オナこもりの小説
熟女・巨乳多めな自作エロ小説を中心にシコシコ更新
最新記事

RSSリンクの表示

アダルト検索サイト

どスケベな方向けのお役立ち検索サイト。

このブログをリンクに追加する

テキスト系リンク

巡回サイト

ランキング

話題のグッズ

オナこもりの為に。

二次元PR

如月群真 常春荘へようこそ 由浦カズヤ ふたりよがり 草津てるにょ パコパコしちゃう ミル・フィーユ 覚えたて 木静謙二 こんなに優しくされたの みやびつづる 母の哭く家 十六夜清心 母姉W相姦 タカスギコウ ユメウツツ 黒木秀彦 37歳欲しがり妻 景山ロウ  若妻ほんとに好きなの 堀江耽閨 熟女ゲーム 巨乳人妻教師~恥辱の校内調教~ML 親戚の小母さん~離れの熟女、本家の後妻~ 息子の友達に犯されて 同人通販

エロ動画

ダイヤモンド映像 アトラス21 h.m.p クリスタル映像 ビッグモーカル TMA 宇宙企画 グレイズ MAX-A ワンズファクトリー 桃太郎映像出版 SODクリエイト Waap アイエナジー MAXING ドリームチケット シネマユニット・ガス BoinBB.com タカラ映像 プレステージ オフィスケイズ ドキドキVacation 冬月かえで、満足度満点新人ソープ DX
清楚な受付嬢のいやらしい営み 涼子 艶乳 北原多香子 アリスJAPAN30周年記念 「フラッシュパラダイス」から「逆ソープ天国」 まで歴代人気シリーズに全部出ちゃいまスペシャル!! 辰巳ゆい
ひなと子作り新婚生活 秋吉ひな 92cm&Hcupの爆乳女教師が優しく中出し授業 花美ひな 巨乳のサンプル動画が見放題! 彩名杏子の巨乳を味わえ!! アリスJAPAN専属女優 麻美ゆまの超高級ソープ! チ○ポがグングン伸びる 褒め淫語パイズリ 佐山愛 99cmIcup 青山菜々 制服の似合う美乳コレクション2 吉田絵理香ほか ノーカット 星ありす 乳フェチ感謝祭パイズリ凄抜きテクニック JULIA 本能剥き出し生中出しセックス 橘なお kira☆kira BEST 立花樹里亜スペシャル8時間-特別編- 彼女のお母さんは巨乳と中出しOKで僕を誘惑 吹石れな
熟女のサンプル動画が見放題! 屋根裏に棲む情欲 ~美人妻の淫猥な二重生活~ 樋口冴子 初撮りおばさんドキュメント 生稲さゆり 冴島かおりママの淫乱!卑猥な性活 デジタルモザイク匠 ごめんね、お母さんも女だったの… 中園貴代美 全裸系近親○姦 僕のママは裸族で癒し系。 荒木瞳

長い垂れ乳に包まれて… 黒沢那智 デジタルモザイク匠

カテゴリ

ユーザータグ

人妻 輪姦 中出し 巨乳 熟女 寝取り寝取られ 羞恥 アナル 童貞 女子アナ パイズリ CMNF 手コキ お掃除フェラ フェラチオ 口内射精 三穴同時 二穴同時 露出 顔射 覗き 爆乳 強姦 オナニー 青姦 飲尿 乱交 痴女 浴尿 黒ギャル 3P イラマチオ 顔ズリ レズ 潮吹き カーセックス 淫語 お漏らし 放尿 SM アイドル Wフェラ スパンキング 母乳 和姦 ぽっちゃり ボディー洗い 顔コキ 駅弁ファック チンポビンタ ソープ Wフェラ 玉舐め 連続フェラ アナル舐め 言葉責め 痴漢 女教師 CFNM 若妻  寝取られ 中出し 巨乳 熟女 人妻

検索フォーム

全記事タイトル表示

◎表示する◎

過去に掲載された全ての記事のうち、そのタイトル部分だけが新着順に一覧表示されます。
ブログ全体の目次のようなものです。

プロフィール

ジーズリー

Author:ジーズリー
よろこばしっとよ~!

オナニー、それは生涯を賭けた孤独なあがき。



作者が思いついたエロ話を羅列して自分を慰めるブログです。下品な妄想と低俗な文章に股間で共感して頂けたら幸いです。

おまけ投票コーナー

もっとエロい動画

もっと赤裸々に見たいっ、という方向けのサービス。

その他PR


おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



<おすすめサイト更新情報>

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。

■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」

◆中編作品
「青き山、揺れる」 ▼「師匠のお筆」
「大輪動会」(連載中)

短編作品
「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「お昼寝おばさん」 ▼「上手くやりたい」  ▼「珍休さんと水あめ女」
「栗の花匂う人」  ▼「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」
「いたずらの入り口」 ▼「学食のおばさん便器」  ▼「山姥今様」
「おしっこ、ついてきて。」

ブラック&ワイフ(9)背信

ロクンは精勤に大学へ通った。以前と同様、表面上真面目な彼である。人妻を犯しておいて何が真面目なものか、と世間からは批判も浴びようが、大学に通うのも当然の事、女を犯すのもまた当前の事、彼にとっては全て生活の一部、同列のものなのだ。

その意味で、彼の生活態度は極めて真面目だった。規則正しく任務をこなす。昼からの講義であれば朝から、午前だけの講義であれば昼から、講義のない日は朝から夕方まで、すなわち交尾に勤しむ。

朝のときは、玄関からだ。息子を送り出してすぐに始まる。

「やめ……」

陽子も一応抗いはするが、今や形ばかり。玄関の戸が閉まるや否や、もう彼を胎内に迎え入れていた。そこは今やロクンの居室。彼好みの型にしつらえられた部屋である。

「アグワッ、ウグッ、ワグゥッ……!」

玄関マットの上に抑え込まれて、いつものように求められる。講義の無い日は、そのまま夕方まで。這って行って逃げ出しても、事に及ぶ場所が変わるだけだ。そうして身も世もなくイかされ、惨めにも発情しきっては疲労困憊の日々である。

そこからあえて脱出しようとしない陽子。何しろ几帳面な学生ロクンのことであるから、週の予定は把握しやすい。であれば、それを見越して外出することも可能だ。現に、陽子は事前に分かっている、「今日は一限から」「明日は午後から」などと。

昼からのときは、午前中にシャワーを浴びたりなどする。そうしてさりげなくスカートを履く。これまではあまり履かなかった彼女だ。それでいて無愛想に扉を開ける。ロクンが帰ってきても、別段期待していたわけではないのだと。

「アアッ! ハグァッ……!」

結果はいつも通り。良くも悪くも期待は裏切られない。午後のひと時を、彼と股をこすり合わせて過ごすのが日課だ。

そうしてその後で、二人で静志を迎えに行ったこともあった。

「まあ、この人が留学生?」

保育士や母親達が口々にロクンを見て言った。いずれも物珍しげにしげしげと彼を眺める。陽子はそれらに一種の優越感を感じながら、それと分からぬほど微かに上気した表情を浮かべて相対した。

「ロッくん!」

相変わらず静志はロクン大好きである。保育士達の耳にも彼から留学生の噂は広まっているらしい。

陽子は二人の手を取り、優々と家路についた。息子と、そしてもはやただの留学生とは呼べぬ男と。子宮からこぼれた彼の真新しい温もりが、ひょっとしたら息子に伝わっているかもしれない。それでも満足だ。陽子は母親である前に、女だった。

男は強い。強いから男だ。女はそれに従うことで幸せを覚える。従わなければならないのではない。いずれ自ら選び取るのである。

ロクンは強かった。やがて、そのことが決定的となる一事が起きた。

「近頃随分仲良くなったじゃないか」

夫にそう何気なく指摘され、陽子ははっとした。彼女の生活は、いまだ規律社会のただ中にあるのだ。規律の第一は、"夫"である。

彼女はその夜、夫に抱かれた。

「久しぶりだね」

そんなことを言いながら、彼は喜んで陽子の体を愛でた。さすがの彼女も申し訳ない気になった。

夫は、キスから始め、首筋、胸、腰と口づけしていき、とにかく丁寧の一語に尽きる愛撫を繰り広げた。誰かとは真逆のやり方である。長いことされていなかったので、陽子にはこれが"前戯"というものだと理解するのに時間が掛かったほどだ。と同時に、まるで他人と交わっているような不自然さを感じた。

それが何故なのか、しばらくの間彼女には分からなかった。どちらが自分を愛しているかなんて自明のはずなのに、なんだろう、この違和感は、とばかり。

彼の行為には一々理由があり、いずれも理に適った"段取り"である。極めて理性的で、これぞ人間の性交。すなわち繁殖の為ばかりでない、愛を確認するための行為と言えた。

夫はやがて、股間へと移行した。彼女はまたはっとしたが、時既に遅し。彼はクンニリングスを開始した。ここしばらくの内にすっかり他のオスによって改造され、仕込まれ尽くした産道なのに、彼は何ら頓着せずにそこに口を付けた。

「(何? この感じ……)」

ひと度生じた違和感は収まらない。

実は今朝がたもロクンと一戦交えていた。それはまだ朝食も前にした寝起き様、便所に立った時だ。パジャマを下着ごとズリ下ろされ、そのまま犯られた。今日はそれだけで終わり、ロクンは一日大学へ。陽子もその後身綺麗にして、今夜に臨んでいるわけである。

とはいえ、伴侶の変わり果てた姿だ。夫はなぜ気づかないのか。あるいは、実際妻や夫の股間の具合など、見た目で判別つかないものかもしれない。立場を置き換えて考えてみると確かにそうだ。陽子は自分の不敵さを棚に上げて、冷めた気持ちで考えた。

そしてまた、この行為の不自然さに思いを馳せる。相手がこの一連の前戯を、本当にやりたくてやっていることなのか、それが分からない。もしやりたくないことだとすれば、なぜするのか。この文明的テクニックは、一体誰に対する義務なのだろうか。

ただ唯一彼から望んできた行為といえば、フェラチオである。これはロクンが望まなかったことでありながら、男性本位の行動であった。

もっとも、陽子はそれに応じなかった。

「ちょっと、おトイレ」

などと愛の営みにおいて禁句ともいうべき無粋な言葉を発し、そっけなくベッドを後にしたからである。彼女の中の違和感は、規律に直面してなお、偽り隠せないほどになっていたのだ。

彼女が部屋を出ると、奇しくもその時、ロクンが帰宅した。夜中の帰宅など以前にはなかったことだが、近頃ようやくこっちでも交友の幅が広がった彼なのだ。

出会いがしらで始まる交尾。全く彼の繁殖力は疲れを知らない。今からすれば、ここへ来た当初何もしなかった時期は、獲物を狙い澄ましていたわけである。一撃必中の構えを取って。

事が勃発して間もなく、静志が物音で起きてきた。相変わらずロクンを見て喜ぶ。だが彼はメスから合体を解かない。となると、当然に陽子も彼と密着したままだ。その際、後背位であったのは不幸中の幸いであった。

「電車ごっこ?」

自分を先頭に、母、ロクンと続いて進みだした時、静志は言った。母を突くピストンは、まるで駆動機関のよう。

「ええ……電車ごっこ」

その遊戯に似つかわしくない艶っぽさで答えながら、陽子は今さっきとはまるで違う、しっくりとくるものを感じていた。息子を前にしてすら大仰にたじろがない。あまつさえ、夫との事の最中に抜け出ている所だというのに。

連結車両はそのまま子供部屋に入る。その時から陽子の昇天が始まった。息子の肩をつかむ手に力がこもる。それでもなんとかベッドまでたどり着いた。

「さあ、もうおやすみ」

息子を寝かせる。ここでまた大波が母を襲う。彼女は目が裏返りそうなのを必死にこらえ、僅かに震える手で布団をかけてやった。

「オヤスミ」

ロクンも後ろから声をかけた。二人が何をしているかなんてことは、幼子には想像も及ばない。

「ママ」

「大丈夫、寝るまで居てあげる」

「ロッくんも?」

「ええ……」

ロクンはママのお腹の中にいる。ここが彼の部屋だ。どうして一人帰ろうか。陽子は笑顔で肯いた。

一人部屋を与えるにしてはまだ幼すぎるかとも思われたが、早期の自立を期待する彼女は息子を一人で寝させるようにしつけていた。この点、留学生より厳しいかもしれない。

陽子はそっと布団の上から手を下ろした。そして床に手を突く。そうしないと不審な振動でベッドを揺らすからである。

「ママー、行くの?」

「イ、イかないわよ。大丈夫よ」

四つん這いになって息子に顔を近づける。その頬を彼は優しく撫でた。折しも引きも切らぬ大波が母を翻弄していた矢先である。静志はママのイき顔を見て微笑みながら、静かに目を閉じた。

他方、ママの忍耐は限界だった。我が子から見えぬ下半身はすっかり丸裸にされ、先程夫の唾液で濡らされた穴で巨根にしゃぶりつき、ガクガク痙攣しながら、後はもう声をこらえるので必死だ。

何も知らず、いつしか眠りに落ちた息子のベッドの横の闇で、彼女は死闘を繰り広げた。ふいにある布切れが目に入る。彼女はそれを迷わず口に押し込んだ。それは静志のブリーフだった。

「フグゥー……ングフゥー……!」

子供部屋の床に顔を押し付け、息子の下着によだれを染み込ませながら、ペニスでイき狂う母である。これが男の強さだと、彼女は教えるつもりなのか。

やがて、事が済み寝室に帰る。酔いを得たような陽子は、返す刀で夫との"義務"も果たすつもりだった。

だが、すっかり眠気の方が勝っていた彼は、ロクンが帰ってきたことや静志が起きてきた顛末を聞くと、何もせずに寝てしまった。結局彼は、ロクンが妻と交尾するために、前戯のお膳立てをしたようなものであった。


〈つづく〉

world200*40









テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 人妻 寝取り寝取られ



ブラック&ワイフ(8)依存

電光石火、騒ぐ暇すらも与えられなかった。彼の準備は万端。まるで、あの最後の瞬間からそのまま飛んできたかのようだった。

野太い腕、分厚い胸板、そしていきり立つ男根。セカンド・レイプはいとも易々と実行された。

「ングェ……ッ!」

床に押し付けられ、後ろからねじ込まれる。陽子は白目をむいて痙攣した。再びの屈服。誰が支配者か、改めて思い知らされた形だ。

「(ごめんなさい)」

そんな言葉が脳裏に浮かんだ。

「(ごめんなさい)」

死んだような表情が、濡れた床の冷たさの上でひしゃげる。タイルの継ぎ目で乳首が摩擦される。

ロクンはガツガツと女体を貪った。一言も発せず、ひたすらに女体を喰らう。そして彼の先端は、やはり子宮の的を射抜いたまま外れなかった。巨大な彼は届き過ぎる。一度筋道が付いたから届きやすいとかそういう次元ではない。なぜなら、今後夫がこの同じルートをたどったとしても、今彼のいるゴールには一生到達できないのだから。

陽子が知っている生殖行為とは明らかに違う。否、ロクンのそれはセックスではないのだ。彼がどんなに子宮へ精子を直撃させようと、彼のやっていることはむしろマスターベーション。たまたま陽子という女体を使って、己の性欲を吐き出しているに過ぎない。

「ガッ……アッ……ングフ……ッ!」

家畜のように、あるいは道具のように意思も認められず消費される陽子。ロクンはそんな彼女の中に、これまたたっぷりと濃い精液を注ぎ込んだ。

「ウゥー……フウゥー……」

半開きの陽子の口から息だけが漏れる。体の芯に広がった熱いものは全く漏れない。栓が抜かれた後も出てこなかった。

その栓は、外に出た後も全く衰えず勃起したままだった。彼はそれを抱え去っていく。そしてトイレへ小便をしに行った。元々そのために起きてきたのであった。陽子レイプは、いわば排泄と同列というわけだ。

彼が去って、陽子は力なく起き上がった。すっかりしょげて、再び股間を洗おうともしなかった。なんのことはない、精子を洗い出すために起きてきたのに、返ってまた量を増やされてしまったのである……。

――翌朝も、当たり前のようにレイプされた。もちろん警戒はしていたし、前以上に抵抗もした。テーブルや棚の上にあったものがそこら中に散乱した。だが、どこかで諦めてもいた。

「(ごめんなさい)」

結局ペニスを突っ込まれて、彼女は屈服した。彼とのことは、既にトラウマになっていた。ドメスティック・バイオレンスの被害者が等しくそうであるように、分かっていても逃げられないのである。また、本来なら夫にまず相談するべきだったのに、それをしないで今を迎えたのだから、やはり彼女の非は否定できまい。

今日もまた、朝から夕方まで。ロクンは飽きもせずに続ける。一切の感情を表すことなく、淡々とする。まるで工場労働でもしているかのようだ。ひたすら陽子を犯す。ただそれだけ。

変わったこともしない。ただ単に膣へと陰茎を挿すだけ。そしてこするだけ。それ以外のことはしない。乳房すら揉まない。彼の興味は膣穴だけだ。そこさえ使えれば良いのである。本当のところ、相手が陽子でなくても良かったとすら言えただろう。

それのどこが楽しいのか。いや、実際のところ楽しいからやっているというより、義務的にやっている感じである。無論、快感を求めてはいる。が、淫らな気持ちというものはそこにないのだ。つまり、彼にとってのこの行為は、食事や睡眠と同じく、生きる過程でこなさなければならない仕事の一つなのである。

合体のさ中、陽子はそのことに気が付いた。

「ンゴッ……オッ、オッ、オッ……!」

獣の啼き声で応える。そう、獣。ロクンは動物なのである。"純然たる性欲"というものがあるなら、彼にこそ存在するものだ。そういう、人間としては少しく雑に過ぎる構造が、純粋無垢な静志には好ましく映るのであろう。そして、その点は陽子にも影響を及ぼしだしていた。

「アグ……ンフッ、ウフッ、フッ……!」

なんのてらいも、駆け引きもない行為の連続の中で、彼女は真実を突き付けられた気がしていた。"男"というレベルではなく、"オス"というレベルとして。それに従うメスとして。

感情というより衝動。思えば、人間は生きる上で物事を複雑にし過ぎる。それらを全て取り去って、生存に必要な最低限度のみを残した状態、それこそ最も頼りがいのある力と言えるのではないだろうか。泰然とした男根の猛威の中で、陽子はそんな感覚に憑りつかれだしていた。

「ウー……ウグフゥー……!」

ひたすらペニスだけでイかされる。小賢しい技術など無意味とばかり、本来の交尾だけで向かえる絶頂。そこにメスとして感じるものが、微かと云えど事実としてあった。

あまつさえ、昨日からの精液がまだ胎内に残ったままでの交尾。火照りの覚める暇もない状況。そこへ持ってきての果てしない子宮摩擦。

「ゴッ、ゴッ、ホゴッ、オグォホッ……!」

唸る。むき出しの力は強い。飾りを要せぬ威厳は微動だにしない。比較の対象は、自然夫へと向かう。彼らの対峙において、メスとして、すなわち生存・繁殖に有利な方を選び取る立場として、理性以上の力で判定を下さんと欲する。

夫は、いわば日常の代表でもある。今居るのは非現実の境。あるはずのない境遇、初めての経験、それらが混沌とする所。その中で燦然と輝きを放ち、王者の気風で導き給うは彼、ロクンだ。その偉大さの前に、あらゆる日常は矮小に見える。就中、夫。

「ヒイィィー……ッ!」

引き出されていななく。残る巨大な風穴は専用の証。誰の? よもや矮小の類のとは、世の何びとも思うまい。

倒錯。もはやレイプではないのかもしれぬ、と陽子。力でメスを得るのがオス。そして、強いオスの子を欲するのがメス。であるならば、今の二人の関係が正統ではないか。

愛、とは何であろうか。ロクンは勃起し、その精子のやり場として陽子を選んだ。片や、陽子はまだ発情していなかったつもりだが、その発情を促すのが、愛か。ならば、事後・最中の発情ならばどうだ。いつからの愛が正しい?

愛液ダラダラの陽子。恍惚とする陽子。足を絡める陽子。忘れゆく陽子。時間を、場所を、夫を、息子ですらも、忘れゆく陽子。逃げる陽子。行き場もなくて、天に召される陽子。満足する陽子。求め出す陽子。陽子。陽子。交尾。陽子。交尾、陽子。陽子交尾。

来る日も来る日も交尾交尾。大学の合間を縫って、繰り返される野獣の営み。力の発動。力にすがるほかないメス。心地よい方へ流されるのはサガ。強い力に頼るのは心地よいこと。よってメス陽子は、ロクンを頼る。

「アアンッ! ンアッ、アッ、アグァッ、アハァン!」

いつの間にやらオスに媚びた鳴き声を上げながら、陽子はロクンに抱かれ続けた。いつしか、その時間だけが現実のものとなりだしていた。それと反比例的に、日常は益々色あせてゆく。

陽子はロクンへと、いや彼との交尾へと、なし崩し的に依存の度を深めていった。


〈つづく〉


HIMEGURI-NET(200-40)









テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 人妻 強姦