おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

    
お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



<おすすめサイト更新情報>

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。

■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」

◆中編作品
「大輪動会~友母姦戦記~」(連載中)
「青き山、揺れる」 ▼「師匠のお筆」

短編作品
「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「シーコイコイコイ!」
「サルオナ」  ▼「母の独白」  ▼「童貞卒業式」  ▼「お昼寝おばさん」
「上手くやりたい」 ▼「珍休さんと水あめ女」 ▼「栗の花匂う人」
「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」 ▼「いたずらの入り口」
「学食のおばさん便器」 ▼「山姥今様」 ▼「おしっこ、ついてきて。」

「師匠のお筆」 5-2-4
『師匠のお筆』


5-2-4


須美恵はそうして髪を撫でながら、心底愛おしそうに神雄を見つめていた。ただ、彼女の感じるその愛おしさとは、成熟した男女間のそれとは違い、もっと限定的なものだった。

「ちょっと重いかも」

須美恵は言って、神雄の膝に向かい合わせに跨った。そうして、彼の胸にスポンジを当ててこすった。少年の体は、まだ骨も発達途上の上に筋肉もあまりついていず、柔らかくほっそりとしていた。肋骨などは、まるでウサギか猫のように危うくももろかった。その段差を、彼女は下からなぞり上げる。

「きれいきれいにしないとね」

年齢以上に幼い子供に言うように、須美恵は言った。彼女は、相手が自分自身では体を洗えないものと、いつしか決め付けていた。またそうであるならば、自分こそが洗ってやらなければならないという魂胆でいた。

神雄も神雄で、一切合財まかせっきりで、おとなしくいいなりになっている。それは、女に洗わせているという優越感からのことではなく、ただどうしていいか分からずに流れに従っているというだけなのであった。

それをいいことに須美恵は図に乗り、まるで着せ替え人形か何かで遊ぶように、己の欲望のままに彼の世話を焼いてやる。彼女の感じる愛おしさとは、このように人形を愛でる少女のような感情であって、すなわちそれは、完全に自分の支配下にあるものに対する、権力的な愛情なのであった。

期せずしてそれは、父・枕必が神雄の母・鈴美に対して抱く感情と似た性質のものであったが、須美恵はそのことを知る由もない。

「くっついちゃおうかな」

言いながら、須美恵は自分の乳房を相手の薄い胸板に押し付けた。ボディーソープの泡が胸板から乳房に移りゆく。そうして彼の背中に手を回しながら、泡にまみれた乳房を胸の上でこすり回す。するとその二つの脂肪の塊は、いとも軽快に所狭しと踊りまわり、密着する二人の間でコロコロと形を変えていく。

そんな乳房の優しい圧迫は、二人ともに心地のいいものだった。

「ねえ、おっぱい気持ちいいでしょう?」

須美恵は訊いたが、それは自分自身も気持ちがいいことを踏まえた上でのことだった。一つには、己の胸に対する自信の表れでもあったが、単純に、二人の肌の間を脂肪の弾力がヌルヌルと移動する感触が心地よいのであった。

心地よいのは神雄にも同じだった。その上、彼はなんだか不思議な気分であった。というのも、既にこれまで何度も須美恵の乳房には触らせてもらってきたが、いまだに女性の乳房というのはとらえどころがなく、彼にとって神秘的なものだったからだ。だから、今体の上でつぶれたり盛り上がったりしている様子を見ても、どこか夢のような気持ちなのである。

乳房について今までに確信が持てたのは、母の胸よりも須美恵のそれの方が確かにボリュームがあるということぐらいだった。母・鈴美もまったく無いわけではないし、須美恵も目立って大きいというほどではなかったが、須美恵の場合、バストの下に影ができる位容積が明らかだった。

「……ここは、一番きれいにしないとね」

膝から降りて下半身を洗った後、いよいよメインディッシュとでも言いたげに、須美恵は神雄の股間に手を伸ばした。

「今日がんばったもんね……。お疲れ様」

ひとり言のように言って、須美恵は、肛門、精嚢、幹部、裏筋、亀頭と、実に丹念に精魂こめて磨いていった。ほとんどそれまでにかかった時間の倍ほどもかけてだ。

最初はスポンジで軽くこすり、しかしそれだと亀頭には刺激が強すぎるらしく、神雄が痛そうに腰を引いたので、途中からは泡まみれの両手で、丁寧に丁寧にさすりながら洗った。ある時は陰茎を手のひらに乗せて、ハムスターか何かを撫でるようによしよしとさすり、ある時はそれを下腹部に押し付けて伸ばし、陰嚢から裏筋にかけて少し力強くごしごしとこすった。

そうしてようやく磨き終えると、これも須美恵手ずからシャワーで彼の泡を洗い流す。

「きれいになったねえ」

健全な保護者のような口ぶりで須美恵は言った。しかし語調とは裏腹に、その内心にはいまだ淫らな思いが渦巻いていた。それが証拠に、シャワーで体を流しながらも、彼女はちらちらと神雄の股間を横目でうかがい見ていたのである。未練だった。

その未練に、彼女はためらわなかった。神雄の前ではいつも、ためらうべき何物もないのだ。須美恵は、一通り泡を落とすやいなや、すぐさま床に這いつくばった。そして、今洗ったばかりの陰茎を、何も言わずに口淫し始めたのである。

神雄は見ていた。彼も何も言わなかった。なんだか夢と現実の区別がつかないような、曖昧な気分だった。度重なる須美恵との情事によって、彼の常識はマヒしていた。

「はい、いいわ……」

しばらくやってとりあえず満足したのか、須美恵は離れた。実は、また勃起するのではないかとひそかに期待していたのだが、いくら口の中でモグモグとやっても、あいにくそれは柔らかいままだった。

脱衣所でも須美恵が主導権を取って、甲斐甲斐しく神雄の体を拭いてやった。そこでも、たまりかねた様子で彼女は言った。

「ちょっとごめん……」

またしても彼女はぱっくりとやった。くるぶしの辺りをタオルで拭きながらのことだった。目の前に来た肉竿を、どうしてもスルーできなかったのである。

その後、服を着せてやる最中にもくわえた。そばにそれがある限り、須美恵としてはどうしても弄びたくて仕方がないらしい。

ようやく服を着ると、二人は揃って家を出た。その足で教室へと帰るのである。今まで淫らな時間を過ごしていたなどとはおくびにも見せずに。実際、すれ違う誰も、彼らが肉体関係にあるなどとは考えもしないだろう。

こんな風に二人の逢引は、須美恵の自宅という誰気兼ねない場所を得て、より一層濃密なものへと進展するのであった。


<つづく>



<< 前回 | 次回 >>

<5章 目次>
1 { 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 }
2 { 1 2 3 4 }

目次へ


テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2010/06/01 21:00] | 「師匠のお筆」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「青き山、揺れる」(55)

その指令に従って、祐子は赤井の背中に抱きついていった。今さっき泡だてたボディーソープが、既に彼女の胸から下腹にかけてまとわりついている。その状態のまま密着し擦り合わせることによって、相手の背中を洗うというわけである。

白い泡はこんもりと乳房に付着し、初めはそのトップの輪郭まですっかり覆い隠していたが、ズリズリと擦りつけ始めるうちに広がっていき、いつの間にか尖り立った乳首を露わにしていった。

「ン……」

敏感な乳首が感じて、祐子は甘え声を洩らす。力士の厚い皮膚で直接性感帯を刺激する気持ちよさだ。祐子は夢中でしがみつき、乳房を上から下、下から上へと滑らせていった。圧迫された脂肪が外へ外へと逃げていくのを、胸部で弧を描くことによってまた元へ返す、その繰り返しである。

続いて、くっついたまま相手の腰の辺りまで下がっていき、今度は脇腹に沿わせた手を前へと伸ばしていく。本当は両脇から同時に手を回すべきところであるが、彼の肥大した胴周りではとても前に届かない。まるで、樹齢数百年の大樹に抱きつくようなものだ。だから、右の方に体を片よせていって、側面から陰部を掴むことになる。

目指す先は、出っ張り垂れた脂肪の球体の奥地にあった。既に一仕事終えてきたと聞いた通り、袋まで萎れたそれは揉んでみても何ら手ごたえがない。この点は黄本や白井とは大違いだ。彼らなら触れるより先、おそらく乳房を目撃した時点で反応しているだろう。

祐子は、しかしめげることなく、局部を揉んだまま、そこを中心に今度は全身を彼の前方に回り込ませていった。そうして、腿の上にまたがって座り、そのまま腰を前後に揺り動かす。

「ン、ン……」

また吐息が漏れる。陰核、会陰、肛門にザラザラした刺激が心地よい。それでも仕事は忘れず、左手で相手の乳首を、右手で肉竿を揉みこむ。

そんな彼女を見て赤井が言った。

「上手くなったね、祐子さん。これなら指名も取れるかもよ」

そして相手の腰に手を回し、さらに接吻を求めていく。

祐子はそれを素直に受け入れた。股間、乳房、唇と、全身の官能が解放されていく。“指名”というシステムについて詳しくは知らないが、やはり風俗店に関するものだろう位には分かっている。とにかく、彼女のこれまでの一連の技は、全部赤井によって仕込まれたものなのである。若い子好きであると同時に風俗好きでもある彼の道楽で、彼女はこうしていわゆる“イス洗い”というやつや、時にはローションを使ったものまで教え込まれていた。いわば、彼は師というわけだ。師に褒められて悪い気はしない。

その師は、彼女の奉仕だけを待ってはいられないといった風で、相手の体を自分からもまさぐりだした。胸、背中、さらにずっと下の方までも。

「ンンッ……!」

ある所を触られて、祐子は軽く呻いた。偶然触れたというのではなく、明らかにピンポイントでそこを狙っている感じだ。その上、突起の先端は、その場所の内部にまで侵入しようとしてきたのである。そこは、遊びなれた洞穴ではなく、そのちょっと後ろの穴だ。

「今日さあ、親方いなかったから、こっちはまだ新品なんじゃない?」

赤井は言いながら、事実本日未使用の細道へ、その閉じられた門を開いて、ぐっと指先を押し入れていった。

「ンッ! ン……フゥ……ッ!」

“前”とは違う独特な緊迫感が、祐子の背筋を突き抜ける。

指は、穴の入り口でしばらく屯し、浅く掘ったりぐるぐる周回したりして、何やら探検に向かう下準備をしているようである。石鹸のせいか、それが動くたびクチャクチャという音が鳴った。

「残念だったねえ、親方いなくて。でも、ちゃんときれいに準備はしてきたんでしょ?」

そう問いかける赤井。その言葉に、祐子は心で照れながらうなずいていた。確かに、今朝がた念入りに“準備”はしてきていた。

「使ってもいい?」

彼は尋ね、その返答を待つより先に、一気に指を潜り込ませた。

「ンヒイィッ……!」

細道を逆流してくる強烈な刺激に合わせ、祐子は鋭い叫びをあげた。それは歓喜とオーケーのサインを示す叫びだった。頼りとばかりしがみついていた肉茎は、いつの間にか手の中で太さを増し、頼もしい存在になっている。そのこともあり、二重の喜びである。

使ってもらえるならやはり嬉しい。ただ、親方がいないのは確かに残念だ。何しろこのトンネルは、彼の手によって日頃から開発されてきたものだったから。

彼のこの掘削工事にかける情熱は実に余念がなく、来る日も来る日もトイレで、風呂で、祐子はこの穴を拡げられ弄られたものだ。そうして丹念に丹念に育てられた結果誕生したのが、この道、いわば第二の生殖道なのである。

彼とは、おそらく正規のルートよりもこちらの裏道から迎え入れた数の方がはるかに多いだろう。それほどに彼・黒岩親方は、アナルにご執心なのである。

思い返せば、中々にアブノーマルなプレイにも付き合わされてきた。忘れられない出来事もある――。


<つづく>




<目次>
(1)~(10)(11)~(20)(21)~(30)(31)~(40)(41)~(50)
(51)~(60)




テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2011/03/27 21:00] | 「青き山、揺れる」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ママの枕 ~ステージ3~


 チョコレートの板の上で白いマシュマロを転がすように、ミナミはワダの背中の上で豊乳を滑らせた。つぶれた脂肪の間から無数の泡が弾ける。彼女の体は石鹸まみれ。その肌でワダの体を洗う。彼は悠然と腰掛けに座ったままだ。ミナミは彼によって、ソープ嬢さながらの技術を仕込まれていた。今日もファッションホテルの浴室で、専業主婦が真昼間からソープ不倫である。

 腰から手を回して、陰茎をなぶる。彼のものは、早くも硬みを帯びていた。だが、それも彼女の乳頭ほどではない。男の肌で摩擦され続けたそれはいずれも尖りきり、思い思いの方を向いて首や腋などへ流れて行った。

 後ろが洗えたら次は前である。

「失礼します」

 ミナミはそう言って彼の前方へ回ると、その腿の上に尻を落ち着けた。

「ン……」

 陰核が接着して、彼女はわずかに感じた。少し調節しながら、陰唇をこすり付けだす。ワダの体毛がジョリジョリと鳴る。ミナミの縮れ毛がそれと混ざり合った。ワダとの関係を覚悟してから整えるようになった下の毛である。ちょうど独身の頃のように。

 ワダは腿で泡踊り中の女に手を回し、その肛門にズブリと右手薬指をねじ入れた。

「ヤッ、アアン……!」

 ミナミは眉根を寄せた。が、拒むことまではしない。もぞもぞとする気持ち悪さに耐えるだけだ。しかし、やられているだけでは済まぬと、彼女もまた手を使って敵の股間を攻撃した。

 指先で青筋をなぞって降りてゆき、そのまま玉袋、さらにその裏へと侵入する。このホテルの腰掛けは、股間の下にちょうど腕が入る位の窪みが彫ってある。ミナミはそこから手を入れ、思い切って尻の穴に中指を突き立てた。

「フフン」

 別に嫌がりもせず、ワダは鼻で笑った。ただその黒光りする肉棒が一段と反りを増す。彼はそれを、彼女の空いている方の手でしごかせた。自ら更なる攻撃を受けようというのである。

 困ったのはむしろミナミの方だ。両手を下の方に取られて安定が悪い。そんな中、ワダの左手は彼女の膣穴までほじくり出した。いつの間にやらアヌスには小指も増えている。ここで、勝敗は呆気なく決した。

「ア、ウゥン……!」

 尻の脂肪をプルプル振動させて、彼女はアクメに達した。折しも、ダメ押しのように接吻をされた時だ。ミナミは自分から口を開き、舌を出して相手の舌を探した。頭が朦朧としてきた。

 しかし、休む暇は与えられない。ペニスは相変わらずしごかされ続けるし、ヴァギナの指しゃぶりもやめさせられない。互いの肉と肉が擦れあって、浴室にネチャネチャとした音が響いた。既に石鹸の中へ男と女から湧いた粘り汁が多分に混じっている。二人はお互いの肛門をほじくり、また生殖器をこね回し合いながら、一部の隙もなく唇を重ね合った。

「(あああ……これ、すごい……)」

 女体の快楽に素直な感動を覚えるミナミ。ワダとの邂逅まで久しく忘れていた。

 ふと彼女は、シズカのことを思い出した――。

「――ああっ、なんでもないんです」

 シズカは優しい笑顔で答えた。ワダの部屋から泣いて出てきた件について、ミナミがやんわりと尋ねた時だ。

「トモのことで相談している内に、なんだかこみ上げてきちゃって……」

 それを聞いて、ミナミは正直拍子抜けした。が、一方で"どうせそんなことだろう"とも思った。ミナミがワダに相談を持ちかけていたのは、なんとか彼の気を引こうという意図であったが、シズカの場合は、紛れもなく文字通りの"相談"なのである。この素朴なステージママは、計算高さと無縁の所で生きていた。

 はっきり言って、芸能界に似合わない純粋さであったが、どうしてここにいるのかと問えば、

「わたし、アイドルになりたかったんですよね」

と、いかにも無邪気な調子で答える。その調子で、家でも大真面目で息子と特訓に励んでいるのだとか。表情を豊かにする練習や滑舌を良くする練習などなど。

 ミナミは笑って話を合わせながらも、内心では舌を出していた。その程度の努力でスターになれるなら安いものだし、第一その程度のことは努力にすら当てはまらないと。一歩抜け出そうとするなら、何かを失ってまで仲間を出しぬかないといけないのだ。

 彼女の大学の同窓に我が子を役者に育てた母親がいる。息子はコウよりも五つ年上だが、既に業界から一目置かれる存在感を示していた。国民的大型ドラマにも出演経験がある。実力派という触れ込みで、とある劇団の中で幼くして大人に交じって活動していた。

 その子、タイガは、ミナミから見ても確かに芝居が上手かった。仮に、彼の母親がミナミのような営業をしていないと言われても、そうかもしれないとすら思う。計算高い彼女は、正直な所、我が子がその点で敵わないことを前提に今日のような工作をしている部分があった。

 こんな心は、母として失格だろうか。否、彼女はそう思わない。なぜなら我が子の為にその身をさえ犠牲にしているのだから。

 そんなミナミの哲学をよそに、シズカはのんびりと語る。

「あんまり熱心に特訓するものだから、旦那に怒られるんですよ。"学校の勉強の方が大事だぞ"って。ちょっと嫉妬も入ってるんですよね」

 要するに彼女の感覚では、子役業も習い事の一つといった所なのだ。それであわよくばスターに、と。

 以前、少しだけ枕営業の話題が二人の間で交わされたことがある。シズカは端から夢物語だと笑った。

「それに、それって浮気じゃないですか。旦那さんを裏切ってまで子供の仕事を取るなんて、目茶苦茶ですよ」

 どこまでも本気度の低い女である。ミナミは知っていた。タイガの母が仮に枕をしていないとしても、彼女の家が某大企業の創業家一族であることを。それに比して、ミナミやシズカのいかに何も持たざるかを。金もない、コネもない。あるなら、そう、この身一つ、女の武器だけだ。

「アアッ! アハァ~ン!」

 例によって大げさに悦楽の声を上げる。あの社長室での一件以来、ミナミの痴女ぶりは新たな境地へと踏み出していた。実地によって舞台度胸を向上させていったわけである。彼女はワダの膝の上でのけ反った。彼の首に手を巻き付け、自ら腰を上げ下げしては膣内の男根を摩擦する。泡だった白い愛液が、睾丸を伝って床に流れ落ちた。

「(旦那が、旦那がって……)」

 ミナミは劣情の狭間で思考した。コウに入れ込むのに比例して、夫婦仲は冷え込んでいった。今では会話もない。当然セックスレスだ。もうすぐ二年になる、最後に肌を重ねてから。

 しかし、彼女の肉体がさび付いたわけではない。むしろ、女体としては成熟度を増すばかりだ。子種を宿せる最後の年齢を目がけて、女体と性欲は右上がりに増進していくのである。

「アアッ、アアッ、アヒィッ……」

 熟れていたのに放置されていた肉体は、まるで水を得た魚のように生き生きとしていく。本人も驚く位の過剰反応だ。

 もちろん息子の為に抱かれているのだ。ワダもカトウも好きではないし、コウのことがなければなんでセックスなぞしようか。イヤらしい声で鳴くのも、男好きする娼婦を演じているのだ。

「アアッ、イヤァン、アァ~……」

 全ては演技だ。女はセックスを演じる生き物だ。さっきから延々と続くオーガズムも全部嘘だ。とめどなく溢れ続ける愛液も偽物だ。びっくりする位簡単にイッてしまうのも、近頃乳の張りが良くなったのも、みんな……

「イ、イ、グゥ~……! ンンン……」

 子宮を突き上げる熱のエナジーが広がった時、ミナミはワダに頼り切ってその体にしがみついた。アクメが終わらない。

「(き、気持ちいい……)」

 思わぬ落とし穴だった。経験豊富な人間のセックスの上手さは想像以上。今までの夫婦の営みが児戯に等しい程だ。そして何より、思っていた以上に、ミナミの体は性に飢えていた。

 ミナミはよろめきながら四つん這いとなって、事後のペニスに口淫奉仕した。時に手を滑らせて、亀頭で鼻柱をしたたか打ちもした。もうクタクタである。みっともなくも、ワダの前で放尿さえ我慢できなかった。小便を垂れ流しつつ、淫母は白濁液まみれの勃起ペニスを舐めしゃぶる。営業と称しながら、母ミナミはいつしかセックスレスの穴埋めに溺れていたのである。

 とはいえ、枕営業の成果は確実に上がっていた。ドラマ出演が決まったのである。作品はタイガの主演だ。


〈つづく〉


Adult Novels Search




テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2014/05/25 22:00] | 「ママの枕」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |