動会」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<大輪動会-プログラム#3- | ホーム | 大輪動会-プログラム#1->>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jeezlee.blog91.fc2.com/tb.php/322-19b2590a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |