オナこもりの小説
熟女・巨乳多めな自作エロ小説を中心にシコシコ更新
最新記事

RSSリンクの表示

アダルト検索サイト

どスケベな方向けのお役立ち検索サイト。

このブログをリンクに追加する

テキスト系リンク

巡回サイト

ランキング

話題のグッズ

オナこもりの為に。

二次元PR

如月群真 常春荘へようこそ 由浦カズヤ ふたりよがり 草津てるにょ パコパコしちゃう ミル・フィーユ 覚えたて 木静謙二 こんなに優しくされたの みやびつづる 母の哭く家 十六夜清心 母姉W相姦 タカスギコウ ユメウツツ 黒木秀彦 37歳欲しがり妻 景山ロウ  若妻ほんとに好きなの 堀江耽閨 熟女ゲーム 巨乳人妻教師~恥辱の校内調教~ML 親戚の小母さん~離れの熟女、本家の後妻~ 息子の友達に犯されて 同人通販

エロ動画

ダイヤモンド映像 アトラス21 h.m.p クリスタル映像 ビッグモーカル TMA 宇宙企画 グレイズ MAX-A ワンズファクトリー 桃太郎映像出版 SODクリエイト Waap アイエナジー MAXING ドリームチケット シネマユニット・ガス BoinBB.com タカラ映像 プレステージ オフィスケイズ ドキドキVacation 冬月かえで、満足度満点新人ソープ DX
清楚な受付嬢のいやらしい営み 涼子 艶乳 北原多香子 アリスJAPAN30周年記念 「フラッシュパラダイス」から「逆ソープ天国」 まで歴代人気シリーズに全部出ちゃいまスペシャル!! 辰巳ゆい
ひなと子作り新婚生活 秋吉ひな 92cm&Hcupの爆乳女教師が優しく中出し授業 花美ひな 巨乳のサンプル動画が見放題! 彩名杏子の巨乳を味わえ!! アリスJAPAN専属女優 麻美ゆまの超高級ソープ! チ○ポがグングン伸びる 褒め淫語パイズリ 佐山愛 99cmIcup 青山菜々 制服の似合う美乳コレクション2 吉田絵理香ほか ノーカット 星ありす 乳フェチ感謝祭パイズリ凄抜きテクニック JULIA 本能剥き出し生中出しセックス 橘なお kira☆kira BEST 立花樹里亜スペシャル8時間-特別編- 彼女のお母さんは巨乳と中出しOKで僕を誘惑 吹石れな
熟女のサンプル動画が見放題! 屋根裏に棲む情欲 ~美人妻の淫猥な二重生活~ 樋口冴子 初撮りおばさんドキュメント 生稲さゆり 冴島かおりママの淫乱!卑猥な性活 デジタルモザイク匠 ごめんね、お母さんも女だったの… 中園貴代美 全裸系近親○姦 僕のママは裸族で癒し系。 荒木瞳

長い垂れ乳に包まれて… 黒沢那智 デジタルモザイク匠

カテゴリ

ユーザータグ

人妻 輪姦 中出し 巨乳 熟女 寝取り寝取られ 羞恥 アナル 童貞 女子アナ パイズリ CMNF 手コキ お掃除フェラ フェラチオ 口内射精 三穴同時 二穴同時 露出 顔射 覗き 爆乳 強姦 オナニー 青姦 飲尿 乱交 痴女 浴尿 黒ギャル 3P イラマチオ 顔ズリ レズ 潮吹き カーセックス 淫語 お漏らし 放尿 SM アイドル Wフェラ スパンキング 母乳 和姦 ぽっちゃり ボディー洗い 顔コキ 駅弁ファック チンポビンタ ソープ Wフェラ 玉舐め 連続フェラ アナル舐め 言葉責め 痴漢 女教師 CFNM 若妻  寝取られ 中出し 巨乳 熟女 人妻

検索フォーム

全記事タイトル表示

◎表示する◎

過去に掲載された全ての記事のうち、そのタイトル部分だけが新着順に一覧表示されます。
ブログ全体の目次のようなものです。

プロフィール

ジーズリー

Author:ジーズリー
よろこばしっとよ~!

オナニー、それは生涯を賭けた孤独なあがき。



作者が思いついたエロ話を羅列して自分を慰めるブログです。下品な妄想と低俗な文章に股間で共感して頂けたら幸いです。

おまけ投票コーナー

もっとエロい動画

もっと赤裸々に見たいっ、という方向けのサービス。

その他PR


おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



<おすすめサイト更新情報>

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。

■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」

◆中編作品
「青き山、揺れる」 ▼「師匠のお筆」
「大輪動会」(連載中)

短編作品
「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「お昼寝おばさん」 ▼「上手くやりたい」  ▼「珍休さんと水あめ女」
「栗の花匂う人」  ▼「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」
「いたずらの入り口」 ▼「学食のおばさん便器」  ▼「山姥今様」
「おしっこ、ついてきて。」

湯けむ輪(88) 03:03

子宝混浴
『湯けむ
~美肌効


こだからこんよく
ゆけむりん
びはだこうかん






――午前三時三分


「んっ、ふぅっ……!」

伊東は呻きつつ小さな尻を痙攣させた。少年のか細いため息は、男子でありながらどこかなまめかしかった。だが男であることに相違はないわけで、それが証拠に、熟女の臨んだものはしっかりと彼女の体内に注ぎ込まれたのである。

彼が離れると、そこの空洞からトロリと白いよだれが押し出されてきて、その大玉はそのまま湯の中へと落ちていった。

「アーアー、またもうお湯を汚してからに」

渡瀬が苦情よろしくその様を揶揄する。すると、はたと思いついて牛滝も言った。

「そない言うたら、この人かかり湯もしてへんのとちゃうの」

そうして、先の出来事に触れて、

「ションベンかぶったまんまやんか。うわ、きったな」

と、かなり大げさにザブリと湯を倫子へ振りかけた。

「ほんまや、あろたらな」

渡瀬も追随して湯を浴びせかける。それら両方の飛沫は対象の顔面にしたたか命中し、彼女をアップアップさせた。ちょっとした体罰のようであった。だとすれば、汚れた身で浴場に現れた挙句、入浴という本来の目的も果たさずに性交に興じていることへの報いであろうか。

もっとも、参会者達にはさして関心のない事実である。実際、順番を待つ者は次々と汚れた女に挑みかかっていく。

「えっと、二年の――」

次からは年齢が一つ上がって、その分男女の年齢差も少し縮まった。無論、一年だけのことであり、依然として親と子程の間柄である。

もっとも、発情したメスにそんな事象は関係ない。我々人間は、例えば虫や動物の交配を考えるとき、飼育員でもない限りあまり年齢などで区別して考えないが、あるいは他の種の生物から今の有り様を見たら、このセックスもただのセックスとして案外平常に見えるのかもしれない。

ともあれ、嬉々として喜びを謳うメスである。

「アアン! アアンッ、いいわぁ、いいわぁ関くぅん!」

周囲の大人達の入れ知恵で、相手の男の名を今宵初めて口にする倫子。虚ろな頭のはずながら、満ち足りた表情の故に彼女の望み通りかとも見える。

「せ、関君の、せっくんのおチンチン、かったぁい!」

こういうセリフはいかにも稚拙で安直でありながら、未熟な男子にとっては効果絶大であった。関は、あっという間に精を搾り取られてしまう。

続く者達も、

「上手ぅ、アッ、アッ、白峰君、上手よぉ! おばさんイかされちゃうぅ!」

「アン、すごっ! 大牧君の、すごいのぉっ! もっとグリグリしてぇっ!」

と、魅惑の口撃に遭って次々と陥落していく。少年達、いや、男の習性と言おうか、己の道具を褒められること、そうしてそれによって女が敗北宣言を発することに弱い。どうしてもそういう傾向が男にはある。

「おっきいわぁ! おっきいわよぉ、大牧君のおチンチン。おばさん、気持ちいい! 気持ちいいおチンチンよぉっ!」

こんなことを言われると、年若い者ならば余計にその気になってしまう。果ては情が移ってしまう。今しがた終えた関なども、つい特別に熱っぽい視線を倫子に送っていた。

そんなほのかな恋情に水を差すがごとく、中年達は下世話なインタビューを始める。その結果を受けて、

「――はあ、ほなら、あんたらのお母さんより年上なんやなあ」

と、灌漑深げに吉野がつぶやいた。たった今明らかになったことには、西浦、関、さらには栃尾の母親の年齢が、倫子のそれよりもずっと若いという事実であった。これは、ちょうど宇川が周囲にいた子らに尋ねたところの結果であって、実際には、そういう例はまだまだあるのかもしれない。だとしても別段不思議なことではなかった。

「ヘー、ほんなら自分のお母さんより年上の人で童貞卒業して、その上中出ししたんやな」

湊山が満面の笑みで言った。

「ということは、倫子ちゃんが君らの子供産んだら、君らのお母さんは、自分より年上の人が息子の嫁、つまり娘ということになるなあ」

彼の解説に、当の本人達は困惑顔である。代わりに、榊原が話題を引き取った。

「なるほど。母親より年上のおばちゃんを犯して孕ませたと。渋いねえ」

すると、それを受けて須賀谷が、

「渋いか?」

と言って苦笑した。その横から浪岡が会話に加わる。彼もまたタクシーを置いて、この集団に普通に合流していた。

「しかし、この子らから見たら十分おばちゃんでしょうに、しっかり勃起するもんですねえ」

彼の発言を受けて、関はそっと顔を赤らめた。

折しも、そんな“おばちゃん”相手にしっかり劣情満開の少年が今も現に交渉の真っ最中である。

「オッ、オッ、し、しっかり腰振れて、立派だわぁ! 素敵よぉ、三国くぅん、ウゥ~ン! おばさん感じちゃうぅ!」

三国は同学年中で最も背が低い。が、中々のしっかり者で、時期部長候補である。そんな彼が、賞賛に応えようと大いに頑張ってピストン運動をする。

「よしっ、ほらほら、おばさん喜んでるよ」

自分で言わせておいて、まるで彼女が自発的に言ったかのように矢板は三国のことを持ち上げた。三国も気づいてはいるのだが、やはり女の口から聞かされると、半分以上真に受けてしまうものだ。

「――美人は美人だもんねえ」

森岳が、先ほどの浪岡の話題を継いで言った、揺れる倫子を見つめながら。

広い大浴場のこと故、どうしても倫子の位置と近い遠いが出てくる。今、近い方には牛滝・渡瀬・矢板ら、遠い方に榊原・浪岡・森岳らがいた。

「おまけにLカップだし」

ほとんど冗談のつもりで彼は笑いながら言った。ただ、その肉竿は天を向いて立ち、若干反り返っていた。その反りを軽く愛撫しながら、彼は向こうの肉房を目で犯している。

その視線を知りもしないながら、倫子は淫らにわめき続けている。

「こ、こんなおばちゃんだけど、いっぱいおチンポしごいてねぇん! おばちゃんの体、いっぱい使ってぇ!」

彼女に性をぶつけるのは、ほとんどオナニーのようである。だが一部に思いやりめいたものがないでもない。彼女は、いわば温かみのある人形なのである。性愛の対象としてこれ以上はない。

「倫子おばちゃんでヌいてぇ! おばちゃんを使ってぇ!」

その利用を申し出た股間は、がに股開きでピクピク痙攣し、もはや本来の用途など忘れて、ただ男根撹拌のための中古容器と化していた。


<つづく>




(001)19:53~(010)20:15(011)20:18~(020)20:44
(021)20:47~(030)21:07(031)21:09~(040)22:03
(041)22:22~(050)23:53(051)23:54~(060)00:20
(061)00:24~(070)00:50(071)00:24~(080)01:36
(081)01:45~(090)03:59(091)04:12~(100)05:46

目次へ
関連記事






テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 輪姦 中出し 熟女



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://jeezlee.blog91.fc2.com/tb.php/256-63f8f4d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)