おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

    
お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



<おすすめサイト更新情報>

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。

■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」

◆中編作品
「大輪動会~友母姦戦記~」(連載中)
「青き山、揺れる」 ▼「師匠のお筆」

短編作品
「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「シーコイコイコイ!」
「サルオナ」  ▼「母の独白」  ▼「童貞卒業式」  ▼「お昼寝おばさん」
「上手くやりたい」 ▼「珍休さんと水あめ女」 ▼「栗の花匂う人」
「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」 ▼「いたずらの入り口」
「学食のおばさん便器」 ▼「山姥今様」 ▼「おしっこ、ついてきて。」

湯けむ輪(28) 21:00

子宝混浴
『湯けむ
~美肌効


こだからこんよく
ゆけむりん
びはだこうかん






――午後九時


宇川の台詞に、少年たちは一見無感動に見えたが、よく見ればその微かな口元のほころびに、隠しきれない内心が満ち溢れていた。やはり一度ならずまたヤッてみたい、そう思うのは自然であり、そんな彼らにとって宇川の誘いは渡りに船だったわけだ。

「そやかて、もうできんのかいな?」

湊山が彼らの股間を見ながら聞いた。確かに、射精してまだそれほど間を経ていない彼らにとって、いくらなんでも再びの挿入は早すぎると思われた。しかし、それは杞憂に過ぎなかった。

「ああ……こら、できそうやね」

赤石の股間を確認した湊山は、すぐに認識を改めた。宇川がそれに言葉を足す。

「そやで。若いねんから、すぐ復活するわ」

「へえ、こらすまんかった。……若いてすごいねんなぁ」

感心する湊山。赤石の陰茎はもうすっかり勃起して、ビクビクと上下に脈動していた。

「まあでも、いっぺん口でしてもうたらどうや」

ふと思いついたらしく、牛滝が提案する。

「そやな、したことないねんしな。よし、口でもっと大きしてもらい」

宇川もそれに賛同する。

赤石はそれまで栃尾と揃って乳を吸っていたが、彼らの勧めによって、倫子の頭部の方へと移動した。空いたポジションには別所が、これまた勧められて陣取る。

赤石は倫子の頭の傍に立ち、牛滝の方を見た。牛滝は、それに応えて言う。

「かまへん、そのまま口に突っ込んだらエエ。口に入れたら、おばはん勝手にしゃぶりよるわ」

ひどい言われようである。だがそれが事実であることを、倫子は自ら証明してしまうのだった。赤石が倫子の口におずおずと陰茎を挿し入れると、彼女は歯を立てることもなく、それをチュウチュウ吸い始めたのである。倫子はもはや条件反射以上に、むしろ積極的に開放的な性に適応するようになっていた。

「ほれみい、もうおばはんケツまくってチンポ吸いつきまくりや」

“ケツまくって”とは、開き直ってという意味である。確かに倫子の態度はもう、開き直り以外の何物でもなかった。されるがままに輪姦を受け入れて、自ら口淫までするのだから。

「ほんまや、吸い付いてるわ。よっぽどチンポが好きなんやなあ」

赤ん坊が乳を含むように一生懸命肉竿を吸う倫子を見て、宇川が感心して言った。それを受けて、牛滝は彼と軽妙な掛け合いを始めた。

「好き過ぎるやろ。ドスケベ女やでこれ。……そやけど、熟女て皆こんな飢えとんねやろか?」

「そうちゃうか。アンタとこの嫁はんかて、今頃どこで何してるやら分からんで」

「ハハッ、そらないわ。あんなドブス、金もろてもかなんわ。そんな奇特な男がおんねやったら、もうそいつに譲ったるわ」

「そら分からんで。人のもんや思たら良う見えることもあるやろ」

「ほな、ウーちゃんにやろか? あれ」

「いや、そやなしにやな」

「そやろ?」

二人は笑いながら、もはや現状から離れた世間話に興じ出した。すると、それを引き戻そうとするかのように、湊山が倫子の方へと話題を戻す。

「まあでも、人妻はよろしいね。人妻ちゅうか、ちょうど熟れ頃食べ頃の体の時に、たまたまみんな人のもんになっとるっちゅうか。こんなエエ体しといて、それが一人のもんやっちゅうねんから、そらもったいない思いますわ」

「そらそうや! ほんで、これはまた特別上物やさかいな」

“これは”の所で倫子を指さしながら、牛滝は湊山に激しく同意した。それに調子づいて、湊山はさらに言う。

「しかし、この人も、六本チンポ入れて六発中出しさせんねやから、やっぱりとんでもないねえ」

彼は知ろうまいが、真実は“七本・七発”である。もっとも、どちらにしろ驚異的な数に違いない。ソープ嬢であれば、中々に優秀な稼ぎ頭になるところである。

「アホやね。もうこないなったら」

牛滝が湊山に応じて言う。

「チンポでパンパンされてアホなっとんねん。そらそうやわな、こんな牛ちち女、男がほっとかへんわ。きっと若い時分からオメコばっかりしとんねんて」

まるで罵るような口ぶりである。可哀想に、倫子はとんだ淫乱女のレッテルを貼られてしまった。彼女がこれまで経験した人数は、本当は今日経験した人数の半分にも満たないというのに。

牛滝はまだ決めつけ続ける。

「栄養がみんな乳の方に行っとんねん。ほんでアホやからオメコばっかりしよる。オメコしか能がないねんな。乳のでかい女なんかそんなもんやで。結局犯されに街歩いとるようなもんや」

途中から少年たちが耳を傾けているのを察して、彼らに教えを説くように話す牛滝。彼が妙に熱くなっているのを見て、笑顔ながらそれをやんわりとたしなめるように宇川が言った。

「エラい言われようやなあ、奥さん」

すると、それにまた牛滝がかぶせようとしてくる。

「いや、ほんまやて」

宇川はちょっとそれを遮って、倫子の股の間に立った。

「ちょっと自分らの前に、もいっぺんさして。おっちゃんもまた元気なってきてん」

彼は赤石らに断って、肉棒を倫子の股に当てた。彼の肉棒は、確かにまた直立していた。


<つづく>



(001)19:53~(010)20:15(011)20:18~(020)20:44
(021)20:47~(030)21:07(031)21:09~(040)22:03
(041)22:22~(050)23:53

目次へ



テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2010/08/04 21:00] | 「湯けむ輪」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
シーコイコイコイ!
静江さんは綺麗な人だった。亜麻色のソバージュは派手だったが、クリクリとした大きな目と、彫刻のようにそり立った鼻筋とはよく釣り合いがとれていて、決して違和感はなかった。よく着ていたイメージのある肩から胸の辺りにかけてふわりと襟の広がったライトブルーのワンピースは、まるでドレスのような着こなしであり、古典的な表現ながら、フランス人形を連想させたものだ。

十代や二十代の頃はもっと美人だったというから驚きであるが、その当時でも十二分に美しかった。むしろ色っぽさを加えて魅力は増していたのではないだろうか。あの時、僕は十歳だったから、母の同級生である静江さんは三十四ということになる。まさしく女盛りという表現がピッタリであった。

母ら友人達は、息子や娘らを連れて時々ピクニックに出かけた。もっとも、四人いた同級生の中で静江さんだけが独身。子 供もなかった。学生時代からモテたらしい彼女は、理想が高く選り好みが激しいのだと母達はよく冷やかしていた。実際の所、真相は分からない。ただ、美貌に比して男勝りでサバサバとした性格が問題なのではないかとは密かに思った次第である。

そう、あの人はおしとやかとは無縁の人だった。豪快な笑い声を上げて、はっきりと物を言った。黙っていれば幾らでも寄って来るだろう男達も、その姉御気質に少しく辟易となる程に。ただ、同性には好かれただろうと思う。確かに友人としては最高のキャラクターだった。実際、会話の中心はいつも彼女だったから。

僕は静江さんに憧れていた。否、正確に言おう。彼女を性的な目で見ていた。僕は早熟で、性の目覚めも早かった。十歳のその時には精通も終えていた。自慰の習慣があったから。そして、その時妄想していたのが静江さんにほかならなかったのである。

いつも思い描いていたのは、幼き頃、一緒に風呂に入ったことだった。小顔の割に豊満な胸を今でも鮮明に覚えている。それが水面にプカプカと浮いて、ローズピンクの華やかさを湯船に飾っていた。

「あ、ヒデくん、今、あたしのおっぱい見てたでしょ」

静江さんは、そう言って僕をからかった、それも浴室にこだまする程大きな声で。

「見てたやん。絶対見てた。いつからそんな助べえな子になったん? お姉さん悲しいわあ」

お国訛りでじわじわと僕をなぶる。その内一緒に入っていた子らも声を揃えて「スケベ、スケベ」と囃し立てだしたものだから、僕は必死に「違う違う」と否定しながら、いたたまれなくなって浴室を飛び出した。あの時知った恥ずかしさ、思えば、あれが性への目覚めだったのかもしれない。

小 学校に上がると、もう女風呂へ入ることはなくなったが、静江さんによるからかいは収まることがなかった。

「ヒデくんは好きな女の子いてるん? え、アイちゃん? わあ、アイちゃんなんや、言うてきたろ」

こんなのは可愛い方で、

「なあなあ、ヒデくんてチュウしたことあるん? まだないんやろ。お姉ちゃんがしたげよか? あ、今本気にした? イヤやわ、この子。オマセさんやわあ」

果ては、

「そろそろオチンチンに毛生えてきたんとちゃう? なあ見してえや。そや、今晩一緒にお風呂入ろか? エー、なんでイヤなん!」

などと、露骨な下ネタまで飛び出す始末。万事子 供と同じ目線で会話するこの人は、僕らにとって大いに親しみを感じる愉快な味方であった反面、子 供でも手を焼く位面倒な時もあったわけで、それはまるでガキ大将のようですらあった。ただ、今になってよく思い返してみると、僕のことを殊更狙い撃ちしていたようでもあったし、あるいは僕の密かな想いをとっくに見抜いていたのかもしれない。

ともかくも、僕はいつしか悶々とした想いを抱えるようになり、そのやり場のない気持ちで股間をさすっていたら、我知らず手淫に至っていたようなわけで。とはいえ、性の知識もなんにもまだない僕は、ただ闇雲にいじって、肉体的な快楽を得るに過ぎなかった。そんな、ある意味ウブな、しかしある意味好色なといういびつな人格が出来上がった絶妙な機会をとらえて、あの日のささやかで強烈な奇跡は巡ってきたのだった。

例によって、僕達は弁当を持ち寄り野山へ出かけていた。列の最後尾に僕。歩くのが遅いのには訳があった。尿意を催していたのだ。もっとも、その辺りは延々と草木の生い茂る山道で人通りも少なく、一般的な感覚からすれば、立ち小便もやむなしとする所であろう。ところが、その当時の僕には妙にこだわりがあって、屋外で小用を足すことに強い抵抗があった。都会の温室育ちから、自然の中で過ごすことにおっかなびっくりな面もあったろう。しかも、その直前に蛇を見かけたとあればなおさらだ。

だが、それ以上に決断を鈍らせる理由が、すぐ傍にあった。

「ほら、はよ歩きいな。みんな見えへんようになってしもたで」

こんな時に限って、静江さんが歩調を合わせてくれていたのだ。それは彼女なりの優しさだったかもしれないが、その時の僕にはありがた迷惑だった。その上、勘の鋭い彼女は、すぐに僕の事情にも気付いた。

「なんやおし っこかいな。そんなんその辺で済ましいな」

静江さんは、いつの間に拾ったものか木の枝を振り回して足元の雑草を退屈そうに薙ぎ払いながら言った。

「大丈夫やて、誰も見てへんから。ほら、あの辺の木のとこでしい」

その口ぶりは、いつものようにからかう感じではなくて、むしろ淡々としたものだった。早く前の列に追いつきたい様子がありありと窺えたし、いつまでもグズグズとためらっている僕への苛立ちも次第に見て取れた。それが僕を一層委縮させた。

しかし、彼女は怒りはしなかった。あくまでも僕の幼稚な迷いに付き合ってくれた。それは静江さんの母性だったのだと思う。ガサツなようでいて根は優しい女性なのだ。

「どないしてんな、もう辛気くさいなあ。手つどうたろか?」

僕は渋々道から外れ、草むらに恐々分け入っていった。好きな人の前で格好悪いことこの上なかったが、出物腫れ物所嫌わずで、人間生理現象には勝てない。また漏らすよりはずっとマシだろうと覚悟を決めた。大人の静江さんが十歳児の僕を対等に男と見なしているはずもない。それでも十歳児には十歳児なりの体面があったのだ。

ところが、ここで生来のお節介な気性が発揮されて、静江さんはその心細いプライドに土足で踏み込んできた。「手伝う」と言ったことを本気で実行するらしく、用を足そうとする僕の横にぴったりとくっ付いて立ったものだ。

「ほら、はよズボン下ろして」

彼女は僕が「いいから」と拒むのにも一切頓着なく、半ズボンもブリーフもすっかりずり下ろしてしまった。あっという間にポロンと股間を露出させられる僕。静江さんも確かにそれを見た。僕は顔から火の出る思いをして羞恥に耐えた。一時は尿意も後退した程だ。だが、経験豊富なご婦人にとって、そんなことはなんでもないらしい。陰茎を見たって子 供のものだと思えば当たり前に動じることはないわけで。

「はい、『ミミズもカエルもごめんなさい』て」

いきなりそう言い出した静江さん。僕は意味が分からず、彼女の目を反射的に見返して、それからすぐまた目をそらした。

「あれ、最近の子は言わへんの? こない言わなアカンねんで。言わな、オチンチン腫れてしまうんやで」

その丁寧な解説によって意図を理解すると、腫れてしまっては大変だということで僕はその謎の呪文『ミミズもカエルもごめんなさい』を彼女と合唱した。それから今日まで、僕の陰茎に異常が見られなかったということは、このお祈りが効いたのだろう。

続いて放 尿が始まる、はずだったが、一旦引っ込んだものはすぐに出なかった。ためらいが最後の抵抗をして、膀胱に待ったをかけているらしい。すると静江さんは、さらに驚くべき大胆さを見せてきた。

「はよしな、人来るで」

そう言って周囲をキョロキョロと見渡した後でやや腰をかがめると、なんと僕の陰茎をちょいと摘まみ上げたのだ。長くほっそりとした人差し指と親指が、芋虫程の海綿体を上下から挟んで浮かしている。淡い紅色のマニキュアが、僕の生殖器に初めての女を添えた。その柔らかな弾力と、ひんやりする感触が劇的に脳髄を駆け巡る。

「ほら、シーコイコイコイ……」

彼女はまたしても謎の呪文を唱えて、僕に排尿を促した。その心地の良いささやきがゾクゾクと耳の裏をしびれさせると、僕はもう何がなんだか分からなくなった。罪悪感も恐怖も一遍に洗い流して、体の中枢から奔流が飛び出していく。

「あっ、出てきた。シーコイコイコイ……」

その場の枯れ葉と下草にだけ温い雨が局地的にジャージャーと降り注ぐ。陰部が外気に触れることで、まるでお漏らししているような諦めが心地よい。しかもその世話の一切を静江さんがやってくれるのだ。僕はといえば直立不動で両手をぴったりと体に貼り付け、ただただ放 尿の先に視線を落とすばかり。その間静江さんは僕の陰茎を支え続けてくれた、相変わらずのささやきを唱えながら。

「シーコイコイコイ……」

我慢していた分大量に出る。それでも僕は、もっともっとと、このまま永遠に出続けてくれたらいいと願った。尿管を通る振動が静江さんの指にも伝わっているだろう。その肌と肌の体温が同化して、さらに温められた尿が迸るように僕は夢想した。

「ようけ出るなあ」

クスクスと笑う静江さんの声で、ようやく僕はやや落ち着きを取り戻した。しかし、直後に彼女が姿勢を直したことで、よりその身が接近することになると、立ちどころに理性は崩壊した。静江さんは右手で陰茎を摘まみながら、左手で僕のむき出しになった左の尻の上部に手を回し、自分と僕の体を支えようとしだしたのだ。そうして僕の右腕に顔をつけ、放 尿を覗き込む。幼くはあっても既に性に目覚めている男子にとって、このシチュエーションは琴線に触れるものがあった。

「全部出た?」

静江さんはご丁寧にも最後の水切りまでやってくれた。尿が出切った後で、海綿体をプルプルと振って仕上げをしてくれたのである。異変はその時に起こり始めた。

「ん? あっ! いやいやいや! これ、ちょっと!」

静江さんはバチンと僕の左腰をはたいて非難の意思を表明した。

僕の男根が、静江さんの指の間で勃起しだしたのである。



続きを読む

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2019/05/05 05:05] | 一話完結 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |