おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

    
お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



<おすすめサイト更新情報>

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。

■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」

◆中編作品
「大輪動会~友母姦戦記~」(連載中)
「青き山、揺れる」 ▼「師匠のお筆」

短編作品
「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「サルオナ」  ▼「母の独白」  ▼「童貞卒業式」  ▼「お昼寝おばさん」
「上手くやりたい」 ▼「珍休さんと水あめ女」 ▼「栗の花匂う人」
「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」 ▼「いたずらの入り口」
「学食のおばさん便器」 ▼「山姥今様」 ▼「おしっこ、ついてきて。」

ブラック&ワイフ(11)解脱

二か月余りが過ぎて、ようやくロクンは戻ってきた。遂に彼は、長期休暇のほとんどを故郷で費やしたのである。すると、出立前のあの知性の萌芽はどこへやら、改めて獣のような野蛮さを醸し出していた。

「なんだかしばらく見ない内に逞しくなったなあ」

夫はロクンの雰囲気をそう評価した。しかし、中学生でもあるまいし、たかが二か月でそう急成長することもあるまい。これは、元の彼に回帰したのである。陽子はすぐさまそう分析した。

彼女は冷静だった。二か月という時間は、彼女にとってそれ程長かったのである。この間、ようやくにして元の自分を取り戻していた。ひと月前の逆上せ方が嘘のようである。

反省はまだ十分でない。そこはまだ観念的の範疇を出ない。つまりは、自分を信じ切れていない部分がある。だが、体はすっかり冷えた。だから、最初の頃のように自然に応対することは出来る。それはまるで、リセットされたような具合に。

ロクンもまた等しく距離を置いているようだった。あるいは、再び獲物を狙う段階から始めているのかもしれない。とはいえ、いずれにしろ彼が何かしようとしても、それは難しかった。

「ロッくん、ロッくん!」

はしゃぎ回る静志。ロクンが帰ってきてからずっとだ。ずっと傍にくっついて離れない。ロクンは一人になる暇がない。

「おいおい。セー君はロッくん大好きだな」

頬を緩める夫。和気あいあいとしたムード。これこそ留学生とホストファミリーの理想的な交流であった。陽子も共に笑い、食卓は和やかに過ぎた。

しかし、本当のリセットなどありはしない。陽子は再び見た。

「あっ、ママだ」

慌てて取り繕う息子。それは、二人の風呂から上がるのがあまりに遅いので脱衣所を覗いた時だ。まるであの日の再現か。眼前に屹立する男根。陽子の心臓が"ドキン"と大きく打った。

恐らくはまた叱られると思ったのであろう、何もしていなかったかのような素振りの静志だが、彼がまた戯れていたことは明らかだった。あの巨大な黒棒とだ。

母は、しかし何も言わなかった。

「風邪引いちゃうわよ」

そう言いながら、息子の体をタオルで拭いてやった。その間も、背後にゆらりと大きなペニス。

「"逞しくなったな"」

あの評価は確かだったかもしれない。久々に見ると、ただでさえ大きかったものが、よもやこれ程までと驚く位の迫力を備えていた。赤と黒のコントラストも仰々しい。息子はきっと、またこの図太い幹にぶら下がって遊んでいたのだろう。

男が女の裸を見るのと違って、女が陰茎を見たって欲情などしはしない。この前同じ状況になった時の陽子もまさにそうだった。それなのに、今は……。

タオルを握る手に力がこもる。

「(来る……!)」

敵に後ろを向けたまま、彼女は覚悟を決めた。背後からだ。間違いなくまた一撃で落とされる。キュウッと菊穴がすぼむ。肉ビラに汗をかく。

だが、彼は来なかった。黙って出ていく。

「あ……」

脱力して背中を見送る陽子。その足元から、

「待ってよぉ」

と静志が駆けて行った。陽子は微かに頬を染めた。取り戻したはずの冷静がメッキだったと、彼女は自覚せざるを得なかった。

動揺しだすと脆い。ロクンの真意を測りかねる。静志の寝室での出来事。いつかと同じように陽子とロクン、二人で静志を寝かしつけることになった折も、やはり彼女は覚悟をした。が、彼は何もしでかさなかった。肩透かしを食らった、そう感じる自分に気付く。

次第に陽子は落ち着かなくなった。寝付かれもしない。単純に考えれば、獣のロクンのこと、欲すれば奪い、要らざれば捨て置くだけだと分かるのだが、彼女にはもうそれが見えていなかった。今は終始、かの人の顔色を窺うのみである。

