おことわり
R18
このブログには、エッチなことがたくさん書いてあります。まだ18歳になっていない人が見ていい所ではありません。今からこんな所を見ていると、将来ダメ人間になってしまいます。早くほかのページへ移動してください。

>googleでほかのページを検索する<



なお、掲載している小説はすべて作りごとであり、実在の人物・団体等とは一切の関係がございません。

    
お知らせ
「オナこもりの小説」は、エロ小説を気ままにアップしていくブログです。たまに、AV女優や、TVで見た巨乳のことなども書いています。左サイドにある「カテゴリ」から、それっぽい項目を選んでご覧ください。

お問い合わせは、コメント欄か拍手からお願いします。どの記事からでも構いません。



<おすすめサイト更新情報>

正しいH小説の薦め官能文書わーるどAdult Novels Search官能小説セレクション
妄想の座敷牢ひとみの内緒話羞恥の風ましゅまろくらぶ



小説には、連続作品と一話完結作品があります。連続作品は、左「カテゴリ」の各作品名より一話から順番に読むことができます。また「目次」には、各作品の概要などをまとめた記事が集められています。

■連続作品
◆長編作品
「子宝混浴『湯けむ輪』~美肌効姦~」

◆中編作品
「大輪動会~友母姦戦記~」(連載中)
「青き山、揺れる」 ▼「師匠のお筆」

短編作品
「ママの枕」  ▼「ブラック&ワイフ」
「夏のおばさん」  ▼「二回り三回り年下男」  ▼「兄と妻」

一話完結
「サルオナ」  ▼「母の独白」  ▼「童貞卒業式」  ▼「お昼寝おばさん」
「上手くやりたい」 ▼「珍休さんと水あめ女」 ▼「栗の花匂う人」
「乳搾りの手コキ」 ▼「妻つき餅」 ▼「いたずらの入り口」
「学食のおばさん便器」 ▼「山姥今様」 ▼「おしっこ、ついてきて。」

大輪動会-プログラム#43-


「なんだ、子 供じゃないか!?」

猪瀬が目を丸くして指摘した。それは、その場にいる誰もが感じたことだった。

「いえいえ、まさかまさか」

鎌先はわざとらしい位に顔の前で手を振って否定する。だが、背格好や肌の張り等から言って、どう考えても中 学 生程にしか見えなかった。

 覆面以外は一切を身にまとわず、いや、亀頭だけはきっちりと包皮にくるまれてはいたが、その貧相なペニスをおっ立たせて、半歩ずつ舞台中央に寄って来る、ぽっちゃり体型の彼。

「さあ、ミゼットレスラーはこの巨大女にどう挑むのか」

司会者の煽りは廊下の者にも届いていた。直に聞こえる分もあるが、こちらでは今、中継動画を見ている。それは、広間にいる薮塚が撮影する映像で、矢板のタブレット端末が受信したものだ。

 皆で一つの画面を覗き込む中で、とりわけ熱心に見入っているのは祥吾と雅也だった。この顛末が意味する所を切実に感じている。

「(あいつ、本当に母親と……!)」

雅也は鼓動が早まるのを感じた。ザワザワする胸の高鳴りの中で、全く考えがまとまらない。ただ、飽きる程よく見知った母と子なだけに、そのとんでもなさが、彼の小さな胸を締め付けるのである。

 それは、祥吾も同様だった。ここに居並ぶ中で、間違いなく当事者に一番近い間柄の二人である。

「(自分のお母さんと、そんなこと……)」

想像もつかない例だった。我が身にはとても置き換えられない。なのに、現に彼はヤろうとしているのが、その体の変化からも明らかである。

「(狂ってるよな……)」

比嘉も思った。もっとも、今さら道義観に直面はしない。そもそも、金光家が被害者でなければ、ここまで許容などしなかった話なのだ。

「(やっぱり異常だよな)」

親と子、双方をよく知る三人は、己らの行状を棚に上げて、彼ら一家の特殊性をやり玉に挙げるのだった。

 比嘉が視線を上げると、そこには入り口に肘をかけ、控え室内に話しかける慶介の姿。中にいるのは浩樹だ。舞台袖まで出張っていたが、高橋に半ば強引に場所を入れ替わられたのである。

