オナこもりの小説
熟女・巨乳多めな自作エロ小説を中心にシコシコ更新
最新記事

RSSリンクの表示

アダルト検索サイト

どスケベな方向けのお役立ち検索サイト。

このブログをリンクに追加する

テキスト系リンク

巡回サイト

ランキング

話題のグッズ

オナこもりの為に。

二次元PR

如月群真 常春荘へようこそ 由浦カズヤ ふたりよがり 草津てるにょ パコパコしちゃう ミル・フィーユ 覚えたて 木静謙二 こんなに優しくされたの みやびつづる 母の哭く家 十六夜清心 母姉W相姦 タカスギコウ ユメウツツ 黒木秀彦 37歳欲しがり妻 景山ロウ  若妻ほんとに好きなの 堀江耽閨 熟女ゲーム 巨乳人妻教師~恥辱の校内調教~ML 親戚の小母さん~離れの熟女、本家の後妻~ 息子の友達に犯されて 同人通販

エロ動画

ダイヤモンド映像 アトラス21 h.m.p クリスタル映像 ビッグモーカル TMA 宇宙企画 グレイズ MAX-A ワンズファクトリー 桃太郎映像出版 SODクリエイト Waap アイエナジー MAXING ドリームチケット シネマユニット・ガス BoinBB.com タカラ映像 プレステージ オフィスケイズ ドキドキVacation 冬月かえで、満足度満点新人ソープ DX
清楚な受付嬢のいやらしい営み 涼子 艶乳 北原多香子 アリスJAPAN30周年記念 「フラッシュパラダイス」から「逆ソープ天国」 まで歴代人気シリーズに全部出ちゃいまスペシャル!! 辰巳ゆい
ひなと子作り新婚生活 秋吉ひな 92cm&Hcupの爆乳女教師が優しく中出し授業 花美ひな 巨乳のサンプル動画が見放題! 彩名杏子の巨乳を味わえ!! アリスJAPAN専属女優 麻美ゆまの超高級ソープ! チ○ポがグングン伸びる 褒め淫語パイズリ 佐山愛 99cmIcup 青山菜々 制服の似合う美乳コレクション2 吉田絵理香ほか ノーカット 星ありす 乳フェチ感謝祭パイズリ凄抜きテクニック JULIA 本能剥き出し生中出しセックス 橘なお kira☆kira BEST 立花樹里亜スペシャル8時間-特別編- 彼女のお母さんは巨乳と中出しOKで僕を誘惑 吹石れな
熟女のサンプル動画が見放題! 屋根裏に棲む情欲 ~美人妻の淫猥な二重生活~ 樋口冴子 初撮りおばさんドキュメント 生稲さゆり 冴島かおりママの淫乱!卑猥な性活 デジタルモザイク匠 ごめんね、お母さんも女だったの… 中園貴代美 全裸系近親○姦 僕のママは裸族で癒し系。 荒木瞳

長い垂れ乳に包まれて… 黒沢那智 デジタルモザイク匠

カテゴリ

ユーザータグ

人妻 輪姦 中出し 巨乳 熟女 寝取り寝取られ 羞恥 アナル 童貞 女子アナ パイズリ CMNF 手コキ 三穴同時 お掃除フェラ 口内射精 フェラチオ 二穴同時 露出 顔射 覗き 爆乳 強姦 オナニー 青姦 飲尿 乱交 痴女 浴尿 黒ギャル 3P イラマチオ 顔ズリ レズ 潮吹き カーセックス 淫語 お漏らし 放尿 SM アイドル Wフェラ スパンキング 母乳 和姦 ぽっちゃり ボディー洗い 顔コキ 駅弁ファック チンポビンタ ソープ Wフェラ 玉舐め 連続フェラ アナル舐め 言葉責め 痴漢 女教師 CFNM 若妻  寝取られ 中出し 巨乳 熟女 人妻

検索フォーム

全記事タイトル表示

◎表示する◎

過去に掲載された全ての記事のうち、そのタイトル部分だけが新着順に一覧表示されます。
ブログ全体の目次のようなものです。

プロフィール

ジーズリー

Author:ジーズリー
よろこばしっとよ~!

