オナこもりの小説
熟女・巨乳多めな自作エロ小説を中心にシコシコ更新
最新記事

RSSリンクの表示

アダルト検索サイト

もっとエッチなページへイくためのリンク集。飛び立て! さらなるエロの世界へ!

このブログをリンクに追加する

テキスト系リンク

巡回サイト

ランキング

話題のグッズ

オナこもりの為に。

二次元PR

如月群真 常春荘へようこそ 由浦カズヤ ふたりよがり 草津てるにょ パコパコしちゃう ミル・フィーユ 覚えたて 木静謙二 こんなに優しくされたの みやびつづる 母の哭く家 十六夜清心 母姉W相姦 タカスギコウ ユメウツツ 黒木秀彦 37歳欲しがり妻 景山ロウ  若妻ほんとに好きなの 堀江耽閨 熟女ゲーム 巨乳人妻教師~恥辱の校内調教~ML 親戚の小母さん~離れの熟女、本家の後妻~ 息子の友達に犯されて 同人通販

エロ動画

ダイヤモンド映像 アトラス21 h.m.p クリスタル映像 ビッグモーカル TMA 宇宙企画 グレイズ MAX-A ワンズファクトリー 桃太郎映像出版 SODクリエイト Waap アイエナジー MAXING ドリームチケット シネマユニット・ガス BoinBB.com タカラ映像 プレステージ オフィスケイズ ドキドキVacation 冬月かえで、満足度満点新人ソープ DX
艶乳 北原多香子 ひなと子作り新婚生活 秋吉ひな 92cm&Hcupの爆乳女教師が優しく中出し授業 花美ひな 清楚な受付嬢のいやらしい営み 涼子 巨乳のサンプル動画が見放題! 彩名杏子の巨乳を味わえ!! アリスJAPAN専属女優 麻美ゆまの超高級ソープ! チ○ポがグングン伸びる 褒め淫語パイズリ 佐山愛 99cmIcup 青山菜々 制服の似合う美乳コレクション2 吉田絵理香ほか 乳フェチ感謝祭パイズリ凄抜きテクニック JULIA 本能剥き出し生中出しセックス 橘なお kira☆kira BEST 立花樹里亜スペシャル8時間-特別編- 熟女のサンプル動画が見放題! 屋根裏に棲む情欲 ~美人妻の淫猥な二重生活~ 樋口冴子 初撮りおばさんドキュメント 生稲さゆり 冴島かおりママの淫乱!卑猥な性活 デジタルモザイク匠 ごめんね、お母さんも女だったの… 中園貴代美 全裸系近親○姦 僕のママは裸族で癒し系。 荒木瞳

長い垂れ乳に包まれて… 黒沢那智 デジタルモザイク匠

カテゴリ

ユーザータグ

人妻 輪姦 中出し 巨乳 熟女 寝取り寝取られ 童貞 羞恥 アナル 女子アナ パイズリ CMNF 手コキ お掃除フェラ 口内射精 フェラチオ 二穴同時 三穴同時 顔射 露出 覗き 爆乳 強姦 オナニー 飲尿 青姦 浴尿 乱交 黒ギャル 痴女 イラマチオ 3P 潮吹き 顔ズリ 淫語 レズ カーセックス アイドル SM チンポビンタ ボディー洗い ソープ ぽっちゃり 和姦 スパンキング 顔コキ Wフェラ 駅弁ファック 母乳 Wフェラ 連続フェラ 放尿 アナル舐め お漏らし 玉舐め 言葉責め 痴漢 CFNM 女教師 若妻  寝取られ 中出し 巨乳 熟女 人妻

検索フォーム

全記事タイトル表示

◎表示する◎

過去に掲載された全ての記事のうち、そのタイトル部分だけが新着順に一覧表示されます。
ブログ全体の目次のようなものです。

プロフィール

ジーズリー

Author:ジーズリー
よろこばしっとよ~!

