オナこもりの小説
熟女・巨乳多めな自作エロ小説を中心にシコシコ更新
最新記事

RSSリンクの表示

アダルト検索サイト

もっとエッチなページへイくためのリンク集。飛び立て! さらなるエロの世界へ!

このブログをリンクに追加する

テキスト系リンク

巡回サイト

ランキング

話題のグッズ

オナこもりの為に。

二次元PR

如月群真 常春荘へようこそ 由浦カズヤ ふたりよがり 草津てるにょ パコパコしちゃう ミル・フィーユ 覚えたて 木静謙二 こんなに優しくされたの みやびつづる 母の哭く家 十六夜清心 母姉W相姦 タカスギコウ ユメウツツ 黒木秀彦 37歳欲しがり妻 景山ロウ  若妻ほんとに好きなの 堀江耽閨 熟女ゲーム 巨乳人妻教師~恥辱の校内調教~ML 親戚の小母さん~離れの熟女、本家の後妻~ 息子の友達に犯されて 同人通販

エロ動画

ダイヤモンド映像 アトラス21 h.m.p クリスタル映像 ビッグモーカル TMA 宇宙企画 グレイズ MAX-A ワンズファクトリー 桃太郎映像出版 SODクリエイト Waap アイエナジー MAXING ドリームチケット シネマユニット・ガス BoinBB.com タカラ映像 プレステージ オフィスケイズ ドキドキVacation 冬月かえで、満足度満点新人ソープ DX
艶乳 北原多香子 ひなと子作り新婚生活 秋吉ひな 92cm&Hcupの爆乳女教師が優しく中出し授業 花美ひな 清楚な受付嬢のいやらしい営み 涼子 巨乳のサンプル動画が見放題! 彩名杏子の巨乳を味わえ!! アリスJAPAN専属女優 麻美ゆまの超高級ソープ! チ○ポがグングン伸びる 褒め淫語パイズリ 佐山愛 99cmIcup 青山菜々 制服の似合う美乳コレクション2 吉田絵理香ほか 乳フェチ感謝祭パイズリ凄抜きテクニック JULIA 本能剥き出し生中出しセックス 橘なお kira☆kira BEST 立花樹里亜スペシャル8時間-特別編- 熟女のサンプル動画が見放題! 屋根裏に棲む情欲 ~美人妻の淫猥な二重生活~ 樋口冴子 初撮りおばさんドキュメント 生稲さゆり 冴島かおりママの淫乱!卑猥な性活 デジタルモザイク匠 ごめんね、お母さんも女だったの… 中園貴代美 全裸系近親○姦 僕のママは裸族で癒し系。 荒木瞳

長い垂れ乳に包まれて… 黒沢那智 デジタルモザイク匠

カテゴリ

ユーザータグ

人妻 輪姦 中出し 巨乳 熟女 寝取り寝取られ 童貞 羞恥 アナル 女子アナ パイズリ CMNF 手コキ お掃除フェラ 口内射精 フェラチオ 二穴同時 三穴同時 顔射 露出 覗き 爆乳 強姦 オナニー 飲尿 青姦 浴尿 乱交 黒ギャル 痴女 イラマチオ 3P 潮吹き 顔ズリ 淫語 レズ カーセックス アイドル SM チンポビンタ ボディー洗い ソープ ぽっちゃり 和姦 スパンキング 顔コキ Wフェラ 駅弁ファック 母乳 Wフェラ 連続フェラ 放尿 アナル舐め お漏らし 玉舐め 言葉責め 痴漢 CFNM 女教師 若妻  寝取られ 中出し 巨乳 熟女 人妻

検索フォーム

全記事タイトル表示

◎表示する◎

過去に掲載された全ての記事のうち、そのタイトル部分だけが新着順に一覧表示されます。
ブログ全体の目次のようなものです。

プロフィール

ジーズリー

Author:ジーズリー
よろこばしっとよ~!

オナニー、それは生涯を賭けた孤独なあがき。



作者が思いついたエロ話を羅列して自分を慰めるブログです。下品な妄想と低俗な文章に股間で共感して頂けたら幸いです。

おまけ投票コーナー

もっとエロい動画

もっと赤裸々に見たいっ、という方向けのサービス。


その他PR


おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。



■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」
巨乳熟女が温泉宿で男達に……。

◆中編作品
「青き山、揺れる」
巨乳アナ祐子が相撲部屋で力士らと淫らな取り組みを……。
「師匠のお筆」
書道の師範父娘と、その弟子母子の交姦ストーリー。

短編作品
「大輪動会」  ▼「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「お昼寝おばさん」 ▼「上手くやりたい」  ▼「珍休さんと水あめ女」
「栗の花匂う人」  ▼「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」
「いたずらの入り口」 ▼「学食のおばさん便器」  ▼「山姥今様」
「おしっこ、ついてきて。」

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ

<おすすめサイト更新情報>

佐藤美紀
そんな思い出の中の鈴木志帆さんが、「佐藤美紀」として堂々復活したと知った時は驚きました。しかも以前よりもメジャーに台頭しているではありませんか。

さすがに肌の張りツヤは衰えたようにも見えますが、熟女好きな私としては、むしろこれからが本番かと思っています。その意味では、もっともっと熟れるまで息長く続けてほしいものです。

変わったな、と感じたのは、男優フィニッシュ後の笑顔が、以前は男優の射精後何ともいえず嬉しそうな笑顔を見せるのがほぼ毎回特徴的だったのですが、そのシーンが少なくなっていること。これは、熟女ものというストーリー重視のジャンルに移行したことによるためかもしれません。

一方、良くなった点もあります。パイズリが上手くなっている点です。

元来この人は、素を見せずに演技をするガードの固いタイプで、それゆえにセックスに本気さは感じられず、ややもすると事務的にすら見えることもしばしばでした。そして、このことは鈴木から佐藤に変わっても相変わらずでした。

しかし、ようやくにしてテクニックに開眼したのか、あのたっぷりとした乳肉を駆使する技だけは、少しく上達したように思われます。せっかくのブツなのですから、上手に使わなければ巨乳の持ち腐れってもんです。

復帰後徐々にながら一人でもペニスを隠せるようになって、「僕にだけ優しい美紀ママ」(マドンナ、2009)では、膝上パイズリで随分しっかりと挟みこむ様子を堪能させてくれました。年齢を重ねて、挟み具合のいい張りのお乳に変化したのかもしれません。

僕にだけ優しい美紀ママ

それにしても、リアルタイムで自分が見ていた女優さんが熟女として再デビューするのを目の当たりにすることになるとは考えもしないことでした。少し上の世代の人にとってはもうそういう現象は経験済みだったのでしょうが、自分の見だした頃の女優さんももうそういう順番なんだと思うと感慨深いです。熟女市場の拡大恐るべし。








続きを読む

テーマ:AV女優紹介! - ジャンル:アダルト

タグ : 巨乳 パイズリ 熟女



[サンプル動画]鈴木志帆~佐藤美紀
YourFileHostで現在見られる動画を一応挙げておきます

●鈴木志帆
清純Fカップしほ 前編」より
1:ペニバンを谷間に挟んでペロペロ→ベッドに寝そべる男にフェラ(4分半)
2:ローション付きうつ伏せパイズリ→再びフェラ→口内射精→笑顔(4分半)
[参考]「清純Fカップしほ 後編
クンニ→バイブズボズボ→ファック

●佐藤美紀
ザ・タブー家族 義母がすけべで身がもたない 23
「ザ・タブー家族 義母がすけべで身がもたない 23」より
茶髪にロン毛、タトゥー入りのチャラい息子との情事シーン
1:息子が入浴する風呂場に乱入→体を洗ってやる→ついでにフェラ→布団の上で下着姿の美紀さんが上に乗ってきて→フェラ(6分半)
2:膝上パイズリ→攻守交替→クンニ→全裸になって騎乗位挿入→自ら腰振り(6分半)
3:騎乗位、息子の腰振り→四つん這いバック→正常位→中出し→起き上がって自分で精液をかき出す(6分半)







テーマ:YourFileHostのエロ動画 - ジャンル:アダルト

タグ : 巨乳 人妻 熟女 パイズリ フェラチオ 口内射精 中出し



【思い出の】薫桜子【AV女優】
薫桜子ちゃんに一時期ハマりました
爆乳、なんと101センチ! Iカップ! の女優さんです
顔は童顔でかわいらしい感じ
今活躍中の人で言うと、青山菜々ちゃんがぱっと見似てるかも
ただ、菜々ちゃんみたいなノリノリ系ではなく、もう少し控え目で不器用な印象でしたが

彼女のおっぱいは、左右の形の均等でないのがチャームポイント
初めて見たときは、少し新鮮な気がしました。日頃頭に思い描くおっぱいって、自然と左右対称になりがちですよね。でも実際には完全対称なことってないのかもしれず、そういう意味では桜子ちゃんのおっぱいは現実の代表みたいな、生々しいものであります
もちろん、右のおっぱいも左のおっぱいも、どっちも爆乳に変わりありませんけどね

あえぎ声がだらしないのも特徴だったように思います
だらしないというのは、「アンアン」とか「イクイク」とかそういう歯切れのいい感じではなく、「ア゛アーー」とか「ン゛ン~~」とか、切なくてどうしようもない感じを表現しようとして口をぼやっと開け惰性であえぐタイプだということです。気持ちが入っているように見えるかどうかは作品によるのですが、パターン一般として私はアリだと思っています

この子のデビューは、ちょうどVHSからDVDへの過渡期に当たっていたと記憶しています。いうなれば、VHS最後のアイドル世代に分類されるのかもしれません
私は当時、確か個室ビデオ店で最初に見て、その後近所の今はなきレンタルビデオ店で借りた覚えがあります。いずれもVHS版の初期作品でした。
それから、DVDで出たベスト盤を買いました
で、買ったやつがこれ↓

「ノーカット!!」です。
それにしても、今これ100円切ってるんですね、中古とはいえ。当時店頭では、それ相応の値段がしましたが……





ここで、桜子ちゃんの出演している動画のサンプルを一つご紹介↓
(優しくタッチすると、埋め込み動画が再生されます)


いかがでしたでしょうか
上のサンプルのうち、さて何番目に映った女優さんが桜子ちゃんか分かりましたか?
正解は……
映ってませんでしたーっ! 
なんと、サンプルに入れてもらえませんでした(T_T)シクシク(オムニバス作品には、ままありがち)
まあ、8時間もある動画ですからね……
あ、本編にはもちろん出てましたよ!
ちなみにトップに映った女優さんは皆さんご存知、熟女系爆乳エロまんこにしてパイズリ上手の友崎亜希さんでした
この方もお世話になった女優さんの一人です

この動画の詳細 ⇒ TMA義母BIBLE 8時間
昔の作品の寄せ集め総集編的内容です。“義母”という括りですが、オムニバス故にドラマっぽさは希薄なので、義母萌えメインで見るよりも熟女系・巨乳系の有名女優さんの絡みに期待して見るのが適切でしょう。女優さんは手堅い所が揃っているので損はない、はず
なお、これに収録されている桜子ちゃんシーンのオリジナルは、これです↓



あー、なんだか桜子ちゃんのこと書いてると、久しぶりに見たくなってきました。と、いうわけで桜子ちゃん、今晩はお世話になりやーす(*^_^*)





テーマ:AV女優紹介! - ジャンル:アダルト

タグ : 巨乳 爆乳 パイズリ



【動画】薫桜子【サンプル】
薫桜子ちゃんの、現在ネット上で見られる動画を集めてみました。

<その1>
薫桜子のペットにしてあげる

薫桜子のペットにしてあげる

[高画質で再生]

薫桜子のペットにしてあげる [] [アダルト動画]


<その2>
[高画質で再生]

薫桜子1 服脱いで自分で・・・ [] [アダルト動画]

[高画質で再生]

薫桜子2  [] [アダルト動画]

[高画質で再生]

薫桜子3 セックス [] [アダルト動画]







続きを読む

テーマ:無料動画 - ジャンル:アダルト

タグ : 巨乳 爆乳 パイズリ



「師匠のお筆」6-6
『師匠のお筆』


6-6


瑞夫は、まず真っ先に乳房へ飛びついた。

彼女のその出っ張りは、服の上からでも十分確認できるほど巨大で、しかも思いがけない柔らさだった。ブラジャー越しにさえ、グニュグニュと形を変えることができたし、カップごとポチャポチャと揺らすこともできた。

また、いざ揉んでみると、

(重たい)

と感じるほど、ずっしりと手や腕に負担をかけてくる。そこでそれをこね回すにあたっては、瑞夫はひじを張り、たっぷりと力を込めてせねばならなかった。

(これが、熟女の乳か)

歳を重ねるごとに惰性的に乳房が出っ張ってくる、そんな種類の中年女がいるイメージが瑞夫の中にはあったが、彼女もそんな類の一人だろうと思った。

(すごくいやらしいな、これ)

実際に揉みしだいてみて、彼の心は躍っていた。今まで熟女を敬遠していたのが嘘のようだった。

(おばさんの乳もいいもんだ)

瑞夫は悦に入った。ことに、それの柔らかいのが嬉しかった。見た目が大きいやつは固いのではないか、と何の根拠もなく考えていたが、柔らかかったのでほっとした形だ。彼としては、柔らかい方が母性的で安心するというのである。

男は、女性の乳房に対して、多かれ少なかれ何らかのこだわりを抱いているものであるが、一説にそれは、母親的な優しさを女性に対して求めていることの表れだという。瑞夫もまた、女にそういうものを期待していたのかもしれない。

また、彼は、乳房の中でも特に大きいもの、いわゆる巨乳に魅力を感じる性質であった。日頃から、道行く巨乳女性を目でよく追っていたし、風俗遊びをしていても、決まって胸の大きな娘を指名していた。

それでも、今日ほどの巨乳を実際に手にしたことはなく、

(なんてでかいんだ)

と、彼は惚れ惚れするのだった。

しかもそれを着衣のまま揉むというのが、いかにも生々しくいやらしいことに感じられ、興奮した。そういうことをすのも初めてだった。妻の鈴美の場合は、およそ巨乳とは似ても似つかないので、数の内に入れられないのである。

ところで、こうして瑞夫は何の断りもなく彼女の胸を揉み始めたわけだが、その間、相手の女性は一切抵抗めいた態度に出ていなかった。これは一体どうしたことだろうか。

既に居直った瑞夫としては、たとえ抵抗しようとしまいと、どっちみちこの行為をやめるつもりはない。が、しかし、やはり気にはなる。

(やっぱり、誘っていたのだろうか)

彼はまだ疑心暗鬼だった。九割方そちらの説に傾いてはいたものの、はっきりとした確信は持てていなかった。女の次の言動を前にするまでは。

女が、瑞夫にも分かるほどのはっきりとした態度を示したのは、瑞夫がブラジャーに手をかけた時だった。

彼は、彼女に挑みかかってからこっち、ずっと鼻息荒く、そして焦っていた。ブラウスの前をはだけさせるのも、震える手先で、引き千切らんばかりにしてやっとできたものだ。

そんなだから、ブラジャーを前にしても、それを順序よくはずして脱がそうなどとは、初めから考えもしなかった。とにかく早く乳房を拝みたいというその一心だけで、それを乳房の上まで一気に引っ張り上げようとしたのだ。

その時だった。

「待って」

女が言った。そして、後ろ手に自らブラジャーのホックをはずしてみせたのである。

タガが外れて、どっとこぼれ出る乳房。これが、同意の合図だった。

それを見て、瑞夫としては、やはり安堵せずにいられなかった。いずれ強制的にするつもりであったとはいうものの、やはり女の方でもその気であると確認できたことに、彼は勇気づけられた。

この意義は、実際問題としても大きい。和姦となった時点で、それ以前の彼の罪は、帳消しとなる可能性が濃厚となったからだ。彼女さえ味方になってくれれば。

彼は、許された男が概してそうであるように、行為への甘えを強くして、一層図々しく女に組み付くのだった。

「アハン……」

瑞夫が乳輪に吸い付くと、女はわざとらしいほどに淫らなため息をついた。

彼女の乳輪は、かなり幅広で、色は深く沈んだ紅をしていた。乳肉は全体に重力に引っ張り下げられている感じで、そのトップにある乳輪も、服の上から想像していたより下の方にあった。

一方、乳房自体の大きさは予想通りで、それが最初に放り出された時は、大量の液体が、まさにドバッとあふれ落ちた感じだった。

(すごい……! すごい……!)

待望の巨乳を目の当たりにした瑞夫は、まるで少年のように純粋に、きらきらと目を輝かせていた。そして、口や顔や両手を使って、無我夢中でそれを揉みくちゃにして遊んだ。

肌の反発力はあまりなく、ペチャペチャした感触は水みたいである。ペチンと表面を軽く叩いてみると、もちもちとした質感が手のひらに張り付いてきた。

それをプルプルと左右に揺さぶれば、てっぺんに載る乳首はいつも遅れた時間差で移動するために、土台と頂上が互い違いに動いて見え、それはまるでプリンを揺すったように見えた。

また、一つの乳房を両手でぎゅっと締めあげた時は、どうして母乳が出ないのか不思議に思われた。どう考えてもミルクが中に詰まっているように見えたし、彼女自身すらまるで乳牛のように見えたのである。

乳首を口で吸い上げてみても、もちろんミルクは出ない。代わりに、しょっぱい味がした。それの谷間や、垂れた部分の裏側は、汗によってしっとりと濡れていたのである。

「ああ……いいわぁ……」

女は、夢中で自分の乳房に吸い付く瑞夫に、まるで子供をあやすように優しく言った。余裕たっぷりの彼女は、淫らな風を強調して見せることに何ら恥じらう様子もない。それは、彼の気分を盛り立てるべく気遣うようだった。

その意向通りに調子づく瑞夫は、大きく口を広げて、まるで餅を吸い込むように、彼女の乳肉を口いっぱいに詰め込んでみせた。

「アア、オオォ……もっと、してぇ……」

彼女の大袈裟な反応は、どの位の本気が含まれているのか分かりづらい。ただし、相手との行為に前向きであるのだけはよく分かった。

ヂュウゥーッ! 瑞夫がその脂肪を吸引する時、口の端からは唾液混じりの大きな音が鳴った。それに合わせて口の際の乳肉の表面がブルブルと小刻みに波打ち、ブブッと屁のような音も鳴る。

音はほかにも、口を離すときに、パカッ! という、弾けるようなのも大きく鳴った。

「アオォァ……気持ちいい……」

女は、瑞夫の後頭部を強めに撫でながら言った。

瑞夫は、顔面を巨乳に押しつけて、その感触を楽しんでいる。

「うふふ……」

卑猥なため息の合間に、ふと女は笑った。彼の乳房への愛撫の様子があまりに無邪気なので、ちょっと滑稽に思えたのである。この笑いは、現在の二人の力関係をそのまま表しているようだった。

「まあまあ、ふふっ……」

口の周りを唾液でベトベトに光らせる瑞夫を見下ろして、彼女は嬉しそうに笑った。実際嬉しかった。自分の持ち物が、これほど男を夢中にさせると知って、誇らしかったのである。

元々己の巨乳には自信がある。が、現実に使ってもらってその効用を確認できたことは、大きな収穫であった。

決して、男になぶられるのが久しぶりというわけではない。それに、いつものそれに不満があったわけでもない。だが、長年つれそったパートナーではなく、新しい男に試すというのは、やはり新鮮な刺激があって良いのである。

しかも、相手はいつもの男よりも若い。彼女としては、日頃年齢を基準に考えたりしないつもりでいたが、そうは言っても、世代が下の男にも、自分が性の対象として見られうると知ったことは、有意義であった。

(先生、ごめんあそばせ)

女は、窓の向こうにいるであろう枕必に向かって念じた。

(でも、先生が放っておいて行っちゃうからいけないのよ)

冗談めかしながら、しかしまったく嘘でもない気持ちで、彼女は枕必を責めた。

(文子、この殿方のおチンポ、いただきますわね)

瑞夫は知ろうまいが、彼女こそ枕必の最も長いつきあいの愛人・文子であった。

さっきは、枕必と保護者の関係を、さも他人事のようにスキャンダラスに語ったくせに、本当は自分が一番彼と親密なのである。

「ねえ……当たるわね、これ。時々」

文子は妖しく頬笑みながら言った。彼女のひざ丈の白っぽいスカートの表に、瑞夫のペニスがぶつかることを言ったのだ。

文子は言いながら、その肉竿と陰嚢を、別々の手でつかんでいじり回した。

「あっ……!」

瑞夫はビクリと背中で反応した。思わず“すいません”という言葉が口をついて出そうだった。だが、彼が一瞬口ごもった隙に、文子が次のことを言い出したので、それを言う機会はなかった。

「一人でシてらしたんでしょう? さっき」

文子は、瑞夫の肉棒をゆっくり前後しだした。

「見てたのよ、あたし。ずぅっと」

彼女は、彼の顎の下から、彼の目をじっと見上げて言った。

他方、瑞夫はそちらを見られなかった。そして、何も言えなかった。ただ心臓を一突きされたように、チクリとまた恐ろしさが体を貫いたのを感じた。

文子には、彼の恐怖が手に取るように分かる。しかし、彼女には別に、彼を脅かしてどうしようという計算はなかった。ただし、ちょっといじめてみたい気持ちはあった。

「勝手に入って、覗きして。おまけに、人のおマンコ見て、おチンポ出して……」

肉棒をしごきあげるたびに、ハアハアと荒い息を漏らす彼を、文子はいじわるそうに見つめている。

「我慢できなかったんですか? 外でおチンポ出すなんて。人の家よ? ここ。外よ?」

文子は完全に楽しんでいた。

他方、瑞夫も、さっきまでの恐怖とは違って、新しい得体の知れない感情を覚えていた。

(おチンポ、とか……)

彼にも、彼女が本気で責めているのでないことはすぐに分かった。むしろ、わざと卑猥なことを言って、ムードを盛り上げているのだと。

だが、そうと理解できても、それ以上図に乗ることが、どうしても彼にはできなかった。まだ信用できないというのもあったが、それ以上に、彼女にこうしていびられるのが、ちょっと快感だったのである。

彼女の言い様は、彼にとってまさに絶妙で、瑞夫は、まるで愛を持って諭されているように感じるのだった。

「一人でスるの、つらいわよね」

今度は同情的な調子に変えて、文子は言った。さらに、ぐっと顔を彼に近付けて畳みかける。

「わたしもね、……スるのよ」

彼女は彼の手を取って、それを自身のスカートの中に導きいれた。

そうされて初めて思いつき、瑞夫は彼女の陰裂をまさぐり始める。その割れ目からは、早くも汁が染み出していた。

(この人……、淫乱なのか?)

まるっきり自分のことを棚に上げて、彼は思った。こんなに大胆で積極的な女が世の中にいることに、彼は驚かされていた。彼は考えた。現実は、妄想していたよりもずっと単純で、女はずっと淫乱じゃないかと。

その間中もずっと、彼女の手は、巧みに速度を変えながら、目まぐるしく瑞夫の肉竿をしごき続けていた。

(ああ……手コキ……、気持ちいい!)

彼女に囁かれる責め言葉は、脳から柔らかい波を生じさせるような気持ちよさだったが、こうして手で直接陰茎を摩擦されるのも、やはり気持ちよかった。しかも、彼女の手技はツボをよく心得ていて、自分でするよりもよかった。

「でも、やっぱり二人でシたいわよねぇ」

文子は言った。一方、心には同時に別のことを思っていた。

(ああ、キスしたい)

彼女は、彼の唇をじっと見つめていた。

(キスしてほしい)

だが、生憎彼は、こちらの要望には気づきもしなかった。そもそも、こちらの目を見ようともしないのだ。照れや遠慮は分かるが、もうちょっと柔軟になってほしい、と彼女は思った。

文子としては、唇を重ねることでより快感が増すし、何よりその行為そのものが好きだったので、ぜひともやっておきたいのである。彼女は、相手の好悪に関係なく、とにかくキスがしたかった。

ここで無理やり奪ってもよかったのだが、一応は相手を慮るという大人の対応を示すことにして、代わりに彼女は、彼の股間の方にアピールすることにした。もっとも、こちらも追々気にするつもりではあった。

文子はしゃがんで、彼の肉棒を一気に吸い込む。

瑞夫はまた驚かされた。頼まなくても、勝手に口淫を始めた彼女に。

(うわ! すごい!)

妻の鈴美なら、頼み込んだ末にやっとやってくれるかどうかなのだ。それも、やってくれるとしても不機嫌そうに。

(しかも、この人……フェラ……すごい……!)

金を払ってやってもらっても、こんなに上手い技には出会えないだろうと、瑞夫は思った。鈴美などもってのほかだ。思わず彼は彼女を見た。どうやっているのか、どうしても気になったのである。

すると、ちょうど文子も彼を見上げていた。目が合って、彼女はそれを細めてみせる。

「もっといいこと、しましょうか?」

肉棒を口から吐いて、文子は聞いた。

瑞夫としては、フェラチオが見たかったのであるが、彼が彼女と目が合って躊躇した瞬間に、残念ながらそれは終わってしまった。ただ、ドロドロに濡らされて、大粒の汁が滴る肉棒だけが、そのすごさを物語っているようだった。

文子は口淫をやめた代わりに、言葉通りの新たな行為に移った。

(パ、パイズリ!)

瑞夫は見た。さっきまで彼が一生懸命にこね回していた巨乳、その谷間に、彼のペニスが挟まっていくのを。それを見た彼の中では、フェラチオの感動さえも一気に吹き飛んでしまった。

文子は、自分で自分の乳を持ちあげて、器用に瑞夫の肉棒を挟んで見せる。彼女の乳房はボリュームが豊かな上に柔らかかったので、いきり立ったそれを難なく包みこめるのだった。

(すごい! パイズリとは!)

彼女の巨乳を目にしたときから、ぜひともそれは試してみたいことだった。しかしまさか、それを自分からやってくれるとは考えもしなかった。

文子の作った谷間に、肉棒は斜め加減に挟まっている。文子はそれに沿って、両の肉を同時に、あるいは交互に上げ下げする。緩い水風船が、それを割りそうなほど固くなっている棒の周りを跳ねまわっている格好だ。

(うわぁ……この乳マンコ、たまらん!)

それは、手でやるほどの刺激ではなかったが、視覚的に興奮していた瑞夫は、このまま一気に昇天してしまいそうであった。知らず知らず彼は、文子の胸の谷間を膣に見立てたごとく、自らそこに向かって腰を振りだしていた。

それを見た文子は、冷静に思った。

(あら、ダメだわこの人。もうイきそうだわ)

もう射精しそうだというのが、ちょっと意外な気がしたが、そう感じるのは、絶倫の枕必に慣れていたせいかもしれない。とにかく、彼女としてはまだイッてもらっては困るというので、やや強引に彼の腰を引き離すことにした。

「あっ、ああ……」

支えを急に失って、瑞夫はちょっとつんのめった。思わず、なぜ? という目で文子を見る。

その視線を受け止めながら、文子は立ちあがった。そして、彼女はさっきの問いへの答えを、唇で返した。

「ん、んん……」

瑞夫も拒まない。むしろ、待ってましたとばかりに舌を絡めてきた。

(いいわ……)

キスとは最もエロティックな性技なのだという意見があるが、彼女はそれに賛成である。目と近い所から男の官能を味える、というのがその理由であるという。視覚と性感が結合するという意味らしい。

(男のツバ、おいしい……)

さっきまでペニスをしゃぶっていた口で、相手の舌から直接唾液を吸い取りながら、文子は思った。彼女の中では、キスとフェラチオには、相通じる味があるのだった。

「フアッ! ヒァアン!」

尻の方から回ってきた瑞夫の指が、秘裂の襞をまさぐったので、彼女は喘いだ。

(欲しいぃ! もう、欲しいぃ!)

文子はやんわりと先方の肉竿に触った。そうしてみて、そいつがもう一旦山場は越したものと認識した。だが、これまでの流れからいって、相手の方から挿入してくるまで待つのは、時間がかかりそうだった。

(ダメ! 待てない!)

彼女はついに、自ら提案することにした。

「ねえ……」

肉竿を逆手でさすりながら、文子は彼にしなだれかかった。



<つづく>




<< 前回 | 次回 >>

<6章 目次>
1 2 3 4 5 6 7 8(終)

一話から連続表示する

目次へ





テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 熟女 巨乳 痴女 手コキ パイズリ



「青き山、揺れる」(52)

「祐子さん、パイズリ! パイズリやって」

その言葉とともに、祐子の眼前に太い肉棒がボロンと投げ出される。今の今まで彼女の中に入っていた肉棒だ。まだ固く立ち上がって元気満々である。

祐子はほつれ毛をさりげなく直しながら、そそくさと膝立ちをして、赤井の足もとに近寄っていった。そうして自前で豊乳を持ち上げ、その谷間で肉棒を挟みこんでいく。

初めは思い切り胸板から押しつけていって、男性のシンボル、玉袋までを含む全体を一気に包み込む。目算を誤り勢いがつき過ぎて正面衝突した格好だが、半ばは確信的でもある。男性全体を自身の乳腺で感じたいのだ。また、衝突の瞬間丸い脂肪がバウンドして、相手の股間にずっしりとした衝撃を与えるのが、彼女のこの行為にかける自信のほどを象徴してもいた。

祐子の乳は大きい。俗に言う、“巨乳”の呼称にぴったりである。くどいようだが、彼女はこの豊満な乳という武器によって成り上がってきた観すら否めないのだ。もちろん、他の器量のおかげもある。が、やはり“巨乳アナ”の称号は伊達ではない。

その武器は、その存在自体で有効ではある。容姿を彩る、大きなアクセントだ。しかし、彼女はそれを、もっと直接男性に対して使用しようというのである。それが、いわゆる“パイズリ”という技で、祐子はこれを得意としていた。

宿命というものであろう。豊かな胸に生まれ育った女として、男を悦ばせたいと思った時、この行為に及ぶことは自然な流れだった。男の方でも少なからず彼女の胸に目を付けて付き合うわけもあり、その結果、男にねだられ、仕込まれて今日まで来たのである。

また、乳房も乳房で、男に揉まれることで成長が加速するぐらいのことは周知の通りだが、さらに男根というフェロモンの塊を直接くっつけることで、もっと大きくなりもし、かつ、いつしかそれを挟みやすい形状に進化していったのであった。

かくして、祐子の乳房は性の玩具となったのである。妄想の空で彼女のそういった姿を描きつつ、しかし現実にはそんなことはやらないだろうと――実際、ニュースを読む彼女の堅物そうなスーツ姿からは、余りに懸隔のある様ではあった――一般の視聴者は考えるわけだが、どうしてどうして、日常の行為としてそれをなしている彼女なのである。そして、彼女に言わせれば、それは巨乳にとって当たり前の仕事だというわけであった。

仕事は滞りなく進行していく。さっきぶつけた胸をゆっくりと上下させる。圧迫された乳肉が赤井の股間の上を滑る。まずは乳房全体の表面で、男性自身を愛撫するのだ。その間、陰茎は下腹に押さえつけられて上空を見上げている。その表面は、先程までの亜矢子や祐子との交わりで濡れたままだ。おかげで、よく滑る。

そのヌラリと伸び上がった幹部の裏の筋を、凝り固まって尖った乳首がなぞり上げていく。祐子にはゾクゾクするほど気持ちの良い瞬間だ。雄々しい固さに乳首で触れられる悦び、乳を性器のように使える悦びが心に充満していく。自分ならではの乳房の大きさが、これほど役に立つことないだろうと思う。

そういえば、かつて彼女の胸はこんな風に命名されたことがあった。

「乳マンコ」

まさに性具として使用する乳という意味だ。これを言ったのは緑川。例によって祐子を罵る意図で言ったものである。

「チンポ専用の乳だな、この乳は。あんた、アナウンサー辞めて、これ仕事にした方がいいんじゃないの。これしか才能ないんだし」

ひどい言われ様だったが、不思議と腹は立たなかった。祐子自身、妙に自覚する部分があったからである。乳房で女性器の代用をするのは、確かに変なことだとは思う。しかし、実際問題、巨乳の役立て方というのはこういう形しかないのではないかとも思うのだ。そして、少し情けない恰好だとは思うが、乳房でペニスを挟んでいる時、これこそが自分のあるべき姿だとも感じるのである。

何より、嬉しいのだ、乳房でペニスを悦ばせられることが。谷間の中にペニスがある時、彼女はそれをまるで息子のようにかわいく思うし、一方で、その固さが逞しくも思え、それに身をくっつけていることで安心を覚えることもある。また、単純に肉体的に気持ちいいというのもある。

パイズリしか能のない女、自分はそういう女だ、と自嘲することもある。だが、それで良かったとも思う。そう思える程、彼女にとってこの行為は意義あることなのである。

祐子は、母乳を搾り出すように脂肪を持ち上げると、もう片方の手で男根を握り、夢中で両者を擦り合せた。

「ハアァ……」

思わず唇を震わせる。擦れる瞬間が気持ちいい。だが、もっといいのは何と言っても挟む時だ。祐子は乳肉を左右に開くと、上向きの剛直を一気に胸板へと沈め込んだ。覚えたての頃に比べ、随分と挟みやすくなった。形状・技術の向上に加え、年齢的な変化もあるだろう。胸の位置が下がり、脂肪が垂れてきたことでパイズリ向きになった。

挟んだら、まずは脂肪の塊を互い違いに動かして、間の男根を弄ぶ。上から見ると、亀頭が右左、左右と半回転する様子が分かる。柔肉の中では、竿がツルツルと滑っているのだろう。時折粘液の、ネチャッという音が聞こえる。

続いて、肉竿に沿って二つの肉塊を上下に動かす。これこそまさに、女性器と同じ役割である。胸の谷間に挿入した男根は、そこを女陰と見なしてピストンするわけである。もっとも、動かすのは女の方だ。女は持ち上げた乳房を上下に振って、ペニスをこする。谷間から剛直をこぼれ出させないようにするのは、中々に骨の折れる仕事だ。それを祐子は慣れた手つきでこなしていく。

男が動く場合もある。女が寄せて待つ胸の狭間へと垂直に、男根を文字通り挿入するのである。今の状況のように男が仁王立ちしている場合は、このやり方の方が容易い。

(あぁ……乳マンコ……)

我が胸に入るオスの生殖器を、祐子は満足げに見守った。肉をかき分けかき分け、ずず黒い棒が赤茶色の乳輪の合わせ目を通って、生白い皮膚の双丘の中へと消えていく。その後、出たり入ったりを繰り返す。時々滑り過ぎて胸板を縦に移動し、真っ赤な亀頭が鎖骨の近くへとこんにちはすることもある。とんだやんちゃ坊主である。

「ンフ……」

祐子は、目を細めて彼との戯れに酔った。暴れん棒は胸の谷間を完全に女陰と認めたようで、丸っきり子作りよろしくピストン運動を繰り返す。ペニスとヴァギナならぬバストとの交尾である。動く度、股間周りがパフパフと肉の丸みにぶつかって、その表面を波立たせる。中央に寄った乳輪は、陰毛の中に埋まったままだ。

さりげなくよだれを垂らしてみる。下唇の輪郭を乗り越えて、ツーッと一本の糸が流れ落ちる。それは下の山肌に着地した。胸を上げ下げして、上手くその汁を狭間の方へと移動させる。要は、追加の潤滑液というわけである。

亀頭も汁を吐いていたが、生憎それは帽子の中に溜まるのみであった。本来ならば、それのとろみも潤滑液になるはずなのだ。その上、男の精のにおいが直に胸に染み付くはずなのだ。祐子は些か残念であった。

かつて、白木が谷間で自失した時のことを思い出す。その噴き上がりは勢いよく飛んで、祐子の顔面にしたたかに当たったものだ。その時祐子は、乳房が最後まで“乳マンコ”たりえたこと、すなわち乳房の性交で陰茎を射精に導けたことに誇らしさを感じていた。陰茎が、胸の谷間を膣だと認識してくれたと理解したのである。その時感じた高揚感たるや、実際の交合とはまた一味違った、独特の良いものであった。

今もそのことを思いだしながら、祐子はうっとりと胸で肉棒をしごいていた。このまままた射精を味わいたいものだ、などと考えながら。もはや、傍観者の存在をすら忘れていた。

ところが、その忘れていた者が、思いがけず急に存在感を復活させてきた。

「へえ……それがパイズリっていうんだ」

かの者は言った。その声音には、好奇心と、そしてまたしても軽い侮りの情が浮かんでいた。


<つづく>




<目次>
(1)~(10)(11)~(20)(21)~(30)(31)~(40)(41)~(50)
(51)~(60)







テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 巨乳 女子アナ パイズリ



「青き山、揺れる」(53)

「ん? 亜矢子ちゃん、パイズリ知らなかった?」

赤井が尋ねる。

「うん。……ていうか、マジすごくね? 胸で挟むとか、チョーありえないし」

亜矢子は言いながら、祐子の胸と顔とを交互に見比べた。“おばさん、何やってるの?”とでも問いたげな、冷静かつ小馬鹿にしたような表情である。その頬には、何か滑稽なものを見つけた時の、あの弛緩した感じが見てとれた。

祐子は顔を赤らめた。至近距離で自分の仕事を見守られることへの照れもあったが、問題の本質はもっと根深い所にあった。

少女はこの行為を知らないと言った。自分としては想像だにしなかったことだ。いつものこととて、半ば無意識にこの行為を開始した自分としては。

しかし、亜矢子の感覚の方が一般的かもしれないのである。考えてみれば、胸で男性器を挟むなんて訳の分からない行為だ。祐子は、“パイズリ”と一言所望されただけで的確にそれをこなしてしまった自分に、恥じ入らざるをえなかった。知らず知らずのうちに、職業的とすら言える水準にまで、我が性の知識は到達していたらしい。一般社会的にはやはり“ありえない”行為に違いないはずである。

祐子は、さりとて職場放棄するわけにもいかず、ただ差し俯いて黙々と胸を動かし続けた。頭の上では、彼女を飛び越えて会話が続く。

「上手いだろ、このおばさん。……おマンコに入れてるみたいに気持ちいいんだよ」

赤井はまたしても祐子をおばさん呼ばわりしつつ、彼女をおもちゃのようにして我が物顔に使用する。

「入れてるみたいに?」

亜矢子は問い返した。

すると、それに答える代わりに赤井は女達にとり思いがけない提案をした。

「そうだ、亜矢子ちゃんもやってみなよ」

言うが早いか、亜矢子の肩を抱きにかかる。自由になった肉棒が、ブルンとしなって宙を舞った。それを切なげに目で追う祐子。

「い、いいって、無理だから」

亜矢子は気の進まない風であったが、結局押しに負けて赤井の膝元に座り込む形になった。しかし、剛直を前にすると、なおも乗り気にまではなれないらしい。正面から顔をそむけ、手を前に突っ張ろうとする。

と、そこで、赤井は祐子に向かって言った。

「祐子さんも手伝って。ほら、教えてあげてよ」

「あ……」

しばししょげていた祐子は、この指示を受けにわかに立ち上がった。“教えてあげて”、この言葉に微かに心が弾む。自分の持ち場を与えてもらったことと、そして再び湧き起こった少女に対する興味、これらが混然一体となって彼女に亜矢子への手を取らせる。

「ちょっ……」

祐子に触れられた亜矢子は、明らかに嫌そうな様子だ。彼女にとって、この三十路女は依然として得体の知れない相手である。それが体を掴んできたとあっては、恐れすら感じるのだった。

しかし、祐子の方はそんなことにお構いなしである。彼女としては、先程の軽い辱めに対する仕返しの気持ちも多少あった。かつはまた、少女に対する優越的感情が再燃してきたのもある。

「大丈夫、Dカップもあれば十分挟めるって」

頭上で赤井が言っている。亜矢子の乳房は、なるほど、肋骨が浮き出るほど細い脇腹に比べ、しっかりとした出っ張りを見せていた。全体に華奢な割には、均整のとれた女性らしい体型である。

祐子はその胸に後ろからやんわりと手を這わせていく。たちまち手のひらの下で鳥肌が立つ。しかし、祐子には分かっていた、その皮膚の下には快楽への飽くなき期待と好奇心の隠れていることを。

「ちょ……やだって……」

人見知りそうに、控え目に拒む亜矢子。それでも拒み通せないのは、やはり先程相手の技量を見せつけられたせいもあるだろう。年の離れた姉妹のごとく、力関係は歴然なのである。

その姉は、妹に良からぬことを吹き込む悪い姉である。彼女は己の胸を相手の背中に押し付けながら、相手の胸をすくい上げ、男の股間へと向かった。男の方でも気を利かせて、自分で自分の肉棒を支え、相手のやりやすいようにしてやる。

「そうそう、ほら、挟めた」

彼は嬉しそうに言った。その言葉通り、確かに中央に寄せた乳肉の狭間に、男根はすっぽりと挟みこまれていた。上から見ると、小麦色の肩と水着跡のついた白い膨らみ、その間にからみつく黒い毛むくじゃらがコントラストをなしている。

「どう、どんな感じ? 初体験のパイズリは」

本人よりも興奮気味に赤井が聞く。

「え、なんか……変な感じ……」

亜矢子は言葉少なに答えた。説明のしようがないといった感じだった。胸は後ろの黒子によってなおも自在に操られ、直立する肉棒の周りをグニグニと形を変えつつ這いまわっている。

その黒子が、耳元でささやく。

「唾垂らして……」

「え……?」

さっきまでの軽蔑した調子とは異なって、しおらしい様子で聞き返す亜矢子。今や完全に姉の手に落ちている彼女である。彼女が戸惑っていると、その僅かの時間も惜しむように、肩の向こうから乗り出してきた顎からトロリとした糸が流れ落ちてきた。亜矢子はそれをぼんやりと見ている。糸は谷間に混ざって、クチャクチャという音を立てた。

次いで、亜矢子もそれを真似することになった。何も考えられず、ただ今の手本通りにやってみる。すると、彼女の唇から透明な糸がこぼれるかこぼれないかの内だった。

「ン、ング……!」

その唇に別の唇が重なった。祐子だった。彼女の悪戯心が少女の唾液を求めたのだ。

少女はとっさのこととて驚きこそしたものの、断りはしなかった。彼女は年長者の言うがままに、今度は自分の手で“乳マンコ”を作って男根の慰めとすると、後は淫欲の接吻をただ前向きに受容していった。

年長者は熟練の技で、またしても後輩の股の下へとその手を忍び込ませる。

「ンフ……ッ!」

後輩はさすがにこれには難渋を示すが、もはや避けられぬものだということも思い知らされている。そうして、陰唇から肛門にかけてスースーと涼しい風の通るような感覚になる頃には、すっかり彼女は昇天の悦楽を味わうのだった。

一方、仕掛ける側に回った祐子ではあったが、次第にもどかしい気持ちが盛り上がってくる。それが高じて腰をくねくねと動かしだす。普段なら、相手が同性にしろ異性にしろ、ここいらで攻守交代といきたいところなのである。

彼女は迷った。そしてその挙句に、赤井の手前ではあるが、亜矢子との絡みで現在の火照りを鎮めることに決意した。早速実行に移すべく、まずはパイズリをする相手の片手を取り、自身の体へと向けようとする。

が、それよりも一足早く、赤井の方が行動に出ていた。

「おいおい、二人だけで気持ち良くなってもらっちゃ困るよ」

彼は言いながら、亜矢子の両頬から両耳を撫でた。彼女がどうやら本気で悶え始めたのを悟って、彼もまたじれったくなったのである。

「やっぱり中でイきたいなあ」

と言いざま、赤井は女達から一歩身を引いた。自然、彼のそそり立つ男根を見上げる格好となる彼女達。それらを見下ろして、彼は言い放った。

「どっちのおマンコでイこうかなあ」


<つづく>




<目次>
(1)~(10)(11)~(20)(21)~(30)(31)~(40)(41)~(50)
(51)~(60)







テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 巨乳 パイズリ レズ 黒ギャル



爆乳黒ギャル・橘なお


今が旬の女優さんです、橘なお

上原海里なる名前でもやっていましたが、この頃は期待以上の売れ行きではありませんでした。この人がブレイクするのは、いわゆる“黒ギャル”になってから。乳や尻までこんがりと日焼けした肌と明るい茶髪のコンビネーションこそ、彼女の最大の魅力となりました。

確かに、上原海里時代からその爆乳っぷりは変わりません。まさにデビューするべくして生まれたと言っていい恵まれた容姿です。しかし、それだけでは物足りないというのがAV界の厳しいところ。爆乳という武器によってある程度の手堅い実績を収められはしますが、それと売れっ子との間には、まだまだ高い壁が存在するのです。

彼女、何しろ演技という演技が全くできません。ドラマパートはもちろん、セックス中の反応もワンパターン。それならば素に期待ということになりますが、どうも普段からリアクションが薄いタイプみたいで、おっと思うようなハプニング性を見せてくれません。まったくおっとりしているというか、頭がヨワ……いやいや。

ところが、人生何があるか分からないもので、黒ギャルになって再登場したところ、これが見事に彼女の個性にハまったのです。黒ギャルといえば、どうしてもお尻もおつむも軽いという偏見がつきものですが、こういうイメージをまとうことによって、返って女優としての真実味が増したのだと思われます。

それに、小麦色の爆乳というのも乙なものです。また彼女の場合、くびれはあるというものの引き締まり過ぎないお腹の感じなども魅力的であり、女体としても今まさに一つの旬にあると言っていいでしょう。これと日焼けとが時期的にベストなタイミングで重なったということですね。


現在かなり意欲的に作品を連発している彼女ですが、その数ある中から、特に良く映っていた女医もの(但し設定には別に意味がない)がちょうどFC2動画に上がっていましたので紹介します。

『淫乱BODY女医の射精クリニック』
淫乱BODY女医の射精クリニック

[高画質で再生]

ギャル風爆乳女医の連続超絶パイズリ抜き [アダルトライブチャット] [アダルト動画]

この人はこれだけ立派なお乳をお持ちなのですが、パイズリは決して満足のいく出来栄えではありません。お肉だけできっちりとナニをホールドするということができない、あるいはやる気がない(思いつきもしない)ようです。ちょっともったいない。

しかし、形と柔らかさは抜群です。鑑賞用としてはこの上ない造形物でしょう。騎乗位でやや前かがみになった際など、極上のエロスを提供してくれます。

[高画質で再生]

ギャル風爆乳女医が患者の性欲を処理 [アダルト動画] [アダルト動画]

なお、目立ったテクはありませんが、フェラチオの時のひょっとこ口には、中々リアル感が出ていてそそられるものがあります。


もう一つ紹介します。

『S級インストラクター爆乳ギャル中出し
S級インストラクター爆乳ギャル中出し

これも、インストラクターの部分にはさして実体がないので無視して頂いていいと思います。それにしてもこの人は、設定という設定をことごとくないがしろにしていく人です。どれ見ても結局同じキャラという。ほんとに大雑把。

これだけ色気がなくて、でもエロくはあるっていうことは、よっぽど体がいいっていうことなんでしょうね。

[高画質で再生]

S級インストラクター爆乳ギャル中出し 橘なお [無料ホームページ] [アダルト動画]

この作品もきれいに撮れていていいです。特に絡みのシーンでは、ガラスに乳を押し付けての立ちバックを、外から撮影する演出が良かった。

インタビューシーンで、「AV見たことある?」の質問に、「友達の出てるやつを見る」みたいなことをしれっと答えている辺り、彼女という人間の本質が露骨に表れているようで、思わずニヤリとしてしまいます。このやり取りこそ、橘なおというキャラクターの全てと思います。


おまけで、ほかの作品のサンプル動画。やや演技が要求されているシーン……。

『M乳嬲り』




<新作情報>








続きを読む

テーマ:AV女優紹介! - ジャンル:アダルト

タグ : 爆乳 黒ギャル パイズリ 中出し



湯けむ輪(42) 22:51

子宝混浴
『湯けむ
~美肌効


こだからこんよく
ゆけむりん
びはだこうかん






――午後十時五十一分


「お、お前ら……?」

「え……何これ……?」

口々に戸惑いの言葉を口にしながら現れたのは、青年の三人連れだった。彼らは、赤石ら卓球部のOB。今度の合宿の指導者、ないしは引率者として同行していたものである。

折しも、後輩別所が腸内に射精を終え、それに牛滝が入れ替わろうという時だった。牛滝が言う。

「おっ、なんやなんや、まだ仲間がおったんか。自分らもこっちきいな」

彼の言葉は、青年らの煩悩を強烈に揺さぶった。本当なら、力づくでもこの状況を阻止して、後輩達には説教をし、その上で顧問の教師らに報告するべき所なのであるが、すっかり鋭気をくじかれた。

今の彼らの内に湧きあがっていたのは、むしろ後輩らに対する羨望の情だった。どうひいき目に見てもいかがわしいこの状況下で、三人は、自分達年長者よりも下の者らがうまくやっているらしい点に、嫉みに近いものを感じたのである。

そこへきて、宇川がダメを押す、倫子の口に陰茎を放り込みながら。

「風呂場でこの子らと仲良なってなあ。ほんで、この奥さん囲んで、さらに親睦を深めよかいうことで――」

相変わらず巧みな雰囲気作りで、論理を丸めこんでいく。

三人は、もはや皆まで聞いていなかった。彼らは、やや媚びを含む乾いた笑みを頬に張り付けて、そろそろと集団に近づいていった。わずかにあった葛藤も、この部屋の内に充満する淫らな気風の前では無力だったようだ。

となると、後はもういずこも同じ男女の営み、早くも新参の一人・玉造(たまつくり)が女陰に挿し、これが終わると続けざまに同志・川棚(かわたな)も挿して、淫猥の宴に染まっていく。

「おっ、自分はアナルかいな」

射精を終えた牛滝が声をかけたのは、東郷(とうごう)。彼は、牛滝が放出したのを見て、それに肌をすり寄せんばかりに次の番を取ったものだ。

「ええアナルやでこれ、よう締まりよる」

さすがの牛滝もいささか押され気味に避けながら、しかし同好の士の登場は嬉しいらしく、快く次を譲った。

譲られた東郷、どうやらアナルには目が無いらしい。なんと一々抜き出しもせず、立て続けに三発も放出したものだ。

「ケツマンコ最高!」

思う存分に尻穴を一人占めして、大満足の彼である。金で買った女では、常々これだけ満喫できたためしがなかったという。

一方、その間も他の新規二人の活躍は続いている。玉造は宇川の後を受けて口内に突っ込み、そこで果てるや、そのまま、やはりこちらも仕事を終えてきた川棚と持ち場を交換した。つまり、口に川棚、膣に玉造、尻に東郷というフォーメーション。彼らもまた、強欲絶倫この上ない男達であった。

こうなってくると、少し可哀想なのは若手達だ。日頃からのタテ関係というものがある以上、どうしてもOB達に道を譲らなければならない。したがって、ますます主要三ヶ所に当たる率が低くなってしまった。

それでも周りを取り巻いて何とか想いを遂げようとし、また新たな指導者の出現で、これまでにないやり方を取り入れたりもする。例えば、膣を出た玉造が、今度は胸の谷間に挟んで精液を搾り出してみせると、それをすぐさま赤石と栃尾が真似る。

パイズリ

そう教えられたこの行為は、少年達に夢を与えた。女性の豊満な胸の間に陰茎を挟み、その圧力でズリズリとやる、これほど象徴的な猥褻行為はない、そう思われたのだ。

赤石も栃尾も、歓喜に浮かされてパイズリを愉しんだ。先輩がやったように、汗と精液まみれの柔肉をかき集めて己が前方に固定すると、直立した肉棒は密着した脂肪の中にすっかり隠れてしまう。その状態で腰を前後する。少年らの心には、ちょうど余裕が出てきていたこともあって、その行為がとてつもないエロスに感じられるのだった。

こうして二人が乳房の狭間に発射している頃、別所はまた別な新境地を開拓していた。これもやはり先輩に倣ったもので、顔面への射精である。

これまで、男らは随所に陰茎をこすりつけて女体を感じてきたが、不思議と顔周りだけは遠慮していた。中年親爺達もそこは特に重視せず、何となくそれは無粋なことのように少年らも感じていたのである。

川棚の行動は、いわばそのタブーを破ったようなわけだ。

「顔コキからの……顔射!」

彼はいと楽しげに、自らのペニスを倫子の顔面にこすりつけると、そのままそこでフィニッシュまで迎えてしまったのだ。

「わたあ……えらいことしよった」

「現代っ子やなあ」

「ビデオの見過ぎやで、しかし」

親爺達は口々に評価を発する。それは非難のようでもあり、一方で歓迎のようでもあった。

別所はそれを見て、心踊らされたわけだ。彼もその歳で既に“ビデオ”なるものを見ていた。そこでは、“顔射”が日常茶飯事だ。そこで、早速に自分もやってみたのである。

既に数度の放出を経ている二人の量は決して多くはなかったが、それでも倫子の鼻柱から頬にかけて、白く濁った粘液は流れ伝った。

OB三人組は、年を喰っているだけに少年らよりも性的知識が豊富であり、一方で若いだけに中年らよりも行動が積極果敢であった。爆発した彼らの欲望は、落ち着くことを知らない。これを受け、後輩らは押しやられてしまうし、他方中年らは体が付いて行かないしで、両者ちょっと後ろに下がり気味で応対せざるを得なくなった。

そうなったとき若者たちが何をしだすかというと、携帯電話を出して“パシャリ”、である。まさに“現代っ子”の振る舞いだ。目の前の犯され女の像を手元に保存して、いずれ自慰のお供に、という稚拙な考えである。

もっとも、こういう傾向は何も若者に限ったことではなく、男に共通したものであるらしい。なぜなら、この部屋に来てからすぐに自室にとって返し、用意よくカメラを持ち込んでいる男が、実は中年の中にいたからである。そのレンズは、輪姦妻の狂乱ぶりを余すところなくストーキングしていた……。

ところで、攻め手がこうして偏ってしまった点や、射精一巡以上で少しく心にゆとりが出来た点などから、折しも顔射で倫子の顔が汚れたのを契機として、ここで宇川がタイミングよく一つの提案を行った。

「もう一遍温泉に降りよか」


<つづく>


現在時刻23:20(3時間27分経過)
挿入された男根=20本
発射された精液=49発(膣24・尻10・口6・胸5・顔2・手2)



(001)19:53~(010)20:15(011)20:18~(020)20:44
(021)20:47~(030)21:07(031)21:09~(040)22:03
(041)22:22~(050)23:53

目次へ






テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

タグ : 輪姦 中出し アナル 三穴同時 口内射精 パイズリ 顔射



だらしない体の若妻・荒木瞳

荒木瞳さん。近頃そそられる女優さんです。殊更に強い衝撃を受けたではありませんが、いつの間にか我がエロポケットに居座って、健気に股間を温めてくれていた感じ(なんじゃそら)。デビューから堂々の熟女カテゴリで、単体女優として割合に扱いも良く、順風満帆な売れっ子であります。

それにしても、三十五過ぎてのAVデビューというのは、一体どのような経緯であったのか。ここのところ思うに、彼女はこれまで風俗にいたのじゃないかということです。いえ、確かに初めから熟女として世に出る方々は多々おられます。つまりは、そういう人達もこれに類する場合が多かろうということですが、彼女の場合は特に即座にそういう来歴を邪推したくなってしまうのであります。

というのもその体型! ポチャもポチャ、はっきり言えばダルダルですよ。割かしその辺りオブラートに包んで、“豊乳”とか表現する向きもありますが、――いや、豊乳というのも彼女の乳房にとってぴったりの形容ではあるのですが、やはり際だっているのは、波打つお腹、太ましい腕! そう、それがこの人の魅力なのであります。

公称ウエスト、七十センチ! 大体が女性のサイズについては嘘をついても罰せられないというこのご時世において、七十センチの発表ですから、まあ実寸は推して知るべしというわけですね。しかし、決しておデブではない。ここは強調しておかなければならない。福々しいというのもなんか違う気がする。日本語というのは難しいですね。まあ、ポッチャリさんというのが結局適当でしょう。

そのポチャ感が絶妙。いま旬。もちろん主観には個人差があるので、“太ってんじゃねえか”だの“ババアじゃねえか”だの、とにかく“てぇしたこたぁねえ”とおっしゃる諸兄もさぞ多かろうとは存じますが、ある一定の層におきましては、中々に需要のある、そのお眼鏡に適うバランスの良い肉体美ということになろうかと存じます。まずは一本。

「お盛んな熟女たち」
[高画質で再生]

お盛んな熟女たち  荒木瞳 [アダルト無料ライブチャット] [アダルト動画]

それでその、話を元に戻しますが、彼女の体型がポチャ、というよりもダルダルということについてですね、その緩み方というのがどうもこれ、避妊薬の影響によるのじゃないかなんて、そんなうがった見方をしたくなるのですよ。いや、全くもって下世話な妄想で申し訳ない。本当にただの妄想で、ただチンチンを立てているだけなんですけどね。

でも、熟女とはいえまだ若いでしょ? まあその、何をもって熟女となすかという定義問題はこんな所で軽々しく片づけられませんのでここでは立ち入りませんが、上には上の先輩方が並み居るこのジャンルにおいては、少なくとも大御所というには遠く至らないと思うのです。

それなのに彼女の体ときたら、なんだか設定以上に熟々して見えるのです。あの弛み方ときたら! 他方、肌の張り・色艶を見れば、画面を通して確認する限り、ああやっぱりまだまだ若いな、とも思うんですよね。

だから、なんなんでしょうね、顔を見てたら若妻、しかも美人なのに、脱いだらぱっと見おばさんであるという、年齢よりも遥かに上のね。ギャップなんですよ。そうして、そういうだらけきった体というのを見ていると、あれ? こういう体つき、風俗でよく見るぞ、なんてね、そういう所に繋がったわけですよ。

まあ、実際どうなんでしょうね……。女優はさておき、普通のアラフォーっつったら大方あんなもんかも知れませんけどね。わたしも実例を数々知らないので何とも申せません。

ただ、ああいうきれいな顔の人が、あんなだらしない体をぶら下げているという、フェイスケアは頑張っているのに(元がいいという部分が大きいような気もしますが)、ボディケアはてんでほったらかしという、その絶妙のバランスたるや、まさに逸材であると言っていいと思うんです。

「叔母さんが綺麗でいやらしいから・・・」
[高画質で再生]

叔母さんが綺麗でいやらしいから・・・  荒木瞳 [情報商材] [アダルト動画]

ところで、彼女の作品には母子設定のものが多いですね。この実母姦というものを一体世の中の人はどれほど求めているのか今もって謎ですが、このシチュエーションが既に看過できない程のシェアを確立しているのは事実です。

ただまあ、彼女のママぶりを見ていると、結構ありなのかな、とか思っちゃったりしたので、初めはこういうところからこの分野に入っていくものなのでしょうかね。

「ムッチリ熟女の僕のママ 裸族の癒し系」
[高画質で再生]

ムッチリ熟女の僕のママ 裸族の癒し系 [無料ホームページ] [アダルト動画]

この人はね、美人だもんでチヤホヤされて育って、それでいて特に欲もなく何も考えず、流されてその日暮らしをしてきたギャルの展開型ですね。高望みしない美女っていうね。それでいてスレていず、なお作品を重ねても変に玄人っぽくならなくてかわいらしい。それが彼女の魅力ですね。……まあ、妄想です。

[作品紹介]

「ようこそ瞳のヌルポチャ部屋へ」


巨乳母子相姦 実録郊外の禁断交尾」











続きを読む

テーマ:AV女優紹介! - ジャンル:アダルト

タグ : ぽっちゃり 巨乳 熟女 パイズリ