おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

    
お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



<おすすめサイト更新情報>

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。

■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」

◆中編作品
「大輪動会~友母姦戦記~」(連載中)
「青き山、揺れる」 ▼「師匠のお筆」

短編作品
「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「サルオナ」  ▼「母の独白」  ▼「童貞卒業式」  ▼「お昼寝おばさん」
「上手くやりたい」 ▼「珍休さんと水あめ女」 ▼「栗の花匂う人」
「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」 ▼「いたずらの入り口」
「学食のおばさん便器」 ▼「山姥今様」 ▼「おしっこ、ついてきて。」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
「青き山、揺れる」(44)

さて、ここからがまた難関である。既に尻の谷間には剛直が当たっているが、これを肉体の中へと導き入れなければならない。

祐子は右手を離してそちらに伸ばすと、太い幹を握る。それを縦にして……と、これでいけるかと思いきや、それの長さのせいでつっかえてしまい、そのままでは入りそうもない。おまけに固くて折れ曲がらないときている。どうしてもゴールの位置を調節せねばならなかった。

そこで、首にひっかけた左手に力を込めて、懸垂の要領で尻を持ち上げる。片や右手で肉竿を縦にし、穴の入り口を探る。その先端が入り口付近をさ迷う間、じれったくて左手がプルプルと震えた。

だがその骨折りの甲斐もあって、

「アッ! アンア、ア、ア……!」

いよいよ入った! 途端、祐子の心に安堵感が広がる。

しかし、これがまずかった。当然、待ちかねた主役の到来ということもあり、快感だってものすごいのだが、それと、挿入というひと仕事達成からの解放感が相まって、彼女の左手から、刹那、力を奪ったのである。

「ヒャアァァッ!」

真っ逆さまに転落し、背中をしたたか打ちつける。だが性のバロメーターは、その時既に振りきれていた。挿入だけでオーガズムを得ていた祐子である。

ぐったりとなって、瞬間はまるで事切れたかと思わせたが、すぐに起き直り、またしても巨塔への挑戦を始める。執念である。気力だけで動いている感じだ。その姿はまるで、亡者のようであった。

亡者は地面に這いつくばって、仁王像のように立つ緑川の、すね、腿、腹と這いあがり、先ほど獲得した要領で、また首を使った懸垂を始める。大変な難行ではあるが、一度成功した実績があると上手くいきやすいものらしく、今度は一回で抱きつくことに成功した。

「ンッ! ン、ン、ン、アアッ!」

ズブリズブリと土手の肉をかき分けて、蜜壷に肉棒が沈んでゆく。この瞬間、またしても祐子は気をやる。動かさなくともイッてしまうのだ。そしてまた、イくと力も抜けてしまう。再び彼女は落下した。

ドサリ、とその身を地に投げ出す。天から地へ、一瞬の転落。見上げれば、目指す宝塔ははるか上方だ。天を支えんとまでに、上向いて立っている。

行ったいこれは、何の行なのであろうか。修行なのか願掛けなのか、あるいは罰なのであろうか。いずれにせよ過酷な労働である。

祐子は全身に汗を流し、ハアハアと荒い息を吐いている。そうして胸が動く度、豊満な乳房の先から汗の雫が垂れた。髪は乱れ、前や後ろのそれは、汗で肌に張り付いている。化粧は、先ほどの恥戯のせいもあってとっくにボロボロだ。

そんな姿になっても彼女はあきらめない。というより精神力のみで動いている。亡者と化しても挑戦を続ける。

三度目の挿入も、結局二度と同じ経過をたどった。それでもまだ、這い上がろうとする。しかし、四度目の挿入にはこぎつけられなかった。さすがに、力が入らなくなってきたからだ。

彼女は膝立ちをしたまま、相手の股間に突っ伏した。陰嚢に鼻を埋めたまま、しばし次の行動に移れない。

それを見た緑川は、髪をつかんで彼女を引きはがし、その顔を直立した陰茎でベチベチと打った。

「どうした、おい。もう終わりか」

肉棒が、左右の頬を乱打する。硬直していると、それなりに重量感があり、思い切り叩きつけられると、痛いほどではないというものの、ビンタほどの衝撃はあった。特に手で竿を固定して連打されると、激しい音まで鳴る。

「このまま終わるか? ん?」

緑川は、なおもペニスによるビンタを続けつつ、祐子を煽る。

髪をつかまれ、頬や鼻をペニスで打たれるというこの行為、普通なら凌辱であるはずのこの行為も、今の祐子にはそうは感じられなかった。むしろ、叱咤激励のように感じられた。まるで、先輩に稽古をつけてもらっている、後輩の力士のように。

彼女は果敢に立ちあがった。


<つづく>




<目次>
(1)~(10)(11)~(20)(21)~(30)(31)~(40)(41)~(50)
(51)~(60)




テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2011/01/18 22:00] | 「青き山、揺れる」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「青き山、揺れる」(45)

すると、肩に手をかけてきた彼女の両腿を持ち上げて、緑川が今度は自ら腰を使い始めた。

「オッ、オッ、オッ、オオンッ!」

思いがけぬ助力に、悦び喘ぐ祐子。願ってやまなかったペニスのピストンだ。一突きごとにイく。

「アグゥッ! アゥ、アグフゥッ!」

さすがは力士というだけあって、軽々と持ち上げる緑川の腕の中で、彼女の体はユッサユッサとバウンドする。もはや自分で体を支えなくてもよいという解放感と、空中浮揚という重力からの解放感の、二重の解放感が彼女の快感を加速していく。

(こ、この恰好、すごい……!)

先ほど来の惨めな重労働とは打って変わって、爽快感溢れるセックス。やはり、男にされるというのはいいものだ、男にその身を抱えられるのは、とても幸せなことだと祐子は実感した。

その実感が強すぎて、

「やっぱり“生”のチンポはいいだろ?」

と聞かれた時も、避妊具を着けていないことへの意識は、もうすっかり遠のいていたほどである。もっとも、“生”故にいつも以上の快感を得ていた可能性はあったのだが。

「中にたっぷり出してやるからな」

緑川は言うと、祐子の腿を連続してきつく引き寄せた。その度に、パチンパチンと肌のぶつかる音が響く。

「ヒイィヒッ! はいぃ……ハヒィッ!」

引き寄せられる度に深く男根がはまり、その都度腹筋を痙攣させつつ、祐子は返事した。膣内射精、それは結合前からの契約ではある。彼女には、それへの実感はなかったが、背徳感めいたものはわずかながらあった。

それが期待感を生じ、空中に位置する結合部位から大量の粘液を飛び散らせる。やがて、そこに白濁液が混合されるのは時間の問題だった。

「イくぞ! イく! イく、出る! 出るっ!」

大袈裟に言って、緑川は射精した。その大袈裟な調子が祐子に影響し、膣内に射精された印象を強める。ついに、男に種付けされた彼女の膣である。

ドクドクと流れ込む精液の中で、緑川は勃起も挿入も維持したまま動かない。最後の一滴まで彼女に注ぎ込むつもりだ。

「出てるの分かるか?」

彼は問う。

「……ンハァ……はぃ……」

祐子は答えた。しかし、その意識は夢幻の中をさまよっていた。心地よい満足感が、膣と心を満たしている。尻の筋肉が痙攣し、その悦びに躍っていた。

ようやくのことで解放され、その汗みどろの体を布団の上に下ろされる。いつもなら投げ落とされるところだが、今日はそっと下ろされた。その理由は、緑川の次の行動で明らかとなる。

彼は携帯電話を取り寄せると、仰向けに寝る祐子の股を開かせ、その谷間の撮影を始めた。すなわち、折角射精した精液がこぼれ出さぬようにと、そっと彼女を寝かせたのである。彼の目的は、射精された膣を撮ることであった。

そしてまた、例によって卑猥な台詞を言わされる祐子。

「おチンポ気持ちよかったです――、中出し大好きです――」

彼女の顔と膣の両方をアングルに収められる。彼女のキャリアを終了する証明写真である。パックリ開いた陰裂から、白い涙がこぼれ落ちた。

「よし」

緑川は撮影を終えると、満足そうに立ちあがった。

と、その手の携帯電話が、ふいに中空に浮かび上がる。

「何がよしだ、コラ」

緑川はドキリとして後ろを振り返った。


<つづく>




<目次>
(1)~(10)(11)~(20)(21)~(30)(31)~(40)(41)~(50)
(51)~(60)




テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2011/01/21 22:00] | 「青き山、揺れる」 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
大輪動会-プログラム#10-

  *

 ムカデ競争――。

 それは、複数人が縦一列に結合して走り、他の隊列と勝敗を決する競技である。一般に足首を前後の者と結わえる形が多いが、本大会では数年前に怪我人の出たことが問題となり、腰を縛る形式が採用されることになった。つまり、一つの輪っかの中でぎゅうぎゅう詰めになって並ぶわけで、あるいは“電車ごっこ”と形容した方がイメージしやすいかもしれない。

 実際の所名称の変更も検討されたが、当地の風物詩ともいうべき代表的種目であるが故に、愛着を込めて“ムカデ”と相変わらず称している。というのも、これには原則として全員が参加し、出ないのは、乳幼児や足腰の弱った老人ほか体の不自由な者などごくわずかなのである。

「うん、分かった分かった」

係員から縄の先端を渡され、金光は隊列の先頭に収まった。本日唯一の出場競技である。酒臭い息で後ろを振り返れば、そこには清美がいる、佳彦がいる。そして有紀がいる。金光家が一チームに集合だ。

「お前、どこ行ってたんだ」

妻がひょっこり現れた時、金光は問うたものだ。当然であろう。人から行方は訊かれるし、電話を掛けても出ないしで。

「いたわよ、ずっと」

半ば呆れた風を作って、うるさそうに有紀は答えた。

 そう言われてしまうと、つい“そうかもしれん”という気になる酔っぱらい。実際あの後すぐに見つかったのかもしれないし、競技に出ていれば電話も取れないだろう。何より、相手は現に汗だくではないか。余程運動をしていたものとも見える。

 そこで質問を変えた。

「飯は食ったのか」

「ええ」

と、有紀は答えたものの、これには子供達が疑問を呈した。

「エー、お母さんどこで食べたの」

「なんでお弁当食べなかったの?」

 迂闊なことは言えないものである。夫も改めて怪訝な顔になる。もしここで係員からスタンバイを促されなかったら、ちょっと面倒なやり取りになっていただろう。

 話を中断して、前述の通り列を作る一家。その背後から、そっと有紀の耳元へ囁く者があった。

「大好物のフランクフルト沢山食べてたよなあ」

クスクスと笑いながら、男は彼女の後ろにぴったりとくっついた。

  *

「お母さん達、見えないよお」

椅子の上で背伸びしながら唇を尖らせる瑞穂。幼すぎる彼女は家政婦と見学だ。家政婦は相変わらずの無関心ぶりで、スマートホンばかりいじっている。

 観覧者より出場者の方が多いグラウンドはごった返しており、とても目当ての人物を見つけられそうにない。それでもしばらくはキョロキョロしていたが、見えないと知るや早々に諦めて、瑞穂は砂いじりを始めた。それでなくても、この運動会への興味はとっくに失われているのである。

 午後の部開始一番のお遊戯の発表。これが彼女の今日の仕事の九割だった。これ以外に年代別徒競走もあったが、それも午前の早い時間に終わっているし、後はやることがない。自分と関係ないことに対する好奇心など持ち合わせてはいない彼女である。それはたとえ、身内が出る種目だとしてもだ。

 姉の清美が組体操に出た時もそうだった。すごいなどという感動は全くない。

 組体操には、清美のほか、豊、聡、翼も出ていた。そう、彼女ら姉妹の母親とさっきまでくんずほぐれつしていた連中である。それが今度は娘と組み合う。とりわけ同級生の翼は、清美と体を接する位置にいた。もっとも、性的想像力の欠如した彼らには、娘――あまつさえ魅力的な容姿とは到底言い難い彼女と接しようが、日頃と同様特別な感慨はなかった。

 彼らは何食わぬ顔で決められた段取りをこなした。彼らに罪悪感は微塵もなく、その意味で純粋無垢に見える彼らの外観は一面真実であった。彼らはその行いの意味すら、いまだにはっきりとは理解していなかったのだから。

「がんばってね」

近くを通る時に、我が子・豊へ声援を送った母親。無論想像だにしない、このいたいけな男児が、母である自分よりも年上の女と子作りしただなんて。そして、集団レ○プをしてきたその足で、再び運動会に参加しているだなんて。

 彼女が特別ではない。ほかの子の親も、ひいては会場中の大人達だってそうだ。一体誰がそんな突飛な考えをするだろうか。それでも事実として、その小さな短パンの中には既にオスの務めを果たした生殖器が収まっているのである。

「お母さん!」

その生殖器を抱えて、競技後に母の下へと駆け寄る聡。その頭を撫でて活躍を讃える母。親の知らないところで子供は成長すると言うが、彼の場合、既にして彼自身が人の親になり得る肉体を有していた。

 それでも年の割に幼い所のある彼は、母の腿に跨って甘えた。布地越しにではあるが、膣内射精をした陰茎が己の母の体に触れる。

「あら甘えんぼさん。みんな笑ってるわよ」

そう言って彼女がたしなめると、聡は顔を赤くして離れた。と、そこへ豊がやってくる。

「なあ、もっかいヤりにいこうぜ」

彼はそう言って友人を誘った。翼も一緒だ。親達は無邪気な遊びの相談だと思って、なんの気なしに見送った、輪姦に行く我が子達を。

 その横、――母を犯しに行く同級生らの横を清美が通る。相変わらず愛されない彼女は、誰からも声を掛けられることなく、妹の下へ直行した。

「――お父さん出るって、ムカデ。あたしも行ってくる。お母さんも出るかな」

そう話す姉の言葉を聞き、出たいと駄々をこねる次女。しかし彼女は年齢上出場できないのである。

 結局妹を残し、姉はグラウンドに向かった。豊らの親達も出場する。そしてまた、有紀も。

  *

「瑞穂ったらさ、我がまま言って――」

振り返って清美が先程のことを報告する。弁当の件はさておき、久しぶりの母なのである。続けて彼女は、自身の活躍ぶりをかなり誇張して伝えた。それを、間に居る兄が遮る。

「おい、前向けよ。もう始まるんだからさ」

彼が不機嫌なのは、運動よりも、もっと携帯ゲームをしていたかったからだ。

 有紀はそんな我が子達の会話に曖昧な笑みを浮かべていた。その目はどこか虚ろで、かつはまた以前にも増して汗をかいている。

「アッ、ハッ……!」

急に痙攣して、前に居る佳彦に胸を押し付ける。

「押すなよお」

「ごめんごめん」

息子に怒られ、謝る母。だが、彼女の腿はまだ震えていた。閉じようとしても閉じられない。いや、閉じさせない何かがある。

 背後の男の右肩が僅かに上下していた。もしこの場が静寂に包まれていたなら、クチャクチャという音が聞こえただろう。それは、今日だけで二十八発も注がれた精液の音。それが聞こえるのは有紀の股の間からだ。

 最後に注がれたのは竜二のだった。つい今しがたまで彼に抱えられ精液を注入されていた。このグラウンドに出る直前まで。

「オラオラ、駅弁だぜオバサン」

彼はそう言って、宙に持ち上げた女体へと腰を打ちつけた。それが有紀にとっての“弁当”だったわけだ。具といえば“フランクフルト”という名の男根ばかり。家族との時間も惜しんで食し続けてきた。とんだ大飯喰らいではある。

 唇からは、雅也の“ミルク”が零れ落ちた。先程飲まされたものだ。新鮮なそれは粘っこく上下の唇の間で糸を引いた。その白い口から満腹の訴えが漏れる。

「ヒィ……イヤアァ~……!」

もう食べられないというのに、聞き入れられない。竜二は当たり前のようにまたミルクを下の口へ飲ませた。そこの唇もやはり間に糸を引く。有紀は彼の首にしがみついた。不安定な体位の為に仕方なかった。それを捉え違えて彼は、

「オバサン、そんなにしがみつくなよ。危ねえじゃんか」

とニヤニヤ笑いながら苦情を述べれば、横からは、

「中出し大好きなんだよな、奥さん」

「ようやく素直になってきたじゃん」

と花村と慶介が口々に囃し立て、皆で下品に笑い合う。

 竜二は、密着の心地よさをさらに強めるべく、抱え上げたままの有紀の背を壁に押し付け、そのまま最後の一滴まで彼女の肉唇の奥へと送り込んだ。さらに、それが済んで壁伝いにズルズルと落下した彼女の顔がちょうど自分の股間の前に来ると、汁まみれの肉棒をその口へとねじ込んだ。

「やっべ、今日何発でもイけるわ」

彼は恍惚となりながら独り言を言う。その言葉通り、確かに続きでもう一回やりそうな雰囲気だった。

 しかし、それは実現しなかった。急に島田が入ってきたのだ。

「こんな所に居たのか」

その後ろから比嘉も顔を見せる。彼の案内だった。島田は言う。

「もうすぐムカデだぞ」

 全員参加のムカデ競争。当然ここにいる連中もだった。組体操参加者は既に抜けている。残っているのは、それを除く男十人と女一人。そのいずれもがエントリーしている。

「なんだよ、出なくてもいいじゃん」

竜二が不平を言って、島田から叱られる。高橋、花村も、戻らざるを得ない点で一致していた。つまり、男達全員が去ることになる。

 有紀は光明を見出した。しかしそれは、たった一瞬でかき消された。

「金光さん、あんたもだよ」

島田が宣告したのだ。

「ご家族がお待ちですよ」

後から現れた鈴木もうそぶく。

 それからは、先刻の三人四脚と同じだ。有紀はまた白のティーシャツと赤いホットパンツを着させられ、ご丁寧に両脇から護送されて運動場に出た。

「(逃げられない……)」

トラウマ的絶望が彼女を覆う。もう何をしても助からないのだと。

 運動場には既に人が溢れていた。その中を一直線に進んで、自分の組へ向かう。家族の待つ組へ。

「どこ行ってたんだよ」

開口一番、夫も子供らも口々に母をなじった。彼女は、暗澹たる想いで誤魔化す。正直な所、取り繕うのも億劫だった。それでも真相は明かせない。そのジレンマに苛立ちを覚える。

「(人の気も知らないで)」

家族と言えど、他の者と同じだった。ここに居る大多数の連中と同じように、普通に運動会に参加し、半ば気だるく、半ば楽しみもし、今日というありふれた一日を過ごしている。有紀とは明確な温度差があった。かつはまた、彼らは自分のことばかり考えている。

「(わたしが何されてたと思ってんの)」

彼女は静かな怒りに震えた。

「(何されてたか教えてあげましょうか)」

今度は自嘲的に笑う。

「(輪姦よ、輪姦。お母さん輪姦されてたのよ!)」

そう言い切ってしまうと、返って清々しくもあった。もはや恥も外聞もなく全てをさらけ出して助けを求めよう。ここには数多の人間がいるではないか。そう思いつく。

 まずは家族。前方に並ぶ三人。夫は千鳥足、娘は自慢話、息子は不機嫌。母の悲劇に思い至らないのは当然としても、その姿を見ても、彼らは一様に何も感じないらしい。朝と服装が違うことや、そのほか何かと変化が見られるであろうに。

「(助けてよ!)」

 背後を見ると、前原が居た。金光から誘われて、同じ組にねじ込まれたのだ。彼と目が合う。すると彼はちょっと憐れむような表情になって、視線を落とした。有紀はたちまち不愉快になる。この時、恋慕の情は一気に吹き飛んだと言っていい。

 では誰が、一体誰が助けてくれるだろう。大会委員の中には実行犯がいる。教師も共犯。じゃあ女は。同性なら同情も。そう考えた時、かつて耳にした陰口が脳裏をよぎる。

『わざわざ着替えてきたのかしら。どんだけ目立ちたいのよ』

『それにしたって、あの短いズボン何?』

 有紀は今も履いているホットパンツの裾をギュッと引っ張った。信用は遠かった。

「(誰か……)」

頼るべき者などいない、ようやくそのことに気が付き始める。一緒にPTAをやっている保護者。それも望み薄だ。いつも邪険にしてきたし見下してきた。そもそも顔と名前すらほとんど一致しないではないか。もはや四面楚歌の心境である。

 と、そこへ後ろから声を掛けてくる者があった。

「どうした、キョロキョロして」

救世主、……などいるはずがない。振り返るまでもなく敵だと分かる。それは高橋だった。彼は有紀と前原の間に入り込む。そして、

「ここが寂しいか」

と囁くや、ホットパンツの隙間から陰唇の中まで躊躇うことなく中指と薬指を潜り込ませた。有紀の身に屈辱的な不快と、近頃慣れ親しんだ切なさがこみ上げる。

「言ったのかよ、旦那や子供らに。“レ○プされました”って」

高橋は問いかける、が、有紀は無反応だ。構わずに、高橋は続ける、相変わらず膣穴をほじくりながら。

「言ってやれよ、“朝から中出しされ放題です”って。“チンポ大好きお母さんなの”って」

人差し指が加わって、中の指は三本になった。ポタリポタリと粘液が地面に滴り落ちる。

“もう何もかも終わりだ”と有紀は思った。ここで全て白日の下にさらされて、自分から打ち明けなくても悲劇は結末を迎えるのだと。考えてみれば、子供らに自分の境遇を説明できるわけがない。だが遅かれ早かれ、彼らは知ることになるわけだ。彼女はまるで死に際したように、去私の境地を錯覚した。もはやなるようにしかならないのだと。


〈つづく〉


官能小説セレクション




テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2015/11/04 22:00] | 「大輪動会」 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
大輪動会-プログラム#34-


「着いたぞ」

小林が言った。すぐ後から来ていたバスも停まり、その中からわらわらと乗客が降りてくる、皆々待ち切れぬといった風情。強奪者達はまだまだ果実の芯までもむしゃぶりつくすつもりだ。

「ほら奥さん、着いたよ。運んであげよう」

車を降りるなり、小林は飛び掛からんばかりに後部座席のドアを開けた。

「フェ……」

よだれと精液を垂らした有紀が引っ張り出される。まだ呆けたままだ。

 小林が彼女を抱き上げようとした時、慌てて服部が駆け寄ってきた。

「ひとりじゃ危ないですよ。一緒に運びましょう」

「ああ、では、わたしは後ろを」

「わたしは前を」

二人は有紀の腿を開いて抱え上げ、小林はアナルに、服部はヴァギナに当たり前のようにスッと串刺しし、二人して女体の運搬を開始した。

「あっ、ズルい。もうヤッてんすか」

走ってきた竜二が妬むと、服部が、

「うるせえ、オレはまだ一発しかヤッてねえんだ。お前散々ヤッたんだろ」

と一喝。強引にこれを退けた。

「悪いね、おじさん達にも花持たせてよ。すぐ順番回ってくるからさ」

小林も同じく譲らず、二人とその荷物は後から追いついてきた男共に囲まれて玄関へ進む。急いで先回りした袋田が、鍵を開け屋内の照明を点けた。

「おっさんら、体力もつの?」

慶介が憎まれ口を叩く。

「うるせえ」

服部がやり返す。

「そのプレイ、今までやったことあんの?」

「初めてだよ!」

一行は談笑しながら輪姦移動していった。小林と服部は横歩きして有紀を運ぶ。率直な所、前進しながら腰を振るのには無理があった。一人ならまだしも二人挟み撃ちである。だから、結局彼らが本腰を入れたのは目的の部屋に着いてからであった。そして、その時には浩樹が素早くもう一つの穴、すなわち口腔へ挿入していた。

 もはや有紀の定位置となった三穴挿入体位。輪姦経験者でも、誰もがこれ程迅速にこの体勢となれるものではないだろう。これもシェイプアップの賜物か。いずれにせよ、並み居る男根達を全て愉しませなければならない役回りから、精液便所らしく使える穴は常に開放しなければならないのだ。

「オッ、ゴッ、グゥ~……ッ」

有紀はキョロキョロジタバタしだした。不思議なもので、三穴挿入という過激な合体にも関わらず、快感度合の波は高いから低いに移ろう場合がある。要するに、波は波であって、一定高止まりすることはないのだ。水位そのものは高い所にあり続けるとしてもだ。そうして、波の落ちていく時にまた意識が戻ってくる。その時彼女は狼狽える。

 欲しい欲しい、と彼女の肉を求める怨嗟の声。その心はある種純粋、すなわち劣情一辺倒だ。すると、その欲しがられていることが、“必要だ、必要だ”に変換されてくる。どこへ行ってもしっくりこなかった自分が必要とされていると錯覚しだす。

「アァ……」

目の周りにほんのりと赤みが差す。

「おぉ、おばさん、積極的じゃん」

今までになく吸引されているのを感じて、浩樹が誰に言うともなしにぼそりと呟いた。その思いがけぬ口撃に隙を突かれ、彼は我がペースを取り戻そうと腰を振る。されているのではない、しているのだと、女の口にペニスを出し入れする。その陰嚢が、彼女の顎で押されてムニャリと形を歪めた。

 彼が頭を掴む逆側で、別の者が股間を彼女の後頭部にこすり付けだす。髪の毛にまみれた勃起から我慢汁が出て、地肌に染み通っては塗りつけられていく。

「ああ、気持ちいい……」

恍惚とする少年は祥吾だった。このまま射精しそうな勢いである。待ち切れなくて、女体を感じていたくて寄って来たものだ。

 見渡せば所狭しと男が群がり寄っていた。ある者は亀頭で乳頭をめり込ませ、またある者は脇の下に挟み、背中、腿、ふくらはぎ、二の腕、手、いずれにも肉棒がこすりつけられていた。まさに全身性交の観。

 気が付くと、有紀は一か所も地面に接着していなかった。完全に他人に支えられている状態。いわば、擬似的に宙に浮いている格好だ。その不安定かつ他者に依存しなければいられない境遇と、覚醒しきらない意識が、激しく迷妄を助長していく。日頃の彼女なら一笑のもとに否定する愚行。すなわち、男への奉仕に自己の価値を見出すということ。

 もっとも、それの延長は幸か不幸かまた断絶させられることとなった。

「ンブホァッ!」

亀頭の隙間から悶絶する。一見むせたようであるが、その実アクメだ。それも複数同時姦にならではの、強烈なやつがバシンと叩き付けてくる感じの。

「(あが……また……またぁ!)」

揺り戻しの波に押し切られ、スーッとこだわりが抜けていく。洗い流されて、矮小な己という檻が去っていく。

「いい顔になったもんだ」

さも満足そうに鎌先がそれを見下ろして言った。

「悔しそうな顔も悪くなかったが、ようやく自分の立場を受け入れたね。ここまできたら折角なんだし、やっぱり輪姦の愉しさを満喫してもらわないと」

「チンポのハーレムだからね」

矢板が同調して続く。

「今この人が世界で一番気持ちいいんじゃない」

「ハハハ、いや全く。こういう輪姦体質の人は幸せだね」

「ちょ、“輪姦体質”ってなんすか」

と、ここで思わず疑問をぶつけてきたのが慶介だ。中々順番が回ってきそうにないからと、こちらの輪に入ってきた。

「ああ、それは――」

好奇心旺盛な生 徒を得て、鎌先は得意げに語り出す。

「向き不向きかな。あんだけ連チャンでパコパコやられりゃ、とうに体が参っちゃってもおかしくないだろ? 怪我したりとかさ。集団レイ プなんて、悲惨な結末がほとんどじゃん」

「でも、それがイイってヤツもいる」

「もちろんもちろん。ただ、それは男側の趣味の話でね。今問題にしてるのは女の方の資質のこと。輪姦を受けるに相応しいマンコ、輪姦受けが上手なね。あるいは、そこに悦びを感じられる体質ってこと」

「う~ん、能力者、みたいな話?」

慶介は振り返って、竜二と笑い合った。依然彼らの性欲は絶倫なるも、段々とその昂りは和やかになっていた。確実に性処理出来る安心から、焦りがいつしか失せている。

 そこへ、もう一人の仲間、浩樹が合流した。アクメ息を吐く有紀の口へ、結局彼も早々に果てたものだ。

 すると彼と入れ替わりで要領よくその後釜に座った者がいる。いつの間にか会話の輪をすり抜けて行った矢板である。彼はまず分身を有紀の口に収めてから、懇意の袋田を手招いた。次に空くいずれかの穴の跡を継げという意図である。

 袋田は些か控えめな性分で、つい人に先を譲ってしまうことが多い。まして、己の職場であるここに来た場合なおさらで、奉仕精神が自然と出てしまうのだ。とはいえ、いずれ何かと用事に立ってもらうことも必然で、その辺の配慮から矢板は彼を気にしたものである。

 一方、そんな気遣い無用なのが藪塚だ。袋田と同じ立場ながら、彼は厚かましさを隠そうともしない。

「早く代わってくれよぉ」

やる気満々で、服部にプレッシャーを掛けている。但し、掛けられている方は素知らぬ体で、己の快楽追求に没頭しているが。

 矢板は横目でそういったやり取りを追いながら、他の二穴が空かないことに焦れだした。それで、とうとう袋田に言った。

「ここ、先に使っちゃってよ」

そうして、腰を引く。唇から糸を引いて、勃起が外気に触れた。

「いやいや、いいよいいよ」

慎み深く固辞する袋田。だが矢板も引かない。

「どうせさ、旦那達が来たらまた色々動いてもらわないといけないんだから。ね、それまでに。ほら、時間無いから先に」

また、こうも付け足した。

「なんかね、いい具合にこなれてきてるよ。おしゃぶりのコツをつかんできたみたい」

こうして肩を押さんばかりに勧められ、袋田も遂に折れた。無論、元来好き者ではある。いそいそと股間を露出して、肉茎を彼女の口元へ持っていった。

「お、おお、おお!」

途端に矢板を振り向き、納得した様子で肯いて見せる。蕩けた唇からのどの始まりまで、柔らかな温もりがトロトロと肉棒を包み込む、それも微かな蠢動を伴って。なるほど、これは美味だと、彼は得心した。そして、これなら果てるまでここで愉しめそうだとも。

「――運もあるけどなあ」

一方こちらでは鎌先の講義がまだ続いていた。不良少年らも面白そうに聞いている。猥談は世代間の溝を埋めるらしい。

「段々とアイドリングしていく、段階を踏んで育てていくっていうのが女体で、それもちょうどいい加減で出来上ったんじゃない、彼女の場合。それはまあ、運だよね」

「アナル作ってたもんね、おっちゃん」

「そうそう、あれもちょうどいい時だった」

竜二の言葉に目を細める鎌先。

「マジ気持ちいいよなアレ。オレ今まで全然興味なかったけど」

そう慶介も続けると、鎌先は益々気を良くした。

「ありゃ傑作の輪姦マンコだから、それに、まだまだ若いチンポも沢山あることだし、バンバンマワして愉しんであげようじゃない」

そうやって話している時、ちょうど小林が退いて、すぐさま別の者が取って代わった。それは、藪塚でも矢板でもなく、ここへきて初めて積極的に立候補して出た比嘉だった。


〈つづく〉




〈現在の位置関係〉
▼中広間
有紀、佳彦、慶介、浩樹、竜二、小林、比嘉、祥吾、雅也、服部、藪塚、袋田、矢板、鎌先、羽根沢、森岳、沼尻
▼別室
前原
▼移動中
金光、花村、猪瀬、舛添、村本、島田、鈴木、浪岡、松倉、七里川
▼帰宅
高橋、俊之、克弘、恵太、優斗、豊、聡、翼、清美、瑞穂


〈輪姦記録〉
挿入男根:28本
射精回数:79発
(膣50・口13・尻10・乳4・顔1・外1)


妄想の座敷牢




テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2018/05/21 22:00] | 「大輪動会」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。