オナこもりの小説
熟女・巨乳多めな自作エロ小説を中心にシコシコ更新
最新記事

RSSリンクの表示

アダルト検索サイト

もっとエッチなページへイくためのリンク集。飛び立て! さらなるエロの世界へ!

このブログをリンクに追加する

テキスト系リンク

巡回サイト

ランキング

話題のグッズ

オナこもりの為に。

二次元PR

如月群真 常春荘へようこそ 由浦カズヤ ふたりよがり 草津てるにょ パコパコしちゃう ミル・フィーユ 覚えたて 木静謙二 こんなに優しくされたの みやびつづる 母の哭く家 十六夜清心 母姉W相姦 タカスギコウ ユメウツツ 黒木秀彦 37歳欲しがり妻 景山ロウ  若妻ほんとに好きなの 堀江耽閨 熟女ゲーム 巨乳人妻教師~恥辱の校内調教~ML 親戚の小母さん~離れの熟女、本家の後妻~ 息子の友達に犯されて 同人通販

エロ動画

ダイヤモンド映像 アトラス21 h.m.p クリスタル映像 ビッグモーカル TMA 宇宙企画 グレイズ MAX-A ワンズファクトリー 桃太郎映像出版 SODクリエイト Waap アイエナジー MAXING ドリームチケット シネマユニット・ガス BoinBB.com タカラ映像 プレステージ オフィスケイズ ドキドキVacation 冬月かえで、満足度満点新人ソープ DX
艶乳 北原多香子 ひなと子作り新婚生活 秋吉ひな 92cm&Hcupの爆乳女教師が優しく中出し授業 花美ひな 清楚な受付嬢のいやらしい営み 涼子 巨乳のサンプル動画が見放題! 彩名杏子の巨乳を味わえ!! アリスJAPAN専属女優 麻美ゆまの超高級ソープ! チ○ポがグングン伸びる 褒め淫語パイズリ 佐山愛 99cmIcup 青山菜々 制服の似合う美乳コレクション2 吉田絵理香ほか 乳フェチ感謝祭パイズリ凄抜きテクニック JULIA 本能剥き出し生中出しセックス 橘なお kira☆kira BEST 立花樹里亜スペシャル8時間-特別編- 熟女のサンプル動画が見放題! 屋根裏に棲む情欲 ~美人妻の淫猥な二重生活~ 樋口冴子 初撮りおばさんドキュメント 生稲さゆり 冴島かおりママの淫乱!卑猥な性活 デジタルモザイク匠 ごめんね、お母さんも女だったの… 中園貴代美 全裸系近親○姦 僕のママは裸族で癒し系。 荒木瞳

長い垂れ乳に包まれて… 黒沢那智 デジタルモザイク匠

カテゴリ

ユーザータグ

人妻 輪姦 中出し 巨乳 熟女 寝取り寝取られ 童貞 羞恥 アナル 女子アナ パイズリ CMNF 手コキ お掃除フェラ 口内射精 フェラチオ 二穴同時 三穴同時 顔射 露出 覗き 爆乳 強姦 オナニー 飲尿 青姦 浴尿 乱交 黒ギャル 痴女 イラマチオ 3P 潮吹き 顔ズリ 淫語 レズ カーセックス アイドル SM チンポビンタ ボディー洗い ソープ ぽっちゃり 和姦 スパンキング 顔コキ Wフェラ 駅弁ファック 母乳 Wフェラ 連続フェラ 放尿 アナル舐め お漏らし 玉舐め 言葉責め 痴漢 CFNM 女教師 若妻  寝取られ 中出し 巨乳 熟女 人妻

検索フォーム

全記事タイトル表示

◎表示する◎

過去に掲載された全ての記事のうち、そのタイトル部分だけが新着順に一覧表示されます。
ブログ全体の目次のようなものです。

プロフィール

ジーズリー

Author:ジーズリー
よろこばしっとよ~!

オナニー、それは生涯を賭けた孤独なあがき。



作者が思いついたエロ話を羅列して自分を慰めるブログです。下品な妄想と低俗な文章に股間で共感して頂けたら幸いです。

おまけ投票コーナー

もっとエロい動画

もっと赤裸々に見たいっ、という方向けのサービス。


その他PR


おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。



■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」
巨乳熟女が温泉宿で男達に……。

◆中編作品
「青き山、揺れる」
巨乳アナ祐子が相撲部屋で力士らと淫らな取り組みを……。
「師匠のお筆」
書道の師範父娘と、その弟子母子の交姦ストーリー。

短編作品
「大輪動会」  ▼「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「お昼寝おばさん」 ▼「上手くやりたい」  ▼「珍休さんと水あめ女」
「栗の花匂う人」  ▼「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」
「いたずらの入り口」 ▼「学食のおばさん便器」  ▼「山姥今様」
「おしっこ、ついてきて。」

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ

<おすすめサイト更新情報>

湯けむ輪(55) 00:04

子宝混浴
『湯けむ
~美肌効


こだからこんよく
ゆけむりん
びはだこうかん






――午前零時四分


一方、渡瀬や榊原は再び倫子をいじめにかかる。彼らにかかれば、彼女の一世一代の危機さえ戯れの材料なのだ。

「えらい急に慌てだしたもんや。身内の一人ぐらいバレたかて、もう今さら関係ないんとちゃうん」

そう話すのは渡瀬である。すっかり外道じみた彼は、いとも空恐ろしいことを簡単に言ってのけた。彼に言わせれば、例えば卓球部員らや薮塚のように、途中参加でもすんなりとこの輪に加われたのだから、その要領で一人増えたってどうってことないというのである。

すると、それをいさめてマスターが、

「いやあ、そうはいきませんよ。知り合いですからねえ」

と、口を挟めば、榊原も、

「そうやなあ。これから先の生活もあるからなあ」

と、マスターの発言に一定の理解を示す。もっとも、どう同情的なそぶりを見せようとも、当人の目の前で堂々と噂話をすることからして、それは一種の辱めにほかならなかった。現に榊原は、怪しげなる瞳を輝かしながら、鋭くも恐ろしげなことを言ってのけたものだ。

「あの慌てようからして、もしかしたら旦那さん本人という線もある……」

「なんやて! あれ旦那かいな?」

すかさず渡瀬が素っ頓狂な声を上げる。それは、倫子の驚愕を代弁するかのような大げさなものだった。

当の彼女は慌てふためいて、しかしそれを出来るだけ気取られぬようにと、がばっと上体を折って顔を伏せる。何しろ榊原が、油断のない眼でこちらを窺っているからである。

「まあ分からんけどな。あっちへ一緒に行ったかもしれんし」

彼はそう言いながらも、じっと倫子から視線を動かさない。

脇からは、渡瀬が顔を覗き込んできた。これではせっかく伏せている意味もなく、もはや表情を隠しおおせる自信もなかった彼女は、ギュッと瞼を閉じてかすかな抵抗を試みる。

「奥さん、あれ旦那なんか? え?」

渡瀬は親しみやすそうな笑顔を作って倫子の返事を誘った。

が、もちろん、これに唆される倫子ではない。聞こえない振りをして、口まで固く結ぶ。

折しも、藪塚の腰のグラインドは、いよいよピークに達する勢いであった。ほとんど椅子から尻を浮かせて、激しく腰を打ち付ける。それにつれ、カウンターの上のグラスやら何やらが、ガタガタと振動したほどだ。

倫子はとりあえずこの派手な運動に身を預けながら、ひそかに今後の方策を練ることになった。とはいえ、既に万策尽きた感のある中、あまつさえ挿入の常態化した彼女の体はふやけたようで、到底もう良い知恵など浮かびそうにないのである。

(逃げないと、とにかく……)

霞がかった視界と頭で、彼女は必死に決断を焦った。よろよろともがいて前に出ようとする。

すると、それと軌を一にして藪塚もまた前進を始めた。偶然にも連動した二人の動きである。これは、勢い余った藪塚が、さらに十全な腰振りを敢行すべく、自然な成り行きで倫子を押し出したからであった。

支えを失った彼女は、瞬間つんのめって倒れそうになる。が、藪塚が両の乳房をつかんだおかげで、辛くも転倒だけは免れた。しかし、不安定であることに違いはない。つま先立ちで、上半身屈曲してというのは。まるで、宙ぶらりんの感覚である。

その時思わぬ助けが現れた。否、お節介と呼ぶべきか。渡瀬が前方から彼女の手を握ったのである。もちろん、親切心などみじんもない。

「やっぱり旦那なんか? なあ。どやねんな」

ニヤニヤしながら彼は追及してくる。その表情の中には、そうであったらいいのに、という下劣な願望がありありと浮かんでいた。

その間も、藪塚はせっせと腰を叩きつけてくる。自ら腰を振り、同時に倫子の腰を引き寄せる。その連続だ。肌と肌がぶつかって、パンパンという音が響く。

倫子は前から後ろから一斉に攻められ、片やソファーの方は気になるしで、その心たるや千々に引き裂かれる思いだった。もうどの方面に軸足を置いていいかもわからず、頭は飽和状態となる。

そこへ榊原が声をかける。

「ああ、奥さん、そっち行ったら起こしてしまうんとちゃうか」

それは、倫子らがゆるゆると前の方へ進んでいき、結果ソファーとの距離を詰めることになったのを注意したものだった。

「いやいや、旦那さんのとこに行きたいんやで」

渡瀬はもはや決めつけて、勝手な解釈を施す。

他方、そう口々に揶揄されても、倫子にはもう訳が分からなくなっていた。この刹那、彼女はある種諦めていたと言ってもいい。なすすべもなく藪塚に押し出され、視界のぐるぐる回る中で地べたを歩く感触もなく、ただ無間の境を進みゆくだけだった。たとえその先に奈落が控えていようとも、その歩みを止めることはかなわなかった。

「奥さん、中に、中に出すよ!」

奈落の淵で、藪塚が吠える。背後から彼女を突き落とすべく。

パンパンいう音は話し声程も大きくなり、それと同時に行われている内容を確実に世人に知らしめた。すなわち、彼女の女穴と彼の男根の激しい摩擦であり、公然たる不倫的子作りである。

「言って、ほら、『中に出して』って、言って!」

興奮の絶頂で、彼の最後の要求は一気にエスカレートした。まるっきりアダルトビデオの男優さながらに、膣内射精を女の口から申し出させようというのだ。

「イ、イヤ……ッ!」

倫子は反射的に言っていた。何もかもに対する拒絶であった。

ところが、その意に反して、この時思いがけない出来事が起こった。それは一種奇跡的と言っても過言ではない巡り合わせであった。なんと倫子が言葉を発するより前に、倫子の言葉が伝えられたのである。

『な……アア……か、にぃ……イィ……な、中……ァハァ……だ……しぃ……ィヒィ……ッ!』

そう、それは、“女優”倫子のセリフであった。彼女が出演中の例のものは今なお絶賛放映中だったのであるが、これと現在の状況とが、偶然にもシンクロしたのだった。

これを受け、一瞬の間があった後、男どもは一斉に噴き出した。そして、

「すごいなあ!」

と、口々に言い合う。

それはちょうど、藪塚が精液を発射するのと同じ時であった。彼は皆が談笑する中で、フィニッシュを迎えていたのである。

「ハア~……」

気持ち良さそうに息を吐きながら、肉茎から精を続々と送り込む。

その感触は当然に倫子にも伝わっていた。

「ああぁ……」

藪塚とは別種のため息を吐く。きつく結んでいた口はいつしか半開きとなり、瞼もうっすらと開いていた。その表情は、今までになく切なげである。これまで信じられない量の子種汁を注ぎ込まれてきたが、今の一回は特別現実的な衝撃を受けるものだった。

薄眼で、前方を窺う。そこには相変わらず背中を向けて熟睡する男の姿。倫子はその後頭部に向かい、心ひそかに呟いた。

(あなた……許して……)

刹那、彼女はまた天上に昇り返っていった。


<つづく>



(001)19:53~(010)20:15(011)20:18~(020)20:44
(021)20:47~(030)21:07(031)21:09~(040)22:03
(041)22:22~(050)23:53(051)23:54~(060)00:20
(061)00:24~(070)00:50(071)00:24~(080)01:36
(081)01:45~(090)03:59(091)04:12~(100)05:46

目次へ
関連記事






テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 人妻 中出し 羞恥 寝取り寝取られ



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://jeezlee.blog91.fc2.com/tb.php/218-4a9eb415
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)