オナニー、それは生涯を賭けた孤独なあがき。



作者が思いついたエロ話を羅列して自分を慰めるブログです。下品な妄想と低俗な文章に股間で共感して頂けたら幸いです。

おまけ投票コーナー

もっとエロい動画

もっと赤裸々に見たいっ、という方向けのサービス。

その他PR


おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



<おすすめサイト更新情報>

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。

■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」

◆中編作品
「青き山、揺れる」 ▼「師匠のお筆」
「大輪動会」(連載中)

短編作品
「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「お昼寝おばさん」 ▼「上手くやりたい」  ▼「珍休さんと水あめ女」
「栗の花匂う人」  ▼「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」
「いたずらの入り口」 ▼「学食のおばさん便器」  ▼「山姥今様」
「おしっこ、ついてきて。」

ママの枕 ~ステージ12~


 その日は間もなく訪れた。いつものように母とスタジオ入りしたコウ。先日の約束を期待し、母と繋いだ手にも力がこもる。一方、母はというと、平生と何ら変わらぬ態で、これからするであろうことにも別段思い入れはないようである。

 一体どんなことをするのか、コウはワクワクしながら母と別れ、タイガの指示通りの場所へ先回りすると、そこの物陰にこっそりと身をひそめた。大道具・小道具が折り重なったその一角は人通りも絶え、また薄暗い。幼い者には大変心細かったが、真実を知りたい彼は頑張ってかくれんぼに耐えた。

 どれ位待ったろう。先程の母の態度を思い出すにつけ、本当にこれからそれが行われるのかどうかを疑い出した頃、ようやっと件の二人がやって来た。コウの緊張が一気に高まる。

「早く済ませてちょうだい……」

ミナミが言った。それは紛れもなくコウの母親だった。彼女は言うが早いか、ブラウスのボタンを外し始めた。

 それを見たコウは、途端に胸騒ぎを感じだした。なぜかは分からないが、心臓の鼓動が早くなって、急に恐ろしくなってきたのだ。

 そんな息子の前で、母はみるみる服を脱いでいった。たちまちの内に、豊満な胸まで露わになる。さらにタイガの指示で、下半身の被服まで瞬く間に脱ぎ去った。

 他方のタイガはタイガで、自分も下半身を露出していた。但し彼の方はズボンとパンツを足元まで下ろしただけで、ほかの服は脱がない。

「じゃあ、しゃぶってよ」

タイガが言った。その時、確かにコウと目が合った。そして彼はニヤリとした。

 途端にコウは背筋に寒いものが走った気がして、視線を脇へ逸らした。ちょうどミナミが行動を起こし、そちらに気を取られた為もある。母はタイガの足元にしゃがみ込んだ。そこから先の行為は、息子の想像を遥かに超えたものだった。

「あっ……!」

コウは息を飲んだ。母がタイガの“おちんちん”を食べ始めたのである。彼はギクリとして固まった。訳が分からなかった。

 そんな彼を尻目に、タイガは気持ちよさそうである。

「相変わらずフェラ上手いね、おばさん。ひょっとしてこのままイかせるつもり?」

少年は笑いながら、後輩の母の頭を撫でる。自分の母親と同い年の女だ。そして、勝ち誇ったように彼女の息子を見やる。

 コウは益々困惑し、タイガとミナミをせわしなく交互に見比べながら、この先の成り行きをただ見守ることしかできなかった。果たして見て良かったのだろうかという思いが、この時生まれた。覗きという行為が、名状出来ない背徳感を助長したものだ。

 ミナミは左手を地につき、それで己の体を支えながら、右手で少年のペニスを持ち上げ、それをひたすら舐めしゃぶる。背の低い相手のこと故、正座の姿勢からさらに腰を折って前屈みになり、髪をぐしゃぐしゃにされながら実にみっともない格好だ。

 タイガのペニスは最初しぼんでいたものが、急速に立ち上がって大きくなっていった。赤黒いそれは、ミナミの唾液によって全身を照り輝かせている。その存在感は薄暗い中でも強烈な印象を放っていた。

 コウは、自分のペニスも硬くなることを知ってはいる。だが何故だか、タイガのそれとは随分違う気がした。そしてもっと言えば、どうして硬くなったのか、また母が何をしているのかに至っては全く理解できなかった。

 さらにミナミは、陰茎にぶら下がった玉袋へと唇を移動させる。その際は主の指令によって右手を離し、口だけでの奉仕を強いられた。すると自然、勃起が顔に乗っかる形となる。

