おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

    
お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



<おすすめサイト更新情報>

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。

■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」

◆中編作品
「大輪動会~友母姦戦記~」(連載中)
「青き山、揺れる」 ▼「師匠のお筆」

短編作品
「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「サルオナ」  ▼「母の独白」  ▼「童貞卒業式」  ▼「お昼寝おばさん」
「上手くやりたい」 ▼「珍休さんと水あめ女」 ▼「栗の花匂う人」
「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」 ▼「いたずらの入り口」
「学食のおばさん便器」 ▼「山姥今様」 ▼「おしっこ、ついてきて。」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
お昼寝おばさん


おばさんはエロい。おばさんは無防備だ。ぼくの目の真ん前で、タンクトップの中からたっぷりとした胸の谷間を見せつけながら、何事もなくスヤスヤと寝息を立てている。ぼくは勃起してしまったチンポをブリーフの中で密かにしごいた。

「(おっぱいが……すごいよ……)」

こんもり盛り上がった胸の谷間が、汗ばんだシャツからこぼれ出ている。白い肌に浮かぶ玉の汗と、透けて見える青い血管。こんなものを間近でさらしておいて、欲情するなという方が無理だ。

きっとおばさんはぼくのことを子供だと思っているのだろう、隣で寝ているトモキと同じように。だけど、トモキは幼稚園児、ぼくは中学生だ。おばさんのことを女として見られるし、チンポの使い方だってもう知っている。

そうだ、おばさんは女なんだ。おばさんの所為で、チンポがこんなにガチガチになっている。おばさんの胸はもちろん、おばさんの厚い唇もそこから漏れ出る息も、頬に張り付いた後れ毛も、どれを見ても興奮する。本当におばさんはエロい。

だけど正直な所、おばさんを見てこんなに勃起するとは思わなかった。ついさっきまでだって、トモキと一緒に走り回って普通に遊んでいただけだった。おっぱいが大きいことは知っていたけれど、おばさんでオナニーするとまでは考え付かなかった。

「(かわいい……)」

今は寝顔を見て素直にそう思いすらする。

「(ゲッ、おばさんだぜ?)」

もう一人のぼくが釘を刺す。母さんよりも年上だって話だ。それでも興奮が全然収まらないんだから仕方ない。

「(キス……してみたい……)」

唇を見ればそう思う。キスしたら、おばさんはどんな顔するだろうか。ひょっとしたら、今ならバレずにできるんじゃないだろうか。おばさんにキスしながらチンポをシコシコして……。

ぼくはそっと、そおっと間を詰めた。胸がドキドキする。まだ大丈夫だけど、これ以上近づいたらヤバいかもしれない。キスなんてやっぱり無理かな。でも、近寄るだけは近寄りたい。

「(おっぱいも揉みたい)」

色々見るところがあって忙しい。よく見ると、胸に産毛が生えているのが分かった。女の人の体。これがそうなんだ。

「(おばさん! ぼく今、おばさんの体見ながらオナニーしてるんだよ!)」

じっと目蓋を見つめながら心に呼びかける。もしそれが開いたら、とっさに寝ぼけて見せるつもりだ。誤魔化す自信はある。チンポはパンツの中だし、上からタオルケットまでかぶっているし。

「(気持ちいいよお。チンポシコるの止まらないよお)」

おばさんは知らないんだな、ぼくが横でオナニーしていること。想像もしないんだろうな。だけど、ぼくはスケベなんだ。本当はおばさんのことイヤらしい目で見てる変態なのさ。

「(タオルケット取っちゃおうかな)」

ぼくはさらなるエスカレートを望んだ。チンポをおばさんにもっと近づけたいと考えた。

「(いや、パンツを脱いだ方が興奮するかな)」

タオルケットの中でチンポを露出して、もしおばさんが目を覚ましても、その前でそのままオナニーし続けたらどうだろう。おばさんと普通にしゃべりながら、本人をおかずにその目の前でイくんだ。夢はどんどん広がる。

「(おばさんの手に握らせてみたい。ていうか、おばさんの体にチンポこすりつけたい!)」

シコシコの手が止まらない。生おかずがこんなにいいものだなんて思いもよらなかった。すごい。すごく気持ちいい。イきそう。もうイきそう。

「(お、おばさんの顔にぶっかけたらどうな……)」

ぼくがそう夢想した時だった、背後の縁側からそおっと忍び込んでくる者を察知したのは。そいつは素早い動きでぼくらの足元を過ぎ、こちら向きに横たわるおばさんの背後へあっという間に回り込んだ。

「(あっ!)」

とっさにぼくは目を閉じて固まった。一瞬見ただけだが顔は目に焼き付いている。名前は知らないけれど、その人はここの地元に住んでいる男の人だ。前にここの家に来た時に会ったことがある。多分おばさんよりもずっと若い。

「(その人がなんで?)」

分からない。まるで泥棒のように入ってきた。ぼくはドキドキしながら身構えた。いくつか浮かんだ推理がある。一、ドッキリ、二、泥棒、三、レイプ、もしくは……。

「ン、ンンッ……!」

おばさんはなんと、変な声を出し始めた。

「(まさか!?)」

答えは"三"なのだろうか。ぼくはどうしたらいいのだろう!

「ノブ君!」

おばさんも驚いていたが、ぼく程じゃないはずだ。ぼくはびっくりして気が動転した。

「ウウン……ノブ君たら、ダメよ……」

おばさんは、その"ノブ君"という人に止められて大きな声こそ出さなかったが、すぐに色っぽい声を出し始めた。今まで聞いたことのない種類の声だ。"三"……だけど、浮気……か? 本当に? あのおばさんが?

「今日からダメって言ったでしょう?」

「うん、知ってる。でも来ちゃった」

……浮気なのか。これが浮気現場なのか。目を開けることはできないが、二人の甘ったるい会話はどんどん耳に入ってくる。

「こいつらが、その言ってた?」

ノブ君が言う。見なくても分かる、ぼくやトモキのことを指しているのだ。ぼくら親戚家族が泊まりに来ているから、おばさんは断っていたんだろうな、ノブ君のことを。でも来た。

見られているだろうから身動き一つできないが、心臓の動悸は激しくなるばかりだ。チンポは完全にガードしているから、オナニーの件はバレていないだろうけど……。

「ダメだってばあ……」

おばさんの甘え声が聞こえる。

「(ここで? まさか……その……?)」

なんということだ。ぼくのオナニーどころの騒ぎじゃない。セ、セ、セックスしてしまうんじゃないだろうか。別のドキドキが激しくなる。

「(ぼ、ぼくはどうしたら……)」

分からない。パニックだ。色々な考えが浮かんでは消えていく。

中には、冷めた気持ちもちょっとあった。ちょっと複雑な気分だ。おばさんって"そういう人"だったんだなって思うし、しかもぼく以外の奴とそういうことするってことにしょっぱい気持ちを覚えた。ひょっとしたら、そういう人だったからこそ、今日ぼくのチンポがギンギンに反応したのかもしれないけどさ。

でも、やっぱりこの状況はこれで新たに興奮した。だって、セックス……ここでするっていうんだから……。だけど、おばさんはぼくの期待をあっさり蹴った。

「ねえ、起こしちゃうから、せめてあっちで、ね?」

それはないよ。そりゃトモキがいつ起きても不思議じゃないけどさ。ノ、ノブ君は、どうなの?

「駄目だよ。こ・こ・で。興奮するだろ?」

ちょっと悔しいけれど、この件はノブ君に感謝しなくちゃいけなくなった。二人はその後も小声で押し問答を続けたが、そのうち何もしゃべらなくなった。いよいよセックスを始めたらしい。

「(うう……見たい……)」

しゃべってくれないと状況が全く分からない。ぼくは覚悟を決めた。いっちょ賭けに出ようと。スーッと薄目を開ける。

「(あっ、すごっ!)」

既におっぱいが丸出しになっていた。おばさんは左手の甲を目の上に乗せてのけ反り、ハアハア言っている。ノブ君がおっぱいを吸っているのだ。トロンと垂れて広がったお肉をギュッと搾り寄せてさ。

「(おばさんの乳首!)」

思っていたより薄い色。勃起していた。ぼくのチンポもまたビンビンになってきた。

「(ああ、シコりたいよお!)」

切実にそう願ったけど、動けない。動いたらバレる。首も動かせないから、ノブ君が下の方に移動しても見ることができなかった。多分"クンニ"というものをやっていたのだと思うけれど。

「(おばさんのマンコ!)」

これは想像するしかなかった。そんな中にも、二人は着々とやることをやっていった。体位を大きく変える度にぼくは目を閉じた。そしてまたそっと開く。次の時、ぼくは度肝を抜かれた。

「(フェ、フェラチオ!)」

憧れの光景がそこにあった。おばさんはノブ君の上にまたがって、チンポをしゃぶっていた。あのおばさんがチンポを舐めているなんて衝撃的だった。おばさんはいつも、チンポを入れたことのある口でぼくらと普通に会話していたんだと思うと。

「(女の人って、ほんとにチンポしゃぶるんだな)」

しかもおばさんのマンコはノブ君の顔の上にあった。その頃ぼくは少し大胆になって、ちょっとだけ首を動かして視野を広げていた。それが"シックス・ナイン"という前戯だってことは、後になってから知ったことだ。

「(大丈夫かな)」

ぼくはトモキの様子が心配になった。ひょっとしたら起きていて、ぼくと同じく覗き見しているんじゃないか、なんてことも疑ってみたけれど、いつも無邪気なこの年下の従弟がそんな凝ったことをしようとは、やっぱりとても思えなかった。

だけど、このままじゃ本当に起きてしまうかもしれないってことは二人も考えていたみたいで、ちょっと焦りながら、

「ねえ、もう挿れるよ」

ってノブ君が言うと、おばさんもすぐにウンウン頷き返した。"挿れる"の意味はぼくにも分かった。そうなんだ、セックスなんだ。この世にセックスは実在するんだ。ぼくはその時、大げさにもそう思って感動した。

「ンッンッ……!」

おばさんは間もなくリズミカルなアエぎ声を上げだした。初めこそ遠慮がちだったけれど、段々大きくなって、

「アンッ、アンッ……!」

って、いかにもスケベな声を出し始めた。

「(お、おばさん、ぼくらがいるのに……)」

おばさんはスケベな人だったのだ。若い男にチンポ入れられて、"アハンウフン"が我慢できないらしい。バれたらぼくらにどうやって言い訳するつもりなんだろう。やっぱり子供だと思って安心しているのかな。でもぼくは、でもぼくは……。

ぼくはとうとう我慢できなくなって、パンツの中でゴチョゴチョやりだした。どうせ二人は自分達だけの世界に入って、ぼくらのことなんか気にしていないんだ。だったらぼくはぼくで、あなた達のセックスでヌかせてもらいましょう。勝手にそう決めた。

それでも出来るだけ気づかれないように、ちょっとずつ撫でさするように手を動かした。余りに強烈なおかずなので、刺激が強すぎるからという理由もある。すぐにイッてしまいそうだったのだ。ぼくは色々気を使ってオナニーした。家で親にばれないようにするのより肩がこった。

「(おばさん……おばさあん……!)」

さすがに声を気にしてか、ノブ君がキスして口を塞いでいる。その下でおばさんは、ウンウン唸って目をトロンとさせていた。足まで相手の背中に回してしがみつき、チンポを悦んでいる。変態だ。おばさんは変態だったんだ。

その瞬間、つまりおばさんに欲情と失望を感じた瞬間にぼくは射精した。ぼくはノブ君に勝てなかった。ノブ君はその後おばさんを抱き起こしてバックからやって、再び正常位に戻ってやっとイッた。しゃぶられて、それからマンコに入れて、よくあんなにもつなって感心する。

パンツの中、ビチョビチョだ。ノブ君は多分マンコの中で射精したんだろう。あれだと汚れなくっていいな。その上、おばさんはまたチンポをしゃぶってあげていた。もう一回入れるのかなって思ったけど、それはなかった。ノブ君はそそくさと帰っていった。






「(ふう……気持ちよかった)」

おばさんを見ると、ほとんど全裸のままぼうっと天井を見て寝転がっていた。なんとなく気持ちが分かる気がした。まるで一緒にセックスしていたみたいな感覚だ。そして満足だ。

すると次の瞬間、全くあっけなくぼくとおばさんは目が合った。二人とも一瞬なんの考えも浮かばなかった。ただただお互いの目をしばらく見ていた。

数秒後、おばさんは言った。

「見てたの?」

別に怒っている風でもなかった。照れている風でもなかった。ただ確認をしているという、不思議な感じだった。

それに対して、ぼくもぼくで、

「うん」

と、あっさり認めた。自分でも驚く位落ち着いていた。なぜかは分からない。ただ言葉はいらないという、そういう感覚だった。

ぼくは、これまた自分でも驚く位素直に、また考えるより先に動いて、おばさんの体に寄って行った。おばさんは微かに身をよじって、小さく、

「ダメよ……」

と言ったが、抵抗はしなかった。ぼくは全く思いもよらない形で童貞を卒業できることになった。

「あら……」

ブリーフから現れたドロドロのチンポを見て、おばさんはつぶやいた。オナニーがばれたわけだ。でもぼくは焦りもしない。だってこれからもっとすごいことをするのだし、既にもっとすごいことを見てきたのだから。

チンポはビンビンだ。はっきりは知らないけど、マンコにこれを挿すんだってことは分かっている。ぼくは入れた。そして腰を振った。

――つもりだった。しかし、おばさんにやんわりとお腹を押さえられ止められてみて、やっとチンポが入っていないことに気付かされた。

「初めて?」

おばさんはその時、初めて笑った。それはいつもの元気な様子とは違う独特な優しい笑い方で、初めて見る顔だった。ぼくは照れてうなだれた。敗北を認めた。おばさんにも、あのノブ君にも。

「ねえ……」

おばさんは一層優しくぼくの頭を撫でながら聞いた。

「おばさんが初めてでいいの?」

「(もちろん!)」

とばかり、ぼくは食い気味でブンブン肯いた。親戚のおばさんとセックスすることはよく考えると色々まずいはずだけど、頭に血が上っているとそこまで思いつかない。だってもうあと一歩でマンコだから。

「ウフフ、ほんとにぃ?」

おばさんはなんだか嬉しそうにぼくの頭をまた撫でなでし、それからキンタマをコチョコチョした。ぼくも思わず笑った。

「じゃあ、お布団の所行こっか」

おばさんはそう言ってくれたが、それだけは受け入れられない申し出だった。ぼくはすぐしたかった。そこでおばさんの尻を引っつかみ、もう一度挿入にチャレンジした。

「アン、こ、こらぁ……」

おばさんもこの時ばかりは慌てた。少し嬉しかった。出しぬけたような気がした。そして今度は上手く入れられた。

「ヤッ、アンッ!」

おばさんはぼくのチンポでもアエいだ。マンコ、熱い。すごく熱い。何がなんだか、よく分からない。動いていないのに自動でオナニーさせてくれる感じだ。というか動けない。

「トモ君起きちゃうからぁ」

下でおばさんが言っている。ぼくは念のためタオルケットを取って上から羽織ると、それでちょっと納得したらしいおばさんの口にキスした。するとおばさんは、イソギンチャクみたいに吸い付いてきた。正直、ぼくとしてはちょっと唇をくっ付けるだけのつもりだったのに、おばさんときたらベロを出してきてぼくの口の中を舐め回すのだ。

「(なんだ、これ……?)」

ぼくの頭は真っ白になった。そしたら射精していた。いつもの感覚と違い過ぎて、射精かどうかも一瞬分からなかった。おばさんはぼくの尻をキュッと抱き寄せた。ぼくはなんだか安心して胸に倒れた。

「(ハッ! おっぱい!)」

迂闊にもそこで初めておっぱいの存在を思い出し、ぼくは乳首に吸い付いた。ノブ君の後だけど、そんなの関係ない。おばさんはまた頭を撫でてくれた。

「タッ君はもう大人ねえ」

赤ちゃんみたいにおっぱいを吸っているのに、おばさんはそう言って褒めてくれた。この大きなおっぱいとおんなじで、柔らかくて優しいのだ。

「(今なら出来る)」

そう感じて、ぼくは腰を動かしだした。

「あらあら……」

おばさんはちょっと呆れたように笑って、ぼくの尻にまた手を回した。そうして、"よいしょ、よいしょ"という感じで体操みたいにぼくと呼吸を合わせて励ましてくれた。

「気持ちいい……!」

ぼくは思わず言った。

「んん? 気持ちいいの。――お・ば・さ・ん・も」

おばさんは眩しそうに微笑んだ。その二重瞼がかわいかった。まるで天使か女神のようだった。

「かわいい……」

「もお、この子ってば……」

夢のような時間だった。だが、ぼくらは少し調子に乗りすぎた。

「おばさん?」

声がしてひょいと見ると、トモキだった。目をこすって起き上がっている。

「あ、あらトモ君、もう起きたの」

おばさんはさすがに動揺を隠せない様子だった。とりあえずタオルケットをかぶっていて良かった。二人重なっておかしな体勢だったけど、繋がっている所は見えていない。ぼくは寝相が悪い風を装い、おばさんの上から左側にゆっくり移動して、相変わらず寝たふりを続けた。

「ジュース飲みたい」

「テレビ見たい」

起きたら起きたで、途端に100パーセントの実力を発揮するトモキ。おかげでセックスどころではなくなった。おばさんはとっとと用事に立ってしまう。

「(トモキ、もうちょっと寝てろよ。――ああ、続きしたい)」

結局おばさんが帰ってきたのはトモキがテレビに集中しだしてからだった。テレビでは子供向けのアニメ映画を放送していた。

「ねえ……」

ぼくは、近くに座ったおばさんの肘を取って揺すった。トモキは画面に夢中で、全然振り返る様子がない。大丈夫だと思った。

ぼくは甘えながら、でもちょっと強引におばさんを引っ張り込んで、また挿れた。したくてしたくてたまらなかった。おばさんもおばさんで、すぐヤらせてくれた。全然怒らなかった。

「ハッ、ハッ……!」

二人してマラソンみたく息吐きながら、トモキの背中の後ろで、ぼくたちはセックスを始めた。ノブ君みたいにバックもやりたい。ていうかおっぱいだって使ってもっと色々やりたい。時々思い出して揉んでみるんだけど、もっと何かすごいことできるんじゃないかって思うんだけど、どうしていいか分からない。とにかく今は、チンポをマンコで、チンポマンコで精一杯。

「(これすげえ……! これ気持ちいい!)」

段々気持ちが焦ってくる。やりたいこといっぱいあるし、それに二度と忘れないように、おっぱいの感触忘れないようにって思えば思うほど、焦る。で、結局、この気持ちよさを逃がさないように、おばさんにしがみついてチンポをズボズボすることしかできない。

二人とも汗だくだったのは終わってから気づいたことで、その最中は忘れていた。いくら風通しの良い部屋だからって、クーラーをかけないんじゃあ汗だくだ。しかも運動してるんだもん。

「おばさん! おばさん!」

「タッ君! タッ君!」

ぼくたちはずうっと休みなくチンポとマンコをこすりあった。ぴったりくっついてベロとベロを絡ませ合い、口の周りをよだれでベトベトにしながら。

いつの間にかトモキはまた寝ていた。ぼくとおばさんはもうラブラブだ。何回射精したのか分からない。ずっとイきっぱなしだったような気がする。全部マンコの中だと、そういうのよく分からないんだよね。

おばさんもイッてたのかな。それに、女の人って中出しされたら分かるのかな。どっちにしろ、おばさんってずっとチンポ入れさせてくれるんだよ。全然怒らないんだよ。ほんとスケベだよね。女の人って、みんなこういうものなのかな。

「アンッアンッ……!」

ぼくのチンポでアエいでくれるかわいいおばさん。ほんとにかわいい。なぜかちらっとおじさんの顔が浮かんだけれど、もう関係ないや。おばさんはもうぼくのものだもの。

どれぐらいヤッていたのか分からないけれど、結局ぼくらは、みんなが買い物から帰ってくるまでずっと挿れっぱなしだった。

「あらあら、お昼寝してたの?」

母さんに声を掛けられて、いかにも今まで寝ていましたという風に目をこすりながら、ぼくは体を起こした。もちろん、玄関から"ただいま"の声が聞こえた時におばさんとは離れている。その時のおばさんの素早さときたらすごかった。ぼくはまだパンツも履けていない。タオルケットがなかったらヤバかった。ていうか、まだ勃起してる。

「(ごめんね、母さん、おじさん、みんな。ぼく、今の今までここで、おばさんのマンコにチンポ入れてました。昼寝じゃなくて、おばさんとぼく、ずっとセックスしてました)」

おばさんはさりげなくシャツを着替えてきて、タオルで額を拭きながらみんなとの会話にもうすんなり入っている。あの口、チンポをしゃぶる口で……。

「(あっ、しまった!)」

ぼくは肝心なことに気が付いて激しく後悔した。ぼくはまだしゃぶってもらっていない! 

……仕方がない、またお願いしよう。ここに泊まっている間に、絶対もう一度ヤらせてもらうんだ! そう思うと、チンポがまたビンビンになる。なんかちょっとイッた感じもする。今度はこれを口の中で!

「(またヤらせてね、おばさん!)」

おばさんの横顔を見ながら、ぼくはそう呼びかけた。明るく笑うおばさんの、目じりの皺、そばかす、えくぼ、二重あごの、どれをとってもかわいく輝いて見えた。


〈おわり〉




ichiyume_20040_03.jpg
人妻官能小説【蕩蕩】
関連記事

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2013/08/25 15:00] | 一話完結 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<他サイト投稿小説 | ホーム | 湯けむ輪(125) 10:22 完結>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jeezlee.blog91.fc2.com/tb.php/297-1dd1f2de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。