オナこもりの小説
熟女・巨乳多めな自作エロ小説を中心にシコシコ更新
最新記事

RSSリンクの表示

アダルト検索サイト

どスケベな方向けのお役立ち検索サイト。

このブログをリンクに追加する

テキスト系リンク

巡回サイト

ランキング

話題のグッズ

オナこもりの為に。

二次元PR

如月群真 常春荘へようこそ 由浦カズヤ ふたりよがり 草津てるにょ パコパコしちゃう ミル・フィーユ 覚えたて 木静謙二 こんなに優しくされたの みやびつづる 母の哭く家 十六夜清心 母姉W相姦 タカスギコウ ユメウツツ 黒木秀彦 37歳欲しがり妻 景山ロウ  若妻ほんとに好きなの 堀江耽閨 熟女ゲーム 巨乳人妻教師~恥辱の校内調教~ML 親戚の小母さん~離れの熟女、本家の後妻~ 息子の友達に犯されて 同人通販

エロ動画

ダイヤモンド映像 アトラス21 h.m.p クリスタル映像 ビッグモーカル TMA 宇宙企画 グレイズ MAX-A ワンズファクトリー 桃太郎映像出版 SODクリエイト Waap アイエナジー MAXING ドリームチケット シネマユニット・ガス BoinBB.com タカラ映像 プレステージ オフィスケイズ ドキドキVacation 冬月かえで、満足度満点新人ソープ DX
艶乳 北原多香子 ひなと子作り新婚生活 秋吉ひな 92cm&Hcupの爆乳女教師が優しく中出し授業 花美ひな 清楚な受付嬢のいやらしい営み 涼子 巨乳のサンプル動画が見放題! 彩名杏子の巨乳を味わえ!! アリスJAPAN専属女優 麻美ゆまの超高級ソープ! チ○ポがグングン伸びる 褒め淫語パイズリ 佐山愛 99cmIcup 青山菜々 制服の似合う美乳コレクション2 吉田絵理香ほか 乳フェチ感謝祭パイズリ凄抜きテクニック JULIA 本能剥き出し生中出しセックス 橘なお kira☆kira BEST 立花樹里亜スペシャル8時間-特別編- 熟女のサンプル動画が見放題! 屋根裏に棲む情欲 ~美人妻の淫猥な二重生活~ 樋口冴子 初撮りおばさんドキュメント 生稲さゆり 冴島かおりママの淫乱!卑猥な性活 デジタルモザイク匠 ごめんね、お母さんも女だったの… 中園貴代美 全裸系近親○姦 僕のママは裸族で癒し系。 荒木瞳

長い垂れ乳に包まれて… 黒沢那智 デジタルモザイク匠

カテゴリ

ユーザータグ

人妻 輪姦 中出し 巨乳 熟女 寝取り寝取られ 童貞 羞恥 アナル 女子アナ パイズリ CMNF 手コキ お掃除フェラ 口内射精 フェラチオ 二穴同時 三穴同時 顔射 露出 覗き 爆乳 強姦 オナニー 飲尿 青姦 浴尿 乱交 黒ギャル 痴女 イラマチオ 3P 潮吹き 顔ズリ 淫語 レズ カーセックス アイドル SM チンポビンタ ボディー洗い ソープ ぽっちゃり 和姦 スパンキング 顔コキ Wフェラ 駅弁ファック 母乳 Wフェラ 連続フェラ 放尿 アナル舐め お漏らし 玉舐め 言葉責め 痴漢 CFNM 女教師 若妻  寝取られ 中出し 巨乳 熟女 人妻

検索フォーム

全記事タイトル表示

◎表示する◎

過去に掲載された全ての記事のうち、そのタイトル部分だけが新着順に一覧表示されます。
ブログ全体の目次のようなものです。

プロフィール

ジーズリー

Author:ジーズリー
よろこばしっとよ~!

オナニー、それは生涯を賭けた孤独なあがき。



作者が思いついたエロ話を羅列して自分を慰めるブログです。下品な妄想と低俗な文章に股間で共感して頂けたら幸いです。

おまけ投票コーナー

もっとエロい動画

もっと赤裸々に見たいっ、という方向けのサービス。


その他PR


おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



<おすすめサイト更新情報>

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。

■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」

◆中編作品
「青き山、揺れる」
「師匠のお筆」

短編作品
「大輪動会」  ▼「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「お昼寝おばさん」 ▼「上手くやりたい」  ▼「珍休さんと水あめ女」
「栗の花匂う人」  ▼「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」
「いたずらの入り口」 ▼「学食のおばさん便器」  ▼「山姥今様」
「おしっこ、ついてきて。」

「二回り三回り年下男」(前編)

『二回り三回り年下男』



「波雄君? 今日燃えないゴミの日よ。ほら、早く出しなさい!」

ドンドンと戸を叩き、隣近所にも丸聞こえの大声で登志子は呼びかける。このアパートでは見慣れた光景だ。

ちょうどそこへ出てきた隣室の一家の主人も、いつものこととて苦笑しながら、この元気でお節介な大家に挨拶をした。

「おはようございます」

「あっ、おはようございます」

声をかけられて、登志子は途端に爽やかに振り向いた。

「ごめんなさいねえ、朝からやかましくて」

「いえいえ。大変ですね、大家さんも」

主人に続いて現れた妻が言う。さらにその後ろから息子が現れる。それを見た登志子、

「あらあら、みんな揃って出るのね。仲が良くていいわねえ」

と目を細めた。主人と妻は出勤、息子は登校である。皆行先は違うが、一緒に出発するのである。

「ほら、学、大家さんに挨拶して」

母に促されて、息子、

「おはようございます」

と、寝ぼけ眼をこすりこすり言った。

「はい、おはよう。えらいわねえ、早起きで」

登志子は笑顔で応じた。それを受けて父は、

「いや、もうすぐ十代なんだから、しっかりしてもらわないと」

と言って、息子のランドセルに手を乗せる。

「あら、もうそんなに大きくなったの?」

目を丸くする登志子。父はそれを聞くと、

「そうなんですよ。いよいよ十代ですよ」

と笑った。“十代”というフレーズを気に入っているらしい。子供の成長が嬉しい彼であった。

「早いわよねえ、子供の成長って。うちの子も学君ぐらいの頃があったんだけど、もう今じゃすっかりオッサンよ」

登志子はそう言うと、豪快に笑った。二十三歳になった彼女の息子は、大学を卒業後独立し、既に家を出ていた。

――三人家族は、こうして大家と挨拶を交わした後、それぞれの目的地へ向かうべく出て行った。その幸せそうな後ろ姿を見送ると、再び彼女は扉の方へと向き直る。

「波雄君、起きなさい! 今日予備校は?」

ドンドンと叩く。とうとうその喧噪に耐えかねて、中からドアが開いた。

「うるさいなあ、今日は休みだよ」

現れたのは、浪人生となって今年二年目に入る波雄。寝癖でボサボサの頭、よれよれのトレーナー姿の、いかにも不摂生そうな青年である。

「ゴミは? ……ああ、もうほらほら、またこんなに散らかして」

登志子は、彼が止めるのにもお構いなしに、開いたドアからズカズカと中へ入っていく。部屋の中には、脱ぎっぱなしの下着や、食べ終わったカップラーメンの容器などが散乱していた。彼女はそれらを拾い集めて、手早く選り分けていく。

「うるさいなあ」

波雄はもはや追い出すのを諦めて、ドッカと布団に腰を下ろした。止めても無駄であることは、もう十分思い知らされている彼である。何しろこのお節介な大家は、定期的にうちへ来てはこうやって頼んでもいない片付をしていくのである。

「ご両親に頼まれてるんだから」

その理由をこんな風に彼女は話した。波雄は大学受験のためにこの街へ出てきて、以来一人暮らしで予備校に通う毎日を送っているが、そんな彼の両親が、時々実家から出てきては、登志子に世話を頼んでいくというのだ。彼女はそれを快く引き受けたというわけである。

「もう、しょうがないわねえ」

登志子はぶつぶつ言いながら、散らかっている物をまとめていく。若くして一人暮らしと受験という二つの難問に同時に直面し、精神的にかなり不安定になっているであろう彼だ。それには同情を覚える。下手をすれば社会とすれ違う環境に陥って、孤独から思わぬ病に侵されぬとも限らない。そうならないように、ケアしてやりたいと思う。

それに彼女としては、自身の息子も大学受験をしたという経験から、どうしても他人事とは思われないのである。加えて、息子が独立したことから来る寂しさも多少は作用していた。いつしか、息子と波雄とを重ね合わせていた彼女である。そういう個人的な事情も、世話にいそしむ背景にあった。

「あ、あんまそっちの方はいいよ」

波雄は先ほどよりは幾分トーンダウンしながら、無駄とは知りつつも一応指示してみる。結果は、やはり予想通りであった。とはいえ、相手がこのなりふり構わぬおばさんであったれば、別に殊更に恥ずかしがるようなものもないのであったが。

「まったくもう……」

それでも彼は、いくらかは感じる照れを隠すべくぶっきらぼうに呟いて、顔から頭をぐるりと撫でた。そうして、ぼんやりと目の前の光景を見つめる。膝をつき前かがみになって作業をする登志子の、丸々と大きな尻がこちらの方に突き出されていた。腰からふくらはぎの下までを覆うぴったりと密着した布に、くっきりとパンティラインが浮き出ている。

波雄は、そんな所を見てどうするんだと自嘲しつつ、つと立ってトイレに向かった。

彼女の尻を見たからといって、性的興奮を覚えるはずはない。彼は年上の女性が好きだったが、その対象になりうるのは、女優のように美しく、且つ清楚で儚げな人なのだ。登志子のようにがさつで、どこにでもいるようなおばさんではない。それに、彼女は年がいき過ぎている。自分の母親と同年輩くらいだ。若い彼は、そんな女を抱こうなどとは夢にも思わなかった。

トイレから帰ると、今度はこちら向きに屈みこむ彼女の姿があった。そのゆったりとしたカットソーの襟首から、深い谷間の空洞とベージュ色のブラジャーが覗いている。かなり豊満な乳房である。そして、余りにも無防備な態度だった。

波雄はまたぼんやりと彼女を眺め始めた。登志子は丸い輪郭にぱっちりとした目が特徴の、人懐こそうに見える愛嬌のある顔をしている。波雄は彼女にうざったらしく当たりつつも、心の内では彼女に悪印象を持ってはいなかったが、それも、彼女の人好きのする明るい造作のおかげであった。

ただ、それが彼女の健康的な言動と相まって、彼女を色気から遠ざけていた。これまではそうだった。しかし、こうしてその肉体をまじまじと眺めていると、ふいに彼の中で何かが変わり始めた。彼にしてみれば、魔がさした、という表現が適切であったろう。

事件は唐突に起きた――。

「ちょ、ちょっとどうしたの」

突然後ろから抱きつかれて、登志子は驚いた。ゴツリと、その尻に固いものが当たる。その一事で、あることを察知する彼女。だが、まだ半信半疑だった。

「あ、これ触っちゃまずかった? ごめんごめん、はい、離したから」

そう言って手にしていたシャツを離してみせる。と、相手はそれに関係なしに、彼女の腰のゴムに手をかけてきた。もはや目的は明白になった。登志子はそれを知ったが、そこは年の功である、笑いながら彼をいなした。

「ちょっとちょっと、どうしたの、波雄君」

冗談にして紛らわしてやろうという魂胆だ。彼とて一瞬の気の迷いからこんな挙動に出たのだろう、彼女にはそれが分かる。自分としては、大人の対応で彼を正気に戻してやろうと考えた。

とはいえ、いくら年齢を重ねていても、女がみんなこんな状況を経験しているわけではない。登志子だってそうだ。彼女は日常の延長上で、母親のように彼に対応しようとしたが、一旦行動に出た男の迫力は思いのほか凄まじく、そんな悠長に事を構えてはいられなかった。

「こ、こら、いたずらはやめなさい。お父さん、お母さんに言いつけちゃうわよ」

作戦を変えて、彼の弱点への攻撃を試みる。しかし、何の効果もなかった。その間も絶え間なく、相手は着衣を脱がそうとしてくる。既に下着まで一気にずらされ、尻の谷間までが露出させられていた。

不利を感じた彼女は、しかしまだ大人の寛容さは捨てきれずに、

「こらっ、おばさん怒るわよ!」

と、やや声を荒げて、相手を威嚇しにかかった。しかし、これもやはり効果がなく、時を同じくして、下着を膝頭まで脱がされてしまう。ここまで恥をかかされては、いよいよなりふり構っていられなくなった。

「ちょ、ちょっとやめなさい! 落ち着いて!」

登志子は、前へ逃げようとしたり、手を突っ張って相手をどかそうとしたり、さらに手近にあるものを投げつけようとしたりしたが、それらはことごとく阻止され、ついには彼によって手の自由を奪われてしまった。

波雄は、そうして彼女の尻を引き寄せると、自身のスウェットを手早く腿までずらした。途端に、いきり立った肉棒が飛び出る。自分でもつい先ほどまで想像だにしなかったことだが、彼の陰茎は今、登志子に対して勃起していた。

彼女の視界にも、それは入った。

「や、やめて……!」

初めて恐怖を覚えて、登志子は声を上ずらせた。現実離れした恐怖だった。自分が犯される、考えもしなかったことだ。しかも、この歳になって……、と、彼女はそこから閃いてとっさに叫んだ。

「落ち着いて! こんなおばちゃん相手に何やってるの」

それは、常識的な考えに基づくものだった。普通に考えて、二回り以上も年の離れた相手に欲情するなど、お互いにあり得ないことだと。

しかし、性欲は時として常識を超える。いよいよ登志子の尻に固い突起が当たった。彼女としては、かれこれ久しぶりに感じる固さだった。ピクリと、女の肌が反応する。

「やめなさい。本当に怒るわよ。け、警察呼ぶわよ」

彼女は言った。そしてまだ言葉を続けようとしたが、それ以上は言えなかった。大声を出されぬように、波雄が落ちていた自分の下着を彼女の口に押し当てたからである。その行為は、彼女を絶望と屈辱に追いやった。

「ンングッ! ングゥッ!」

髪を振り乱し、必死で最後の抵抗を試みる登志子。このまるで現実感のないレイプを、とんでもなく恐ろしいことだと自らに思い知らせるように。その口から洩れる声は、断末魔の叫びに似ていた。そして、その声の途切れぬうちだった。

ペニスは入った――。

後はもう成り行き任せ、波雄は彼女の口を押さえながら、全体に覆いかぶさるような格好で、後ろから突きまくる。湿り気の少ない陰裂だったが、肉棒は難なく奥へ到達した。

「ングフゥッ!」

痛みと悲しみと諦めが、登志子の心に交錯する。彼女は眉根を寄せて、波雄の下着を噛みしめた。後ろから突かれるということが、余計に犯されているとの観を倍加して感じさせた。

「やめてぇ、お願い」

不確かな発音ながら、彼女はそう言って相手をなだめようとする。今からでも遅くはない、こんなバカな行為はやめさせようと、彼女は思った。

夫への裏切りという気持ちは不思議となかった。それは、自らの意志による行いではないことから当然ともいえたが、そもそも既に愛の冷え切った相手に対して貞操の観念は希薄であったからである。

それよりもむしろ、息子とダブらせてきた波雄の身の上の方が心配だった。彼女は、こんなことをされてもまだ彼を恨んではいなかった。一つには今でも現実感がないのである。相手が、よく知っている子供だというのがその一番の理由だ。そんな子と自分が性交渉するというのが信じられないのである。

だが、彼女がどう思おうと、彼は男なのである。波雄は、そんな彼を止めようと手を伸ばしたものの失敗してつんのめった彼女にのしかかり、情け容赦なく腰を振り落とした。露出した尻肉に、うなりを上げて股間がぶち当たる。

彼にとって、もはや彼女は世話焼きのがさつなおばさんではなかった。立派な性対象であった。自分の母親と歳の変わらぬことなどどうでもいい、ただ肉欲を満たせさえすればそれでよかった。

「ンッ……ンフゥ……」

彼によって、登志子も無理やりに女にされていった。結婚して四半世紀、女に戻るのは久しぶりだった。久しぶりでも、体は覚えているものだ。意識しようとしまいと、男根に対して受け身をとってしまう。いつしか波雄のそれは、淫汁によって包まれていった。

「ダメ……やめて……」

いい歳をして、こんな年端もいかない子供に恥をかかされて、なんて情けない女だろうと思いながら、その脳裏からはいつしか危機意識の薄らいできたことを、彼女は薄々悟っていた。

波雄は、ほとんどうつ伏せに伸びた格好の彼女に上から重なって、布団や枕で自慰をするがごとく、肉茎を一直線に摩擦し続けた。相手の心情を慮っている余裕はない。これがレイプであることも分かっている。いや、だからこそ、一度踏み切ってしまったからには後戻りできないと思った。

彼は登志子にしがみついて、がむしゃらに腰を振った。いつも強気な熟女も、抑え込めば意外に弱かった。やはり女だった。彼は自分の腕力に優越感を覚え、また大人の女を屈服させられたことに満足を感じていた。彼にとって母親のように振る舞う彼女は、ある種権力側の人間であったのである。

「やめなさい……」

建前が登志子をさいなみ、苦しげに呻かせる。肉欲はある。だが認めるわけにはいかない。しかし、逃げられもしない。彼女はただ、この拷問がすむのを待つしかなかった。幸い、そう長く耐えなければいけないわけではなかった。

射精――。突然に体内に流れ込んでくる熱いエキス。やはり久しぶりの感覚……。

終わった――、そう思うと同時に、涙が頬を伝う。おそらくは、ショックから一気に解放され、肉体の緊張の糸が途切れたためであったろう。登志子は、緩んだ彼の腕の下から出した手で、それを拭った。喪失感はないが、少女のような振る舞いだった。

彼女は身を起こすと、一瞬いつもの習慣でティッシュペーパーを探したが、相手が夫でなかったことにすぐに気づき、恥ずかしさから思いとどまった。注入された精液が熱を帯びて体内をうずかせる。もう一刻も早くこの場から立ち去りたかった。

とりあえず、ずり下げられた下着を元の位置に戻すことにする。この間、二人とも無言だ。登志子は、彼を叱責せねばならないのだろうと思いながらも、何と言っていいか分からなかった。今はただ、心までは彼に奪われたのでないことに満足するほかなかった。

と、その時、まだ下着が尻の下に引っかかっている時に、またしても事件は起きた。

「ああっ!」

思わず叫んだ登志子は、したたかに後頭部を布団に打ち付けた。波雄によって、今度は仰向けに押し倒されたのだった。

「な、何するの。やめなさい!」

声が震える。前以上の恐怖が、彼女を襲っていた。今度こそが本当の凌辱だとは、彼女の本能が叫んだことだった。古びた貞操を汚されただけで終わりではなく、女としての性欲を掘り下げられること、そうして彼のにおいを染み付けられてしまうこと、それこそ決定的に恐ろしいことである。

「は、離して! いい加減にしなさい!」

登志子は抗うも、例によって身動きができない。波雄の体重が両肩にのしかかる。と、彼の唇がこちらのそれに落ちてきた。顔をしかめてそれをかわそうとする、が、無駄なあがきだった。

「ン、ンンッ!」

精一杯つむった口に、波雄の口元が密着する。兄弟と交わすような、背徳的な接吻だった。味は無い。その感想そのままに、若さに対する引け目と彼の行動に対する疑問がわき上がる。

波雄とて、つい先刻まで女の数にすら入れていなかった相手に口づけをすることになろうとは、ついぞ考えもしなかったことだ。しかし、実際に接してみると、顎に触れる産毛といい、ギュッと閉じた瞼の皺といい、その一つ一つの印象が、完全に女であった。彼は舌を尖らせて、彼女の唇をなぞった。紅は引かれていなかった。

「ンンン……ッ!」

登志子は両手を握りしめて、今や真に犯されている自分を自覚していた。体のみならず、心まで侵食されていく自分を。相手はオスの本能として、自分をメスに仕立てた上に、この身を支配しようとしているのだ。彼は知ろうまいが、自分には分かる。あまつさえ久しぶりの接吻が、彼女を焦燥と混乱に導いていった。

弱気になった彼女は、とうとう年輩者としての威厳を放棄し、最後の懐柔策に出た。

「誰にも言わないから、だからもう、やめて、ね?」

しかし、それを言い終わらぬうちに、開いた口の隙間から舌と唇が侵入してくる。半ば予想通りの、当然ともいえる結果だった。そして、それと相前後して、当然のように再突入してくるペニス――。

「ヒグッ!」

登志子は肩をいからせてのけぞった。


  *

どれほどの時間が経ったのか、今朝まとめたごみ袋に赤い日差しが当たって、暗く翳った部屋に影を伸ばしている。その影の横にこれまた黒い影。ただし、こちらは大きく揺らいでいる。そして、それが揺れるたびに、ごみ袋が微動する。

「ウッ、ウッ――」

室内に響くは女、いな、獣の啼き声。影の動くごとに啼いている。

「ウッ、ン、ンァガハアァ……」

時折大きく息を吐いて、顎を震わせる。恍惚と絶頂を味わっている証だ。震えているのは顎ばかりではない。大腿部などは、さっきから震えっぱなしである。それは、セックスが長時間に及んだためばかりではなかった。かれこれ二発目の射精時には既に震え始めていた。下腹部なぞは痙攣しっぱなしだ。柔らかい肉がプルプルとしている。

経験は十分にあったはずなのに、久しぶりだということは、まして活気に満ちた相手と行うということは、想像以上に負担のかかるものだった。はっきり言って、これは半世紀近く生きてきた中で、初めて知ったセックスだった。

波雄も波雄で、初めて知る快楽だった。今まで見落としてきた熟女の肉が、これほどに具合のいいものだとは知らなかった。三度目の挿入に入ってからというもの、彼の欲求は止まらなかった。完全にアニマルと化して腰を振り続けていた。

熟女の肌は緩い。その緩んだ皮に覆われた腿の合い間に割って入り、これを押さえつけ、ゴシゴシと肉竿で突いてやると、体中の柔肉がタプンタプンと揺れるのだ。ことに乳肉が圧巻で、瞬間的には鎖骨やへそまで覆いつくすほどに上下運動した。

登志子はいつしか全裸にひん剥かれていた。豊かな乳房は両脇へと滑り落ち、乳輪も楕円に広がって、彼女の年輪を最もだらしない形で説明していた。波雄は、それらをギュウギュウ揉んで手形をつけ、自らの足跡を刻印していった。

足跡は、無論それだけにとどまらない。何と言っても極め付きは、彼女の女性自身である。散々種を植え付けられて、誰がその主人であるかを教え込まされていた。今しも彼が遠のくと、ドップリと溜まった白濁汁が、淫肉の盛り上がりからはみ出てきた。明らかに容量オーバーである。

「ンンッ、ンー、ンフゥ……」

はめ込まれていたものが外れても、すぐには呼吸が整わない。もうずっとこんな調子だ。そうして落ち着かない内に、またはめ込まれてしまうのである。それを繰り返してきた。

外からは、近所を通る子供の声が聞こえる。学校から帰って来たというより、一旦帰宅した後遊びに行って、そこから帰ってきたという頃合だろう。もうそんな時間だ。隣室の学も、ぼちぼち帰ってきたのではないだろうか。

ようやく登志子は解放された。背中をヒクヒクとバウンドさせながら、ぐったりと全身を横たえる彼女。動けない。ただ、その身には深い満足があった。久々にメスとしての務めを果たせたことへの満足だ。

しばらくして、やっと右に寝返りをうつ。本当は起き直ろうと肘をついたのだったが無理だった。乳房をはじめとした柔肉が、右の方へトロリと流れ落ちる。重なった腿の間から、白濁液が、ブブッと卑猥な音を立ててこぼれ出る。転がされ放置されたその姿は、まさに犯された女の哀愁を漂わせていた。

事後の女は惨めだ。男本位の性処理に付き合わされていながら、後処理は自分で引き受けなければならない。既に凌辱された後とあっては、取り返しがつかない。登志子は、もはや自分の物とも感じられない股間辺りを手で囲いながら、衣服のありかを探った。

腰が抜けたようになり力も入らないことが、余計にその境遇を惨めにした。彼女は、波雄のお節介な介護なしには、服を着るのもままならなかった。プライドの傷つくことであり、断りたかったが、もはやそんなバイタリティーは残っていなかった。彼女は、なぜか上下の下着を取り去ってしまう彼の理不尽な補助を受け、あれよと言う間に玄関へと送りだされた。

「また来てよ、おばさん。それとも、泊まっていく?」

冗談とも本気ともつかない顔で、波雄が言った。

登志子は無言で首を振り、そのどちらをも拒否する。今できる最大限の意志表示だった。すると、その口をまたしても彼に奪われる。彼女に抵抗の余地はなかった。今日から誰が主人であるか、その身は嫌というほど思い知らされていた。

結局玄関先でもとどめの種付けをされて、登志子はふらふらになって帰宅した。


  *


強姦された女は自己嫌悪に陥ることが多いが、彼女も例外ではなく、非難の矛先は波雄ではなく自分に向かうのだった。彼への慈しみを捨てきれないこともあり、また、確実に性的満足を得てしまったこともあり……。

結局彼女が出した行動方針としては、今までどおりに快活に振る舞い、それでいて無防備になり過ぎぬよう、女として最低限度の身だしなみを整えようということであった。自分に隙があったから、波雄が変な気を起したのだと、彼女は反省していた。加えて、それでなければ、自分のような年増に本気になるわけがないとも考えていた。

あの日以来、さすがに彼の家へは足が遠のいた。が、大家と賃借人という関係上、日頃から顔を合わせないわけにはいかない。ただでさえ、周囲の掃除などこまめに働き回っている登志子なのである。

だから、過ちは重ねずにいられない運命だった。登志子は傍目に、以前と変わらぬ体を装っていたが、波雄は違った。あからさまに卑猥な視線を送ってきた。そして、隙あらば実際に挑みかかってきた。

まだ誰か同伴者がいる場合はいい。彼も大人しくしている。だが、一たび一人きりになるや、彼は屋外でもお構いなしに彼女を羽交い絞めにしてきた。現に、外で犯されたこともある。外階段の裏側で、壁に手をつかされ、後ろから……。

そういう時、彼女は声を上げられなかった。普段の大声にも似ぬ体たらくである。それは、一種のトラウマのせいでもあり、他方、己の外聞や、さらにはいまだ相手への思いやりなども気にかかっていたからである。しかしながら、やはり誰かに見られるとまずいということで、大抵は彼の家へと連れ込まれる形でまぐわった。

そんな気も知らず、彼は時に非道なことをする。

「あら、あそこのおうちって、波雄君ちでしょう? やだ見て、ブラジャー干してあるわよ。カノジョかしら? それともお母さん来てらっしゃるのかしらねえ。それにしても、大きなブラジャーねえ」

近所の主婦が指をさして言った。見れば、ベージュ色の上下の下着が、物干しざおにぶら下がっている。一階にある彼の家なので、見間違うはずもない。それは、登志子のものだ。彼女は真っ青になって、早々にその場を辞すと、波雄の家へ向かった。そして、抜き身の男根をおっ立てて待ち構えていた彼に、案の定犯された。そんなこともあった。

波雄は、登志子の予期に反して、本気だった。少なくとも、彼女の肉体に対しては、本気で欲情していた。たとえ彼女がつつましやかないでたちをしようとも、彼の願望は減退することがなかった。

そんな彼にほだされて、登志子も次第にこの不倫にはまっていった。既に、セカンド・レイプの時点でその兆候は顕著に現れていた。本気で求められ、本気の固さで貫かれるセックス。ついぞ御無沙汰だったものだ。あまつさえ、そのにおいをマーキングされてしまった彼女だ。女として、それは素通りできない。

女は、体を重ねるたびに情が移る。登志子も本能でそれに気づいていた。だからこそ、恐くもあった。いい大人になって、後戻りのできない痴情に溺れることは、理性にとって自殺行為なのである。

「もう許して。もうこれっきりにして」

口では何度もそう言った。だが、蜜壷からは淫汁が漏れて、折角の強がりを打ち消した。

夫に見向きもされなくなった性器。だが使用期限はまだ切れていない。それを、夫の知らぬ間に、二回り以上も年下の男に、彼用にかたどりされていく。そこにある背徳的な悦びを、いつしか彼女は覚えた。

「言うとおりにするから、乱暴にしないで」

いかにも観念したように言って、赤ん坊のように手を肩の横辺りに置いてグーパーし、股を開いて受け入れ体勢を取るようになる彼女。その後は、甘い声で啼くようになる。

女の声は、段階的に変化する。男根を入れられても、初めの頃は自分を守って、控え目に声を上げる。演技の混じることもある。いわば、女性のたしなみといった声だ。次いで、陶酔が始まると、今度は秘めていた淫性が現れて女の叫びを上げるようになる。そして最後に出すのがメスの声。

「アガァーッ、アグ、アグァゥァゥアー……!」

獣の啼き声と言ってもよい。オスの種付けを受け、本能から悦びむせぶのだ。個人差はあるが、ある程度の年齢を重ねた者の方が、ここへの到達は早くなる。

登志子の啼き声は、いつも獣のそれだ。心底堪え切れなくなって、自分を見失ってしまうのである。よく母親代わりなどと言えたものだったと我ながら思う。息子より年下のペニスと子作りして、メスの悦びを謳ってしまうのだ。

そうして、満たされた気持ちと恥ずかしい気持ちを抱えて、頬を火照らせながら彼の家を後にするのである。しまいには、自ら訪問するようにもなった。いわば、抱かれに来るのである。大抵は、惣菜などを差し入れに来たという体だった。

二人は互いに慣れてくると、肉体関係以外のつながりももつようになった。以前にも増して会話を交わすようになり、二人は親密の度を加えていった。不思議な関係だった。

波雄は、彼女を女として見ていた。が、同世代の恋人とは違い、仮に傷つけたとしてもかまわないというような、少々雑に扱ってもいいと思う相手だった。そこにはある種の甘えもあったが、やはり体が目当てだったということである。

一方、登志子の方には思いやりがあったが、彼女とて認めたくはなかったものの、自分を満足させてくれるのが彼の若さであるとの事実からは、どうしても目をそむけられなかった。どんなに男と女で対等に向き合おうとも、やはり年齢の壁はどこまでも付いて回るのだった。

とはいえ、奇跡的なバランスながら何とかそれに慣れていった登志子だった、が、まさかこれ以上の壁に立ち向かうことになろうとは、さすがに想像しなかった。


<後編へつづく>


ichiyume_20040_03.jpg






テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 人妻 熟女 巨乳 強姦 中出し



「青き山、揺れる」(43)

命じられるままに、腿を自ら支えてVの字に大開脚する。発情したヴァギナが丸見えになる。緑川はそれを撮影すると、そのまま合体するのかと思いきや、今度は別な体位を所望してきた。祐子は素直に従って、四つん這いになる。しかし、それでもすぐに合体とはならない。

「おチンポ入れて下さい……」

まだアピールが足りないのかと思い、彼女は頼まれもしないのに卑猥な言葉を述べた。これまた自らの手で尻肉を開き、その谷間を明るみに露出しながらだ。

「入れてぇ……早くぅ……」

いかにも尻軽な風を演じながら、祐子は懇願する。そうする間にも、緑川は携帯を股間に近づけて、その中を撮っているのだ。その恥ずかしさを紛らわす意図もあってのことだった。

「これがヤリマンのマンコだ」

彼は一人で解説しながら撮影を続けた。写真なのか動画なのかは分からないが、どっちみち祐子の性器が大写しになっているのは事実だ。

「きったねえヤリマンだな。やり過ぎなんだよ」

彼はさらにこう評して、例によって祐子を辱める。これに対し言われた本人は、身を縮こまらせてそれに耐えた。

「すみません……」

謝罪の言葉すら口にした。すると、これによって相手は次なる凌辱案を思いついたらしい。

「そうだよ、謝んなきゃいけないよなあ。テレビ見てる人は、あんたがヤリマンだってこと知らないんだから」

こうして祐子は、また以前のように破廉恥な謝罪会見をさせられる破目になった。

「わたしはヤリマンです――おチンポ大好き女です――おチンポハめてもらうしか能のないメスブタです――体を売ってレギュラーを貰いました――最低の女子アナです――」

「今まで偉そうにニュースなんか読んですみませんでした――これからは引退して、マンコに専念致します――わたしは殿方の公衆便所になります――おチンポだけを食べて生きて参ります」

次々と促される台詞を、ひたすら朗詠していく祐子。これがマインドコントロールというものなのか、彼女の頭の中はグラグラと揺れて、それと同時に例えようもない高揚感が身内に満ちてきた。

ついには、土下座までさせられてしまった。額を地につけ、その上後頭部を踏みつけられさえして、根拠のない謝罪を続けさせられる。

「汚いヤリマンで申し訳ございません――こんなブスの汚いヤリマンは、肉便器になるぐらいしか道がありません――おチンポの入れ物になるのが夢です――」

さらに緑川は、次の文句を彼女に伝える。が、この時ばかりは、珍しく祐子が躊躇した。

「当然だろ、肉便器」

彼は言って、さあ早く、と彼女を促す。そうされると、もう彼女は受け入れざるを得なくなってしまうのだった。

「これからカメラの前で中出ししてもらいます――ヤリマンにおチンポ汁入れられて、祐子は妊娠します――これからは大きくなったお腹でテレビに出ます――」

堂々の妊娠宣言だった。仕事への責任感から、これまで彼女が回避していたことである。もっとも、この動画や写真が流出すれば、再びテレビに出られるとは思われなかったが。

「じゃあ入れてやるか」

ようやく緑川は許しをくれた。祐子の顔がほころぶ。その表情には、将来への不安など微塵も見えなかった。が、ほんの近い将来への障害は、思いがけず発生した。

「じゃあ、好きなように入れろよ」

そう言って、彼は立ち上がった。本来ならば、願ってもない一言である。しかし、これが思いのほかの難題であった。

“好きなように”とは言ったが、相手は立ったままである。寝てもらうか、座ってもらうかしないと、挿入には都合が悪い。だが、彼にはその配慮がまったくない。言うことも聞いてくれない。明らかに、祐子を焦らして愉しんでいるのだ。

それでも祐子は健気に、はじめは尻の方から相手の腰に近づいていった。計画では、後ろからズッポリとハまるはずだった。ところが、これがうまくいかない。いかに力士の中では小兵の彼といえども、足をピンと伸ばしたままの状態では届きそうもなかった。せめて中腰にでもなってくれればいいのだが。

彼女は、しばらくそうして頑張ってみたが、何度やっても無理なことを知ると、ついに焦れて音を上げた。

「ンン~……入れて下さい……」

まるで、駄々っ子のような口ぶりだった。しかし、緑川は無視して、相変わらず棒立ちのままだ。そこで、祐子はまた、地べたに両手をついて懇請した。

「お願いします……おチンポ入れて下さい……」

それでも相手は動かない。祐子はいらぬ恥をかいた。自分の計算のあざとさを見透かされたようで、一層恥じ入る。仕方なしに、もう一度挑戦に向かう。

今度は向かい合わせになって、自分の右足を抱え上げて試す。が、もうちょっとという所で届かない。途中、右足が疲れてきたので、左足に替えた。やはり同じことだった。

最終的には、相手の体によじ登っていった。最後の手段だった。相手の肩に手をかけて、両足をもがき、足の裏で相手の膝や腿を蹴る。される方としては、それなりに痛いのではないだろうか。しかし緑川は、むしろ彼女の必死さ加減を笑う方に忙しかった。

祐子は、そうやってあがきながら、一方で別なことに思いをはせだしていた。それは、緑川の、いや力士の肉体の心地よさである。何度も肌を合わせはしてきたが、このような取っ組み方をしてみると、いつも以上に相撲を身近に感じることができた。胸を借りる、とはよく言ったものだ。これは、ちょっとしたぶつかり稽古だった。

しかし、あくまでも目的は一つである。彼女は、かなり荒れた呼吸をしながら、ようやくのことで、彼の首に手を、腰には足を巻きつけることに成功した。冷静にみると、何とも間抜けな努力であった。


<つづく>




<目次>
(1)~(10)(11)~(20)(21)~(30)(31)~(40)(41)~(50)
(51)~(60)







テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 女子アナ 羞恥



「青き山、揺れる」(42)

「何? 指チンポだ?」

いかにも呆れたという口調で、緑川は言った。

「そんな名前で呼んでんだ?」

彼にとっては意外な収穫であった。いな、彼ならずとも想像だにしなかったことだろう、妙齢の女性の口からそんな単語が出てこようとは。しかも自発的にだ。

祐子自身びっくりである。彼女は自分で言っておきながら、その後で、サアッと頬を赤らめた。一方で、体内の興奮は異常なほどに盛り上がっており、それによって沸騰する血液が、彼女をして一段と破廉恥な行動に走らせていく。

祐子は、両の手の中指と薬指をそれぞれ揃えると、その四本の指で、小陰唇を両側にめくり広げてみせた。シェークされた粘液が、その合い間からトロリと漏れいずる。

「すげえな。マジでど変態だな」

緑川は言った。

「アハアァァ……」

返事とも何ともつかない、大仰なため息を吐く祐子。淫獣の咆哮とでも呼ぶべきだろうか。その水蒸気の一粒一粒が、まるで愛液なのではないかというほど、彼女は今性の権化と化して見えた。

「さすがにヒくわ」

冷笑を浮かべて、緑川は言った。だが、その言葉とは裏腹に、彼の肉茎はいきり立っていた。オスとして、目の前の肉に素直に反応しているのである。祐子が思い切った甲斐のあったというものだ。

もっとも、何もかもさらけ出して本気の自慰に走り出した彼女は、もはや賞品という目標を見失っていた。彼女は、クリトリスを親指でこねくりながら、ヴァギナを縦横無尽にかき回して、ひたすら己の快楽を目指すことにのみ集中しだしていた。

「イく……イ、ヒ、イく……イく……」

うわ言のように、その口から喜悦の言葉が漏れる。すると、その様子を見ていた緑川が言った。

「おい、もうチンポはいいのか? 指チンポでイくか?」

決して本気ではなかったろうが、やや嫉妬を感じはしたらしい。猪突猛進なこの盛りのついた飼い犬をしつけるべく、彼は冷静な判断で、再び自身の陰茎への興味を喚起させようとした。

「あ……あ……」

顎を上げ、小鼻を膨らませる祐子。やがて、腹から搾り出すような声で言った。

「欲しい……!」

言ってから、唇を内側に入れて、その表面を湿らせる。いかにも食い意地の張った仕草だ。

「へっ――、じゃあ入れてやるか」

鼻で笑って、緑川は彼女を突き飛ばすようにして仰向けにさせると、その股へと肉棒を近づけていった。ゴクリと生唾を飲む祐子。と、ここで、緑川がふいに、意表を突く質問をしてきた。

「もうゴム着けなくていいよな?」

「え?」

祐子ははっとして、その刹那我に返った。実のところ、この確認をされるまで、避妊具の有無に気が付かなかった。もし指摘されなければ、何の疑問も持たずに受け入れていただろう。それほど、彼女は舞いあがっていたのだ。

「もういらねえだろ、コンドーム。生でやらせろよ」

緑川は、その固い突起で陰唇を突っついてくる。祐子が意識しなくても、膣口はその突起を勝手に吸いこんでしまいそうだ。激しい煩悶が彼女を襲う。

(生で……?)

それこそ本来のセックス、すなわち子作りのための性交渉を意味する。だが祐子は、これまでそれをしたことがなかった。子作りをしていながら、避妊をし続けてきた。人間ならではの矛盾、エゴなセックスである。

努素毛部屋での数々の淫行も、常に妊娠の危険を回避しながら行ってきた。それは、相手方の方でも推奨していることだった。いつでもコンドームが常備してあるあたり、いづ美もそのようにしているのではないだろうか。

「あんたも生の方が気持ちいいんだろ?」

彼女の逡巡を愉しむように、緑川がけしかける。

(生……気持ちいい……)

これまで意識にのぼらなかったことが、とても重要な意味を帯びて彼女の心を占めていく。これまでは、特にこだわりもしない一方で、当たり前のこととして避妊をしてきた。それは、現在の立場になる以前からのことだったが、やはり世間の注目を浴びるという職業柄からも言えることだった。仕事には、プロ意識の強い彼女である。

だが、今まで考えもしないことだったが、避妊具を着けるのと着けないのとで、快感に差があるように彼は言うのである。彼女の心は揺れた。あまつさえ、体は極限の状態で男を欲している。

(今回だけ……)

祐子はぐっと股を開いた。無論、いつぞやのように、今回もやはり前途が闇に閉ざされているとの諦観が後押ししているのは確かだ。

「して……」

ついに彼女は言った。自分の子の父親を決定するかもしれない重大な決断だったが、何の臆面もなく言った。決して子供を産みたかったのではない。ただただペニスを入れてほしかっただけである。祐子は浅薄な女だった。

そんな彼女にカメラを向けて、緑川は詰め寄る。

「何してほしいか、はっきり言いな」

そのレンズを見つめ、祐子は言った。

「入れていいです……おチンポ……コンドームなしで……」


<つづく>




<目次>
(1)~(10)(11)~(20)(21)~(30)(31)~(40)(41)~(50)
(51)~(60)







テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 女子アナ



「青き山、揺れる」(41)

「アッ……ン……」

愛液の溢れる泉に、ズブリズブリと中指を沈めていく。いわゆる“外派”より“中派”の彼女にとって、深々と指を挿し込んで動かすことは極めて自然な流れだった。

しかし、そう無意識に行ったことが、緑川からの意外な指摘を招く。

「慣れたもんだね。ズブズブ指入れてさ」

祐子ははっとして手を止めた。何も考えず自然のままにやったつもりだったが、思いがけず変態的なやり方だったのだろうか、彼女はたちまち不安になった。

「そりゃそうか。こんだけヤリマンなんだもんな。そりゃ普段から我慢できないわな」

続けざまに放たれた彼の台詞を受け、祐子の顔がカーッと火照り出す。手淫の癖があることも、そしてそのやり方も、何もかも他人に知られてしまったことに、改めて恥じ入る。

そもそも、彼女にとって最も隠しておきたい習慣を、人に明かすどころか眼前で披露するなんて、そんな日は一生来ないと考えていた。物心ついてから今日までひた隠しにしてきた因習、もはや彼女のパーソナリティーの中枢であるそれを、打ち明けるなどということは。

祐子はその動揺を悟られないために、眼前の肉茎に唇をかぶせていった。すると、すかさず緑川が、

「口は使うな。においだけでオナれ」

と、彼女の行為を拒絶する。これで目論見を阻まれた祐子は、卑屈な気持ちになって、言われた通り陰茎のにおいをかぎながら、指の摩擦を続けた。

「いつも一人でやってんの」

話を戻す緑川。結局、自慰の話からは逃れられない定めらしい。

「昨日もやったのかよ」

祐子は返答しない。すると、彼はそれを肯定の意味と勝手に決めてしまった。

「そうか、やったのか。どうせ今日のこと想像しながらやったんだろう」

彼は言った。実は図星だった。元来、毎日でもここに来たい彼女なので、日々我慢の連続ではあったわけだが、いよいよそれが限界という所で、ここへの訪問を決めたのだった。それで、決定してからは、来たるべき日のために制限しようとも思いながら、それへの期待感から、結局前日も夜中までオナニーに耽ってしまったのである。

「どんだけ変態なんだよ。――あんたさあ、アナウンサーなんかじゃなくて、AV女優にでもなればよかったのに。乳もでかいしさあ」

情けなさを噛み締めながら、祐子は彼の言葉を聞いていた。不思議なもので、彼に言われると、自分でもそれが正しい選択ではなかったかと思えてくる。体を売って、快感とお金がもらえるなら一石二鳥ではないかと。彼女はいつしか、体面という大事なものを失念していた。

一方、指先は日常の動作を決して失念したりしない。性感ポイントを的確に押さえつつ、堂に入った動きで淫唇を慰めていく。その口は、粘液でチュパチュパと音を出しながら、主人の指に夢中でむしゃぶりついていた。

「そうだ」

急に緑川が言った。何か思いついた様子だ。

「エロいオナニーでさあ、俺のチンポ勃起させっぱなしにできたら、入れてやってもいいよ」

瞬間、祐子の目は爛々と輝きだした。やっぱり欲しい。入れてもらえるなら、それ以上のことはない。何といっても、本物だ。彼女の痴態は勢いを増していった。

挿入する本数を、一本から二本へ、二本から三本へと増やす。もっとも、これはいつもやっていることだ。基本的に、直接肉体が感じる気持ちよさは、一本で十分ではある。が、二本も、三本も入れてしまっている、という意識が、精神的な快感を呼び起こすのである。

「うっわあ、すげえな。どんだけ指入れんだよ」

早速緑川が反応する。果たして、これは彼にとって加点対象となるのであろうか。自分で自分の膣に三本も指を入れる女は、果たして報われるのであろうか。

当然、祐子としては報われたい。彼女は、目標である一点だけを凝視しながら、狂ったように淫口をかき回した。それにつれ、ヂャブヂャブと愛液の音が鳴る。

“エロいオナニー”それがどんなものなのか、その答えは分からない。そこで、とにかくがむしゃらに淫乱な様を見せつけることした。

それは、もちろん目的の物を獲得するためにほかならなかったが、同時に全てをさらけ出してしまいたいとの欲求にも適うものだった。オナニーという、自分にとって最大の秘密を暴露した今、いっそとことんまで淫らな自分を告白してしまおうと考えたのである。

「おうおう、自分で乳まで揉みだしたぜ」

笑いながら、緑川は携帯のカメラを彼女に向けた。右手で股間を、左手で乳房をいじくる祐子が、レンズに収まる。

彼女の手淫は、今や通常のそれと変わらないものになっていた。乳房を揉んだり、乳首をいじめたりするのも、日常で彼女がやっていることである。もちろん、普段はトイレの個室などでこっそりとしているわけだが。

「アァ……ハアァ……」

ついに、淫らな声まで出し始める。これも、自室で行う折などにはよくしていることだ。声を出すと、俄然気持ちが盛り上がるのである。

だが、今日はこれだけでは弱いと思ったのだろう、何しろ“エロいオナニー”をしなければならないのだ。そして、真の淫乱な己を見せてしまいたいのだ。彼女は、段々と声のボリュームを上げていくと、そのうち卑猥な文句まで交え始めた。

「ハァ……アァハ……き、気持ち、いい……マン、コ……ゆ、指っ、指チンポッ!」

あられもない言葉で、とうとう彼女は、長年秘めてきた恥辱を吐露した。


<つづく>




<目次>
(1)~(10)(11)~(20)(21)~(30)(31)~(40)(41)~(50)
(51)~(60)







テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 女子アナ オナニー



「青き山、揺れる」(40)

祐子は耳を疑った。彼はその理由をこう説明する。

「なんかもうきったねえし、やる気なくすんだよね」

それは、彼女の顔が唾液まみれであることだけを指して言うのではなかった。つまり、既に二人の男に抱かれた後の祐子の体自体が、汚く見えるというのであった。

「だって嫌じゃん。ほかの奴の後とかさ」

いけしゃあしゃあと彼は語った。

(そ、そんな……)

祐子には、ぐさりと突き刺さる言葉だった。確かに、相手の男性からすれば、他の男と交わった後の女とやるのは気が引けるかもしれない、そのことは、元々容易に想像がついていたからである。ただ、あえて意識しないようにしてきた。自分の欲求を優先してきたわけだ。

しかし、とうとう緑川はそれを指摘してきた。痛い所を突いてきた。考えてみれば、これまで何の不満もなかった方が、奇跡だったのかもしれない。今日のような段取りは、既に何回も経ていたからである。

彼はさらに、別な視点からこんなことも言った。

「あんたも、もういいでしょ。散々やったんだしさ」

(それは違う!)