「いい眺め。おばさん、今日も顔エロいよ」

タイガのにやけた表情の下、勃起を鼻に乗せたミナミは、睾丸を舐め、あるいは吸う。時には主の方を見上げる。

「こっち見ながらしゃぶって」

と、彼に求められるからだ。それに絶対逆らわないミナミである。さらに所望は続く。

「じゃ、今度は挟んでよ」

それによって、ミナミは両の乳房を抱え上げた。そして、その見事な量の脂肪球で、すっかりとタイガの陰部を覆い尽くした。

 この目まぐるしい未知の展開を、コウはまんじりともせずに見つめ続けた。とにかくこれが“セックス”というものなんだ、今はただそう片付けるしかない。どうやら“おちんちん”と“おっぱい”がセックスには必要らしく、また“エロい”状態が関係するらしい。少しずつこれまで聞いた単語が線で繋がってはいく。

 それにしても、どうして自分にはしてくれなかったんだろう。コウはふと思った。一緒に風呂に入っても、タイガみたいに舐められたり、胸で挟まれたりしたことがない。その時、ふいにタイガの言葉が思い出された。

『セックスしたことない奴のことだよ』

「そっか……」

ここにきて、コウは肌で理解した。これをする意義はいまだに分からない。しかし、自分は間違いなく“童貞”ではあると。そう実感すると同時に、激しい落胆と、そしてまた嫉妬を感じ始めた。タイガに、且つはまた、ミナミにもだ。

 彼の知らない光景は続く。タイガはミナミを四つん這いにさせると、彼女の恥部を息子の方へと向けさせたのだ。おかげでコウからは、我が母の陰唇が丸見えになった。そこが己の生れ出てきた穴だとは、まだ知らない。

「なんだよ、おばさん。やっぱりもう濡れてるじゃん」

タイガはゲラゲラ笑いながら、今やもうあからさまに見物人の方を見ながら、彼によく見えるように陰門を大きく広げてみせた。縮れ毛に縁取られた肉は、サーモンピンクの具を潤わせ、見物の凝視に耐えている。

 コウは初めて知った。そこに穴があって、そしてそれがそんなに広がるなんて。さらに度肝を抜かれることが起きた。タイガがその中へ、指を、ひいては拳までねじ込んだのだ。

「あ~あ、おばさんのマンコ、ガバガバだから、手が全部入っちゃったよ」

その言葉通り、ミナミの膣には少年の手がすっぽりと隠れ、まるでそこから腕が生えているような状態になった。

「マンコ……ガバガバ……」

実体験によって、少しずつ知識を会得していくコウ。だがどうしてか素直に喜べない。むしろ喪失感こそ強くなる。今思えば、事前にタイガが、

『いいんだな?』

と、念押ししたのも肯ける。今のこの刺激的な不安感は、後悔と呼んで差し支えないものかもしれなかった。

 そんな幼子の懊悩をよそに、母親は次第に女の顔で喘ぎ始める。

「ヒャッ、ア、アア、アアアァァー……ッ!」

タイガに膣をかき回され、淫汁を撒き散らして。

 コウは震えた、見たことのない顔、聞いたことのない声に接して。彼女は本当に自分の母親だろうか。いつも厳しく自分を叱り、また時には抱きしめてくれる優しい母なのだろうか。もはや彼は根本的なことさえ疑い出した。その境地に至りなば、恐怖はピークに達し、じんわりと涙がにじみ出た。

 片や、母の方も別なピークを迎えていた。

「イッ、アッ、ンンンー……ッ!」

女の鳴き声を発するや、ブルブルと尻肉を震わし、瞬間、手を滑らせてその場に伸びた。

「なに、もうイッたのかよ、おばさん」

タイガは笑いつつ、ちょっと緩めた手を、またすぐに容赦なく動かしだした。

 堪りかねて、ミナミがストップをかける。

「も、アッ! もも、もういいから……早く、シ、シなさい、よ」

「あ? うるせえ」

タイガは構わずにかき回す。と、そこからジャージャーと小水が漏れた。コウは言葉を失って、母の失禁を見守った。

「は、早く、もう戻らないと……ねえ、早く終わらせて」

恥をさらしきったミナミは、気だるそうに言った。

「どうせ、スることスるんでしょ? だったら早く」

「早くなんだよ。入れてほしいのかよ、おばさん」

タイガは彼女の口元へペニスを持って行った。すると、ミナミは黙ってそれを頬張った。

「欲しいんだったら欲しいって言いなよ、“チンポ欲しい”って」

「……うるさいわね。入れたいんだったら、とっとと入れなさいよ」

どこまでも平行線な議論に、タイガは別の手を講じた。

「あっそ。別にオレいいわ。代わりにさ、コウの奴呼んできて入れさせようか」

それを聞き、縮み上がったのはコウだ。変な昂揚感が胸に迫ってきて、これ以上ない位に心臓の拍動が速まる。覚悟も何もなかったが、唐突に今から童貞でなくなるかもしれないのだ。タイガと同じように、母と、セックスを!

 が、彼の心は母の言葉によって一瞬で凍りつかせられた。

「嫌よ! やめて!」

「え……」

この時、コウの全てが止まった。それこそ、心臓すら止まったように感じた。彼は自分が母に拒絶されたと思ったのである。

 ミナミは実際に立ちあがってみせるタイガの足にすがって、彼を制止した。

「チンポ入れて。ねえ、チンポ欲しい!」

彼女は必死だった。それを受け、タイガも思い直し、

「分かってんじゃん」

と薄ら笑いを浮かべて言い放つと、ミナミの尻の方へ回り、コウから見えるようにと気を遣いながら、彼女の淫肉を再びよく広げた。

 暗澹たる気持ちに沈むコウ。彼の目に、また驚くべき光景が飛び込んできた。これ以上ないと思っていたところへ、まだ新鮮な驚きがあったのである。

 彼は見た、母の割れ目に“おちんちん”が入っていくのを。

「え……!」

そこにそれが入るなんて、あまりに突飛なことで、もはや付いていけなかった。彼の脳みそはもうとっくに飽和状態だ。

 タイガはその小柄さ故、相手の巨大な尻に乗っかかって腰を振る。まるで小兵力士の相撲を見ているようである。敵との体格差は歴然だ。ところがどうだ、弱っているのはむしろ大きな方で、

「……ア、ア、アッ!」

と、次第にまた喘ぎ始めたのである。若くして戦上手な少年は、硬化した肉棒で彼女のスイートスポットを絶妙にほじくるのだ。

 これには、たとえ彼の三倍以上生きているメスとて脱帽である。彼をオスと認め、性悦に浸るを得ない。心を置き去りにしても、体が悦んでしまうのだ。折しも、既に高潮した肉体である。

「イッ、イ、ヒィ……オオォー……ッ!」

「ハハ、またイくんだ。おばさん、すぐイくね」

男は得意気に笑った。そしてまた、意地悪く言った。

「こんなにエロかったらさ、コウのチンポでも興奮するでしょ? 実は家でヤッてたりして」

再び耳をそばだてるコウ。そこへ、ミナミがダメを押した。

「バ、バカなこと言わないで。するわけないでしょ」

 これでコウは確信した、自分は母とセックスできないのだと。彼は寂しさのあまり涙を流した。もう嫉妬すらも薄らいできた。生まれて初めて知った孤独。

 彼の前で、仲の良い両人はそろそろ共同作業に締めを迎えようとしていた。

中出しするよ」

そう言うと、タイガはにわかにブルブル痙攣し、一層強くミナミにしがみついた。今、息子の眼前で、母は父以外の男の精子を注ぎ込まれていた。

 終わると、白濁した陰茎を、タイガはまたミナミにしゃぶらせた。相変わらず従順な彼女。その膣内から、白い汁がスーッと滴り落ちた。

 コウは膝を抱いて固まったまま動けなかった。と、そこへ別の方面から事件が訪れた。それも一度に二つだ。

「おお、遅かったじゃん、ヌマちゃん」

と、タイガが呼びかける方から一人のむさくるしい男が現れた。知らない大人の登場に驚かされたのは、どうやらコウだけらしい。タイガも、いやミナミすらも見知っているようだ。

 これが衝撃の一つ目。そして、二つ目はコウの背後からやって来た。

「よっ! 何してんの?」

小声でささやく男の声。コウが危うく声を出しそうにするのを、その端正な口元に人差し指を添えて止める。

「シー!」

どうやら積み上げられた機材の下をほふく前進でくぐり抜けてきたらしい。それなん、ジンであった。


〈つづく〉


world200*40







テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 寝取り寝取られ 童貞 中出し 覗き フェラチオ 玉舐め 潮吹き



ママの枕 ~ステージ11~


〈登場人物紹介〉




「お前まだ童貞だろ」

それがタイガに話しかけられた最初の言葉だった。彼と共演するドラマの撮影現場にて、二人っきりになった折のことだ。

「ドーテイ?」

コウは意味が分からずに目をパチクリさせた。これまでの仕事現場とは格段にスケールの違うスタッフの数、緊張感。そういったものに囲まれて、硬くなっていた時だった。

 そんな新参者を値踏みするかのように、タイガは冷めた目を向ける。

「悪りぃ、当然だよな」

コウの返答を聞いて形式的に笑いはしたが、彼の態度はあくまで高圧的だった。己の居る高みへ這い上がろうとする者へ、決して心を許しはしないとばかりに。その態度は、高学年生が未就学児へ対するものではなく、むしろ同業ライバルに対するそれだった。

 続いて彼の矛先は、ミナミへと移る。

「あれさ、あのおっぱいのデカい人、あれ、お前のママ?」

「う、うん」

コウは、“おっぱい”と言われて妙な気恥ずかしさを覚えながら肯いた。

 その母親がプロデューサーらと談笑するのを見ながら、タイガは、

「フーン、なるほどね……そういうことか……」

と、曰くありげに呟く。

 コウは、なんとなくこの年長者に恐れを抱いた。ただ、今回の仕事について母親から、その大きさ、大切さを散々聞かされてきた中で、とりわけ念入りに指図されたことがあった。それは、“タイガと友達になるように”ということだ。息子にとり、母の指令は絶対である。

 彼はタイガの横顔へおずおずと尋ねた。

「ねえ……ドーテイって何?」

「あ? セックスしたことない奴のことだよ」

タイガは、いかにも面倒くさそうに答えた。その剣呑な態度に恐れをなし、コウはセックスの意味まで質すことが出来なかった。

「あ、そうだ」

立ち去り際にタイガが言った。

「一応聞いとくけどさ、お前のママとセックスしていい?」

コウは意味が分からないながらも、とにかくブンブンと夢中で肯いてみせた。すると、この時ばかりはタイガも心からの大笑いを見せて、

「マジで? ……ま、ダメって言われても落とすけどさ」

と、嬉しそうに去って行った。

――次の収録の時、またタイガがコウへ話しかけてきた。

「よお、童貞

 この日の彼は機嫌が良さそうだった。そこでコウの方から先日の続きを切り出してみた。

「タイガ君、セックスしたの? ぼくのママと」

「お?」

タイガは先方から思いがけず言いだされ、一瞬面食らった様子だったが、相手が相変わらず無邪気なのを知って、今度はニヤニヤと満面の笑みを浮かべながら身を乗り出してきた。

「ああ、したよ。お前のママとセックスした。お前のママ、チョーよかったぜ。マジエロかったわ」

“エロ”という聞き慣れない言葉がまた出てきたが、なんとなく褒められているらしいことは分かり、コウはひとまず安心した。

 タイガは続ける。

「フェラも慣れてるしさ、さすが人妻って感じ? ていうか、枕でやりまくってるおかげかな」

続々と知らない単語が出てくる。コウは、それらを流暢に使いこなす先輩を見て、その大人っぽさに憧れを抱いた。

 それにしても、“セックス”の実体は相変わらずつかめない。それからというもの会う度ごとにそれについての話を聞かされて、おかげで二人の距離は縮まったが、タイガの話からは、結局どういうことをするものなのか、具体的にイメージすることができなかった。

 タイガもタイガで、コウが頭を悩ませている様子を面白がり、あえて順序立てて説明しようとはしてくれない。むしろ彼にとっては、一種のゲームのような感覚なのである。

「オマンコだよ、オ・マ・ン・コ。言ってみな」

「オマンコ?」

「そうそう、お前のママとオマンコしてるの」

「ママとオマンコ?」

首をかしげるコウを見て、タイガはゲラゲラ笑う。事情を知らない大人達には、子供同士ただただ仲良く遊んでいるようにしか見えなかった。

「まあ、マンコはゆるゆるだけどな。枕のやり過ぎなんだよ」

「ゆるゆる? マクラ?」

「ああ、お前のママ、ヤリマンだからガバマンなんだよ」

「ぼくのママ、ヤリマンで……ガバマン?」

コウの無知さ加減に、タイガはもはや笑いが止まらない。

「そうそう、多分その辺の男みんなにオマンコさせてるから」

 タイガの言い分によれば、知らないのはほとんど自分だけなのではないかという気になる。コウは少なからず焦りを覚えた。それでなくても、母とタイガが自分の知らない所で度々逢っているということに嫉妬を感じだした矢先だ。初めの頃こそ二人が仲良くなったことを喜びもしたが、除け者にされているようで段々と面白くなくなってきた。

 その上、

「ああ気持ちよかった。今ママに中出ししてきたぜ。お前のママエロいからさ、アヘ顔で“イく~イく~”ってオレにしがみついてさ、中出しされてイきまくってたぜ」

などと事後報告を聞かされ、一方で母からは何も聞かされず、素っ気ないとさえ取れる態度を見せられては、なおさらである。

「ねえねえ、なんなの? オマンコって何? マクラってなんなの?」

大分打ち解けて、近頃では兄に対するように甘えながらコウが迫っても、今一つ納得のいく説明はなく、返って問題は混迷を深めるばかり。

「ガバマンだけどさ、乳はいいんだよな。オレも色んな母親とヤッたけど、あのパイズリは中々……」

益々調子に乗って、年長者の揶揄は続く。

 だが、さすがにそれが繰り返されていくと、幼い者の心にもおぼろげながら感じるものが出来始めた。というのも、“おっぱい”とか、時には“ちんちん”などという単語が紛れ込みだしたからだ。コウは、まだ何かはっきりとはしないながらも、ただなんとなく胸騒ぎを覚えるようになった。

 それで次第に遊びではなく真面目に食い下がるようになった。そのしつこさが面倒になったタイガは、逆に尋ねた。

「ていうかさ、お前ネットとか見ないの?」

「うん、ママが見ちゃダメって」

それを聞いて、タイガは呆れた。自分ならインターネット検索でとっくに答えを出している所だからだ。仕方なしに質問を変える。

「ほかのヤツに聞かねえのかよ」

「え? なんで?」

コウは目を丸くした。今まで思いつかないことだった。タイガと二人だけのやり取りの中で、自然と彼から答えを貰うのが当然だと思い込んでいたのである。

 ヒントを貰ったコウは、早速ヒサキの所へ向かった。

「ねえ、オマンコって何?」

 突然のことに、ヒサキはギョッとした。コウはそれと気づかずに詳しく語り出す。

「あのね、タイガ君がね、ママと……」

 すると、後ろから駆けてきたタイガが、それを途中で遮った。

「ちょ、待てって。やっぱ教えてやる」

 彼は元の場所へコウを連れて戻ると、こんな提案をした。

「見てみるか? オレらのセックス」

「ほんと?」

コウは目をキラキラさせて身を乗り出す。

「ああ……」

タイガはニヤリと口の端を上げて、

「今度さ、オレの友達と二人でお前のママ、マワすから、それ見に来いよ」

と、約束の日を伝えた。だが、その日は平日で、コウは生憎幼稚園に行っている。

「なんだよ、お前、幼稚園なんか行ってんのかよ」

タイガは舌打ちした。バカにされたようで、しゅんとなるコウ。だが、次の案が出て、また一気に元気を取り戻した。

「分かったよ、どうせ次の撮影の時にまたヤるから、その時に見せてやるよ」

「ほんと? やった!」

コウは小躍りして喜んだ、自分の母親による“セックス”なるものが見られることを。その様子を見て、タイガは念を押した。

「マジで見たいんだよな? いいんだな?」

 コウにもちろん否やはない。大きく肯いて満面の笑みだ。その反応を見ると、こちらは逆にあえて笑うことなく、タイガはこう付け加えた。

「あと、このことはオレら二人だけの秘密な。誰にも言うなよ。ママにも」

 コウは、嬉しそうに二回肯き返した。


〈つづく〉


world200*40







テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 童貞 寝取り寝取られ