 高橋、彼こそがやはり、この件も首謀者だった。慶介のマスクを奪うや、佳彦にかぶせたのである。

「見てみろよ、あの顔」

彼は口の中で呟きながら、不敵な笑みを禁じえなかった。その見つめているのは舞台ではなく、客である金光だ。彼の企画はもはや復讐の度を越え、むしろ嗜虐性を満たす方向へシフトしていた。

 金光は思考が追いついていなかった。つい今しがた有紀の可能性にようやく思い至った彼だが、それを検証するより前に新たな珍事が発生。思考を遮断した。

「ミゼットってのは、キミ、なんだ」

呂律の回らない舌で周囲に問う。

「小人みたいなことですよ」

舛添が答えるのを聞いても、“ほお”と言ったっきりで、分かったのかどうだかも怪しい。

「ウ~ン……」

彼は唸りながら、また酒の席に戻ってしまった。子 供の出てきたことが何となく彼にとって興醒めで、元より妻のことも本気でなかっただけに、とうとう馬鹿々々しくなってしまったのである。

「チッ」

高橋は、ターゲットが視界から消えたことに舌打ちし、急いで廊下に出た。そうしてタブレット画面を覗いた後、袋田を探したが、生憎彼の姿は見当たらない。

 袋田は中広間に戻っていた。舞台移動前に皆が屯していた部屋である。廊下で待っていても仕方がないと気づいた面々を案内していたのだった。

 帰ってきた彼に高橋は、金光のことも映せという薮塚への伝言を命じた。意を受けた袋田が立つ。間もなくして、手元の画面に、金光の表情が映った。

「もうちょっと大きかったらいいのにな」

高橋は直に見られないもどかしさを感じつつも、妥協点としてはそれなりに満足した。袋田に意を含めるに際し付け加えた誘い文句が、きっと功を奏したと察せられたからだ。すなわち、目の前で妻を寝取られる旦那、しかも実の息子との不倫を見せつけられている奴の図、と薮塚にはよく伝えろと。薮塚は意図をよく理解したのだと、画面からは読み取れた。

「いよいよっすね」

近寄ってきた慶介が企画者に同調する。格別当人らに思い入れのない彼だが、企画の趣旨には賛同している。

「(マジで、ヤるんだ……)」

祥吾と雅也は生唾を飲んだ。こればかりは自分達がヤるのとは訳が違うという理解があった。

「(ああ、とうとう……!)」

舞台上の島田も、さっきからソワソワと落ち着かない。

 客の反応で挑戦者の違和感に遅れて気付いた彼。女体の裏から覗いてみて、その体型を見てまず驚いた。

「(子 供を出すなんて!)」

はじめはそう思って、それでも行き過ぎた悪ふざけに肝を冷やしたが、高橋の表情を見、金光を見、そうして覆面少年を見ている内に、じわじわと真相にたどり着いたものだ。

「(なんということだ!)」

途端に空恐ろしくなり、キョロキョロと視線を泳がせる、袖と司会者の間を何度も。

「(バチが当たるな、こりゃ……)」

比嘉と同じで、自分が良心なのだとはもう思えない。大体公衆の面前で人妻と肛門セックスしているような奴だ。ただそれでも、身内からの焦りが彼の心臓を引き絞り、それと同時に肉茎の熱が沸点を超えようとしてくる。

「ウゥ……ッ!」

どす黒い汚辱感が体の芯からいよいよ沸き上がっていく。

「近親相姦」

慶介がにやけた声でささやいた。それは、タブレットを見る皆が同時に思いついた言葉だった。

 島田の射精も同時に起こった。

「(ああ……)」

天井のライトを、呆然と見上げる。その間も、骨盤に乗った巨尻の中へ、自動で悦楽汁が吸われていった。ドクン、ドクン……と、自分でも嫌になる位の量がしわしわの陰嚢から。

 それが収まり切らぬ内から、彼は上体を起こした。体位を動かしたことで、また残りの汁が搾られる。

「(そうか――)」

彼はぼんやりとした気持ちを立て直していく。

「(あれがこれの夫で、これがあれの妻だったな。金光の、そうだ、嫁だ)」

一つ一つ確認するように思い返すのは、平生の恨みが何やら遠い昔になった気がしたからだ。

 ふと、覆面少年に目を止める。その時、彼の脳裏にある光景が思い出された。人の家の庭に、ホースで水を撒いていた少年の姿だ。彼の態度はワンパクとかヤンチャといったそれではなく、もっと陰にこもったものだった。見とがめた島田はすぐさまクレームを入れたが、結局謝罪の言葉はいまだ聞かれていない。

「(ああ、あの時の子か……)」

ふいにそんなことを思い出して、彼は視線を避けると、有紀の腰を持って、ズルリと陰茎を引き出した。

「ンフィッ!」

有紀は悲鳴を上げ、島田の抜けた床へドスンと尻もちをつく。その時彼女の瞳孔が、ようやく佳彦の存在を識別した。


〈つづく〉




〈現在の位置関係〉
▼大広間
有紀、金光、花村、猪瀬、舛添、村本、藪塚、前原、鎌先、佳彦、袋田
▼舞台袖
竜二
▼控室
島田、鈴木
▼廊下
比嘉、祥吾、雅也、矢板、慶介、浩樹、小林
▼中広間
服部、羽根沢、森岳、沼尻、浪岡、松倉、七里川
▼帰宅
俊之、克弘、恵太、優斗、豊、聡、翼、清美、瑞穂


〈輪姦記録〉
挿入男根:31本
射精回数:93発
(膣55・口16・尻14・乳5・顔1・髪1・外1)


ましゅまろくらぶ



テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2019/02/13 22:00] | 「大輪動会」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
大輪動会-プログラム#42-


「そういえばさ、なんで“ヒカル”ちゃん?」

「名前? 本名じゃないの?」

鈴木と小林がボソボソと噂し合っている。有紀の源氏名についてだ。

 実際のところ、ほとんどの者は金光の妻という認識しかなく、その本名など知らなかった。鈴木なぞは地域の仕事に関わっている都合上たまたま把握していたが、小林は同じ町内にもかかわらず知らないのである。

 源氏名は鎌先が適当に付けたもの。金光の“光”から思いついた安直な発想だ。

 だから、このことが何かの影響を与えた、という程のことはない。ただ、村本にだけは、たまたま通じるような感性があった。 

「ヒカルちゃん、二人ヌき達成!」

慶介の終了が祝砲の如くコールされる。それに続いて、司会者がぶち上げた。

「さあ、ここで、なんとなんと、飛び入り挑戦者の登場だ!」

カチャカチャとベルトを鳴らし、あっという間にズボンを脱いだ村本が、意気揚々と拳を突き上げて登壇する。

「ええ!?」

猪瀬らから、驚きと羨望の声が上がった。その発想がなかった彼らだ。

「お調子者め」

グラスをあおる金光の視線の先で、村本が下着を下ろすと、中から臨戦態勢真っ盛りの欲棒が飛び出した。そうして、慶介と交代する。もちろん、彼は一々マスクをかぶらない。

 いよいよ挿入という段になって、村本は客席へ呼びかけた。

「金光さん!」

壇上からしっかりと目を見て手を振る村本。金光は苦笑し、シッシという手ぶりを返した。

「緊張しますね」

村本は誰に言うともなしに言った。相方の島田は言葉を返さない。

「じゃあ、入れますよ――」

彼は、挿入しやすいようにひっくり返された有紀の両腿を力づくで押し広げると、そのまま倒れ込み、相手の耳へ唇を近づけてささやいた。

「金光さんの奥さん」

ゾクゾクッと背筋に悪寒が走り、有紀は肝を冷やした。だがそれもつかの間、劣情棒が先客と摩擦を起こしてはらわたを焼き尽くしていく。慣れ親しんだ慣れない感覚。

「フォグワァッ!」

赤く縁を腫らした目を瞬間的に見開いて、彼女は窮状を訴えた。そろそろ終わりに向かう“後ろ”に比して、新しい“前”はドスドスと杭のように打ち込んでくる。まるで、このまま内臓を突き破ってきそうだ。

「ウッ、ウッ、ウオホオォー……!」

だらしなくよだれだけ垂らして、人語は一つも出てこない。背中は総毛立ち、先程のささやきを反芻しているが、目下対策のしようもない。

「アガハァー……!」

意識に靄の掛かるのが、むしろ有難い位で。

「どうよ、感想は」

舛添から声が掛かると、村本はぎらついた笑顔で応じた。

「最高っすわ」

その上彼は、わざわざ金光に向かっても感想を述べた。

「金光さん、奥さんのマンコ、めちゃくちゃ気持ちいいっすよ!」

余計な報告をされた方は、呆れた調子である。

「若いねえ」

そう笑ってもみた。性の強さで、決して負けているつもりはないのだが。

 彼はよく女を抱く方である。五十半ばにしていまだ性欲は衰えず、若い愛人を複数囲っていることからもそれは明らかだ。愛人を抱き、妻も欲する。よほどの色好みである。

 それだものだから、目の前の痴戯に対してもボツボツと興が乗り出した。最初は全く馬鹿々々しいと思っていたし、やがては距離を置いて構えもしたが、にわかにメラメラと対抗心が勃興したものである。“英雄色を好む”とは、彼の好きな言葉だ。

「どれ、もうちょっと近くで見ようかな」

誰言うともなしに言って、再び舞台に近づいていく。顔をけがされた件もいつしか酒がぼやかしてくれたようだ。

 目当ての観客を得て、演者の頬は一層紅潮した。

「ちょっと、こっちの方行きましょう」

共演者に指示を出し、舞台上でクルリと位置を回転させる。すなわち、床に寝転ぶ島田がさらに前方へとせり出さされて、膝から下を舞台の外へ曲げて出し、その上に客席を向いた有紀が肛門で接続。彼女の足を高く持ち上げつつ、村本が直上から膣穴に挿す形だ。

「どうです、金光さん。奥さんの二穴挿し、よく見えますか」

「君のケツなんか、見たくないよ」

村本の焼くお節介に、金光が顔をしかめる。それでも村本は嬉しそうだ。

「しょうがないじゃないですか。でも、奥さんのどスケベなとこ、よく分かるでしょ?」

「奥さん、奥さんて……」

金光はまた苦笑いして、この若者の興奮ぶりに呆れた。しかし、この手の下衆な感じは嫌いでない。

 村本はこっそりと、また倒れ込んで有紀の耳元に唇を付けた。

「旦那さんから、丸見えですよ、チンポ二本でズボズボやってるとこ」

 有紀は、しかし、無反応だ。彼はなおも続けた。

「オレ、お宅に出入りするたんびに、“一発ヤりてえな”ってずっと思ってたんすよ。奥さんも、あんなオヤジじゃ満足できないんでしょ」

ここで起き直り、再び金光に報告する。

「奥さん、旦那のショボいチンポじゃ満足できないんですって、金光さん」

言われた方はまだ自分のことだとは思っていないから、“人妻という店側の設定を忠実に守って、プレイを満喫する奴だなあ”位に思っていた。

 他方、両者のやり取りに何やら言い知れぬ違和感を感じ出したのが舛添である。心の中がざわつくのだ。ふと彼は、人目をはばかりながら、隣の猪瀬にそっと聞いた。

「おい、おの女、この町の女って言ってたなあ」

「ああ……」

猪瀬は短く応じた。その表情から、彼もまた同様の胸騒ぎを感じているらしいことが明らかであった。

 確かに、これもまた店が勝手に言っていることで、設定かもしれぬ。だが、あれだけ立派な肉体美を持っている女を、彼らは偶然、知っていたのである。

「あ、ああ、ヤバい……」

興奮の極致に達した村本は、先行の島田よりスタミナが続かなかった。

「あっ、か、金光さん、中出ししてもいいですか?」

金光はもはや返事をしなかった。有紀に訊いたものではないが、仮にそうだとしても答えは得られていない。

「ああ、イくイくイく!」

村本は島田にもお構いなしにどんどん腰を打ち付け、残らず子種汁を注ぎ込んだ。旦那の目と鼻の先で、ドクリドクリと彼の一番搾りが女房の腹に溜まっていく。  

 その一連を金光はただじっと見ていた。一見酒に酔って呆けているようにも見えるが、果たしてそうではない。彼の中で、極めて可能性の低い仮説が頭をもたげだしたのだ。

「(もしか……いやいや……)」

恍惚とする村本が、小便を終えた後みたいにブルブルッと震えて、接続具を外していく。すると、まだ太さの残る下向き矢印から、水あめのような汁がツーッと垂れた。

「(もし、あれが……)」

渋い顔になる金光。馬鹿げた妄想だとは思うが、あれ程の容姿がそうそういるまいとも思う。

 彼にとって儲けものだったのは、有紀が結婚、そして出産後も体形の維持に勤しむ性質だった所だ。それは社交の場で彼の自尊心を満足させるものだったし、何より性欲を掻き立てるものだった。

 妻がオナペットにされていることにも優越感を覚える程だったから、逆にそういう彼女の方が男遊びに興じだしたのかもしれない、などと極端な考えも浮かんだ。

「(確かめる……か?)」

自嘲気味に笑う。そんなことをするのはいかにも間抜けで、器の小さい奴だと思った。

 だが、確かめようとすれば容易だ。彼女の体には、一か所特徴がある。

 金光が自分も参加者するような顔で一歩を踏み出した時、しかし、それに先んじて鎌先が言った。

「さあ、続きましては、当店名物、ミゼットレスラーの登場です!」

客は皆驚いた。見るからに華奢で小柄な挑戦者が、おずおずと舞台袖から出てきたからである。


〈つづく〉




〈現在の位置関係〉
▼大広間
有紀、金光、花村、猪瀬、舛添、村本、藪塚、前原、鎌先、島田、佳彦
▼舞台袖
浩樹、竜二
▼控室
鈴木、小林、服部
▼廊下
比嘉、祥吾、雅也、矢板、羽根沢、森岳、沼尻、浪岡、松倉、七里川、袋田、高橋、慶介
▼帰宅
俊之、克弘、恵太、優斗、豊、聡、翼、清美、瑞穂


輪姦記録〉
挿入男根:31本
射精回数:92発
(膣55・口16・尻13・乳5・顔1・髪1・外1)


Adult Novels Search




テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2019/02/07 22:00] | 「大輪動会」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
随筆 「サルオナ」
猿がオナニーを覚えると一生やり続けるという巷説がある。
しかしこれは、男が己の性(さが)を披露しているに過ぎないトートロジーのような気がする。
それ位男はオナニーをするものだし、回数について変遷や個体差はあれど、年齢の上下を問わず、する時はする。
俗に“溜まる”“ヌく”とは言いえて妙だ。
もはや習性、いっそ宿命と言えるかもしれない。
いやはやこの世にはオナニストが溢れているのだ。
それだものだから、他人のオナニーを目撃することもさして難しいことではない。

幼少のみぎり、団地に住んでいた。
ある晩、外出先から帰ってきて、ふいに三階の廊下から外へ顔を出した。
ちょうど両親が玄関の鍵を探していた時だ。
すると、眼下の駐車場に一人の青年が立っていて、今まさにナニを握りしめている所だった。
年の頃なら十代後半から二十代か。
そいつとバッチリ目が合った。
癖(へき)なのであろう。
大団地を見上げ、見られるかもしれない状況で、彼はそうせざるを得なかった。
あるいは魔が差したのかもしれない。
立ち小便をした直後に、ちょっとした長めの水切りを試しただけかもしれない。
いずれにせよ、それは確かに秘め事であった。
同じ男として直感がそう教えてくれた。
早熟な私は、既にしてその意味に通じていたからである。
私は慌てて頭をひっこめた。
今にして思えば、もっと見ていてやってよかったのかもしれない。
奴がそれを歓んだかもしれないから。
それとも単に逃げ出しただろうか。
その時の私は親に告げ口すらしなかった。
これはただ憐憫の一種である。
紳士として、もしくは武士の情けとして、私はそういう場合に見逃す選択を採っている。
己ばかり高尚であるわけがない。
一皮剥けば彼も我も痴 漢だ。
まして、一人の時間を満喫しているだけならば、放っておけばよろしい。

大浴場に一人きり、などというシチュエーションはままあることだ。
その場合に、ふと大胆になる輩がいる。
まさか見られているとは思わなかったのであろう。
ある少年が一人、まさに最中であった。
循環させた湯を浴槽に流し続ける注ぎ口があって、そこのは拳二個分程の平たい石で出来ていた。
彼はそこへ、自身のナニを乗っけたのだ。
中 学 生位だろうか、ちょうど立ち上がったら股間がその位置になっていた。
きっと湯の流れをせき止める時、陰茎に当たる刺激が心地よいのだろう。
好奇心にして出来心。
果たして若さだけのことで片付けられるだろうか。
大分間があって、時には竿をしごくなどして盛り上がって、彼は素知らぬ体で出て行った。
その間、ゆるゆるゆるゆるとシャツのボタンに手をかけ続けた私は、間抜けなお人よしである。
私もまた、あたかも今来た様子を装いながら素知らぬ体ですれ違い、浴場に入った。
ただ、件の湯船に浸かることをためらったのは言うまでもない。
何やら浮いているものを見つけたりなどしたら、ようやく苦々しい思いを抱くであろうから。
だが、公衆浴場などという所は、えてしてそういうものではないだろうか。
サウナの椅子に付いていたぬめり、シャワーを終えた者の足元から滴るなぜかとろみのある雫。
ジャグジーバスなどもってのほかだ。
危惧し始めたらキリがない。

もっとも、裸の場では覚悟の前であっても、服を着た日常こそ実は危ういことがある。
“外から帰ったら手洗い・うがい”なんて標語、子 供ならずまだ多くの人が切実に捉えていないであろう。
誰が触ったか分からないのに?
例えば、ズボンのポケットに手を突っ込んでシコシコ。
これはもう古典的光景であって、こんな奴は変態でも強者(つわもの)でもない。
あるショーケースの前に男がいて、まさに今これをやっている。
熱い視線の先には美少女フィギア。
晴れてオカズと認定されたわけである。
好みは人それぞれであって誰に否定する権利もない。
問題は、タダで用を足そうとする奴の卑しさである。
えてして、オナニーとタダは親和性が高い。
手軽さ故のことであろう。
我々は、これを必要なものと認めながら、いやむしろその普遍性故にか、どこまでも卑屈に蔑視を送り続ける。
それが哀しくもあり、愛おしくもあり……
湯船の少年も、フィギアの男も、実に低いハードルを越えて、あちら側へ逝った。
年は関係ない。
要るのはただ機会。

部屋に入ると、ジイサンが慌てて股間から手を引き、こちらを直視したことがある。
何をしていたものか、何を隠したものか。
古希を超えたジイサンだ。
男への讃歌、精子への挽歌。
やんぬるかな、この行為の魅惑性よ。
なんて手で生活しているのだろう我々は。
目に映るものが決して無菌でないことを、ゆめゆめ忘るることなかれ。


羞恥の風
ましゅまろくらぶ
ひとみの内緒話
妄想の座敷牢




続きを読む

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

[2018/12/06 22:00] | 一話完結 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>