おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

    
お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



<おすすめサイト更新情報>

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。

■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」

◆中編作品
「大輪動会~友母姦戦記~」(連載中)
「青き山、揺れる」 ▼「師匠のお筆」

短編作品
「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「シーコイコイコイ!」
「サルオナ」  ▼「母の独白」  ▼「童貞卒業式」  ▼「お昼寝おばさん」
「上手くやりたい」 ▼「珍休さんと水あめ女」 ▼「栗の花匂う人」
「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」 ▼「いたずらの入り口」
「学食のおばさん便器」 ▼「山姥今様」 ▼「おしっこ、ついてきて。」

おはよう和歌乳ですを見逃す
近頃は自慢の武器を放り出してくれないので大して残念でもないけど
行きがかり上一応チェックしておきたいところ


テーマ:アイドル・女優・女子アナウンサー - ジャンル:アダルト

[2009/09/05 19:28] | 巨乳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
在りし日の和歌乳
ついでに
wakako01
wakako02
ウォーキングでゆっさゆっさの回より


テーマ:アイドル・女優・女子アナウンサー - ジャンル:アダルト

[2009/09/07 14:49] | 巨乳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
青山乳子
日々拝める巨乳といえば21時の顔のこの人
インナーに下乳の影が見える日は絶対エロいこと考えてると思う

初めてこのオッパイに注目したのはヤンキースの松井選手への現地インタビュー
球場を移動するたびに揺れること揺れること
今にして思えばよっぽどアピールしたくて気合い入ってたんでしょうね


テーマ:アイドル・女優・女子アナウンサー - ジャンル:アダルト

[2009/09/10 01:49] | 巨乳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
島パイ
フリーアナの島ひとみさんは“島パイ”の異名通り中々の立派なお乳の持ち主です。BSニュースを見ていると時々エンカウントします。

以前はニュースバードのキャスターをされていました。実は水野真里子さん目当てだった私ですが、島パイもそのパイゆえに注目はしていました(マリリンは顔がタイプでした)。

自慢のパイはニュースバードの時の方が強調されていたような気がします。BSニュースしか知らない人はその巨乳に気付いていないかもしれません。もったいない。

島パイ


テーマ:アイドル・女優・女子アナウンサー - ジャンル:アダルト

[2009/09/29 00:00] | 巨乳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
大乳未歩

「YC」という業界用語を耳にするようになったのは、一体いつ頃からだろうか。自分には知らされないが、しかし自分の関わる場面で頻繁に使用されているようである。気になった大橋はある日スタッフをつかまえて尋ねた。相手は最初のうち言葉を濁したが、大橋が重ねて問い詰めるとようやくのことで白状した。そして彼女は知った。「YC」それは「横乳(YokoChichi)」、すなわちその略語であると。



と、なんだか胡散臭い話ですが、その真偽はさておき、このような逸話がまことしやかにささやかれるほど、彼女の胸は知名度を得ていたというわけで、それは巨乳アナとしてなしうる、一つの伝説であるとまで言いうるのかもしれません。

「大橋=巨乳」、この図式は絶対で、この確立によって彼女は名を成し勢力を築いたというのですから、巨乳の実力思うべしです。実際、巨乳が数字(視聴率)を持っているというのは定説としてあり、N○Kはその恩恵にあずかることしばしばであるとは、久しく信じられている事実といいます。

アナウンサーは、時に番組を背負う看板であるところ、ニュースの内容如何以上にその顔で数字を獲得する役割が期待されています。扱うトピックスもさることながら、他局に差をつける決め手は画面上を占拠する顔によるところ多大というわけです。そんな中、ことに夜の枠における女性アナウンサーの重要性は看過できません。

大橋アナも、先のYCの話題が真実かどうかはともかく、ある程度の自覚を持って胸を強調していた部分はあるでしょう。視聴率の高低が自身の地位に直結することを思えばなおさらのことですが、体を張って視線を集めるぐらいの度量は現代の女子アナにむしろ当然に求められるスキルなのです。

YC資料画像
ohashi_p.jpgohashi_2.jpg




続きを読む

テーマ:アイドル・女優・女子アナウンサー - ジャンル:アダルト

[2010/02/21 00:00] | 巨乳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「青き山、揺れる」(4)

「じゃ、あとよろしくね。……ほんと助かるわぁ、祐子さん来てくれて」

そう言い残して、いづ美は部屋を出て行った。それとほとんど入れ違いに、ぬっと現れ出でた男がある。いづ美とのことを惜しがっていた祐子も、その顔を見るや、また一気に期待に胸を膨らませた。

それは黄本(きもと)という男、入門順から言っても階位から言っても、努素毛部屋では上から二番目の力士である。もっとも、二番目といったって、この部屋には彼を含めて四人しか相撲取りがいない。まったくもって小規模極まる部屋なのである。

しかし、それゆえにアットホームさが強いと、祐子は思うし、またその雰囲気を好んでもいた。人数が少ない分一人ひとりへの思い入れも濃くなるし、かわいくも思えるもので、同じ取材対象であってもここに特に肩入れしてきたのは、決していづ美が女将であるためばかりではないのだった。

「お、お久しぶりです、祐子さん」

でかい図体に似合わず、心細い声で黄本は言った。黄本は現在二十代後半で、体力的にも実力的にも最も充実した時期を迎えているはずだったが、今だその素養を発揮できず、ずっと上へ抜けられないまま伸び悩んでいるのだった。

その原因は、彼のメンタル面の弱さにある。というのも、ここ一番という時にいつも負けてしまうのである。取り組み以前に気迫で負けている感じなのだ。稽古は真面目だし、技術の研究にも余念がないというのに、傍からすればまったくもどかしい話である。

しかし、ダメな子ほどかわいいというのもまた人情で、祐子も彼のことをどうしてもけなしたりできないのだった。

一方、黄本の方でも、祐子に対しては並々ならぬ情熱を抱いていた。

「昨日も見ました! テレビ」

彼は興奮して身を乗り出しながら言った。実は、彼は祐子がここを訪れる前から、彼女の大ファンなのである。彼は目を輝かせて、アナウンスや特集が素晴らしかったことなどを次々まくしたてた。

「あ、ありがとう……」

祐子はその様子に少々辟易としながら相槌を打っていた。褒めちぎられることへの気恥ずかしさもさることながら、彼の態度がいかにも純粋なファンそのものなもので、溢れんばかりの欲求を抱えている自分が何だかとても下世話な人間に思えてきたのである。

それは、真面目に仕事に向きあう日常の自分と今日ここへ来たような欲望まみれの自分とを峻別する彼女の立場からも言えることだった。今の自分は仕事のことを思い出したくないし、むしろ下世話なこと一直線の汚れた自分を満喫したいのである。

だから、健全な会話を続けて建前を取り繕わなければならないことに、正直なところいらいらした。こうする間にも時間は無為に過ぎていってしまう。祐子は何とかきっかけをつかみたかった。

しかし、いかに性欲無法な彼女でも、そうあからさまに自分から誘いかける勇気も、また自信もなかった。普段快活な彼女にも似ぬ体たらくではある。だが、最初の思い切りというのは中々つかないものだ。まして、一応自分のファンを標榜する相手とあっては。

と、そこへ、意外な助けが現れた。

「ちょっとごめんなさい。……これゴム、開いてるのあったからこれも使って」

それはいづ美だった。彼女は手提げかばんを腕にかけて、いよいよ外出の直前といったいでたちである。そうして、手に直方体の薄い箱をいくつか持って室内に入ってきた。彼女はそれらを枕の横に置き、さらに部屋の棚から透明なピンク色のかごを下ろした。

「これ、いつものセットね。出すの忘れてたもんだから、ごめんね」

いづ美はそれだけ済ますと、

「じゃあね、ごゆっくり」

とだけ言い残して、嵐のように去って行った。

二人はいづ美の置いていった箱を見、そして目を見合わせた後、恥じらって俯いた。だが、それがいいきっかけになった。箱の中身はコンドームだった。


<つづく>




<目次>
(1)~(10)(11)~(20)(21)~(30)(31)~(40)(41)~(50)
(51)~(60)




テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2010/09/28 22:00] | 「青き山、揺れる」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「青き山、揺れる」(11)

祐子がイッた後も、黄本はまだしばらく彼女の淫唇をこねくり回していた。彼は、祐子が達したことにまるっきり気づいていなかった。決して性の機微に通じている彼ではないのである。ただひたすらなぶり倒すことによって、たまたま興奮していた祐子が勝手に気をやってしまっただけなのだ。

しばらくそうした後、ようやくそこを解放した彼は、次いでおずおずと遠慮がちに祐子の顔の方へと寄って来た。

「祐子さん、あの……僕も……」

彼の要求は、皆まで聞かずともすぐに祐子には分かった。さすがにもう何度も肌を重ねているからである。それにしても、あれほど思い切りよく女体を弄んだ男が、この期に及んでまだ遠慮をするということを、祐子はいつもながら不思議に感じていた。

彼女はまだアクメの余韻も冷めやらぬ中、ハアハアと肩で息をして黄本の股間の方へ起き直る。そして、胸一杯の情熱を込めて、その繁みにそそり立つ高木へと手を伸ばした。

(ああっ! 固くなってる!)

握るよりも前に、目に飛び込んでくる凛々しい立ち姿でそれが分かる。青筋を浮かせてピクピクと脈動しながら、それは、生命の息吹を体いっぱいに発散していた。

手に取ればなお一層強烈な生のダイナミズムが伝わってくる。祐子は、その力強さをもっと直接体の内に受け入れたくて、唇をぽっかり輪っかに開き、その先端へ一気にかぶせていった。餌を吸い込む鯉のように。

(おぉ……美味しいっ!)

口腔で味わうペニスは、祐子にとってたまらなく美味である。世界中のどの珍味もこれにはかなわないと思う。何しろ、生きたままのオスを食べられるのである。女として生まれて、これほどの幸せはないとすら感じる。

“食べる”と言ったが、祐子にとってこの行為の目的は、実際ほとんど食欲と同化していた。ペニスのことを“肉棒”とはよく言ったもので、彼女にはまさしく肉を喰らう感覚なのである。

肉を食べ、そのエキスを奪う、性欲とは祐子の中で、究極的には男を喰らって満足することなのだ。それを体現するかのように、今しも祐子は口から率先してペニスを飲みこんでいく。

「ンウ……ング……」

前戯には倦怠を覚える祐子だが、フェラチオは全く面倒ではない。時間を忘れて懸命に舐めしゃぶる。

もっとも、その技術は大して上等でなく、彼女の性格そのままにいささか大味ではあった。乱暴なまでに竿を唇でこする前後運動を、髪を振り乱して行うのがほとんどである。

時折は、陰嚢と幹部のつなぎ目辺りに両手でしがみついて、目を閉じ、同時に口をすぼめて、亀頭を吸い上げたりもする。オスのエナジーを、肉ごと吸いこもうとでもするかのように。

それ以外は、玉袋から肛門までをベロベロと大きな動きで舐め回したりもするが、舌を使ったとりわけテクニカルな技が別にあるわけではない。性的好奇心旺盛な彼女ではあるが、こういったことは実地に教わらなければ会得できるものではないわけで、その意味で彼女に不足しているのは経験であった。

とは言うものの、元来女として男に仕えることを良しとしている祐子は、男への奉仕ならば喜んで、むしろ当然のこととして行うものであり、口淫愛撫などはその最たる行為として熱心にやるのだった。自分自身の欲求のみならず、そういった脈絡でも、祐子はフェラチオが好きなのである。

他方、相手の黄本にとっても、祐子のフェラチオには何の不満もなかった。というのも、彼にしてみれば、祐子に陰茎をくわえてもらえるだけでいまだに嬉しいのである。

初めての時などは、よっぽど感激したのだろう、わざわざ口に出して言ったものだ。

「あ、あの祐子さんが、ぼ、僕のチンポ、口に入れてる……っ!」

彼女のファンである彼には、感動もひとしおだったのだろう。もっとも、彼でなくとも、こういう場合に喜悦を感じる男性は多いと思われる。

何しろ、昨晩テレビで見たキャスターが、その時はニュースをしゃべっていたその口で、その同じ口で今日はペニスをしゃぶっているのだから。画面ではあんなに真面目腐った口ぶりをしていたのに、今はその口を無様に歪めて、モゴモゴとペニスをくわえるという淫乱極まることをやっているのである。

そういう事実を目の当たりにした時、彼女のアナウンサーにとっての仕事道具である口を自身の肉茎で塞ぐごとの、何と贅沢で且つ破廉恥なことかと、少なからぬ諸兄が劣情を催されるに相違ない。

テレビの女も目の前の女も同じ女、やはり女、普段どんなに取り澄ましていようとも、ひとたび男の前で裸になれば、誰しもにやけた面で陰茎をくわえるという所業を難なくやってのけているものなのである。

祐子が、そうして肉棒をむさぼり食っていると、黄本は体を屈めて手を伸ばしだした。祐子はいち早くそれに気づき、視界の端で追う。黄本が手に取ったのは、さっきいづ美が枕元に置いていった箱だった。

(いよいよ……)

祐子の頬がポーッと朱に染まる。

黄本は箱から正方形の薄い小袋を取り出し、その端っこを上辺のギザギザから下へ破いた。中からピンク色の平べったい円盤を取り出す。

祐子はそれを見て、さっとペニスから口を離した。


<つづく>




<目次>
(1)~(10)(11)~(20)(21)~(30)(31)~(40)(41)~(50)
(51)~(60)




テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2010/10/16 22:00] | 「青き山、揺れる」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「青き山、揺れる」(17)

とはいえ、祐子にとって、“初体験をする男”は初体験である。いざ二人きりで相対した時も、いきなりどうしていいのか分からなかった。彼は積極的に自ら挑みかかってこようとしないのである。そうした態度には、確かに未経験の者らしさが表れていた。

(ほんとにしたことないんだ。それにしても……)

祐子は不思議に思った。ここまでお膳立てされて、もう後はやるだけという許された状況におかれても、相手はただもじもじと戸惑うばかりである。彼女にはそんな男性は初めてだった。これが童貞の男子というものかと、彼女は新鮮な思いだった。

と同時に、自分としても何をどうしていいものやら見当つかなかった。相手はこれまでにないタイプである。今まで会ってきた男性たちは、皆向こうの方から仕掛けてきたものだ。そうしてセックスが始まるのである。祐子にとってセックスとは、男性が主導権を握るものだった。ところが、今はそうはいかない。相手は動かないのである。

(ええっと……)

祐子は困った。初体験だというから、もっとがっついてくるのかとイメージしていたのだが、全く違う。彼はこちらが動くのを待っているのだろうか、それとも?

(ひょっとして、別にしたくないんじゃ?)

そういう可能性だって否定できない。実はいづ美のいらぬお節介で、本人にその気はなかったのかもしれない。いや、もしかすると、やりたいのは山々だが、祐子がその対象ではなかった可能性だってある。いづ美が良かったのかもしれないし、どちらも嫌なのかもしれない。祐子は心細くなってきた。

またその推理は、彼女のプライドをちくりと傷つけるものであった。いづ美は確かにきれいだし憧れの女性だから、彼女に負けたとしても納得はいく。無論、彼にも好みはあるだろうから。

だが、自分だってそう捨てたものではないとの自負はある。仮にも女子アナである。テレビに出ている有名人の端くれである。自惚れているわけではないが、多少男性の興味を引く要素はあるはずだ。それを彼は否定するのだろうか。女子アナとしてのプレミアが、祐子にはないというのだろうか。

もっと言えば、女性としての魅力を祐子には感じないのかもしれない。これは彼女にとって恐るべきことだった。性的対象として見てもらえない女だということ、この期に及んでそれを認めるのは辛い。だが十分ありえる話だ。十代の彼に自分は年上過ぎる、それは確固たる事実である。下手すれば、二回りも歳の離れた女を抱くなんて、彼にとっては罰ゲームみたいなものなのかもしれない。

もちろん、年齢以前に彼の容貌の好みの問題もあろうが、若い彼とこうして男女として対面してみると、自分の歳とったことがひと際意識されるのだった。しかも、自分の方がすっかり乗り気になっていただけに、ショックも大きかった。彼女の心には、淫乱で強欲なおばさんが若いツバメに発情し、彼に無理やり抱いてくれと迫る情けない図が思い浮かんだ。

しかし、もしそうだとしても、もはやこのまま引き下がれるものではない。抱かれてもいいという状況に自分は既に踏み込んでいるのだ。それで抱かれなかったとなれば、それこそ女の恥である。女子アナとしての付加価値もゼロになる。そういうわけにはいかない。これはもうプライドの問題だ。

加えて、開き直る気持ちもあった、淫乱で強欲で何が悪いと。自分はしたいのだ。もう彼を相手と決めているのだ。だから欲望に素直に従おうと、相手が嫌がろうが、今日童貞を奪ってやろうと、祐子は決断した。

そんな彼女の心を励ますように、事前のいづ美の言葉が思い出される。

「しっかり“かわいがって”あげてね」

“かわいがり”とは、角界において、上の者が下の者に稽古をつけることをいう。この場合、先輩として祐子に白木の指導をせよということだ、女との相撲の取り方を。

祐子は、えいっとばかり気合いを入れ、思い切って彼に近づいていった。


<つづく>




<目次>
(1)~(10)(11)~(20)(21)~(30)(31)~(40)(41)~(50)
(51)~(60)




テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2010/10/30 22:00] | 「青き山、揺れる」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「青き山、揺れる」(28)

大人の女としての威厳を保っていられたのも、その時までだった。アクメの膣を鼻先で観察されて、もうこれ以上秘密にすべきものなど何もない。眼前で愛液をダラダラ垂れ流し、その間、口はパクパク開いてよだれを滴らせている。

その顔も見られてしまった。腑抜けたアクメ顔をである。今日に限ったことではない。もうとっくの昔から、そういうあられもない姿を知られてしまっているのである。指導教官も形無しであった。

そのせいでもあろう、白木があけすけにリクエストをしてくるようになったのは。今も彼は、例によってさっさとコンドームを装着すると、ぐったりとした祐子をそのまま四つん這いにさせて、後ろからバコバコと突きまくりだしたものだ。

「オッ! オォーンッ!」

バックから犯されて、切なげに祐子は吠えた。かわいがりなどと称していたのも今は昔、現在はひたすら肉棒によっていいようにあしらわれる発情したメスである。

白木の腰つきもすっかり板について、体重をかけながら、ズバンズバンと最奥へ連続ストライクを決めてくる。今日も祐子をダッチワイフにする気満々だ。

「いいっ! イヒィッ!」

感想を伝えることで、まだ対等以上の地位を守ろうともがきながら、しかし実際には、白木によってただただこき使われつつ、祐子は狂おしく啼いた。

白木のリクエストは続く。彼はバックで一度果てると、交差位でさらに一発、続いて肉人形と化した彼女を自分の上にまたがらせ、騎乗位をさせた。

祐子はその求めに応えて上にはなったが、もうとても自発的に腰は使えない。気を失ったまま乗馬する人のようだ。ゆらゆら揺れて、しまいに相手の胸へとへたり込んだ。

しかし白木はそれを許さず、彼女の乳を押さえて起き直らせると、それをグニャグニャ揉み回しながら、肉棒で彼女をゆさゆさ揺さぶった。

「オッ、オッ、オンッ、オンッ――!」

激しい波の上で、祐子は何度も絶頂した。

(気持ちよすぎる……!)

肉欲に翻弄されて、彼女にはもうそれしかなかった。幸せな時間である。

白木はその後も、彼女の穴で数発を搾り出した。そして、最後に極め付きとも言えるリクエストをしてきた。

「ゆ、祐子さん……顔……か、顔に……かけ……させて……」

なんと、彼が願い出たのは、祐子の顔面への射精であった。初めての日、偶然ながら行ったことが、それから彼の中で大きな地位を占めるに至ったらしい。

「はあ……へ……」

それに対し、祐子はいいとも悪いとも応じられなかったが、白木は半ば独り決めして、膣から抜いた陰茎のコンドームをはずし、早々と彼女の顔の上に移動していた。そして彼女の唇に押しつけながら、シコシコとそれをしごきだす。後はもう出すだけだ。

実は、白木の祐子への顔面射精はこれが初めてではない。以前には彼女がはっきり許可を出してやらせたこともある。彼女としては、白木の所望にはなるべく応えてやりたいのだ。

しかしそれにしても、彼女はアナウンサーであり、顔はいわば商品である。そういう所まで捧げるというのは、以下に彼女が性に没頭しているかということの証左であろう。

ほどなくして、白木はイッた。もう何発も出しているのに、このためにセーブしていたのではないかというぐらい、それなりの量が出た。あるいは、よっぽど気持ちよかったのかもしれない。

祐子は、その顔の下半分にかけて、ポタポタと白濁汁の雫を受け取った。受精するはずのない場所に受ける子種、いや、彼女としては、もはや顔面までが性器の感覚なのかもしれない。

その日は後続が控えていることもあり、白木はそれで退散した。

祐子はしばらく呆けていたが、

(そうだ――)

と、次が来ることを思い出し、気だるい動きでやっとタオルに手を伸ばした。

だが、それで顔を拭う暇はなかった。次の来客が、思いがけない早さでやって来たからだ。


<つづく>




<目次>
(1)~(10)(11)~(20)(21)~(30)(31)~(40)(41)~(50)
(51)~(60)




テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2010/11/15 22:00] | 「青き山、揺れる」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「青き山、揺れる」(29)

男は入り口で停止することなく、ズカズカと中に入ってきた。今さらながらに慌てる祐子だが、そんな彼女から、

「待てよ」

と言いざま、彼はタオルをむしり取ってしまう。そうして彼女に向けて構えたのは、なんと携帯電話だった。

カシャッ! シャッター音が鳴る。

「スクープ! 顔射された女子アナ!」

男は言った。

「ちょ、ちょっと!」

焦って彼の方へ手を伸べた祐子だが、彼にさっとかわされ、その手をただ布団の上に落とす。

さっきまでの快感でいまだ夢うつつではありながら、何をされたのか、そしてそれがどれほど大変なことかはすぐに理解できた。なぜなら、彼がそういう挙動に出るのは、今が初めてではないからだ。

男はやはり努素毛部屋の弟子で、緑川(みどりかわ)という。大卒で入門し、序列は部屋で上から三番目、黄本と白木の間である。小兵な方で、年下の白木と並んでも見劣りするほどだ。

さてこの男、少々癖がある。

「白木にかけられたのかよ。あいつも好きだねえ」

緑川は笑いながら、続けてシャッターを切った。光の反射で、その眼鏡がキラリと光る。彼は普段眼鏡をかけているのだ。

「しかしよく顔に出させるよな。うわ、きったねえ」

彼が祐子にかける言葉、それはすべて嘲りの言葉だった。いつもそうだ。祐子にとって悩みの種である。

「やめて!」

彼女は叫んで、彼から携帯電話を取り上げようとする。しかし彼はひょいと逃げて、捕まりそうもない。今の彼女の緩慢な動きでは永遠に無理だろう。

と、ここで祐子は諦めて方針を転換した。とりあえず顔についた精液だけでも拭いてしまおうと。彼女は新しいタオルを取りに向かう。

しかしそれは緑川によって阻まれてしまった。彼は祐子の前に立ちはだかると、その両頬を片手でつかんでへこませ彼女の相好を歪め、さらにその様子を撮影する。

「すっげえ顔」

笑う彼。

祐子の頬の肉や唇は中央に盛り上がり、鼻を圧迫して上に押し上げる。屈辱的な境遇だ。だが、その屈辱はまだ序の口だった。

彼女が相手を振りほどこうともがき、それが難しいと知ると、精液だけでも手で取り去ろうと試みた時だ。

パチンッ! 急に左頬に衝撃が走った。ビンタだった。祐子はその反動でカッとなり、相手に立ち向かおうとする。すると、すぐさまもう一打、パチンッ! 再び左頬。

「静かにしろよ! 今撮ってんだろうが」

まるでレイプ犯のように冷徹な物言いの緑川だ。彼は撮影を続ける。そのモデルの頬は、手形に赤く染まっていた。力士のビンタといえば張り手も同然、加減はしたのだろうがかなりの衝撃ではあったろう。

祐子の目に、痛みと悔しさから涙がにじみだす。そうやってこみ上げる涙がまた悔しい。彼女の職場でいえば、緑川はまだADぐらいの年齢と格である。そんな男に体罰を受けて叱責されるなどあり得ない話だ。

だがどうしようもなかった。どうしようもないことは、これまでの経験から分かっていた。彼女にはトラウマがあった。


<つづく>




<目次>
(1)~(10)(11)~(20)(21)~(30)(31)~(40)(41)~(50)
(51)~(60)




テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2010/11/16 22:00] | 「青き山、揺れる」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「青き山、揺れる」(31)

と、その時だった。

「なんだ、ばれたか」

ガラリ、と襖が開いて、男が一人入ってきた。なんと緑川である。さっき出ていったと思ったら、外から覗いていたのだ。驚いたのはそれだけではない。

(カメラ!)

祐子は戦慄した。彼の手には、ビデオカメラが握られていたのだ。つまり彼は、覗きをしていただけでなく、盗撮までしていたわけだ。いや、今もなお二人がつながっている所を撮り続けているのである。

「キャッ!」

思わず悲鳴を上げて、祐子は立ち上がろうとした。しかし、緑川がそれを強引に押しとどめて言うよう、

「おい、白木、しっかり捕まえとけ」

白木は先輩の指図に、反射的に祐子の尻を押さえつける。緑川はそれに満足して、

「よし、いいぞ。そのまま続けろ」

と、不気味な笑みを浮かべながら、カメラを彼女の尻の方へと近づけていく。

(な、な、なんなの!)

祐子はパニックに陥った。セックスしているところを録画されてしまった、しかもまだ彼は、カメラの前で白木に続きをやれと言っている、一体これはどういう状況なのか、まったくもって意味が分からない。

白木は緑川に命じられるままに、腰の上下運動を再開させた。

「ちょ、ちょっと!」

祐子は焦って、彼の腹に手を突っ張る。だが、彼はやめようとしない。上に乗せた彼女を、下から突き上げて揺さぶり続ける。彼は撮られても恥ずかしくないのだろうか、それとも、やめられないほど緑川が怖いのだろうか、祐子は不安になった。カメラの前でセックスを演じるなんて、これではまるっきりアダルトビデオではないか。

「おお、おお、入ってる入ってる」

結合部を接写しながら、緑川が囃したてる。レンズには今、祐子の陰唇の肉がぱっくりと割れて脇に盛り上がり、その狭間に白木の肉茎がブスリとめり込んでいる様子がくっきりと映し出されているのだ。

緑川はさらに揶揄を重ねる。

「ケツの穴も丸見えだ。ほら、パクパクいってる」

「いやっ!」

恐怖にかられて、祐子は暴れ出した。だが、尻を抱く白木の頑丈な腕に挟まれて、彼女の両手はびくともしない。この時ばかりは、相手が力強い力士であることを恨みに思った。最大の恥部を間近でカメラに収められ、屈辱と羞恥から、もはや生きた心地もしない。

しかし、緑川は、そんな彼女をなおもいたぶり続ける。

「しっかし、相変わらず剛毛だよねえ。ケツ穴までボーボーじゃん」

(やめてぇ……)

祐子の目に涙が滲んできた。余りにも惨めだ。彼の言葉は、祐子のコンプレックスを的確に突いてくる。

「いくら親方が剃るなっつったてもねえ。これ生え過ぎでしょ。パンツ履いても、毛がはみ出るんじゃねえの」

緑川の毒舌は止まらない。

「よくそんなかっこでテレビ出られるよね。ていうか、もう放送で映ってんじゃね。苦情くるだろこれ、マン毛がボーボー過ぎって」

次々と浴びせられる嘲りの台詞が、祐子の意識をぐるぐると占拠していく。耳の奥がキーンと鳴り、冷たい汗が全身に噴き出してくる。ひどく気だるい。熱病に侵されたような感覚だ。

彼が言うように、まさか本当に陰毛がテレビに映っているとは思わない。思わないのに、彼女は著しく不安になり、ちゃんと毛が収まるように下着を履いていることなどを、真面目に思い出すのだった。もう完全に気が動転してしまっていた。

緑川は、そんな様子をニヤニヤしながら見ていたが、まだ飽き足らないらしく、とうとう決定的に残酷な言葉を放ってきた。それは、彼女を絶望の淵に引きずり込む一言だった。

「この映像、ネットにばらまいてやる」

祐子は耳を疑った。緑川は、いとも楽しげに語る。

「もう苦情どころじゃねえな、こんだけはっきり映ってたら。完全にチンポ入ってるもんなあ」

言いながら、彼は大笑いする。

「クビかもね。あ、クビなる前に辞めるか。もう会社いられないっしょ、だってみんなあんたのマンコ知ってんだもん」

(え? え?)

あまりの衝撃で、祐子は事態の推移についていけない。ただもう、どうやら人生の土壇場に追いつめられたらしいことだけは理解できた。

「どうする? テレビもさすがに厳しいんじゃね? それともキャラチェンジする? マンコ見られて、もう真面目な顔とか無理っしょ」

実に饒舌に語る緑川だ。彼は憎たらしい言葉を、次から次へと並べ立てる。

女子アナからAVとか、結構イケんじゃね? ああっ、でもダメか。このビデオで先にマンコ見られてるもんな。あんま金にならねえかもな。じゃあ……後は風俗かな。ま、あんたみたいなババア雇ってくれるか分かんないけど」

心配してもいないくせに、彼は勝手に祐子の進路を決めていく。祐子は、腹を立てるのも忘れて呆然としていた。彼女の顔からは、血の気が失せていた。


<つづく>




<目次>
(1)~(10)(11)~(20)(21)~(30)(31)~(40)(41)~(50)
(51)~(60)




テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2010/11/18 22:00] | 「青き山、揺れる」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「青き山、揺れる」(32)

「けどま、腐っても女子アナだからな。あんたみたいなババアでも、世間にはありがたがる奴が結構いるからなあ。なあ?」

緑川は、白木の方を見る。彼の意図は、黄本に対する皮肉であった。それを分からない白木ではなかったが、はっきりと相槌は打たなかった。先輩への配慮もあったが、それよりも、祐子のことが憐れに思われだしたからである。

彼は腰の動きも止めてしまった。すると、その少し緩んだ彼の腕の隙間から、祐子は逃げようともがきだした。しかし、すかさず、

「おい白木、しっかり捕まえとけよ!」

との緑川の怒号が飛び、白木は再び祐子の尻を抱え込んでしまう。祐子の企てはあっけなく失敗に終わった。もうどうあがいても、彼女には絶望しかなかった。

対して、緑川はあっけらかんと言い放つ。

「もっとさっきみたいにガンガン突いてやれよ。どうせこの女、それ目当てで来てるんだからさ」

先輩の命令は絶対だ。白木はまたしても腰の動きを開始した。

「ウ、ク……」

祐子は啼いた。精神が萎えても、肉体は反応を返してしまう。それが肉棒を刻印された女の宿命だ。加えて、彼女の体はもう出来上がってしまっている。体の火照りも、愛液も、もはや止まらない。彼女の心には、情けない気持ちが充満していった。

確かに彼の言うとおり、性交を目的に来ているのは事実である。考えてみれば、こういう危険とは常に隣り合わせだったわけだ。一つ所とはいえ、複数の男と関係を持てば、それだけ露見する可能性も高くなるというものである。これまでそれをわきまえていなかった祐子ではなかったが、いざこのような状況に追い込まれてみて、切実にその迂闊さを感じるのだった。

そんな彼女に、緑川は情け容赦もなく侮蔑の言葉を投げかける。

「ほら、お望み通りチンポ入れてもらえて満足だろうが。あ? もっと啼けよ、ほら。いつもみたいにすげえ声出してイけよ。そのイき顔撮ってやるからさ」

彼はカメラを近づけて、舐めるように祐子の顔を撮影する。祐子は思わず顔をそむけたが、緑川は彼女の髪をつかんでそれを引き戻す。

「いたっ!」

祐子は叫んだ。しかし、緑川はそれに構うことなく言葉のレイプを続ける。

「オラ、エロ顔こっち向けろ。カメラ見ろ、カメラ。チンポ気持ちいいって言ってみろ。お客さんが見てんだろうが」

お客さん、すなわち、このビデオを見る視聴者のことだろう。どうして彼はそのようなことをするのか、何の恨みがあるのか、祐子には理解できなかった。日頃いづ美と行う性欲処理を祐子が代役するという形で、お互いに利害が一致しているのではなかったのか。

女子アナのハメ撮り流出、大騒ぎになるだろうな。ていうか、どっかに売り込んだ方が儲かるかな。あんたの会社に売り付けるとか。でも、それじゃつまんないから、やっぱ雑誌社かな……」 

緑川は、気ままにプランを練っている。もし本当になれば、どのプランにしろ祐子は身の破滅だ。肉欲は強かろうがこれまで真面目に生きてきた彼女にとって――その不器用さ故に、こんな力士との邂逅という度外れた発散法に行き着いたわけだが――文字通り致命的な話である。もはや生きてはいけまいとすら思われた。

スキャンダルを恐れて、この努素毛部屋へ来るのも適当に間をおいてきたことはあったが、その際心配していた状況よりも、これはけた外れである。周囲の人間も仰天どころの騒ぎではないだろう。

それの何が面白いというのか、緑川は笑いながら話す。

「けどこんなヤリマンで、ショック受ける奴もいるかもな。やりまくりでマンコも汚ねえし、ケツ毛もボーボーだし。案外売れねえかもな」

「やめてぇ……!」

祐子は消え入りそうな声で言った。その頬には涙が伝っていた。混沌とした闇が将来に向けて横たわっていく中で、彼女の意識は朦朧とし始めていた。


<つづく>




<目次>
(1)~(10)(11)~(20)(21)~(30)(31)~(40)(41)~(50)
(51)~(60)




テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2010/11/19 22:00] | 「青き山、揺れる」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「青き山、揺れる」(33)

そこへきて、白木の肉棒が彼女のウイークポイントへ直撃する。

「グッ、ヒイッ! イヒィッ……!」

祐子は振り絞るような声で喘いだ。とっさに膣奥が引きつり、剛直を握りしめる。成熟した女体として、やむを得ない反応だった。

それを見逃す緑川ではない。

「どうした、気持ちいいのかよ」

下品に笑いながら、レンズを向けてくる。その冷たい光を感知すると、祐子は必死で自我を奮い起こすのだった。撮られることには、職業柄デリケートな彼女である。

(気持ちいいわけない)

こんな状況下で、性を満喫できるはずなどないのだ。だが、体はどうしても反応してしまう。それは自覚していた。性に熟達した肉体ならではに、今感じているのが快感であることは。しかし、表立ってそれを認めるわけにはいかない。

(違う! 気持ちよくなんかない!)

そうなってはいけないと、彼女は自分に言い聞かせた。

そんな彼女の葛藤を知ってか知らずか、緑川は新たな指令を下す。

「おい、体位変えろよ」

これも彼の気まぐれによるものなのだろうか。ともかく、白木は彼の求めに従って、祐子を後ろから突きだした。

「へへっ、バックも気持ちいいだろ」

祐子の顎を持ち上げ、その顔を真正面から映す緑川。確かに彼の言うとおり、体位を変えたことによって、また別な快感スポットに届くことは事実だった。おまけに、想定外の窮地に追い込まれたショックで彼女の意識には霞がかかっており、それが、こらえようと気張る焦りと相まって、返って淫唇を潤ませていく。

「後ろから突かれると、たまんねえだろ」

まるで時代劇の悪役のような口ぶりで、緑川は挑発してくる。すると、それが暗示のように体内に響いてくるから不思議だ。

「ウウゥ……」

祐子は、自我と劣情の間で必死に歯を食いしばった。それを崩すべく、緑川が言う。

「もっと激しく突いてやれ!」

その一言で、白木は一層腰の動きを激しくした。バチンバチンと、肌と肌のぶつかり合う音が室内にはじける。相撲の稽古よろしく、激しいぶつかり合いだ。もはや白木は、祐子に対する憐憫の情を乗り越えて、ただもうがむしゃらに肉欲に向かって突っ走るだけのようである。

「ンッ……ンフゥッ……!」

剛直がこすり上げる絶妙な摩擦に、祐子はもう断崖に追い詰められた気分だった。後ひと押しで、彼女の理性は淫乱の奈落へと落っこちそうだった。そうなればもはや、性を心から謳歌するのと何ら変わらない状態である。

そんな場合ではない、それは承知している。だが果たして、我意を張ったからといって何になるのだろう、そうも思う。もう事ここに極まった現状において、これ以上何を守るべきものがあろうかと。

女とは、一度開き直ってしまえば、後は肝の据わった生き物である。祐子も女だ。そんな諦めが、彼女を後押しした。

「ウッ……ウッ……アッ、アアッ、アアハァッ、アハアァッ――!」

とうとう彼女は、メスの悦びを謳い出した。


<つづく>




<目次>
(1)~(10)(11)~(20)(21)~(30)(31)~(40)(41)~(50)
(51)~(60)




テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2010/11/20 22:00] | 「青き山、揺れる」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>