おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

    
お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



<おすすめサイト更新情報>

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。

■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」

◆中編作品
「大輪動会~友母姦戦記~」(連載中)
「青き山、揺れる」 ▼「師匠のお筆」

短編作品
「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「サルオナ」  ▼「母の独白」  ▼「童貞卒業式」  ▼「お昼寝おばさん」
「上手くやりたい」 ▼「珍休さんと水あめ女」 ▼「栗の花匂う人」
「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」 ▼「いたずらの入り口」
「学食のおばさん便器」 ▼「山姥今様」 ▼「おしっこ、ついてきて。」

湯けむ輪(115) 07:40

子宝混浴
『湯けむ
~美肌効


こだからこんよく
ゆけむりん
びはだこうかん






――午前七時四十分


「首輪でも着けたったら良かったな」

倫子を見やりながら、牛滝は言った。無理矢理に引っ張られて歩く彼女を評したものだ。

「完全にメス犬やがな」

彼曰く、首輪を着けて犬の散歩のようにリードを引っ張ってやるのがお似合いだという。倫子は無言である。ただ苦悶の表情にじっとりと汗を浮かべ、時折足を取られながらも、フラフラと歩みを運ぶ。

そんなことよりも、と袋田が諭すように言う。

「この格好じゃあ、さすがに……」

人目に付く、それを彼は心配した。しかし、牛滝は、

「大丈夫やて。どうせそない人もおらんやろ」

と、聞く耳持たない。一行は早くもロビーに出た。確かに誰もいない。

「どれ、この辺で……」

彼はそう呟くと、そこのソファーに腰掛けて、改めてアヌスに入った。膝の上に相手を向こう向きで座らせる。共に玄関の外が見られる位置だ。

「ハア~、やっぱり明るいと一味違うなあ」

外を見ながら乳房を揉む。倫子は一層苦悶に顔を歪ませた。本当に逃げられないのだろうか、人任せに彼女は考える。人は運命を外圧に委ねたが最後、未来を選べない。

その内、ガラス戸の向こうにポツリと人影が見えだす。一人、二人、三人と、その数は次第に増え、さらに近づいてきた。

うち一人は、中に入ってきて一歩も止まることなく倫子のヴァギナにまで入った。川棚である。ジャージのズボンを下ろすこと実に素早かった。

「なんや、自分らもう帰ってきたんか」

川棚の突入に何ら動じることもなく、牛滝が三人に問う。

「ええ、早く始まったんで、早く終わったんすよ」

と横目で川棚を窺いながら東郷。

「ほら、自分達早起きじゃないっすか」

とは玉造。"確かに早起きやな"と笑う牛滝を彼は、

「ていうか、まだヤッてたんすか」

とつついて笑った。七時から朝練があると出て行った彼らだったが、早くもそれを終えて戻ってきたものだ。

「ほな、ほかの子らも?」

「もうすぐじゃないですかね。これから朝飯なんすけど……」

牛滝の問いに答えつつ、しかし会話には中途から上の空で玉造は倫子の背を撫で回す。

「ヤベえ、もうビンビンだ」

その言葉通り、彼のジャージの股間はくっきりと形を浮かび上がらせていた。そこへ倫子の手を添えさせて、"硬いっしょ"と問いかける。

東郷は"俺も"と言って自身のわだかまりを見せつけながら、

「お前早すぎんだよ」

と、川棚の抜け駆けを非難した。すると、それをなだめるように牛滝は、

「飯前にヤッていきぃな」

と言い様、間もなく自分の番を終えた。偶然だったが、本当に彼らに気を使ったかのようなタイミングだった。そのまま若者にその場を譲らんとする。が、ここで不安は、袋田同様のことが持ち上がった。

「ここでヤんの?」

玉造のこの疑問に、袋田も大いに頷いて牛滝の顔を見る。

「どこでも構へんがな」

既に自身の番を終えた彼は、もうその点には関心がない様子だった。それでも年長者の意見を待つ風な若者らに、彼はとりあえず提案した。

「ほなら、自分らの部屋にまた持って上がったらええがな。なあ?」

そう言って、袋田を見る。これで袋田はやっと納得した。それなら、ということで、彼は事後の経過を報告するようにと玉造に頼んで、ひとまず牛滝を伴い朝食の広間に行くことになった。

誰一人倫子の境遇を顧みる者はいない。このまま輪姦し続けられて当然だと信じて疑わない。もう誰も彼女を女として、ひいては人間としてすら見ていないのである。

「後は任せて下さい」

満面の笑みで、玉造は牛滝らを見送った。それから振り返って、

「じゃあ行こうぜ」

と仲間に呼びかけた。しかし、一旦はまってしまっている川棚は迅速に動こうとしない。あくまでも結合したままで移動しようとする。それを見ていた東郷も、我慢できずに後ろから挿す。そうしてシェアした女体を二人して担ぎ上げる。さすがに若い彼ら、さっきの中年連中とは違って軽々とこなした。

「おいおい」

玉造は苦笑した。自分だってやりたいのだが、彼はやや冷静であった。

「これから散々できんだろうが」

そうなだめてみるが、怒張を抱えた男にはそのわずかの間さえ惜しいものである。両名とも分かったと言いながら女体から離れようとしない。結局その体勢でロビーを離れ、奥のエレベータまでノロノロと向かうことになった。

ロビーから少し入ると、そこに売店がある。それが今ちょうど開店準備をしていた。準備作業に従事するのは、一人の小柄な中年女性である。その彼女がすぐさま目前の一変事に気付いた。

「な……っ!」

急速に目を見開いていく。その瞳には、男二人に挟み撃ちで担がれていく、全裸の女性神輿の姿が映っていた。


<つづく>




(001)19:53~(010)20:15(011)20:18~(020)20:44
(021)20:47~(030)21:07(031)21:09~(040)22:03
(041)22:22~(050)23:53(051)23:54~(060)00:20
(061)00:24~(070)00:50(071)00:24~(080)01:36
(081)01:45~(090)03:59(091)04:12~(100)05:46
(101)05:52~(110)07:07(111)07:15~(120)08:35

目次へ

現在時刻07:48(11時間55分経過)
挿入された男根=35本
発射された精液=157発(膣83・尻29・口19・顔5・胸12・他9)
関連記事



テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2013/05/27 07:40] | 「湯けむ輪」 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<湯けむ輪(116) 07:48 | ホーム | 湯けむ輪(114) 07:32>>
コメント
面白い展開ですね!
そのまま部屋までたどり着けるのかドキドキします。

続き楽しみにしてます!
[2013/05/27 17:56] URL | ぱんだ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jeezlee.blog91.fc2.com/tb.php/286-59592ed8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |