オナこもりの小説
熟女・巨乳多めな自作エロ小説を中心にシコシコ更新
最新記事

RSSリンクの表示

アダルト検索サイト

どスケベな方向けのお役立ち検索サイト。

このブログをリンクに追加する

テキスト系リンク

巡回サイト

ランキング

話題のグッズ

オナこもりの為に。

二次元PR

如月群真 常春荘へようこそ 由浦カズヤ ふたりよがり 草津てるにょ パコパコしちゃう ミル・フィーユ 覚えたて 木静謙二 こんなに優しくされたの みやびつづる 母の哭く家 十六夜清心 母姉W相姦 タカスギコウ ユメウツツ 黒木秀彦 37歳欲しがり妻 景山ロウ  若妻ほんとに好きなの 堀江耽閨 熟女ゲーム 巨乳人妻教師~恥辱の校内調教~ML 親戚の小母さん~離れの熟女、本家の後妻~ 息子の友達に犯されて 同人通販

エロ動画

ダイヤモンド映像 アトラス21 h.m.p クリスタル映像 ビッグモーカル TMA 宇宙企画 グレイズ MAX-A ワンズファクトリー 桃太郎映像出版 SODクリエイト Waap アイエナジー MAXING ドリームチケット シネマユニット・ガス BoinBB.com タカラ映像 プレステージ オフィスケイズ ドキドキVacation 冬月かえで、満足度満点新人ソープ DX
艶乳 北原多香子 ひなと子作り新婚生活 秋吉ひな 92cm&Hcupの爆乳女教師が優しく中出し授業 花美ひな 清楚な受付嬢のいやらしい営み 涼子 巨乳のサンプル動画が見放題! 彩名杏子の巨乳を味わえ!! アリスJAPAN専属女優 麻美ゆまの超高級ソープ! チ○ポがグングン伸びる 褒め淫語パイズリ 佐山愛 99cmIcup 青山菜々 制服の似合う美乳コレクション2 吉田絵理香ほか 乳フェチ感謝祭パイズリ凄抜きテクニック JULIA 本能剥き出し生中出しセックス 橘なお kira☆kira BEST 立花樹里亜スペシャル8時間-特別編- 熟女のサンプル動画が見放題! 屋根裏に棲む情欲 ~美人妻の淫猥な二重生活~ 樋口冴子 初撮りおばさんドキュメント 生稲さゆり 冴島かおりママの淫乱!卑猥な性活 デジタルモザイク匠 ごめんね、お母さんも女だったの… 中園貴代美 全裸系近親○姦 僕のママは裸族で癒し系。 荒木瞳

長い垂れ乳に包まれて… 黒沢那智 デジタルモザイク匠

カテゴリ

ユーザータグ

人妻 輪姦 中出し 巨乳 熟女 寝取り寝取られ アナル 童貞 羞恥 女子アナ パイズリ CMNF 手コキ お掃除フェラ 三穴同時 口内射精 フェラチオ 二穴同時 顔射 露出 覗き 爆乳 強姦 オナニー 飲尿 青姦 浴尿 乱交 黒ギャル 痴女 イラマチオ 3P 潮吹き 顔ズリ 淫語 レズ カーセックス アイドル SM チンポビンタ ボディー洗い ソープ ぽっちゃり 和姦 スパンキング 顔コキ Wフェラ 駅弁ファック 母乳 Wフェラ 連続フェラ 放尿 アナル舐め お漏らし 玉舐め 言葉責め 痴漢 CFNM 女教師 若妻  寝取られ 中出し 巨乳 熟女 人妻

検索フォーム

全記事タイトル表示

◎表示する◎

過去に掲載された全ての記事のうち、そのタイトル部分だけが新着順に一覧表示されます。
ブログ全体の目次のようなものです。

プロフィール

ジーズリー

Author:ジーズリー
よろこばしっとよ~!