ある朝、彼女はスカートを履いた。ひと月以上履いていなかったものだ。それは彼女にとりたまたまのことだった。そして、早起きした静志と共にロクンの部屋へ彼を起こしに行った。それもたまたまのことだった。

「ロッくん!」

戸を開けるなり、ベッドへ向かってダッシュする静志。苦笑しながら陽子は後から付いていった。そして、にわかにハッとした。

ロクンの胸板にまたがる幼子の背後に、それと並行して立っている影がある。暑いので布団を払いのけたものか、スウェットの前が高く盛り上がっているのが一目瞭然だった。

「あ……」

目が離せない。刹那より、陽子の足は独りでに歩んだ。吸い寄せられるように進む。そこは約束の地。そこは優しく、また頼りがいのある安息の地だと、そんな確信が急速に広がっていく。全くいきなり得た確信、急転直下の悟り。もはや理屈ではなかった。

「(何をしようと、わたし……)」

理性の判断が追いつかない。そんなに性に飢えているのか、そんなつもりはないのである。そうではなくて、何かすがりつきたいような、救いを求めているような感覚だ。

ズボンをめくる。途端に弾け出るペニス。ロクンは抗わない。彼と面と向かって無邪気に遊ぶ静志。全く気付いていない。陽子はそれに悟られぬよう、彼の後ろに並行して、ロクンの下腹部に静かにまたがった。

恐ろしいという気持ちは不思議と無かった。あるいは、それを上回っているのが、もはや人倫の地平で常識を見通さず、それから解脱して救われんと欲する悟り。まるで極楽に咲く蓮の葉のように、ロクンの股間は眩かった。

陽子は思考の決断より先に動いていた。スカートに手を入れて陰裂を覆う布地を脇へめくる。肉茎を握る。そして、その位置を定め、その上へ一思いに座った!

「ンフゥッ!」

途端に口を覆い、悲鳴をかみ殺す。加減をするつもりが奥までいってしまった。ズブズブズブっと、重力に任せて一気に滑り落ちる。体もよくしたもの、完全にくわえた。直ちに脳天へ電撃が直撃。芯棒は子宮の奥壁まで。今や女体をそれのみで支える。もちろん、絶頂した。

「あっ、ママも来た!」

背後に気付いた息子がそう言って嬉しそうにのけ反るのを、母はその頭上に顎を乗せつつ、思い切り抱きすくめた。愛ゆえの抱擁でも戯れでもない。息子は知るまいが、母はそれを息子ではなく、もはや手すりか何かの物体としてしか認識していなかった。

「ンッ! ンンン……ッ!」

歯を食いしばって耐えるその表情は、一種おどろおどろしい程の凄みをたたえている。目をひん剥き、眉間に深い皺をつくり、耳まで真っ赤にした様は、丸っきり狂気に満ちていた。こんな母を、息子は知らない。見たら泣き出すかもしれなかった。

その表情の裏では、今しも天国と地獄が一遍に蘇っている。何もかも思い出したのだ。元通りに、二か月の空白などなかったかのように。

「(しまった!)」

とっさにそう思う。忘れていたわけではないが甘く見ていた。ここは極楽でもなんでもない、そんな疑いも湧いてくる。

だが一方で、解脱のいざないは強固でもあった。後悔は過程として、しておかなければならないもの。過程は女に必要な儀式である。そしてまた、"もう済んでしまったことは仕方がない"のでもある。

"手すり"にしがみついて、女は小刻みに震えた。口辺から垂れた涎が、それの柔らかな髪の毛の上に落ちる。かの小さき背に、凝り固まった乳首が刺さる。

ロクンは腰を使い始めた。たちまち起こる地盤の起伏に、静志は大声上げて喜ぶ。

「地震だ、地震だ!」

それに同調して尻肉をプルプル震わせる陽子。貪欲な海溝は、たとえ大ナマズだろうとたらふくくわえ込む。震源地は性のダイナミズム。たちの悪い地震だ、一向に止まない。

と、そこへ、

「おいなんだ。朝から賑やかだな」

子供の声を聞きつけ、夫が起きてきた。あくびをしながら部屋を覗き込む。ビクリ、と陽子の肩がいかった。この世とのつながりは、まだ絶たれていない。彼女は呼び戻されたのだ。

しかし、子はかすがい。母は紙一重で命を繋いだ。

「あっ、パパも!」

静志がたちまち忙しく手招きして、近寄った父を手繰り寄せる。

「おっとっと!」

父は全体を確認する間もなく、よろめきながら妻の肩にすがった。その手の下で、妻は今まさにアクメに達している。我が子を抱きしめながら、黒人青年との交尾でイき続けている。

夫は疑いもしない、今触れている妻の体の中に留学生のペニスが入っているなんて。彼女の体温が、オーガズムの所為で熱くなっているなんて。常識から考えて、我が子と並んで騎乗位セックスする母親なんているわけがないのだ。起き抜けにそんなバカげた空想をする程、彼は妻と違って猟奇的な人間ではなかった。

そんな父に、静志は同じく後ろにまたがるようにと指示する。

「いや、さすがのロッくんも無理だろう」

困り顔で夫は妻へ視線を向けた。すると、彼女は、

「大丈夫よ」

と、力強く答えた。不思議なもので、この期に及んで難なく受け答えができた。これを魔性と言うのだろうか。彼女はそんなことすら考えた。

「よおし、じゃあロッくん、覚悟しろよ」

夫はおどけながら、息子と妻の間に腰を下ろした。大はしゃぎの静志。彼の腋を抱えて戯れる父。それに、さっき息子にしたのと同じようにしがみつく母。家族三人仲良く乗る、バナナボートだ。

ボートはよく揺れる。三人乗せてもまだ揺れる。

「おうおう、ロッくん、やるな!」

夫はロクンを讃えた。さすがに頑丈だ。ロクンは強き男である。その強さで人妻を獲得した。妻を犯す彼を夫は楽しげに褒める。

その陽気な背中へ、陽子はすがりつく。だが真実頼っているのは、もちろん下半身の方。旧主は体の支えに利用するのみである。真実の主との交尾で、狂い倒れてしまわないようにと。

「イヤァ……!」

時折漏れる女の悲鳴。激しい揺れの故家族は疑わない。が、夫と息子の上げるそれとは意味が違う。彼らの感じている楽しみと、母と留学生が感じている愉しみが全然別種だということは、世界で二人のみが知ることである。

ボートごっこと生交尾。ロクンの強さは、いわば一つの家族全員を同時に喜ばせることに成功していた。

「ハアァ……!」

夫の背中を涎で濡らしながら、陽子は悦楽にむせんだ。二人の背中を前にしても、淫肉の収縮が止まらない。二か月のお預けを喰らった後でのいきなりの一発だ。この衝撃は大きかった。たとえそれが家族と一緒の騎乗位セックスであろうともう腰が止まらない。白く泡立つ愛液をほとばしらせ、めくれた柔肉は極太の黒棒を一心不乱に摩擦する。家族の知らぬところで二人は大盛り上がりだ。

陽子はいよいよ正体を失って、最前列の息子にまで手を伸ばして引き寄せた。彼はそれを、母親がふざけていると思って、これまた大喜びで歓迎する。

「キャハハ、ママー!」

息子、父親、母親、と三人並んで座る光景は、横から見ると何と微笑ましく幸せそうな光景だろう。その輪に遠国からの留学生も加わって、これほど理想的な交流はない。ただ母親の膣に、留学生の陰茎さえ入っていなければ。

「"ママはボートごっこしているんじゃないよ。お腹の中にロッくんのおチンチンを入れて、気持ちよくなっているんだよ"」

もしそう耳打ちされても、幼子にはまだ分かるまい。他方、夫はどうか。逆上して引き剥がすか。

だがもはや遅きに失する。これから妻の胎内への子種発射まで、もう幾何の猶予もないのだ。静志にプレゼントされる弟か妹は、お父さんではなく、ロッくんに似て、肌の黒い子になるだろう。

「おいおい、そんなにくっつくなよ」

噴き出す夫。それ位、陽子の腕の締め付けはきつかった。それと同時に、彼女は膣肉も締め付けていた。

「ウフ……ッ!」

涙を流して、彼女は吐息を漏らす。それは喜悦の涙だ。胎内に熱が広がりだす。射精が始まった。陽子は家族を抱きしめながら、膣内射精されたのである。

その後、頃合いで切り上げて夫が立ち、それを引きとめた息子もいずれ飽きて去り、最後に男女だけが残ると、女は犬のように這いつくばってもう一発、今度は思い切りの腰振りから精液を子宮へとたらふく注いで貰い、ようやく朝の家事に立った。


〈つづく〉


人妻官能小説【蕩蕩】



関連記事



テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2014/02/10 22:00] | 「ブラック&ワイフ」 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<ブラック&ワイフ(12)無間[終] | ホーム | ブラック&ワイフ(10)渇望>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/03/07 15:34] | # [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jeezlee.blog91.fc2.com/tb.php/310-e50e3bc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |