おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

    
お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



<おすすめサイト更新情報>

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。

■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」

◆中編作品
「大輪動会~友母姦戦記~」(連載中)
「青き山、揺れる」 ▼「師匠のお筆」

短編作品
「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「サルオナ」  ▼「母の独白」  ▼「童貞卒業式」  ▼「お昼寝おばさん」
「上手くやりたい」 ▼「珍休さんと水あめ女」 ▼「栗の花匂う人」
「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」 ▼「いたずらの入り口」
「学食のおばさん便器」 ▼「山姥今様」 ▼「おしっこ、ついてきて。」

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
湯けむ輪(9) 20:14

子宝混浴
『湯けむ
~美肌効


こだからこんよく
ゆけむりん
びはだこうかん





――午後八時十四分


「なあ……しょうか……」

首筋の辺りに口を近づけて、男は生温かい息を吹きかける。

「ダメ……もういい加減にして……」

まるで旧知の愛人のような艶っぽさで彼を拒む倫子。

「ええやん……なあ、ちょっとだけしょうな……」

今しがた初めて会ったばかりの男女とは、到底思えぬやり取りだ。

「誰も来えへんしな? な? 黙っとくさかいに」

男は、乳房の手をずらし、下腹部へと移動させる。

「イヤッ……! ダメだったらぁ……」

彼の指が陰裂に伸びるのを察知して、そうはさせじと倫子はなんとか肘を張って頑張る。だが、手で押し返しても、結局彼の手は陰毛の上をサワサワとまさぐるのだった。

「バレへんがな。誰もおらん、大丈夫や。二人だけの秘密」

(ああ……ダメ、負けそう……)

通常なら考えられない誘惑なのに、今の倫子の心は簡単にぐらついていた。まだ出会って五分と経っていないのに。相手の名前さえ知らないのに……。

「袖触れ合うも多生の縁、言うやないか。せっかく出おうたんやさかい。お願い! ちょっとだけ!」

ここぞとばかり、男は畳みかける。

「ちょっとだけや。絶対旦那にはバレへん! な? なあて」

言いながら、男は、親指とその他の指の間を縮めたり開いたりして乳房を挟み、その地盤をグルグルと回転させる。

(イヤァ……ほんとに負ける……ダメだってば……)

許されないこととは分かっている。だが、正直なところ、負かされたい気持ちもある。いっそこのまま押し切られてしまえば、と……。

倫子が彼を拒みきれない背景には、やはり弱味を握られていることからの暗黙の強制力があった。それはまた一方で、全てを知られているという諦めから、返って気安く心を許せる部分にも繋がっていた。

男は、倫子の片方の腿を抱え上げた。そうして、

「今晩だけのお愉しみと思たらええがな。せっかく温泉来て、羽伸ばしてるんやさかい」

そう言い、彼女の股の間に割って入る。さっき肇が居たポジションだ。

倫子は、この危機的状況にさらされながらも、彼を拒みきれず、彼の今しがた言った台詞を頭に反芻していた。

彼が言わんとしている意味は、彼女にも十分理解できた。いわゆる、旅先での解放感というやつである。そもそも、それがあったが故にここまで猥褻な戯れを受け入れられたのである。

「無理やりとは違たんやろ? さっきの子とは。もう一本ちょっと入れてみたかて一緒やがな」

既に一度は間男の侵入を受け入れてしまったことからの気の緩み・体の火照り、男の指摘はそういう所を的確に衝いてくる。彼の言うように、もう一人の侵入を追加しても、罪の重さには変わりがないような気になる。

そういう考えに賛意を示すかのように、倫子の秘所の熱は異常に上昇していった。彼女がどう迷おうとも、そこはもう男を迎え入れることに一決しているのだった。

(これは事故だから……仕方ないんだから……)

女らしく言い訳の用意を始める倫子。そんな考えが閃くことからして、彼女の本音が見え透くというものだ。

「高校生とは一味違うで」

男は言い、顔をぐっと近づける。そうして、そのまま彼女の唇を奪った。

これが決定打となった。倫子の中に、一つの決心がスーッと浸透していく。

彼の唇は酒臭く、普段なら不快感を催すはずだったが、今はむしろ溜飲が下がるのだった。彼の言うとおり、彼は肇とは確かに違う。

「エエねんな? 入れるでぇ?」

男は、倫子の肉ビラを広げ、肉茎をそこへあてがいながら聞いた。

(ああ、聞かないで……)

聞かれなくとも、倫子の態度は明白である。仰向いておとなしくなり、肉茎の接触にも焦りを見せない。しおらしく股を開き、女の役割としてただ犯されるのを待ちわびるだけだ。

その様子を見た男は、いよいよ肉茎を彼女の秘花にうずめていった。


<つづく>



(001)19:53~(010)20:15(011)20:18~(020)20:44
(021)20:47~(030)21:07(031)21:09~(040)22:03
(041)22:22~(050)23:53

目次へ



テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2010/07/04 20:14] | 「湯けむ輪」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
湯けむ輪(10) 20:15

子宝混浴
『湯けむ
~美肌効


こだからこんよく
ゆけむりん
びはだこうかん






――午後八時十五分



「ほおれ、入るでぇ、入るでぇ……」

「ア……ウゥ……!」

(入ってくる! 入ってくる!)

肉棒が倫子の体内に侵入してくる。その深度に合わせて、彼女は相手のわき腹に手を添わせていく。やがて肉棒が根元まで埋まる頃には、その手は背中にまで達していた。

「分かる? 奥さん。チンポ入ったで?」

男は倫子の背中に手を回す。

すると、倫子も相手にかけた手にそっと力を込めた。

その反応を喜ぶ男。

「かわいいなぁ、奥さん」

じわじわと腰を使いだしつつ、男はささやいた。酒臭い息が、もろに倫子の顔面に吹きかかる。彼はさらに、彼女の頬へ接吻を連発した。

「チュウしよ、チュウ」

彼は言って、再び倫子と唇を重ねた。今度の口づけは濃厚で、彼女は口を開かされ、舌の侵入まで許すことになった。

(お、おかしくなる……)

久しぶりの濃厚なディープキスにより、彼女の頭はボーッとしてくる。膣交と同時のそれは、女体の悦びをダイレクトに感じさせてくれるようだ。たとえ相手が脂ぎった顔面の中年男であろうと、それは関係ない。

「オッ! オ、オ、オォ……」

倫子は覚えず悶えながら、男の体にしがみついた。

「エエか、エエか? エエのんか? ん?」

甘ったるく呼びかけながら、男は彼女の体を抱き起こす。

ますます相手にしがみつく倫子。その腰がふわりと湯の中で浮く。

「どや? あっちの方まで行こか?」

男は彼女を膝の上に乗せたまま湯船を横切りだした。

「アッ! アッ、アッアッ!」

ふわふわと水面の上を倫子の頭が上下して動く。連結部のピストン運動は、まるで彼女を動かすモーターのよう。

とうとう二人は、その運動で対岸まで渡りついた。

「どっこいしょ」

掛け声かけて、男は倫子ごと浴槽のへりに上がって座る。そうして、

「後ろ向きも好きやろ?」

と勝手に決め付け、それへの返事を待たずに彼女を一旦引き離し、背中から抱き寄せ座り直させた。

「オッ! オオフ……!」

ペニスの刺さる向きが変わると、また違った快感があるようで、倫子の股間に切なさがこみ上げてくる。

「このまま、グーッと……そう……」

男は、相手の足に手と足先を引っかけて、彼女を膝の上で大股開きさせた。

危険な格好である。なぜなら、今二人が腰かけているのは、湯船を挟んでちょうど脱衣所の戸から真正面に当たる位置なのだ。いつ誰が入って来てもおかしくない公衆浴場で、さすがにこれは大胆過ぎた。

確かに、この旅館に宿泊客が少ないことを倫子は知っている。先ほどからずっと、この温泉に客が来ないこともそれを証明している。決して深い時間というわけでもないのに。

元々小さな建物の旅館ではあったし、場所も観光地として別に開けている所ではない。夕方見た限りでは、老人客がちらほら散見される程度だった。穴場と言えば聞こえはいいが、寂れていると言った方が適当だろう。

そういう事情があったから、倫子もある程度は安心していたのである。それに、もしもの場合でも、すりガラス越しに客が来たことは窺えるだろうし、その時さっと対応すればいいとも。

ところが、である。

ガラガラ――!

男性側の戸が開いたのだ。まったく何の前触れもなく。

「ええっ!?」

倫子は思わず素っ頓狂な声を上げた。現実とは想定通りいかないものだ。思いのほか、セックスに没頭していたらしい。

一人、続いてもう一人……、入り口から男が入ってくる。知らない男達だ。年の頃は、ちょうど彼女を犯している男と同じ位……。

――と、二人はすぐにこちらに気づいて言った。

「おおっ! ウーちゃんやないか」

「あれえ? 宇川(うかわ)さん、何してはりますのん」

男達は口々に言って、一気に頬を緩ませた。

「へへっ……」

宇川と呼ばれたこちら側の男が軽く笑い返す。


<つづく>



(001)19:53~(010)20:15(011)20:18~(020)20:44
(021)20:47~(030)21:07(031)21:09~(040)22:03
(041)22:22~(050)23:53(051)23:54~(060)00:20
(061)00:24~(070)00:50(071)00:24~(080)01:36
(081)01:45~(090)03:59(091)04:12~(100)05:46
(101)05:52~(110)07:07(111)07:15~(120)08:35

目次へ



HIMEGURI-NET


テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2010/07/05 20:15] | 「湯けむ輪」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
熟女・オブ・ザ・イヤー 中園貴代美

発表します!
熟女・オブ・ザ・イヤーは……

中園貴代美さんです!

おめでとうございます。中園貴代美さんには、全世界のスケベ男子より、全てオナニーによって絞り出されたザーメンと、「お世話になりました」という賞賛の声が送られます。

※この賞は、容姿、演技、実績等を総合考量して、いわゆる“熟女カテゴリー”内におけるナンバー1を選び出すという権威あるデタラメです。


ふぅ……。

素晴らしい。素晴らしいよ、彼女は。
ここのところ、ずっと彼女にばかりお世話になっているんだ。

ヌける! この人はヌけるっ! 今一番、最高にヌけるぅっ!


――ということで、どハまり中です。
正直言って、欠点が見当たらない。

一瞬は、山口玲子さんが改名したのかな? なんて見当違いなことを考えてもいました。
(山口玲子嬢にも、もちろんお世話になったことがございます。ちょっと仏像系の御顔立ち)
いずれにせよ、きれい、かつエロい顔。
でも、顔がどストライクに好みというわけではない。

最初はおっぱいに惹かれて、サンプルを見ました。
確かにおっぱいはすごかった。
そしてパイズリが上手い。そう、これがまず素晴らしい点。

爆乳のくせしてまともに挟めない女なんて、一体なんのためにでかいのぶら下げてんの、チンポ挟むためだろうが、って思いますよね。
胸板と指先で摩擦するって、そんなもん詐欺やないか! 実際には結構気持ちいい? 関係あるか! ビデオでは、おっぱいのお肉だけでパフッと、ギュッと挟んでなんぼなんじゃい! 手は添えるだけ! 添えるだけぇっ!

……すみません、取り乱しました。
ちょっと待って下さい――。


ふぅ……。

失敬。
この中園貴代美さんのパイズリは素晴らしいですよ。というか、“出来て当然ですけど、何か?”みたいな感じです。本当にすみません。おっしゃる通りです。
そして実は、このことが彼女を語る上でとても重要なポイントなのです。すなわち、おっぱい女優なのにパイズリのシーンがピークではない、それだけが見せ場ではないということ。ひいては、おっぱい女優にカテゴライズすること自体再検討を要するのかもしれません。

まず、ベロチュー。
おっさんとのディープキスシーンは、早送りすることも多い。しかし、この人は見られる。むしろ思わず見入る。そこに視聴に耐えられるだけのエロさと美しさと、そしてテクニックがあるからでしょうな。
実際、キスシーン多いですよ、どの作品も。分かっていてやっておるんでしょう。

次にフェラシーン。
一生懸命ほおばっているときの口元の表情が、みやびつづる氏の漫画に出てきそうだと思ったのは私だけでしょうか。男根を本当に慈しみながらくわえる様がかわいらしい。
また、舌をチロチロと小刻みに動かしながら竿を舐め上げるテクは、これまでの豊富な経験数を窺わせます。
やはり風俗上がりでしょうか?

そして、合体。
遺憾なく威力を発揮する柔らか爆乳。いいですね、垂れ乳。好きだなあ。この人の騎乗位はほんとにヌけますよ?
垂れ乳って生々しい感じがいいんだと思います。仰向けの時広がって左右へ滑り落ちる所とか、バックの時のブランブランとか……。あっ、斜め後ろから背中越しに眺める垂れ乳も大好き。ていうか一番好き。

その熟れ乳を駆使した見事なパイズリに関してはもう書きましたね。
ほんとにスゴ技なんですよ。でもそれを決して誇らずに、普通に流れの中でやってる。すごく贅沢です。本来なら、ここメインで一本作ってもいい位な屈指のパイズリなんですけどね。

考えてみると、結局彼女の魅力って、こういう奉仕する姿勢なんじゃないでしょうか。パイズリもそう、フェラチオもそう。その根底に通じているのは、サービスの巧さのような気がします。
責め好きとか、責めが得意と豪語する女性は沢山います。AVにも風俗にも。でもそういう方々の場合は、えてして独りよがりなことも少なくありません(風俗の場合は、単純に触られるのが嫌だから、あらかじめ予防線を張っているということもあるでしょう)。“気持ちいいでしょ?”とかって、一方的に盛り上がる感じ。
中園貴代美さんとの違いはそこです。彼女は男の側から男のためを思ってやっているように見えるのです。
そういう意味で言うと、かなり出来る人、あるいは男を知っている人、ということになるでしょう。

さらにその長所を、彼女ならではの魅惑的な母性が倍加しているのですが、その点については動画の後にお伝えします。まずは基本中の基本、欲求不満の人妻さんです。

「引越ししてきた隣の新婚夫婦」

引越ししてきた隣の新婚夫婦

[高画質で再生]

引越ししてきた隣の妻は欲求不満1 [アダルトホームページ] [アダルト動画]
[高画質で再生]

引越ししてきた隣の妻は欲求不満2 [情報商材] [アダルト動画]

ミラー1  
ミラー2  

ふぅ……。

ええっと、なんでしたっけ。そうですね。
演技はまずまずですよ。楽しんでやっているみたいです。
声が高くて、時折間の抜けた調子には聞こえますが、そもそも何がエロいかをよくわきまえてらっしゃるので、前述の母性的な雰囲気とも相まっていい感じです。柔らかく、温かく、かわいい。
この方、よくカメラ位置を視界の端で確認してしまうんですけど、もはやこういう見当違いなプロ意識ですら許せてしまう。

――ダメだ。ハマってるから何でもありになってきた。ブームが去った後に見たら、自分でも首をかしげるようなことを書いているに違いない。
ウーン……でも……ま、いっか。勢いで書いちゃえ。

あ、そうそう、セックス中に相手にかけるセリフはアドリブ的でとてもナチュラルです。この辺は感情移入しやすいのかな? あるいは板についているのか。あえて覚える必要もないみたい。

では、続いてもう一本見て下さい。今度は禁断の近親相姦ものです。実はこの人、母子ものが非常に多いんです。
そっち系はちょっと……という方も、食わず嫌いしないで一度見て下さい。私もこの設定自体には全く興味がありませんでしたが、何を隠そう、以下の作品で中園さんにハマったのです。アー、もうガマンできない!

「母子交尾 [蓼科路]」

母子交尾 [蓼科路]
[
高画質で再生]

Nakazono Kiyomi 1.flv [アダルトライブチャット] [アダルト動画]
[高画質で再生]

Nakazono Kiyomi 2.flv [エロチャット] [アダルト動画]

ミラー1  
ミラー2  

ふぅ……。

いかがでしょうか。これを見ると、なるほど、母子ものが多いのもうなずけるのではないでしょうか。彼女の包容力(肉体的な意味でも)は、母親役にうってつけなのかもしれませんね。

こんなきれいでエロ乳の母ちゃんがいたら、そりゃあおかしな気分にもなりますわな。ま、いないから心配ないですが。第一、こんなに若い母親だったら、血のつながりをまず疑えっての。
もとより男優の年齢設定や見た目とのギャップにはツッコんだら負け。昔からのお約束。要はロマンですよ、ロマン。

ところで、この作品を見ると、カメラワークにも随分助けられているなと思いますね。長回ししてじっくりと追ったりとか。もちろん、被写体が良いのが大きいですがね。え? カメラワークって何って?

……さ、さて、こんな動画もありますよぉっと。

「たびじ 後家と義弟」

たびじ 後家と義弟 中園貴代美



ミラー1  
ミラー2  

ふぅ……。

あ、あれれ、やっぱり近親相姦ものですねえ。やはり手近な所に性処理の相手がいるっていうのが、いいんでしょうかねえ。
もいっちょ。

「背徳相姦遊戯 義父と嫁 #05」

背徳相姦遊戯 義父と嫁 #05 中園貴代美



ミラー  

うっ……! ふぅ……。

ああ、何回でも立っちゃう。幸せだなあ。
でも、彼女みたいな体型って、若くてくびれがあって、とかが理想の人にとっては、まったくの射程圏外だったりするんだろうなあ……。信じられないけど。





続きを読む

テーマ:AV女優紹介! - ジャンル:アダルト

[2011/11/30 23:30] | AV女優 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。