オナニー、それは生涯を賭けた孤独なあがき。



作者が思いついたエロ話を羅列して自分を慰めるブログです。下品な妄想と低俗な文章に股間で共感して頂けたら幸いです。

おまけ投票コーナー

もっとエロい動画

もっと赤裸々に見たいっ、という方向けのサービス。


その他PR


おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



<おすすめサイト更新情報>

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。

■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」

◆中編作品
「青き山、揺れる」
「師匠のお筆」

短編作品
「大輪動会」  ▼「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「お昼寝おばさん」 ▼「上手くやりたい」  ▼「珍休さんと水あめ女」
「栗の花匂う人」  ▼「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」
「いたずらの入り口」 ▼「学食のおばさん便器」  ▼「山姥今様」
「おしっこ、ついてきて。」

お昼寝おばさん


おばさんはエロい。おばさんは無防備だ。ぼくの目の真ん前で、タンクトップの中からたっぷりとした胸の谷間を見せつけながら、何事もなくスヤスヤと寝息を立てている。ぼくは勃起してしまったチンポをブリーフの中で密かにしごいた。

「(おっぱいが……すごいよ……)」

こんもり盛り上がった胸の谷間が、汗ばんだシャツからこぼれ出ている。白い肌に浮かぶ玉の汗と、透けて見える青い血管。こんなものを間近でさらしておいて、欲情するなという方が無理だ。

きっとおばさんはぼくのことを子供だと思っているのだろう、隣で寝ているトモキと同じように。だけど、トモキは幼稚園児、ぼくは中学生だ。おばさんのことを女として見られるし、チンポの使い方だってもう知っている。

そうだ、おばさんは女なんだ。おばさんの所為で、チンポがこんなにガチガチになっている。おばさんの胸はもちろん、おばさんの厚い唇もそこから漏れ出る息も、頬に張り付いた後れ毛も、どれを見ても興奮する。本当におばさんはエロい。

だけど正直な所、おばさんを見てこんなに勃起するとは思わなかった。ついさっきまでだって、トモキと一緒に走り回って普通に遊んでいただけだった。おっぱいが大きいことは知っていたけれど、おばさんでオナニーするとまでは考え付かなかった。

「(かわいい……)」

今は寝顔を見て素直にそう思いすらする。

「(ゲッ、おばさんだぜ?)」

もう一人のぼくが釘を刺す。母さんよりも年上だって話だ。それでも興奮が全然収まらないんだから仕方ない。

「(キス……してみたい……)」

唇を見ればそう思う。キスしたら、おばさんはどんな顔するだろうか。ひょっとしたら、今ならバレずにできるんじゃないだろうか。おばさんにキスしながらチンポをシコシコして……。

ぼくはそっと、そおっと間を詰めた。胸がドキドキする。まだ大丈夫だけど、これ以上近づいたらヤバいかもしれない。キスなんてやっぱり無理かな。でも、近寄るだけは近寄りたい。

「(おっぱいも揉みたい)」

色々見るところがあって忙しい。よく見ると、胸に産毛が生えているのが分かった。女の人の体。これがそうなんだ。

「(おばさん! ぼく今、おばさんの体見ながらオナニーしてるんだよ!)」

じっと目蓋を見つめながら心に呼びかける。もしそれが開いたら、とっさに寝ぼけて見せるつもりだ。誤魔化す自信はある。チンポはパンツの中だし、上からタオルケットまでかぶっているし。

「(気持ちいいよお。チンポシコるの止まらないよお)」

おばさんは知らないんだな、ぼくが横でオナニーしていること。想像もしないんだろうな。だけど、ぼくはスケベなんだ。本当はおばさんのことイヤらしい目で見てる変態なのさ。

「(タオルケット取っちゃおうかな)」

ぼくはさらなるエスカレートを望んだ。チンポをおばさんにもっと近づけたいと考えた。

「(いや、パンツを脱いだ方が興奮するかな)」

タオルケットの中でチンポを露出して、もしおばさんが目を覚ましても、その前でそのままオナニーし続けたらどうだろう。おばさんと普通にしゃべりながら、本人をおかずにその目の前でイくんだ。夢はどんどん広がる。

「(おばさんの手に握らせてみたい。ていうか、おばさんの体にチンポこすりつけたい!)」

シコシコの手が止まらない。生おかずがこんなにいいものだなんて思いもよらなかった。すごい。すごく気持ちいい。イきそう。もうイきそう。

「(お、おばさんの顔にぶっかけたらどうな……)」

ぼくがそう夢想した時だった、背後の縁側からそおっと忍び込んでくる者を察知したのは。そいつは素早い動きでぼくらの足元を過ぎ、こちら向きに横たわるおばさんの背後へあっという間に回り込んだ。

「(あっ!)」

とっさにぼくは目を閉じて固まった。一瞬見ただけだが顔は目に焼き付いている。名前は知らないけれど、その人はここの地元に住んでいる男の人だ。前にここの家に来た時に会ったことがある。多分おばさんよりもずっと若い。

「(その人がなんで?)」

分からない。まるで泥棒のように入ってきた。ぼくはドキドキしながら身構えた。いくつか浮かんだ推理がある。一、ドッキリ、二、泥棒、三、レイプ、もしくは……。

「ン、ンンッ……!」

おばさんはなんと、変な声を出し始めた。

「(まさか!?)」

答えは"三"なのだろうか。ぼくはどうしたらいいのだろう!

「ノブ君!」

おばさんも驚いていたが、ぼく程じゃないはずだ。ぼくはびっくりして気が動転した。

「ウウン……ノブ君たら、ダメよ……」

おばさんは、その"ノブ君"という人に止められて大きな声こそ出さなかったが、すぐに色っぽい声を出し始めた。今まで聞いたことのない種類の声だ。"三"……だけど、浮気……か? 本当に? あのおばさんが?

「今日からダメって言ったでしょう?」

「うん、知ってる。でも来ちゃった」

……浮気なのか。これが浮気現場なのか。目を開けることはできないが、二人の甘ったるい会話はどんどん耳に入ってくる。

「こいつらが、その言ってた?」

ノブ君が言う。見なくても分かる、ぼくやトモキのことを指しているのだ。ぼくら親戚家族が泊まりに来ているから、おばさんは断っていたんだろうな、ノブ君のことを。でも来た。

見られているだろうから身動き一つできないが、心臓の動悸は激しくなるばかりだ。チンポは完全にガードしているから、オナニーの件はバレていないだろうけど……。

「ダメだってばあ……」

おばさんの甘え声が聞こえる。

「(ここで? まさか……その……?)」

なんということだ。ぼくのオナニーどころの騒ぎじゃない。セ、セ、セックスしてしまうんじゃないだろうか。別のドキドキが激しくなる。

「(ぼ、ぼくはどうしたら……)」

分からない。パニックだ。色々な考えが浮かんでは消えていく。

中には、冷めた気持ちもちょっとあった。ちょっと複雑な気分だ。おばさんって"そういう人"だったんだなって思うし、しかもぼく以外の奴とそういうことするってことにしょっぱい気持ちを覚えた。ひょっとしたら、そういう人だったからこそ、今日ぼくのチンポがギンギンに反応したのかもしれないけどさ。

でも、やっぱりこの状況はこれで新たに興奮した。だって、セックス……ここでするっていうんだから……。だけど、おばさんはぼくの期待をあっさり蹴った。

「ねえ、起こしちゃうから、せめてあっちで、ね?」

それはないよ。そりゃトモキがいつ起きても不思議じゃないけどさ。ノ、ノブ君は、どうなの?

「駄目だよ。こ・こ・で。興奮するだろ?」

ちょっと悔しいけれど、この件はノブ君に感謝しなくちゃいけなくなった。二人はその後も小声で押し問答を続けたが、そのうち何もしゃべらなくなった。いよいよセックスを始めたらしい。

「(うう……見たい……)」

しゃべってくれないと状況が全く分からない。ぼくは覚悟を決めた。いっちょ賭けに出ようと。スーッと薄目を開ける。

「(あっ、すごっ!)」

既におっぱいが丸出しになっていた。おばさんは左手の甲を目の上に乗せてのけ反り、ハアハア言っている。ノブ君がおっぱいを吸っているのだ。トロンと垂れて広がったお肉をギュッと搾り寄せてさ。

「(おばさんの乳首!)」

思っていたより薄い色。勃起していた。ぼくのチンポもまたビンビンになってきた。

「(ああ、シコりたいよお!)」

切実にそう願ったけど、動けない。動いたらバレる。首も動かせないから、ノブ君が下の方に移動しても見ることができなかった。多分"クンニ"というものをやっていたのだと思うけれど。

「(おばさんのマンコ!)」

これは想像するしかなかった。そんな中にも、二人は着々とやることをやっていった。体位を大きく変える度にぼくは目を閉じた。そしてまたそっと開く。次の時、ぼくは度肝を抜かれた。

「(フェ、フェラチオ!)」

憧れの光景がそこにあった。おばさんはノブ君の上にまたがって、チンポをしゃぶっていた。あのおばさんがチンポを舐めているなんて衝撃的だった。おばさんはいつも、チンポを入れたことのある口でぼくらと普通に会話していたんだと思うと。

「(女の人って、ほんとにチンポしゃぶるんだな)」

しかもおばさんのマンコはノブ君の顔の上にあった。その頃ぼくは少し大胆になって、ちょっとだけ首を動かして視野を広げていた。それが"シックス・ナイン"という前戯だってことは、後になってから知ったことだ。

「(大丈夫かな)」

ぼくはトモキの様子が心配になった。ひょっとしたら起きていて、ぼくと同じく覗き見しているんじゃないか、なんてことも疑ってみたけれど、いつも無邪気なこの年下の従弟がそんな凝ったことをしようとは、やっぱりとても思えなかった。

だけど、このままじゃ本当に起きてしまうかもしれないってことは二人も考えていたみたいで、ちょっと焦りながら、

「ねえ、もう挿れるよ」

ってノブ君が言うと、おばさんもすぐにウンウン頷き返した。"挿れる"の意味はぼくにも分かった。そうなんだ、セックスなんだ。この世にセックスは実在するんだ。ぼくはその時、大げさにもそう思って感動した。

「ンッンッ……!」

おばさんは間もなくリズミカルなアエぎ声を上げだした。初めこそ遠慮がちだったけれど、段々大きくなって、

「アンッ、アンッ……!」

って、いかにもスケベな声を出し始めた。

「(お、おばさん、ぼくらがいるのに……)」

おばさんはスケベな人だったのだ。若い男にチンポ入れられて、"アハンウフン"が我慢できないらしい。バれたらぼくらにどうやって言い訳するつもりなんだろう。やっぱり子供だと思って安心しているのかな。でもぼくは、でもぼくは……。

ぼくはとうとう我慢できなくなって、パンツの中でゴチョゴチョやりだした。どうせ二人は自分達だけの世界に入って、ぼくらのことなんか気にしていないんだ。だったらぼくはぼくで、あなた達のセックスでヌかせてもらいましょう。勝手にそう決めた。

それでも出来るだけ気づかれないように、ちょっとずつ撫でさするように手を動かした。余りに強烈なおかずなので、刺激が強すぎるからという理由もある。すぐにイッてしまいそうだったのだ。ぼくは色々気を使ってオナニーした。家で親にばれないようにするのより肩がこった。

「(おばさん……おばさあん……!)」

さすがに声を気にしてか、ノブ君がキスして口を塞いでいる。その下でおばさんは、ウンウン唸って目をトロンとさせていた。足まで相手の背中に回してしがみつき、チンポを悦んでいる。変態だ。おばさんは変態だったんだ。

その瞬間、つまりおばさんに欲情と失望を感じた瞬間にぼくは射精した。ぼくはノブ君に勝てなかった。ノブ君はその後おばさんを抱き起こしてバックからやって、再び正常位に戻ってやっとイッた。しゃぶられて、それからマンコに入れて、よくあんなにもつなって感心する。

パンツの中、ビチョビチョだ。ノブ君は多分マンコの中で射精したんだろう。あれだと汚れなくっていいな。その上、おばさんはまたチンポをしゃぶってあげていた。もう一回入れるのかなって思ったけど、それはなかった。ノブ君はそそくさと帰っていった。







続きを読む

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 熟女 童貞



湯けむ輪(125) 10:22 完結

子宝混浴
『湯けむ
~美肌効


こだからこんよく
ゆけむりん
びはだこうかん






――午前十時二十二分


一行は駅に着いた。中年男組とは帰る方向が違うので、ここでお別れだ。

「ほなこれで。奥さんおおきに」

男達は帰り際、皆々倫子に一言かけていった。それは自然なようであり、不自然でもあった。倫子ら一行に挨拶をする中、特に倫子にだけ別個に声を掛けていくのである。

「なんだ、お前いつの間に知り合いになったんだ?」

朴念仁の板橋も、ようやく倫子と彼らの間柄に着目しだす。そんな彼に向かい男達は破廉恥にも、

「いやあ、奥さんにはお世話になりまして」

「気持ちのええ奥さんですわ」

「ほんまほんま、気持ちよかった」

などと調子づいて畳み掛けた。極め付きには、

「またヤりまひょな、倫子はん」

と、名指しの誘惑まで飛び出す始末。

「やる?」

娘は首をかしげた。とはいえ何かを察知したのではなく、酒を飲むことだと後にも知った程度である。とことんまでコケにされるお人よしの父と娘。母を散々輪姦した犯人達を笑顔で送り出す。他の者もそうだ。

「随分仲良くなったんですねえ」

亀山の妻は、倫子の社交性に目を丸くした。こうして特殊な"仲の良さ"をアピールすることとなった倫子である。アピールはそれだけに留まらなかった。

中年男達が先に去った後、倫子達の方はまだ電車まで時間があるということで駅前を散策することになったのだが、その折である。

町の個人商店に入って買い物をしていると、

「奥さんにはこれおまけ」

と言って、店主が土産物をサービスしてくれた。ひょいと見れば、羽根沢だ。昨日最後に合流した酔っ払い三人組の一人である。実をいうと、倫子には彼の顔に見覚えがなかった。相手が誰かも分からずに子作りしていたのである。

「え? お母さん、なんで?」

一緒に買い物をしていた娘が、母への優遇ぶりを見て驚いていた。

また、喫茶店へ行けば、

「これ、よかったらどうぞ」

と言いながらケーキを出してくれた主人が、彼こそ森岳であった。やはり酔っ払いの一人である。

「きれいな奥様方にはサービス」

などと軽口っぽく言った彼だが、その目が明らかに自分を見ていることを倫子は知っていた。こうしていく先々で、いわゆる"昔の男"と鉢合わせしていく彼女なのであった。

そんなこんなの冷や冷や続きですっかり疲労困憊の倫子は、喫茶店を出る頃にはもうフラフラであった。だから、まだ発車までかなり間があると聞かされても停車中の電車にいち早く乗り、重たい体をどっかとシートに預けた。

しかし、まだ彼女が油断するには早かったのである。この町から早く出たいという思い、そして電車まで来れば後はひとりでに家まで帰してくれるという思いが彼女をそうさせたのだが、彼女の昨日の経験人数を思えば、これからまだ昔の男に出会うことだってあっても不思議はないわけで。

初め、例によって彼女はそれが誰だか分からなかった。ただの駅員だと思っていた。が、彼が股間のジッパーを下げて窓越しに近づいてきた時、ようやくにして気づいたのである。それは、沼尻であった。

倫子は荷物を手繰り寄せて席を立ち、慌てて車内の後方に向かう。だが、扉まで行くことは出来なかった。なんと前方にさっきの羽根沢が立ちふさがったからである。仕方なく踵を返す。しかし、そちらからは既に沼尻が迫っていた。

あっという間に虜となる倫子。すると、揉み合う時間も束の間、当たり前のようにまた集団レイプが始まった。

「ンッンッ!」

唇を強引に奪われて、声も立てられない倫子。折角の口紅も剥げてしまう。そうする間に、羽根沢のペニスが一瞬で膣内に入ってきた。

「欲しかったんだろ、こいつが。入れる前からビショビショじゃないか」

彼の剛直は今朝にしてなお健在であった。唸りを上げて、濡れそぼった穴を突く。

「ノーパン・ノーブラでうろちょろしてさあ。この変態女」

片や沼尻は言いながら、ブラウスをまくり上げて乳房をこぼれさせる。倫子は慌てて胸を隠そうとするが、その隙に彼は肛門へと肉茎を侵入させた。こちらも当然と言わんばかりにすんなり入る。

「ンハアァッン!」

誰もいない電車内に、性悦の声が響く。そして、肉の音と匂いが広がっていく。挟み撃ちで責め上げる二本のペニス。長時間大量の本数に馴染まされてきた体にとり、その姿勢はむしろ定位置だ。前後の穴を塞いでもらって、初めて完全体となるのが女体だ。

絶頂はすぐに来た。浅いものから、細かいもの、連続した波となり、やがて深いもの、大きいものと襲いくる。飽きるほど犯しぬかれ、疲労しかないはずなのに、しつけられた肉体はすぐに反応する。これこそ、想像を絶する大輪姦の作用である。

「オッ、オッ、オオォ……ン!」

今はむしろ素直な声が漏れた。ずっと合体し続けてきた穴は、ここしばらくまとまった空白時間を与えられたことである種の飢餓症状を覚え、性交に対する抵抗感を減退させていた。つまり男が体内に刺さっている状態がもはや普通なのである。彼女の肉体は輪姦専用に生まれ変わっていた。

(違う……ああ、違う……)

虚ろな目の中に、沢山のペニスが映る。周囲から自分目がけて迫ってくる。実在の二本以上の本数を彼女は見ている。

(ダメよ、ダメだったら……)

倫子は中空を泳いだ。その手は迫りくる敵を退けるためか。否や、それらを捕捉しようという風だ。男二人ごとき相手にしても、輪姦専用女は満足しない。自然と大量レイプを予定している。

「そら、お土産だ」

羽根沢が言って、膣奥に白濁汁をプレゼントした。続いて沼尻も腸内に出す。二人はその後何か言って去って行ったが、倫子の耳には届かなかった。

(こんなに勃起して……ああ、また……)

気だるそうに服装の乱れを直しはするが、彼女を取り囲む残像は消えない。ほとんど隙間もない位に迫ってくる。

(待って……許して……もう……)

続々と自分を目当てに発情するペニス達。それらの相手をこれからも引き受けなければならないという、それはもはや義務感が彼女の心を苛んだ。

「ああっ! お母さん、いたいた!」

パラパラと仲間達が合流してくる。倫子はその時既にぐったりと眠り込んでいた。

「もう寝てる。すっかりお疲れさんね」

返事もしない彼女を見て、一同は呆れて笑った。

そんな彼らの前で、倫子は間断のないオーガズムを密かに引きずっていた。今なお体中に勃起ペニスが接している。体中にペニスの感触がある。

膣も肛門もペニス型に開きっぱなしなのは、くり貫かれたからではなく、現に今も入っているからだ。口を開けているのも呼吸のためではなく、ペニスをしゃぶっているからだ。

乳房はペニスを挟んでいるし、これからもそのために存在していく。揉まれ吸われて、豊満な上にもどんどん肥大化していくだろう。乳首は歯で引っ張られて伸び、乳輪には陰茎の黒さが染みつくかもしれない。

手すらも生活のためでなく、かの太さを抱擁するためにある。硬さはもちろん、握りの強さ加減も覚え込んだ。

彼女の肌からは精液の臭いの絶えることがないし、全身のキスマークは増え続けていく。誰とでも寝る。誰の子でも妊娠する。

人生の第一義は男に従うことで、頼まれるまでもなくいつでも射精せてやる。何十人何百人、何千人何万人でも構わない。一生休む間もなくペニスを入れさせ続けよう。体中セックスに使わせてやろう。

(おお……おチンポが……わたしに……わたしの!)

この身を輪姦に捧げ、輪姦の為に生きる。倫子は絶望と安らぎの中で、深い眠りに落ちた。


<おわり>




(001)19:53~(010)20:15(011)20:18~(020)20:44
(021)20:47~(030)21:07(031)21:09~(040)22:03
(041)22:22~(050)23:53(051)23:54~(060)00:20
(061)00:24~(070)00:50(071)00:24~(080)01:36
(081)01:45~(090)03:59(091)04:12~(100)05:46
(101)05:52~(110)07:07(111)07:15~(120)08:35

目次へ



HIMEGURI-NET







続きを読む

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 輪姦 二穴同時 中出し