オナニー、それは生涯を賭けた孤独なあがき。



作者が思いついたエロ話を羅列して自分を慰めるブログです。下品な妄想と低俗な文章に股間で共感して頂けたら幸いです。

おまけ投票コーナー

もっとエロい動画

もっと赤裸々に見たいっ、という方向けのサービス。


その他PR


おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。



■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」
巨乳熟女が温泉宿で男達に……。

◆中編作品
「青き山、揺れる」
巨乳アナ祐子が相撲部屋で力士らと淫らな取り組みを……。
「師匠のお筆」
書道の師範父娘と、その弟子母子の交姦ストーリー。

短編作品
「大輪動会」  ▼「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「お昼寝おばさん」 ▼「上手くやりたい」  ▼「珍休さんと水あめ女」
「栗の花匂う人」  ▼「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」
「いたずらの入り口」 ▼「学食のおばさん便器」  ▼「山姥今様」
「おしっこ、ついてきて。」

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ

<おすすめサイト更新情報>

杉浦乳紀

「おはよう」の挨拶より先に「スポッ」と入っちゃう番組『おはスポ』から、朝一の巨乳をヌキヌキ。



毎朝の帯枠に堂々とボインボイン現れ、巨乳市場の王道をほしいままに独占する杉浦アナ。
彼女のそれは“角度によって”などの“隠れ”的なものでなく、正味の一品です。

sugiura121005a.jpg
上から見ても安定の巨峰。

sugiura121005b.jpg

お辞儀をしてもこの出っ張り。服の中でどんな風に移動しているか、あなたにも分かりますよね。
向かいの彼女も羨望の眼差し。

sugiura121005e.jpg

あ~あ、相方はとうとう降参してしまいました。“トップリーグ”にいる者との実力差は歴然。
それでも手を抜かず、スケスケシャツを着てくるほどの念の入れようはさすがです。
彼女自身の“トップ”も気になるところ。

sugiura121005c.jpg

スケスケトップで嬉しそう。
と思いきや、これはもしや……?

sugiura121005f.jpg

あ、やっぱりね。スケスケを見られて感じちゃったんだね。

sugiura121010a.jpg

割と感じやすいタイプの巨乳ちゃん。
「こすれるたんびに勃っちゃう」んだって。

sugiura121010b.jpg

原稿から離れた両手は思わず股間の方へ。そして股間は角っこへ。
コラコラ、生放送中だよ。そんな満足そうな顔しないの。
生がイイのは分かるけどさあ。

sugiura121010c.jpg

登場時もまずはここから見切れてくるという頂き。立派な主張です。

sugiura121010d.jpg

毎朝のことながらガン見する対岸の人。
そりゃ仕方ないですよね、あんなにタプンタプンされちゃあね。

sugiura121010e.jpg

ふう、やっと到着。
いつも過激なボール運動、お疲れ様です。

sugiura121010g.jpg

これぞ真のYC(横乳)。
みんなしっかり見てますよ。

sugiura121010f.jpg

そして爽やかなこの笑顔である。

sugiura121010h.jpg
帰りのドリブルでは、対戦相手もやっぱりガン見です。
この激しいバウンドの前には、先輩アナもさすがに勝ち目がないようで。

sugiura121010i.jpg

勝利して優々と去る者、敗者同士目と目を合わせる二人。
ここまで圧勝されると、もはや悔しくもないでしょうね。
朝に相応しい爽やかな一戦でした。






続きを読む

テーマ:アイドル・女優・女子アナウンサー - ジャンル:アダルト

タグ : 女子アナ 巨乳 露出



湯けむ輪(92) 04:41

子宝混浴
『湯けむ
~美肌効


こだからこんよく
ゆけむりん
びはだこうかん






――午前四時四十一分


別所は瞬間我を忘れていたが、次の番の者達が来たのでその場を明け渡さないわけにはいかなかった。行く者来る者それぞれに、一つ女体が男の交差点である。

宇川が膣門に入った頃、それと前後して沼尻がコトを済ませて去った。すると、

「ウーちゃん、ちょっと裏返って」

と注文をつけてきたのが牛滝である。彼の言うには、宇川が下になり、その上に倫子をまたがらせて尻穴を上から見やすくするということだった。

「なんや、めんどくさいなあ」

宇川はぶつぶつ言いながらも言われた通りにする。

牛滝はそれを見届けてから、伊東を呼び寄せた。この体勢は伊東のためだったのである。

「ほれ、よう見えるやろ。この穴や」

牛滝は少年の肩に手を置いて倫子のアヌスを指し示す。彼は先ほど少年らに約束した通り、膣と肛門の二穴挿しを体験させようと企画しているのである。

「しっかしまあ、ようパックリと開いとんなあ」

彼は自分で指しておいて、改めて見た輪姦妻の尻穴に驚いてみせた。彼女の肛門は確かにまん丸く、大きく開いていた。そこにこれまで入ってきた数々をありありと表す形に。その暗さは、その洞穴の深さを物語っており、見る者を飲み込まんとするようであった。

「なんやなんや、自分もケツか」

これまた面倒くさそうに宇川が声を掛ける。

伊東はそれに曖昧に応じながら、期待に膨らんだ肉茎をそのまま穴の中へと進ませていく。大きな穴はいともすんなりと異物の侵入を許し、少年の下腹部にはたちまちムチムチした尻肉の弾力がぶち当たった。

「全部入った」

指導者を見上げて、伊東がつぶやく。

「おう、全部入ったなあ。もうガバガバや」

少し残念そうに牛滝は言った。それを見て、伊東が励ますように返した。

「あ、でも、気持ちいいです」

快感があるのは確かなのだ。彼は小さな腰を振って、少しずつ出し入れを始めた。内壁にこすりつけて、アヌスの味をむさぼる。

その様子に力を得て、牛滝は宇川に呼びかけた。

「前と後ろでこすり合わしたらもっと気持ちええねんで。なっ、ウーちゃん」

宇川はまた面倒そうに答える。

「そやなあ……。よっしゃ、ほんな動くでぇ!」

半ばはヤケ気味な彼である。下から膣穴を突き上げる。

「あっ、う、動いてる。アッ、アッ……!」

牛滝に問われて感想を実況する伊東は、もはや呆けて言葉を発しない倫子に代わって喘ぎ声めいたものまで織り交ぜる。彼の高い声は時折女のようなのだ。

「動いてるてか? おっちゃんのが」

ちょっとにやつきながら、宇川が突き上げに拍車をかけていく。どことなく嬉しげである。

その様子を見下ろして同じ様な笑みを浮かべつつ、自分は自分で新境地の開拓に勤しんでいたのは川棚だ。彼はさっきから口性器を占拠していたが、今度はそこから下部へと移動し、閉じさせた腋への挿入を試みている最中だった。

それを見つけて、宇川が話しかける。

「なんや、えらい渋いとこでヤッとんなあ」

「へへ、腋マンコっす」

川棚は歯を見せて答えた。盛り上がった二の腕、そして巨乳の間にあって、閉じるとぷっくりと出来た小山の中に重なった筋――、確かにそれは、陰裂に見えないこともないから不思議だ。彼は正対した向きから犯したので、背中側の腋から赤い亀頭の見えたり隠れたりするのが伊東の方から確認できた。

「奥さんちゃんと腋処理してるからツルツルで気持ちいい」

彼はそう評価してペニスを滑らせた。倫子の腋処理は、この度の温泉旅行に際して念入りになされたものであった。無論このような使い道は想定外であるが、そこへ粘液まみれのペニスはよく映えたものだ。

「ああ、入れてるみたいにいい」

川棚は思い切りよく“腋マンコ”で腰を振りぬいた。睾丸が二の腕に当たってパチパチ鳴る。彼の振動と宇川、そして伊東の振動の所為で輪姦女は揺すられ放題だ。喘ぐことすらしない彼女だが、男達の関心はもはやそのリアクションになぞなかった。

「いいねえ、それ」

いつの間にか矢板も加わり、彼もまた反対の腋を犯しだす。さらに彼はそれに飽き足らず、腕の間や首筋にもこすり付け始めた。ダッチワイフは全身が性欲処理機なのである。

「おおっ、イきそうや。一緒にイこか? ボク」

メインホールを使う宇川が伊東に呼びかける。ところが、この誘いは不発に終わった。伊東は応諾したのだが、彼はイけず、宇川だけが終わってしまったのである。

「おっさんと一緒なんか気持ち悪いなあ?」

牛滝が意地悪を言う。宇川はちょっとすねて見せながら退散した。互いに本気でないことは、その後の両者の笑顔で明らかだった。

代わって牛滝が入る。すると、それと入れ替わりで今度は伊東が終わってしまった。

すかさず呼ばれたのは西浦である。ただ彼の道具でもまた、穴に栓をするにはちょっと足りなかった。

「だいぶ広がっとんなあ」

苦笑しながら牛滝が漏らす。憐れ人妻の肛門は、在りし日の姿も思い出せぬほどに変形させられ、極太の男根の挿しやすい形に無残にも拡張されつくしてしまったのだ。

「そう言うたら、前も緩なっとるもんなあ」

今度は膣をそう評価する。膣はさすがに専門職だけあって修復力に一日の長がありはしたが、それでもこれだけ犯され続けて何の変化もないはずはなく、輪姦された女性器ならではに、昨日とははるかに違う形になっていた。もはや彼女に、元通りの夫婦生活はないであろう。

そんな変わり果てた女の、あの世を見る目、力なく開いた口の、その横を矢板の男根が往来する。様々な場所での性交を模索していた彼だったが、遂に行き着いたのは女の顔の上だった。

「顔マンコってやつですか」

そう言って笑いかける矢板に、川棚は去りながら笑い返す。川棚は“腋マンコ”の中に“中出し”し終えていた。ぐっと押し込んだ腋の深奥、亀頭を寸分の隙なく腋肉で覆い隠した状態からの射精だった。

そんな川棚と入れ違いで寄ってきたのは栃尾で、彼は来るなり倫子の乳首に吸い付いた。赤ん坊のようにチュパチュパと吸う。ただ、母はやはりそれでも無反応であった。

これはもう子育てのものではなく愛欲のためのものである、そう証明せんとでもするように、ここで帰ってきた森岳が乳肉へと男根を突き立て始める。その段になって、

「狭いなあ」

と、牛滝が苦笑しながら言った。胸に群れが集まると、どうしても下に寝る者との距離は近くなる。これは致し方のないことだった。皆々最優先は自分の快楽である。

そして最劣後に回されるのは犯され女の尊厳である。今しもチュパチュパと倫子の顔周りから汁を吸う音がするのは矢板が彼女の顔でファックしているからだ。その濡れた頬はペニスを吸着し、まるで頬がフェラチオしているかのようだった。あるいは、性器同士による性交というべきだろうか。精液や愛液、さらには小便で濡れた顔は、まさに陰門同然だからである。


<つづく>




(001)19:53~(010)20:15(011)20:18~(020)20:44
(021)20:47~(030)21:07(031)21:09~(040)22:03
(041)22:22~(050)23:53(051)23:54~(060)00:20
(061)00:24~(070)00:50(071)00:24~(080)01:36
(081)01:45~(090)03:59(091)04:12~(100)05:46

目次へ





テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 輪姦 中出し アナル 三穴同時 顔ズリ



湯けむ輪(91) 04:12

子宝混浴
『湯けむ
~美肌効


こだからこんよく
ゆけむりん
びはだこうかん






――午前四時十二分


吉野と入れ替わったのは袋田である。“サービス”の功績を讃えられ、急遽譲られたのだった。

尻穴には東郷が入った。やっと念願叶ったわけである。つい先程エレクトしたばかりの彼だったが、こと肛門となると凄まじい勢いでリバースしていた。

一方、口の“ソーセージ”はそのままそこで肉汁を吐いて萎れた。だが数には事欠かないわけで、次々と新しい肉棒が差し入れられる。松倉、榊原、鎌先と順調に白濁汁を放出していった。一度に三本同時にしゃぶらされる瞬間もあった。

「奥さん、ウインナー大好物だね」

と松倉が言えば、

「フランクフルトと言いなさいよ、あんた」

と鎌先が返し笑い合う。

倫子の口はすっかりふやけてしまって、硬くて太い肉棒でかき混ぜられても、もはやミルク飲み人形ほどの吸引力もない。だがペニス容器としては十分だ。むしろそのための穴だとすら言っていい。

「ンア……フハ……」

休みなく勝手にモゴモゴさせられながら、倫子は次第に酸欠状態になって意識が朦朧としてきた。

しかもそこへ、渡瀬が余計なことまでしだしたから大変だ。

「どや倫子ちゃん、倫子ちゃんも一杯どうや」

そう言いながら、彼がよこしたのはお猪口である。そこになみなみと注いだ酒を、なんと彼女の口の隙間から流し込んだのである。

わけの分からぬままに何でも飲み干してしまう倫子。おまけに酒をまぶした陰茎までしゃぶらされる。これも渡瀬の仕業である。

「こういうのなんて言うのかね。“松茸の酒蒸し”かな」

羽根沢がそんな命名をし、自身もそれをやってみる。

こうして倫子は精液の連射に続いて、清酒、そして清酒の沁みた陰茎、さらに精子と清酒の混合液、そしてまた清酒、また陰茎、と前代未聞のチャンポン飲みをさせられることになった。

さらに、さらに、だ。

「ああ、酒入ると近うなってかなわんわ」

と言い様、渡瀬が次に飲ませたのは小便である。彼はなんとあろうことか、倫子の口の中で放尿を始めたのだ。

「ビールやビール。生ビールや、へへ」

彼はそう茶化しながら、悪びれもせずに笑った。

「おや、奥さんはビールもいける口ですか」

そう言いながら、何も知らずに寄ってきたのは浪岡である。すっかり出来上がっている彼は、持っていた缶ビールを傾けて、彼女の口にこれまた流し入れた。

「ゴホッ! ゴホッゴホッ!」

大いにむせながら、しかしどちらもちゃんと飲み干す倫子。冷たいビールも、そして“温かい生ビール”も。たとえそれが小便であっても、彼女の喉は支障なく潤されていく。

もちろん浪岡は、“つまみ”を出すのも忘れない。ビールのあてはウインナーである。ただ今の場合、つまみは大量にあるので彼のものだけが食されるわけではない。先の羽根沢の分もまだあるし、後からは別所もこれに加わった。

「搾りたての生ビールは格別でしょう、奥さん」

羽根沢はそう言って、彼もまた“生ビール”を飲ませた。事情をわきまえている彼のものは、もちろん温かい方だ。倫子はゴクゴクと飲んでいく。飲みきれない分が、大量に喉を伝って流れ落ちる。精子の残滓の混じった、濁った液体である。黄味はあまりなかった。

「うわぁ、ちょっと勘弁してぇや」

下にいた須賀谷が、その液を下腹にしたたか浴びて苦言を呈する。彼は袋田の後を継いでいたのだ。

「ひどいことするねえ」

女体の裏からそう感想を吐いたのは、東郷の後を継いでいた沼尻である。後ろにいる彼は、幸い被害を免れていた。

倫子は今、湯船のへりに座って前後を挟み撃ちされつつ、仁王立ちした男らから口淫を強いられているのだ。数あるワイフの中でも、ダッチワイフはとりわけ忙しい身分なのである。

一方、男達の方はというといい気なもので、自分の出番でない間は離れて談笑したり飲食したりし、そうしてまた気分が出てくると、女に寄っていく気ままな生活である。酒席でちょっと席を立って用を足しに出ていき、また戻ってくるような感覚だ。

さて、羽根沢、浪岡が済むと、ちょっとの間単独になった別所は、なんと彼も口内放尿を始めた。

「こらこら、未成年のくせに“ビール”か」

下から須賀谷が苦笑いする。だが、無論飲酒ではないから、その意味で咎められる筋合いはない。

「へへへ」

当初に比べれば随分大胆になった彼は、諦めることなく行為を貫徹した。特に口を独占しているわけであるから、彼は倫子の頭をがっしりと押さえ、手で陰茎を支えることもなく、思い切り口内に小便を出した。

「オォ……」

尻をプルプルと震わせ、うっとりとため息をつく別所。

片や、飲尿妻は必死だ。むせ返りながら涙を流す。その半開きの目は、とうに何物をも見ていない。さっき須賀谷が袋田と交代し、そして射精したあたりから意識がなくなっていた。だから、素直に飲むというよりも、勝手に喉へ流し込まれているといった方が正しい。反射的にせき込みはするが、基本はされるがままである。彼女の喉は、尿瓶なのだ。

射精後の陰茎はまだ勃起していたが、それが次第に治まってくると、別所はどんどんと腰を前進させていった。それにつれ、海綿体が舌の上を滑って、奥へ奥へと侵入する。そして遂には、倫子の尿瓶喉へ直接尿が注ぎ込まれるという寸法だ。

別所は下界を見下ろして恍惚となった。女に小便を飲ませている。女の口に根元までペニスをくわえさせて、自分は女の口の中で小便を出している。深く挿入するが故に、彼女の唇はこちらの陰毛に覆い隠されているほどだ。彼の欲情は歪んだ快楽に目覚めていた。少年は女を支配する悦びを知ったのである。

すると、再び海綿体が硬直し始めた。別所は倫子の髪をつかんで、やや乱暴に腰を前後に振りだす。

「フゴッ! ングォッ!」

完全に目を裏返して、尿瓶女は断末魔の唸りを上げた。口辺からは泡を飛ばしている。様々な汁が雑多に混じった泡である。

別所は自分の出した尿の温もりの中で、ゴシゴシとペニスを滑らせる。性交に続き排泄、そしてまた排泄と、やりたい放題の彼である。人を人とも思わぬ所業だ。その穴は彼にとってただのオモチャなのである。

その強烈な飲尿イラマチオによって、彼は再び射精した。彼の性器もまた、放尿と射精を繰り返すだけのただのオモチャになっていた。

「フー、フゥー……」

快感に目を細めながら、荒い息をついて別所は口性器の舌を無理やり引っ張り出す。そうして尿道口をその先でほじくらせた。すると、粘っこい汁に続いてまたぞろ生温かい液体がチョロチョロと湧き出す。彼は震えながら、時にはビクンと大きく尻を跳ねさせながら、夢中で女の口をもてあそび続けた。

その様を見て、宇川が呆れながらつぶやいた。

「悪ガッキゃなあ」

彼は須賀谷の後を受けて、そろそろ自分も、と陰門に入らんとしていたのだった。


<つづく>




(001)19:53~(010)20:15(011)20:18~(020)20:44
(021)20:47~(030)21:07(031)21:09~(040)22:03
(041)22:22~(050)23:53(051)23:54~(060)00:20
(061)00:24~(070)00:50(071)00:24~(080)01:36
(081)01:45~(090)03:59(091)04:12~(100)05:46

目次へ





テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 輪姦 中出し アナル 三穴同時 口内射精 飲尿