祐子は心に叫んだ。黄本や白木とは確かにまぐわった、が、美味しいものは別腹、目の前にペニスがあれば、やはりそれもくわえたいのだ。誠に欲張りな彼女である。

(だって勃起してるのに!)

眼前の陰茎は、種付の用意に勇んでいた。なのに、これを使わないとは、全く不可解な話である。だが、自分のことを汚いと言われた今、やはり諦めるしかないのであろうか。

祐子は悶々とした。その様子は、表情にもありありと現れていた。緑川はそれを察知すると、彼女を試すように言った。

「欲しい? やっぱり」

「欲しい!」

祐子は即答していた。

「おチンポ……ちょうだい?」

恥も外聞もなく媚びた。どんなにプライドを売ろうと、これで目当てのものが手に入るなら安いものだと思っていた。彼女はもうすっかり、緑川の術中に落ちていた。

「ハハ――やだね。だって汚ねえし」

彼は意地悪く笑った。ちょっと見た感じ、二人はじゃれ合っているように見えないこともなかった。だが、祐子は必死である。

「そんなにしたいんだったらさあ」

緑川は言った。すわ助け舟か、そう思って祐子は身を乗り出す。どんな条件でも飲むつもりだ。もうこうなったら、撮影でも顔面交尾でもなんでもありだ、と。だが、相手が持ち出したのは、またもや新しいアイデアだった。

「そんなにしたいんだったら、自分でしなよ」

「え?」

祐子は聞き返す。騎乗位のように、自分から入れればいいのだろうか、そう思った。しかし、

オナニーすればいいじゃんか」

ニヤニヤ笑いながら言い放つ緑川。

「ええっ?」

祐子は呆気にとられた。人前で自分を慰めるなんて、そんなオナニーがあるだろうか。もし一人きりだったら、やむを得ずそうして慰めたには違いないが。

「したいんだろ? でも俺はやる気ないからさあ、仕方ないじゃん。これオカズにしながらやんなよ」

彼は、そう言って腰を前に突き出す。依然勃起している肉茎が、目の前で微かに揺れた。

(ああっ、欲しい!)

鼻先に突き出されたそれを見て、祐子はもぞもぞと腿をすり合わせる。欲しい、だが入れてはもらえない。そんな気分を穴埋めするのは、いつもならもちろん“指チンポ”、彼女の旦那様だ。

(それはそうだけど……)

公開オナニーなんて前代未聞である。考えたこともない。だが、この切なさはどうしても埋め合わせたい。彼女はむずむずとした。

目の前では、緑川があえて揺らす肉棒が、ブオンブオンと空を切っている。それが欲しい。どうしようもなく欲しい。しかし、自分の体が汚いのだから、それを叶えてもらえないのは仕方がない。

(叶わない……叶わないなら……)

どうせ入れてもらえないことが分かっているなら、もはや致し方ない。祐子は股間に手を伸ばした。もう我慢の限界だった。早くいじりたくて仕方がなかった。何しろ、職場でも我慢ができなくなるほどの女なのだ。

それに、生の肉棒を、彼の言うごとく“オカズ”にするというのも、それはそれで興味深かった。ある意味、オナニーとしては豪華なものだ。どこまでも前向きな彼女である。

そうして彼女は、合体は諦めた代わりに、出来る限りそれに顔を近づけることにした。くんかくんかと鼻を鳴らして男根のにおいをかぐ。その時秘唇からは、例によって大量のよだれがあふれ出ていた。まるで祐子は、“待て”を命じられた飼い犬のようだった。


<つづく>




<目次>
(1)~(10)(11)~(20)(21)~(30)(31)~(40)(41)~(50)
(51)~(60)



ひとみの内緒話
リアル官能小説






テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : オナニー



「青き山、揺れる」(39)

「けど、あんたさあ、テレビ出る人間のくせに、よく顔にザーメンぶっかけさせたりできるよね」

緑川は早速口撃を始める。彼が言わんとしていることは、例によって、日常の彼女の評判を貶めるものであった。

それにしても、確かに指摘の通り、顔面をセックスに使わせるというのは、相変わらずの彼女の迂闊さではある。彼女とて、自分のパーツの商品価値を把握していないわけはないはずだが、それでも求められれば受け入れてしまうのである。

あるいは、彼女のマゾヒズムが、返ってそうやって自分の大切な部分を穢させようとしているのかもしれない。顔に精液をかけられるというのは、一般の女性にも屈辱的なものに違いないが、この場合有名人として特別な価値のあるそれをさし出すことによって、より強烈な性的興奮を得ようとの精神の働きというわけである。

「なあ、顔マンコ」

今やすっかり定着した愛称で呼びかけながら、緑川は自身の陰茎を露出し、それを彼女の頬に乗せた。そして、その図をカメラに収める。

(あぁ……)

倒錯した感情が、祐子をよろめかせる。一つには、著名人としての自らの将来が、またもや奪われるかもしれないという危機感、かつ一方で、それほどまでに自分を追い込んでいるとの意識からくる理不尽な高揚感。

それらあらゆる感情は、最終的に、ズシリとのしかかってくる陰茎の重みによって、一つの自堕落な方向へと押し流されていく。

(重い……)

ペニスは重い。だがその重さが心地いい。白木の場合もそうだが、この重さがどれだけ女にとって憧れであり、安らぎを与えてくれることか。頬にそれを感じるだけで、一種恍惚となってしまうほどである。

さらに、それで顔面を犯されること、それはもはや幸せをすら感じさせるものだ。ただ、今日の場合、犯されるというのとは些か状況が異なるようだった。

「この顔使ってさ、勃たせてみろよ」

彼は言った。その趣意は、顔で男根を愛撫しろということである。

既に今日は二本の男根を経てきたこともあって、加速度的に性に開放的となっていた祐子は、もはやこんな破廉恥な命令にもたじろがなかった。つい先ほど、ビンタをされてショックを受けたこともあったが、逆にそれがトラウマと被虐嗜好を目覚めさせたものとも見える。

陰茎は、まだ平常の状態だった。挿入するには、いずれ勃起させなければならない。そういう合理的観測も背景にあった。

祐子は、ゴクリ、と生唾を飲み込むと、やがてズリズリとやりだした。両手でそれの根元を支え、頬にこすりつけ始める。“顔を使って”の意味を、瞬時に理解した彼女だ。顔面を性の道具に用うるという認識は、すっかり常識であるらしい。

だがその実行の仕方は、まだ緑川の気に染むものではなかった。

「手を使うな」

号令一下、祐子は両の手を背中に組まされた。まさに、顔だけで陰茎を愛撫しろというわけである。彼女は言われた通りにした。正座に近い姿勢で前のめりになって、股間に突っ伏していく。その格好は、傍から見ると異様で、かつ間の抜けたものだった。

陰茎は、顔の上を端へ端へと逃げ回る。勃起していないそれは、手で固定しない限り安定しないのだ。よって、中々しごくという動作にまで至れない。それでも彼女は、懸命にそれを行った。そうすることで彼への忠誠を示したかったし、他方、コリコリと感じるその感触が心地よかったからである。

しかし、祐子の満足がイコール緑川の満足とはならなかった。

「そんなんじゃ勃たねえよ。もっと考えろ」

彼は命じた。祐子は言われた通り考え、そして一つの結論を出した。口を開き、舌を伸ばす。チロチロと、それで肉茎を摩擦しだす。フェラチオの一環である。だが、相手はその営業努力のさらに上を要求してきた。

「よぉし、それやりながら顔でコけよ」

祐子は、舌で陰茎から陰嚢までを舐めつつ、顔にそれらを押し付けてこすることにした。たちまちのうちに、顔中唾液まみれになる。

「へっへ――あんたマジで顔マンコだな。チンポ専用の顔だわ」

緑川の、そんな意地悪な台詞も、今や彼女を辱めるには至らなかった。彼女はもう、夢中で男の股間を顔面愛撫していた。むせ返るような男のにおい、獣を思わせるそのにおいが鼻腔から肺に充満していく。唾液の海には、いつしか精液の先走りが混じりだしていた。それに伴って、柔らかかった突起が、次第に太り固さを増していく。

(素敵……)

みるみるオスのあるべき姿へと成長を遂げていくペニス、自分の顔で育て上げたペニスだ。祐子は、誇らしさと嬉しさを感じながら、立派になったそれを慈しんだ。

(あぁ、おチンポ……わたしの顔マンコで大きくなって……)

完全に顔面を膣に見立てた交尾を肯定し、祐子は狂おしく男根と戯れる。既に念願の勃起は達成されていた。となると、顔面交尾もいいが、やはりあるべき場所にそれを迎え入れたい。何しろ、絶頂は確約されている代物なのだ。

(欲しい、欲しい――)

お預けを食わされる犬のように、チラチラと主人の方を窺う祐子。精嚢に鼻を突っ込めば、そこはいかにも精液が詰まっていそうにズシリとして、否応なしに期待を煽られる。彼の体も、とうに準備万端のはずだ。もちろんメスの体は、いつでも合体オーケーである。

ところが、そんな彼女を待ち受けていたのは、緑川の非情な一言だった。

「やっぱ今日やめとくわ」


<つづく>




<目次>
(1)~(10)(11)~(20)(21)~(30)(31)~(40)(41)~(50)
(51)~(60)







テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 女子アナ 顔コキ



学食のおばさん便器

『学食のおばさん便器』



“学食”――それは、淫靡な響きを持って心に響く単語だ。あの青春の日々は、今なお記憶の中で妖しい光沢を放っている。

そこが、食欲と同時に性欲をも満たす場であることは論を待たない。“男子校”“学食”“おばさん”とくれば、世間でも周知の事実であろう。実際に通った者でなければ、あるいは婦女子ならば知らぬこともありえようが。

私も、世話になった男の一人である。そうして、男子校出身者のおそらく大多数がそうであるように、彼女らによって“男”にしてもらった人間である。

「学食行ってくる」

それは、ある種の隠語であった。中には、

「便器行ってくる」

などと、ややあからさまに言う者もあった。もっとも、普段の会話の中で彼女らを指す言葉は、そのものズバリ“便器”であったが。

我が校には、便器が三つあった。私が在籍していた当時は、当初、谷田さん、長谷川さん、それともう一人、ひょろ長く地味な印象の人がいたが、この人の名前は失念してしまった。いずれも五十代以上、下手をすると六十代にまで手が届いていたのではないかという人たちである。母親よりも年上だったろう。

それでも私は精勤に通った。恥ずかしながら常連であった。しかし、弁解をするわけではないが、経験者ならば共感してもらえるだろう。あの年頃の男というものは、頭の中まで精液が詰まっていると揶揄される位、実際性欲旺盛なのだから。

だから、いきおい依存症にもなる。手近な快楽に甘えてしまう。たとえ、怪物じみた相手であっても、女であれば使ってしまうのだ。

女、いな、彼らは便器であった。明らかに恋愛の対象外のその容姿から、そう蔑んで(というより、実際には無邪気に、何の疑いもなく口にして)いたのであったが、加えて、相手の人格に関係なく、入れて、出すだけという観点からも、そう呼ぶのがふさわしかった。

我々にとっては、彼らの“穴”だけが興味の対象だったのである。それ以外の場所は関係なかった。穴さえあれば良かったのだ。そういう点から見ると、それは、セックスというよりオナニーと言うのが適切であったろう。相手を慮らないので、自分ひとりでやっているのと何ら変わらなかったからだ。

学食の棟へ行って、彼らの詰め所に入り、そこに並んだ三つの穴のうちの一つに男根を挿入、そして射精。この一連の流れが、単調な学生生活の中で最も代表的な日常として繰り返された。私は、授業の時間割や教室での振る舞いなどは一切覚えていないが、あの淫欲に染まった日常だけは今でも忘れることができない。

ほかの者もそうではないだろうか。男としては、やはり一番強烈な思い出ではないだろうか。卒業生が集まって、あの頃の思い出を語れ、と言われれば、必ず早い段階で“学食”という言葉が出るはずだ。それは、仲間意識を確認するのに欠かせない、共通のキーワードである。

今なお、あの時の感覚はまざまざと思い出される。そこへ行く日は、登校時からムラムラとして落ち着かなかった。行ける日は、前もって決まっていた。何しろ、在校生に対して三つしかない便器であるから、毎日大変に混みあう。それで、あらかじめ整理券が発行されて、何月何日の何時何分が自分の番だと指定されるのである。

この予約設定は結構シビアで、一分でも遅刻するともう受付られなかった。そういう場合は、次の者が即繰り上がる。大体数人、多い時で十数人は常に順番を待って控えていたものだ。といっても、控室のようなものはないので、部屋の戸の前から階段にかけて列をなすことになる。

室内にたむろすることは、便器が許さなかった。特に長谷川さんが恐く、彼女の剣幕には誰も逆らえなかった。私語もほぼ禁じられたし、外で待つ間でもやかましければ、その時他の者との最中であっても関係なく、注意しに出てきた。いわゆる鬼ババだった。

谷田さんにも似たような迫力があったが、この人の場合は時間にうるさかった。彼女が管理する帳面には、誰がいつ利用したか、そしていつ予約しているかが克明に記録されており、これは入り口に広げてあって、利用者はまずその内の自分の欄にチェックをしてから行為に及ぶことになるのだが、これにもたもたしていると、怒声が飛ぶのが常だった。

また、制限時間にはいずれの便器も厳しかった。持ち時間は一人五分である。これに例外はない。延長も許されない。時間が来れば、途中でも退出させられる。だから皆、タイマーを気にしながら必死で腰を振った。タイマーは、三十秒前になると音が鳴るようになっていた。こういうシステムの都合上、遅漏の者は大変だったろうと、他人事ながら思う。

ちなみに、私が学食の便器を使う時は、必ずバックを選択した。それが早く済ますのにうってつけだったのもあるが、むしろ、顔や体などの余計なパーツの情報をシャットアウトして、穴だけに気持ちを集中させるためという理由が主だった。まさにオナニーである。そういう意味では、私は特にドライな性質だったかもしれない。

もっとも、ヌきだけを追求していくと、結局そういう形に落ち着くものだ。挿入以外も行えはしたが、これは全くいらざるサービスであった。

フェラチオなぞは、普通だったら喜ばしいオプションであろうが、あれは多少なりと魅力を感じる女性にしてもらって、初めて興奮するものだと思う。不細工な顔たちに股間に寄ってこられても、しかも挿入よりはるかに劣る刺激でなされても、ちっとも気持ちよくなんかない。

ところで、時々、便器と自分たちとどっちの立場が上なのか分からなくなることもあった。こちらの性欲に従わせているのだから、自分たちの方が上のようであるが、ルールを作るのはあちらであって、それに従わなければならない制度であるからには、便器の方が上かもしれないのである。

おまけに、我々は流れ作業で、ただただ精液を消費させられるだけという面もある。初体験の時もそうだった。こちらが初めてであろうと、向こうは知ったことではない。他の者と同じように、淡々とあっという間に済まされた。思い出も何もあったものではない。まるで、ベルトコンベアーに乗せられた商品のような感じであった。

それでも、私たちは納得していた。たとえ管理された射精であっても、それでよかった。それは、私たち自身が自主的に行っていると信じていたためもあったが、何よりも、どんな膣であっても入りたいと言いきれるほど、あの頃の性的好奇心が強かったからである。

ただ、やはりセックスは、相手あってのものだということは間違いない。本当に、相手の顔かたちでどうしてあんなにも気持ちよさが違うのだろうと思う。というのも、現実にそう実感させられる出来事があったからである。







続きを読む

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 熟女 童貞 中出し 放尿